2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« クリスマスライブ予約完了 | トップページ | 【星】花の踊り絵巻・愛と青春の旅立ち »

2010年11月27日 (土)

栗本薫展(光文社)

 今日は、高校の保護者ランチがあったので、そのあと池袋まで足を延ばして、光文社の文学資料館まで行ってまいりました。

kurimoto.jpg これは、中島梓さんの

「ミステリー作家としての栗本薫」

という顔に焦点を当てた展示で、内容も弥生美術館の展示の一部というようなラインナップだったでしょうか。昔の雑誌に掲載された文章は、初めて見たものでしたし、中学・高校時代に書いた漫画も展示してありました。

 また、ヒントでピントで見ていたころの姿を見ていると、自分が学生の頃、グイン・サーガや展示してあるミステリーのファンで、ファンレターを書こうかどうしようか迷っていた頃を思い出し、とても懐かしい気分になりました。

 そして最近の姿になると、演出家兼作曲家で、ニフティのパティオ主催者だった顔が、次々と浮かんできて…。展示されているピーターラビットを、得意げに見せていただいた時の姿など、まさに弔電文例集にあるような「在りし日のお姿を偲び」という状態だったと思います。

 一人でこのような展示を見るのは初めてだったこともあり、その文章を実感したのは、初めての経験でした。

« クリスマスライブ予約完了 | トップページ | 【星】花の踊り絵巻・愛と青春の旅立ち »

栗本薫・中島梓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスライブ予約完了 | トップページ | 【星】花の踊り絵巻・愛と青春の旅立ち »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ