2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« 入り待ち初体験 | トップページ | 携帯変更 for息子 »

2011年5月11日 (水)

【月】バラの国の王子・ONE

 先日、美女と野獣を題材とした月組公演を、2回観劇してまいりました。一言でまとめると、修学旅行向きな公演かな…と思いました。中学一年生とおぼしき制服姿の学生さんたち(男子学生も!)も観劇していましたしね。確かに、ロミオとジュリエットは有名なお話ではありますけれど、内容は親に反抗して駆け落ちするお話ですから、こちらの方がいいかな~と思います(笑)

バラの国の王子

 これは、美女と野獣として知られているお話です。多少設定は異なってはいますが、ディズニーが脚色した筋よりは、より民話に近い構成になっています。召使いたちは「獣のお世話は獣」ということで、虎・チーター・猿・小鳥などなど(笑)

 また、野獣本来の姿が王子というのはディズニーと同じですが、魔女の叔母の陰謀で魔法にかけられた、心優しき正統な世継ぎである、という点は、宝塚オリジナルかな…?と思いました。

 そんな設定で始まったお話。でも私は、観劇歴8年で2回目という、1列目の魔力にかかってしまい(笑)、すっかりファンモード観劇になっていました。銀橋で、「今夜はどうすることもできないけれど、泣かないで…」と歌うりおさん、じゃない、家臣筆頭の虎(笑)。「あの人が戻らないなら旅立つべき…」と切なく歌い上げるきりやん、ではなく、野獣(笑) 

 衣擦れの音が聞こえるくらい目の前で、そんなお芝居が繰り広げられていれば、もう目は「はーと」になりますねぇ。特に、野獣が寝込んでいる間、目の前の下手銀橋で明日海さんが膝をついて控えていたため、その間のお話は全然聞いてなかった…(笑)。2回目に昔のA席あたりから観劇した時、やっと、あ、こんな展開だったのね…と分かったくらいでした。

 そうそう。今回は龍さんが2役を演じていたことに全く気付かず…。何で2番手なのに出番が少ないんだろう…と思ったら、最初に出ているのに気づいてなかっただけでした(^^;

 総じて、一貫して、”童話を歌で綴る”、という雰囲気のお芝居ですね。生き様に感銘を受けるとか、社会風刺の作品とか、そういった面は全くないですが、心穏やかにホッとできる作品だと思いました。

ONE

 1列目だったため、ショーの最初、暗闇の中でスタンバイする様子が感じられ、あ…もしかしてあそこにいるのは…?とワクワクしながら2幕目開演を待つことができました。予想通りの展開で、初っ端からヤッタネな気分(笑)

 このショーでのちょっとした見どころは、途中、霧矢さんが宣言する「夢」のアドリブです。毎回楽しい夢を語ってくれています。私が行った時は、

* 「浅草の人力車に乗って楽屋入りをすること。」
* 「緑の日にちなんで、月組の黄色の日をつくること。」

でしたが、この野獣の衣装でディズニーのパレードに出るとか、世界中のお母さんにカーネーションを贈るとか、季節の話題を取り入れていて、今日は何かな?と楽しめます。

 あと、私が一番好きな場面は、チャイコフスキーのピアノコンチェルトでしょうか。長い曲のエッセンスがコンパクトにまとめられていて、トップコンビのクラシックなデュエットダンスも、ポップス調なダンスも良かったと思います。 ただ、あまりに聞き込んだ曲なので、オケのピアノさん頑張って、、、と思う箇所もあったかな…。

 それから、客席降りも楽しいです。斜め前の階段上が明日海さん、その下に青樹さん、私のすぐ目の前にもお二人下級生さん、どこ見たらいいの~!!!というくらい、贅沢な一瞬でした。 これぞ、1列目の醍醐味…。

 ユニコーンの場面は、園加ちゃんの体を目いっぱい使ったダンスが素敵です。その後の、龍さんの、まさに正当派タカラヅカを表わしたような銀橋渡り。そして、パレードは園加エトワール!

 退団公演とか、海外ミュージカルとか、何か特別な企画がある公演ではないとは思いますが、ほっこりと楽しめるお芝居とショーでした。

追記:5月28日の観劇記録は、こちらをクリック

« 入り待ち初体験 | トップページ | 携帯変更 for息子 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy01 とてもよいお席だったのですね♪(私は1階席に座ったのは、瀬奈じゅんさんの退団公演が最後かも?)

私は14日の11時公演を見てきました。私の好きなそのかちゃんの退団公演なので、何だかとてもぐっと来ました。群舞でもぱっと見分けられるそのかちゃんの踊りや、大好きな横顔のラインや、いろんなものがもう見納めなんだなぁと思うと…。実は、先月は真飛さんの東宝千秋楽が友会で当たって(2階2列目!)ペンライトも振ってきたのですが、その時よりもつらくてつらくて…crying 自分で思っていたよりもずっとそのかファンだったんだなぁと再認識したのでした…。

昨日は偶然瀬奈じゅんさんがご観劇だったので、きりやんの「夢」アドリブは、
「本日ご観劇の瀬奈じゅんさんの次回作、『三銃士』にダルタニヤン役で出演すること!」
でした。(長いcoldsweats01

きりやんの宣伝に乗せられたわけではないのですが、『三銃士』の豪華キャストにひかれて、チケットを買ってしまいました。(雪穂さまがお好きな和音さんも出ますよ~heart02

>ゆきのさま

園加ダンスを見ながら、ゆきのさんはどうしていらっしゃるかしら…と思っていました。私も、花組時代から応援してたので、悲しかったです。あと1回、最後の黒燕尾を堪能してきたいと思います。

和音さんは、ぴあで登録してあるのだけれど、帝劇高いし…と思ってその三銃士は削除してしまってました。でもあら…!コンスタンスなのねheart いい役じゃない。観ようかな~(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 入り待ち初体験 | トップページ | 携帯変更 for息子 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ