2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去の記事

« 栗本薫展(光文社) | トップページ | 今日はクッキング教室 »

2010年11月28日 (日)

【星】花の踊り絵巻・愛と青春の旅立ち

 本日は、宝塚星組を観劇してまいりました。今日は、阪急交通公社の貸切だったので、2階S席を2人で申し込めば、通常料金より安く見ることができると知り、とりあえずチケットを2枚買ってあったものです。そんな経緯もあって、同僚であり、同じ学校の保護者でもある方とご一緒することになり、行き帰りの中央線が短く思えるくらい、いろんなお話をして楽しんできました。

 昨日、若手メンバーの顔が全然分からない…と思って、アイロンかけしながら対談番組を「ながら見」したものの、著作権の関係で芝居の映像がなかったこともあり、あまり期待をかけずに行ったのですが…。

 なんと帰宅後、2週間後のチケットを買ってしまいました(笑)。この内容で定価以下なんて本当にお得!と思うくらい、楽しむことができた内容だったと思います。ロミオとジュリエットに引き続き、ナイスな星組でした。

花の踊り絵巻

 前回私が日本もののショーを見たのは、さくらだったでしょうか。最初に花組を観劇したときも和物(飛翔無限)だったのですが、小学生だった息子を連れていたこともあり、落ち着いて見る雰囲気ではなく、ふ~ん、というくらいの感想でした。

 でも今回は、自分が着付けを習ったこともあり、遊女の衣文の抜き具合や、伊達襟の使い方、激しく踊っても着崩れない着付けなど、何もかもが物珍しく、とても面白く観ることができました。チョンパで始まる古典的な場面から、波の詩のモダンなシーンまで、オペラで釘づけ状態だったかもです。

 松本先生は、歩くだけで他の人と違っていて、その立ち振る舞いは本当に素晴らしいですね…。影ソロも皆さん素晴らしく、「歌」と「踊り」を完全に分担できたのも、良かったと思える一因だったのかもしれません。

愛と青春の旅立ち

 言わずと知れた、昔の名作映画です。とはいえ私は観たことがなく、春野寿美礼さんが、リチャード・ギアを立ち振る舞いのお手本にした、と話していたのを聞いたことがあるくらいでしたので、とても新鮮な気持ちで観ることができました。

 感想は、音楽がとても素晴らしく、ストーリーも短い中でよくまとまっていたと思います。最初、かなめさんの声が少し高いかな…と思っていたのですが、でもその嫌味な「マヨネーズ!」という声も、だんだんツボにはまってきて、最後はうるうるしつつ見ていました。男女の愛あり、上からのしごきに堪える同期の友情ありと、いろんな面で楽しめるストーリーだったと思います。

 そして私のツボは、最後の軍服のショー。いわゆる黒燕尾ではなく軍服風のお衣装で、男役を引き連れて、ぴしっと決める柚希さんは、本当に素敵でした。ラストのパレードも、羽がなくても敬礼形式が格好良く、タイトにまとまったラストだったと思います。多分に広告が入っていると思いますけれど、原作者のダグラス・デイ・スチュワート氏が、「リチャードに、お前よりカッコ良かったと報告しておきます。」(歌劇HPより引用)と話したのもうなずける(笑)。

 もう一度、今度はもうちょっと近くで見ることができるので、楽しみにしています。

« 栗本薫展(光文社) | トップページ | 今日はクッキング教室 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

昨日は楽しかったですね~♪初!星組だった上にレビューの和物も初めて、ついでにチョンパって言葉も初めて、パレードに羽がないのも初めての初めてづくしでした(笑)題材がツボにはまったせいか、私も所々うるうるっと来てしまいました。フォーリー軍曹の「マヨネーズ!!」は小気味よくてよかったですよね。見応えのある作品だったのでは?と素人ながらに思っております。電車でのおしゃべり、アンテナショップなどなど他のお楽しみもあって幸せな休日でした♪

>Flowerさま

初めての方をお誘いする時、演目によっては、その組に対して悪い印象を持ってしまうかも…と思ってしまってね。自分が知らない演目の時は、ちょっとドキドキものなんですよ(笑)。でも、喜んで頂けて良かった! 

チケットは、今回ちょっと安く観た分を上乗せしてもいいかな…?なんて思ってしまって、次回は1階席を取りました。1階で見るのは、半年ぶりくらいかもしれないので、楽しみですlovely

宝塚版愛と青春の旅立ちってどうなるんだろうとチラシを眺めてたんですが、良さそうですね(^-^)

実は映画愛と青春の旅立ちはわたしにとってベスト3に入るくらいに大好きで何度も見てビデオ(笑)もわざわざ買ったくらいなもんですから心配してたんです(^^;;

見たいなぁ…

>みっちゃんさま

私は映画を見てないんだけれど、それでも凰稀さんがフォーリー鬼教官と聞いて、「どう見たって、ザックの柚希さんの方が強そうに見えるだろうに…。」と思ってしまってね。本人もそれを一番気にして、それを克服するためにがんばったのだと、後から対談番組で知りましたが、最初はちょっと違和感あるかもしれません。どう見せたって、女ですからねぇ(笑)でも最後は、凰稀さんらしいフォーリーになってたと思いました。

映画を知っている人から「いい場面やツボな部分は全部取り入れてある。」と聞きましたし、初めて見た私が素直に「良かった!」思ったので、なかなかいい出来栄えだったんではないかと思ってます(*^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗本薫展(光文社) | トップページ | 今日はクッキング教室 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ