2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

軽羹ケーキ!?

 つくレポしたい料理もいろいろあるのですが、なかなか日記やレポにしている時間がなく…。でも本日、スチーマーを早速使ってみましたので、ちょこっと報告です。

steamer.jpg

 白いのは、軽羹(かるかん)です。大和芋をすりおろし、砂糖や水を加え、軽羹粉を入れて蒸しました。私が劇場へ行く時は、必ず有楽町の鹿児島物産館を抜けていくので、そこでGETしたお品です。

 軽羹は、だんなも息子も大好きなので、普段は5個入り980円の、餡なし軽羹を買うのですけれど、やっぱりちょっと高いんですよね。

 でも粉なら250円くらいなんです。スチーマーもあるし、作ってみようかな~と思って、昨日は粉で買ってみました。袋に書いてあったレシピでは、この大きさで砂糖300gとあったので、これはちょっと…と思って、200強くらいで作ったのですが、それでも結構甘かったです。

 でも、私以外は、かなり気に入ってくれたようなので、まぁ良かったかな。

 下は、前にご紹介したこともある、『もち米蒸し』がスチーマーのレシピ集に出ていたので、作ってみました。このレシピにプラスして、干し小エビと干しシイタケを入れたような感じ。会社で売っていた、被災地野菜も一緒に蒸し、豆腐を載せたサラダもあったので、今日は脂抜き料理でした。

2011年5月28日 (土)

【月】バラの国の王子 MyLast

 先日、GW中に行った時の話は書きましたが、今日は、桐生園加さんのラストデイと思って観劇してまいりました。

 前回1列目の時は、音楽や歌が耳に入っても、内容を理解せず、ただひたすら目の前のジェンヌさんたちを、拍手を終えた手のまま、お祈りポーズで見ていたような感じでした。そのため、観劇記録もその余韻のままに書いたように思います。でも今日はやっと、歌詞の意味を理解しつつ、”お芝居とショー”を、楽しむことができました。

 お芝居を落ち着いて観ると、やっぱり霧矢さんの歌とお芝居が光っていたかな…。技量が周りと一段違うように思いました。彼女が安定しているから、周りがのびのびとお芝居しているように見えるのです。我儘長女&次女もパワーアップしていて、何度も笑いを取っていましたね!

 そしてショー。園加ちゃんが舞台の中央で、大勢の組子を引き連れて踊っている。もうそれだけで、感無量になってしまいました。特に、ユニコーンのシーンは、その前のクラシックなコンチェルトと打って変わって、音楽もダンスもモダンな感じで、園加ちゃんのダンスが目一杯楽しめたように思います。でも逆に、朗々と響く影ソロの声が、ツボに入るくらい素晴らしい歌声だったこともあり、このダンスをもう見れないなんて…と、うるうるモードへ入ってしまったかな。

 そして、黒燕尾の群舞は、ユニコーンの時とは全く違う、キリッとしたダンスがすごいです。それまでは、”踊ることがこんなに楽しいなんて!”というメッセージの伝わるダンスなんですが、群舞では、全員が同じ服で、同じ振付けで踊るので、その違いが際立っていました。退団してもダンスを続けてほしいな…と思うけれど、この群舞だけはもう絶対無理なので、しっかり目に焼き付けておきました。

 あと、他の方としては、最後に銀橋を渡る、龍真咲さんの宝塚はOnly Oneという歌は、とても素晴らしかったです。そのメッセージがしっかりと伝わってくる、素敵な歌でした。ちなみに、本日の霧矢さんの夢は、「AKB48に入って、総選挙で一番になることです!」でした(笑)

 最近ずっと忙しかったけれど、行き帰りの中央線で爆睡したので、今日はじっくり観劇してくることができました。明日が千秋楽なので、最後の様子は翌日のニュースで見たいと思います。

2011年5月27日 (金)

腰割りでスチーマーをゲット!

 「腰割りでスチーマーをゲット!」という題名だね、と会社の人から言われたので、そのまま使用しました(笑)

 本日のことですが、もうすぐお昼休みという頃に、ある部署の部長さんが私の席に、大きな箱を持ってやってきました。何だろう…?私、また何かやらかしてしまったかしら…?なんて思って、ちょっと心配しつつ、

 「私でしょうか?」

と聞いたら、

 「うん、投稿した健康法が投票で選ばれたので、これは賞品。おめでとう!!!」

と言われたのです。え~何だろう?と思ったら、定価で12600円もする電気蒸し器でした。

T-fal スチームクッカー ウルトラコンパクトライム

t-fal.jpg

 投稿した健康法とは、以下のように書いただけだったんですけどね…。


最近流行りの股関節ダイエット。
でも、わざわざストレッチや運動はできないし…と思っていました。

そんな時、NHKのあさイチで紹介していたのが、30秒の腰割りを
1日3回実践すればよいというもの。
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/02/10/01.html

これだけで、腰痛、膝痛緩和と、ウェスト引締め・バストアップになるそうです。
私は、歯磨き時間に実践してます♪

 もらった時は、とっても嬉しかったんですが、その会に出た人が、「会社の皆が、○○さんは歯磨き中、四股を踏む格好をしてる思ってますよ(笑)」と話していたので、あらあら…恥ずかしいわ、という状況です。まぁ、1万円近いものもらったんだし、それ位いいか。

2011年5月26日 (木)

2年

 栗本薫さんがお亡くなりになったあの日から2年。あと数分だけれど、どうぞ安らかに…とお祈りできる時間に帰ってこれて良かった。

 数日前に読んだグインの遺稿は、長編の導入部分だったのでしょうか。やっぱり引き込まれる文章…と思っていました。こちらの、早川オンラインに、その続編プロジェクトの内容や、音楽配信の詳細が載っていますので、ご興味のある方はご覧になってくださいね。

 中島梓さんの蒔いた種は、沢山の人の心の中に根付き、音楽や続編として受け継がれているのだな…と思います。私は、教えてもらった料理や着物を続けるくらいで何もできないけれど、こうやって在りし日の姿を思い出して冥福を祈ろうと思います。

2011年5月23日 (月)

ツバメ2011 その1

 ちょっと忙しい日々が続いていて、ブログを書く時間や気力がなかったのですが、久しぶりに更新です。その1と書いたのは、その2をいつか書けますように、という願いを込めています。次は、雛が生まれたら…にしたいなぁ。

tsubame2011-1.jpg

 玄関の扉を開けると、ポーチの隅にこんな巣が見えて、必ず私を見ているんですよ。大丈夫かな…?と心配してね。だから、玄関の明かりも点けないし、扉をそーっと開け閉めする毎日です。

 そうそう。一週間くらい前かな…。ランチの時にツバメの話が出たんですよ。たまたま隣に座ってお話した人は、会社ではけっこうエライ人なんですが、とても楽しい方で、この人のスピーチ、私は好きなんです。

 私が、お久しぶりです、と言ったら、「僕は有名だから、よく”あ、東○さん!”って話しかけられるんだけれど、相手の名前が分からないことが多くてね。ごめん、ハッハッハ!!!」という感じ。

 その方が、こんなことを言ってました。

 「この間、ある女性に、ツバメのお母さんの話をしたら、泣いちゃってね。とても子育てに熱心で、うまくいかないと悩んていたからね。”ツバメは赤ちゃんにエサをせっせと運ぶけれど、飛び方は教えないよ。子供は自分でコツコツと飛び方を練習して、そしてある日、自分の力で巣立つんだよ。”と、と話しただけなんだけど…。うん。それだけで、納得したみたい。」と話していたのです。

 何だか、あっという間に巣立ってしまったうちの娘を思って、「いいお話ですね~。」と明るく返事したものの、私まで何だかうる目になってしまいました。

2011年5月12日 (木)

携帯変更 for息子

 息子が本日まで使っていた、私名義の携帯。

hiroki_keitai.jpg

 買って1年後には、シックな赤色携帯は、このような銀色携帯と化していました…。最近では、携帯を開けるとボタンが落ちる状態で、電池パックの蓋も、気が付くと落ちているのでセロテープで止めてありました。でも、この機種は2年間で支払う契約になっていましたので、それが終わるまでは替えません、と言ってあったんですよね。

 それで、支払最終の5月10日以降、塾のない日が今日でしたので、会社から帰ってから契約に行ってきましたよ。なんかね~。1か月前にいいと思っていた機種が、生産中止で在庫がなくなっていたため、別の機種にしたんですが…。

 見た目はほとんど変わらない赤い携帯なのに、スマートフォン並みに、マルチタッチ!しかも、ぺクを撮影した動画は、毛まできれいに写っている!最近の機種って違うんですねぇ…。びっくりでした。ちなみに、私は2年半前に、スパボ一括で買った機種ですので、相当古いんじゃないかな。でも、薄くて気に入ってます。

2011年5月11日 (水)

【月】バラの国の王子・ONE

 先日、美女と野獣を題材とした月組公演を、2回観劇してまいりました。一言でまとめると、修学旅行向きな公演かな…と思いました。中学一年生とおぼしき制服姿の学生さんたち(男子学生も!)も観劇していましたしね。確かに、ロミオとジュリエットは有名なお話ではありますけれど、内容は親に反抗して駆け落ちするお話ですから、こちらの方がいいかな~と思います(笑)

バラの国の王子

 これは、美女と野獣として知られているお話です。多少設定は異なってはいますが、ディズニーが脚色した筋よりは、より民話に近い構成になっています。召使いたちは「獣のお世話は獣」ということで、虎・チーター・猿・小鳥などなど(笑)

 また、野獣本来の姿が王子というのはディズニーと同じですが、魔女の叔母の陰謀で魔法にかけられた、心優しき正統な世継ぎである、という点は、宝塚オリジナルかな…?と思いました。

 そんな設定で始まったお話。でも私は、観劇歴8年で2回目という、1列目の魔力にかかってしまい(笑)、すっかりファンモード観劇になっていました。銀橋で、「今夜はどうすることもできないけれど、泣かないで…」と歌うりおさん、じゃない、家臣筆頭の虎(笑)。「あの人が戻らないなら旅立つべき…」と切なく歌い上げるきりやん、ではなく、野獣(笑) 

 衣擦れの音が聞こえるくらい目の前で、そんなお芝居が繰り広げられていれば、もう目は「はーと」になりますねぇ。特に、野獣が寝込んでいる間、目の前の下手銀橋で明日海さんが膝をついて控えていたため、その間のお話は全然聞いてなかった…(笑)。2回目に昔のA席あたりから観劇した時、やっと、あ、こんな展開だったのね…と分かったくらいでした。

 そうそう。今回は龍さんが2役を演じていたことに全く気付かず…。何で2番手なのに出番が少ないんだろう…と思ったら、最初に出ているのに気づいてなかっただけでした(^^;

 総じて、一貫して、”童話を歌で綴る”、という雰囲気のお芝居ですね。生き様に感銘を受けるとか、社会風刺の作品とか、そういった面は全くないですが、心穏やかにホッとできる作品だと思いました。

ONE

 1列目だったため、ショーの最初、暗闇の中でスタンバイする様子が感じられ、あ…もしかしてあそこにいるのは…?とワクワクしながら2幕目開演を待つことができました。予想通りの展開で、初っ端からヤッタネな気分(笑)

 このショーでのちょっとした見どころは、途中、霧矢さんが宣言する「夢」のアドリブです。毎回楽しい夢を語ってくれています。私が行った時は、

* 「浅草の人力車に乗って楽屋入りをすること。」
* 「緑の日にちなんで、月組の黄色の日をつくること。」

でしたが、この野獣の衣装でディズニーのパレードに出るとか、世界中のお母さんにカーネーションを贈るとか、季節の話題を取り入れていて、今日は何かな?と楽しめます。

 あと、私が一番好きな場面は、チャイコフスキーのピアノコンチェルトでしょうか。長い曲のエッセンスがコンパクトにまとめられていて、トップコンビのクラシックなデュエットダンスも、ポップス調なダンスも良かったと思います。 ただ、あまりに聞き込んだ曲なので、オケのピアノさん頑張って、、、と思う箇所もあったかな…。

 それから、客席降りも楽しいです。斜め前の階段上が明日海さん、その下に青樹さん、私のすぐ目の前にもお二人下級生さん、どこ見たらいいの~!!!というくらい、贅沢な一瞬でした。 これぞ、1列目の醍醐味…。

 ユニコーンの場面は、園加ちゃんの体を目いっぱい使ったダンスが素敵です。その後の、龍さんの、まさに正当派タカラヅカを表わしたような銀橋渡り。そして、パレードは園加エトワール!

 退団公演とか、海外ミュージカルとか、何か特別な企画がある公演ではないとは思いますが、ほっこりと楽しめるお芝居とショーでした。

追記:5月28日の観劇記録は、こちらをクリック

2011年5月 9日 (月)

入り待ち初体験

 私が初めて宝塚のビデオを見せてもらったのは、2003年のお正月のこと。そして春には、一人で宙組公演を初観劇しておりましたので、もうかれこれ8年以上劇場へ通う生活をしています。

 そんな私が、先日初めて、入り待ち時間の東京宝塚劇場に行くことができました。

 ファンだったジェンヌさんの卒業を見送り、また新たなターゲットを見つけて(笑)…という、ヅカファンの王道を行くような生活をしていますが、それでも東京での入り待ち・出待ちの体験は一回もないのです。大劇場では、入り待ちをした経験がありますけど、それは、「旅行の一環だから」できることなんですよね。

 でも、東京での観劇は、日常の中で作り出す自分の時間。だから、開演3時間前に劇場へ行くという時間は、どうしても取れなかったのです。う~ん…違いますね。時間が取れないというよりは、日常に差し支えるようなファンにはなるまい、と思っていたのです。

 でも先日は、GWの飛び石で会社を休んでいましたので、子供は学校、だんなは出勤という、専業主婦状態。このチャンスを逃すわけにはいきません(笑)。前夜に家事をできるだけ終わらせ、朝は夕飯を作りおきし、皆を送り出したあとに有楽町へ…。

 集合場所に到着し、初めてなんです…と言いながら並ぶと、周りの方がいろいろと教えてくれました。そして、昨日のお茶会行った?遠征したことある?というようなお話をしていたら、ちょっとどきどきも薄れましたね(笑)。「ガード」の意味も理解し、お手紙もお渡しして、いってらっしゃ~いとお見送り。ホンの数分のことなんですが、ほっこりした気分をいただけました。

 ちょうどお向かいでは、霧矢さんが一人一人から受け取っていらして、オーラが違うなぁ~なんて思っていました。気候も良かったので、他のジェンヌさんの出勤風景を遠くから少々眺めた後、退散。朝の散歩をしたような、ちょっと優雅な気分を味わったひとときでした。

2011年5月 8日 (日)

GW覚書

遠出はしなかったけど、いろいろあったので、個人メモです。

* 家の片づけや庭の手入れ。 お客さんがいつ来ても大丈夫と言えるくらいになったので、どうぞ皆様おいでくださいな(笑)

* 子供と久しぶりにボーリング。3日後までおしりが筋肉痛で痛かった。歳だなぁ…。

* だんなの誕生日祝い。財布を新調して、iPad2を入手した模様。

* 震災で延期になっていた、母親の誕生日ご飯。これはCookpadの日記にしよう。

* 犬の狂犬病注射。今回は震えなかったけれど、注射の用意をしている間、ず~っと私を”必死で”見つめていた…。こんなに一時も目を離さず、凝視してたのは初めてかも(笑)。でもいい子ちゃんでした。

* 自分のGW目標だった、通信教育の課題提出は、完!

* 友人との休日。上野散策。

* 一人の休日。有楽町散策…(笑)

* 最後の週末は、太陽光発電の契約とお仕事。

こうやって並べると、いいGWだったのかな。

2011年5月 7日 (土)

レンブラント&韻松亭

 先日、GW中の平日に、友人と一緒に上野に行ってまいりました。西洋美術館でレンブラント展を見た後、遅いランチを上野公園内の老舗、韻松亭で食べて、アメ横を通って帰る…という散策コース。

 まずはレンブラント。有名な油絵ではなく版画がメインだったけれど、紹介VTRで内容を理解してから見たら、これがとても面白かった。 西洋紙と和紙など、紙の違いで全く違う絵に見えたし、何度も修正を施して版を重ねると、「あ…人物がいなくなってる!」というように、間違い探しクイズでもするような感覚で楽しめました。

20110502_ueno.jpg 外のテラスで桜パンナコッタを食べた後、常設展を見たんですけれど、こちらにあった版画を見ると、レンブラントの版画が人気の高かった理由がよく分かります。素人目にも、全く違うレベルを感じました。

 あ、そうそう。あまり期待してなかったというか、タダで入れるなら入っておこうか、くらいのノリで入った常設展の入口に、ロダンの考える人があったのにはびっくりしました! 私でも知っている美術品が、触れるところにあるの?と思って確認してみたところ、これこそが正真正銘の「考える人」なんだそうです。

 そのほかにも、その友人と学生時代に回った、フィレンツエの寺院やパリの美術館を思い出す作品が多く、オランジュリー美術館にも行ったね!なんて話しながら楽しく鑑賞することができました。

 そして、私にとってのメイン(笑) 韻松亭のランチ

20110502_ueno2.jpg 一口サイズの、粋に盛られた沢山のお料理が、丁寧に配置されています。この花籠は、ひとつひとつが美味しいだけでなく、串の先が”のし梅”で止めてあったり、アイディアも感じられて素敵。湯葉・焼き生麩の田楽もあって、ちょっと京風ですね。昔話をしながら、震災当日やその後のこと、子供たちの近況など、いろんな話をして、ゆっくりできました。

 その後、アメ横を通って帰りました。私、アメ横って、子供の頃に行ったきりかもしれないのです。親に連れられて正月用の食品をそろえたのですが、あんまり楽しかったという記憶がない…。でも今回は、台湾に行った時を思い出すね~!と言いながらぶらぶら通り抜け、今日の夕飯はこれで!と思う食材もあったので、少しだけ買って帰りました。楽しい一日でした。

 

2011年5月 5日 (木)

【月】観劇&お茶会

rio_rose.jpg 昨日は、『バラの国の王子(美女と野獣)』『ONE-私が愛したものは・・・-』を観劇してまいりました。

 この公演は、大阪まで観に行くつもりでしたが、計画停電で仕事の予定が立たなくなって、取りやめた公演なんです。お茶会は、公演内容を知らずに行っても意味を理解できないので、たまたま安く売りに出されていた下手1列目のS席をゲット!1階席で観ることすらほとんどない私ですが、今回限りは、その時に浮いた交通費を考えたら、普段の代金に少々上乗せしたくらいの値段ならいいか…と思って…。

 だから…今回は、舞台の講評が書けるような状態ではございませぬ(笑)。 きりやん、アドリブ最高♪、蒼乃さん細い…お衣装も素敵♪、龍さんと何度も目が合った~~♪、そのかちゃんがエトワールだ~~~♪ みりおちゃんの猫トラ、可愛い~~~♪ とまぁ、こんな状態でした。あと2回、たぶん2階席から観劇すると思うので、その時にメモを取って感想を書こうと思います。ちなみに、本日の夢は「緑の日にちなんで、月組の黄色の日を作ること」でした。

 その後、明日海りおさんのお茶会へ。でも、有楽町阪急で母の誕生日プレゼントを買ったり、食べ物を少々お腹に入れたりしていたら、駆け込み同然になってしまいました。

 そのため、ゲーム内容を理解しないまま、お茶会へ突入…。そうこうするうちに、私の席の列の人は、9人並んで一緒に「自転車」を表わすジェスチャーをしなければいけない事態となりました。私たちのジェスチャーを見て、りおさんが何を表わしているのか理解してくれればいいのです。

 でも、小さい演技では全然分かってくれず、時間は刻々と過ぎていきます…。どうしよう…と思って私は、ちょっと前傾姿勢でハンドルを握る姿のまま、片足でペダルをこぐ仕草をしてみました。するとりおさんが私を見て「あ!自転車!」」と答えてくれたではありませんか。やった!と内心ガッツポーズでした。ほんの10秒20秒の話でしたが、やれやれ…と座ったのはいいんですけれど…。

 ふと気づくと、私は着物姿(爆)。ましてあのポーズは、こじまよ○お風だったかもしれない…と思ったら、なんてことをしてしまったのかしら…と赤面。その上、各ブロックで一番印象的なジェスチャーをした人に渡すという、真紅の薔薇まで頂いてしまいました。

 「着物で頑張ったあなたにどうぞ(笑)」と、ご本人から直接手渡して頂いて、それはそれは、と~っても嬉しかったのですが、反面、死ぬほど恥ずかしかった…。礼法を学んでいる最中だなんて、とても言えない。着付けの先生には黙っておこう(笑)

 ちなみに、本日の装いは、薄い藤色の洗える小紋に濃い紫の帯。着付けの先生手作りの、渋いピンク色の半襟&帯揚げ。そして数年前にもらった薔薇のバックでした。今まで、「初心者で色付きの半襟は…」と思っていたんですけれど、 着付けのポイントも分かってきたので、ちょっと挑戦!でした。

追記:

みりおさんの、本公演に対する思いや役作りについての記事を見つけましたので、リンクを貼っておきます。

プレシャス!宝塚

 

2011年5月 4日 (水)

ボーリング

 今日は午後から着物でおでかけですが、午前中は空いていたので、息子と車で数分のところにある、ボーリング場へ行ってみることにしました。

 私が前にボーリングしたのは、社内の懇親会が最後だと思うので、もう15年前くらいのことかな…?もしかしたら20年ぶりくらいかも!?という状況でしたが、けっこう息子がいいスコアも持って帰ってくるので、一回見せてよ~と頼んでみたわけです。Wiiでやりこんでいるのは見ていましたが、本物を投げているとこを見たことがなかったので…。

 高校生以下の子供がいると、ファミリーパックで3ゲーム千円。1時間で肩や手がパンパンになってしまいましたが、楽しい時間でした。ちなみに、息子は170台、私は100台のスコアでした…。

2011年5月 1日 (日)

太陽光業者決定(長文)

 紆余曲折ありましたが、やっと工事業者と設置メーカーが決まりました。

 最初、シャープがシェアNo.1ということで、HPから問い合わせを行い、特約店さんを紹介してもらいました。また、並行して、

太陽光発電一括見積.com

と、家の施工業者の、合計3件から、見積もりをもらいました。

 でも、家を建てた工務店は何だかやる気が見られず、下請け業者へ丸投げしたのが丸わかりの対応だったので、除外。(契約後どれくらいで実際に使用できるようになるか?と聞いても、最短で2か月半になりますという答え。他の2件は1か月で設置、売電の契約はその2週間後、ということだった。家の図面や配電の状況もわかるはずなのに、全部家まで来てコピーしていた。)

 でも、シャープ特約店(業者A)さんは、何度も足を運んでいただき説明してもらえましたし、一括見積さんの方も、「最安値の業者ではなくてもよいので、施工後にトラブルのない販売店を紹介してほしい。」とお願いしたら、実績のあるところを1件だけ紹介してくれました(業者B)。(この見積もりcomは、あいみつを取って最安値にしたいから、沢山紹介してほしい、というお願いもできます)

 メーカーごとの太陽光パネルの特性は、ここにまとめられていますが、2011年の状況としては、初期費用を安く抑えるならシャープ、売電まで考えるならサンヨー、という構図になっているようです。業者Bさんからは、サンヨーでの見積もりが届きました。

メーカー別の特性

 シャープの単結晶190Wが4月に発売となり、それならかなりの発電量を確保できるとのことで期待して待っていたのですが、実際の販売開始日が遅れているようで、とても夏前には設置できないことが分かりました。それで、シャープ特約店の業者Aさんに、キャンセルさせてくださいとお断りしたのですが…。

 私がお断りしたことで、シャープ特約店ではなく、普通の施工業者としての立場に変わったのか、その業者Aさんから、サンヨーの最新型の提案があり、1KW近く発電量を上げて見積もりを出してきたのです。それで、こんなに発電できるんだ…と、今度はこちらに乗り換えようかと思い、業者Bさんにお断りのメールを出しました。

 すると今度は、業者Bさんから、もっと良い提案ができるよう努力しますので、キャンセルの理由をお聞かせいただけないでしょうか、という返事。それで、A業者さんの、保障が効かないかもしれない、屋根幅ぎりぎりの提案に不安を感じていたこともあって、同じ型番と配置で、どれくらいの金額になるのかを、一応聞いてみたのです。

 結局、この業者Bさんからもらった、そのサンヨー最新型の見積もりが、A業者より相当安かったこと。そして、見積もりは出したけれど、屋根を採寸して状況を見なければ、この枚数での設置はお受けできません、という対応だったことから、この業者Bさんに決定することにしました。なんとなく、受注のために、屋根を見ずに発電量だけを確保した提案をしてきた業者が、ちょっと信用できなくなってしまったのでしょうね。

 今日は、実際の施工業者さんが来て、屋根の採寸や電気系統の調査を行いました。その方の話では、うちは、南向きの屋根が長いので、都内としては一番多く乗せられる屋根だとのことでした。 2kWを切ると、「節電という社会貢献のために設置しているようなもので、工事や設置の費用を回収することはできません。」という状況だそうですが、それよりはかなり期待できる発電量になるそうです。

 私としては、今年の夏、節電が各家庭に求められている状況で、「節電=東京電力が作る電気を使わないこと」と定義するなら、それには多大に貢献できるかなぁと思うんです。もっと利己的に言えば、自家発電しているんだから、クーラー使ってもいいよね!?という感じ(笑)

 その上、発電量が確保できることで、「車のような、高額機器の購入」ではなく、「将来払う予定の電気料金を、今まとめて払っておく。」ことになるなら、本当に願ったりかなったりです。自動車購入はちょっと先延ばしになったけれど、ま、いいかなと思ってます。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ