2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 黄身味噌漬けなどレポ7品 | トップページ | 庭レイアウト大改造1 »

2011年3月 5日 (土)

【雪】ロミオとジュリエット

 本日は、雪組トップお披露目公演の『ロミオとジュリエット』を観てまいりました。

 実は…今日の観劇はあまり気乗りがしなかったんです…。それは、最近の抜擢や休演などに絡んで、昔の騒動を蒸し返すような、誹謗中傷がネット上で流れることが多かったのが原因です。

 その昔の問題が、「一人の少女をいじめで退学処分に追い込み、夢を取り上げた」ことにあるなら、公然と行われているファンからの中傷は、彼女らが行った行為と同じことをしている気がしてね…。私の考えは、当事者間のことは司法に任せるべきことであり、裁判所の判断に従わなかったのは音楽学校で、火に油を注ぐ抜擢人事を行ったのは劇団、と思っているんです。私もわだかまりはありましたが、特定個人について、好き嫌いを超えるお話は、たとえ個人の感想といえども、するべきではないんじゃないかな…と。

 そんなことを思っていたので、一回目の観劇と同様、なんとな~く、足取りも重くなってしまってました。(一回目は、研1生での抜擢って、どんな人なんだろう?星との違いは?と、そんな興味半分の観劇になってしまったんです…。)

 でも、公演が始まったらそんな杞憂を払拭するような舞台で、一人ひとりの個性がきちんと光っている、そんな舞台に仕上がっていたと思いました。朝日新聞の記事はこちら

愛と死

 幕開きから天国で大理石に貼りつくまで(笑)、一貫して愛と死のダンスが素敵です。星組の2人が最高だったので、男役のせしるさんが愛と聞いたとき、どんな風になるのか想像つきませんでしたが、本当に美しい動きですね。2回とも2階席だったので、表情までは分からないのですが、その身体表現だけできちんと伝わっていたのには、感嘆しました。

母と乳母

 母2人の憎しみの歌。迫力満点ですし、実力のある方なので、聞いていて安心です。晴華さんはそのあとも見どころ満載でしたね!あと、沙央さんの乳母が、なかなかのはまり役だと思います。星では細~い娘役2番手だったので、え?と思ったのですが、やっぱり今回も、乳母の歌で泣いてしまいました(笑)。 娘を一人暮らしのために送り出したばかりの私としては、この乳母の存在が一番、しっくりくるのかもしれません。一言一言に、うんうんとうなずいてしまいました。乳母の歌のあとが、結婚式のAimerなので、ここは一幕の見どころです。

男役の配置

 今回の男役の番手は、マーキューシオ(早霧さん)、ベンヴォーリオ(未涼さん)、ティボルト(緒月さん)、パリス伯爵(彩那さん)という順のようですが、星の時は二番手がティボルトで、ショーの幕開きの歌を歌ってました。微妙に配置が違うのですが、それぞれ個人の素質が上手く出るような配置になっていて、これはさすがと思いました。個人的には、花組をずっと見てきた私としては、歌もお芝居も実力者の未涼さんが活躍しているのが、とっても嬉しかったかな。

衣装

 今回のロケット、お衣装がいいですねぇ。天使でかわいらしい。あまりセンスの感じられない公演もありますが、今回は本公演も色使いがグラデーションで最高。一人ひとりの色合いが違っていて、中立の大公は黒、モンタギューでも冷静な判断をするベンヴォーリオは、黒っぽい青など、芸が細かいです。今回は、主役級の人たちそれぞれに見どころの持ち歌があり、その周りで激しいダンスが繰り広げられるという構成なので、下級生たちの衣装もそれぞれ違っていていいですね。

ショー

 トップ音月さんと上記男役4人の中に交じって、娘役姿の2人が踊っています。最初、役替わりのジュリエット二人かと思ったら、愛のせしるさんと、乳母のくらまさんですね!素敵。あと、緒月さん、最初はクリのような、つんつんのヘアスタイルで出てくるのに、すぐ次の場面ではオールバック!早霧さんも、銀橋の時は宝塚のキメスタイルなのに、次はまたマーキューシオのツンツンヘア(笑)。皆さんの気合いが伝わってきました(笑)

ジュリエット

 舞羽さんは初めてでしたが、苦手と言われた歌唱も頑張っていましたね。難しい歌は苦戦しているなと思いましが、Aimerや、天国でのデュエットなど、ここぞという歌は美しく、本当に素敵なジュリエットでした。

ロミオ

 CSで歌稽古風景を見た時、あら…アカペラでマイクもない状態で、こんなにも音程が正確で、声も響くんだ…と思いました。歌の歌える男役さん、とは思っていましたが、想像以上。今日、舞台でじっくり聞いていて、本当に素晴らしいと思いました。音月さんが歌い出すと、一気に場が安定するような、そんな気持ちになるくらい。ロミオの役柄は分かっていたし、音月さんの舞台は沢山みているので、期待通り、想像通りの、素敵なロミオでした!

以上。沢山書きたいことはあるけれど、長くなったのでこの辺で。終演後、音月さんは、「スイーツの国の甘い王子さまのご登場です」と紹介されてましたが(笑)、底抜けに明るい、屈託のない笑顔で、挨拶をしてくださいました。やっぱりこういった人が上に立つと、全体の雰囲気が明るく活気づくのだろうな…と感じましたね。これからの活躍に期待したいと思います。

« 黄身味噌漬けなどレポ7品 | トップページ | 庭レイアウト大改造1 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄身味噌漬けなどレポ7品 | トップページ | 庭レイアウト大改造1 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ