2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

« ツバメの雛発見♪ | トップページ | 発電開始♪ »

2011年6月11日 (土)

MITSUKO

 本日は、『MITSUKO ~愛は国境を越えて~』を観劇してまいりました。この作品は、日本で初めて国際結婚し、皇后陛下よりお言葉を賜って西洋に渡り、伯爵夫人として後にEUの父と呼ばれる人物を生んだ日本女性の話です。

 どうして見ることになったかというと、主演が安蘭けいさんということはもちろんなんですが、マテさんという外国人キャストがいるということもあります。私がその楽曲に心酔した、『エリザベート』というミュージカル作品がありますけれど、その元となったウィーン版エリザベートのトートを演じていた方なんですよ。ウィーン版DVDで、その舞台は何度も見ていたため、今回は、初の生マテさんでした。

 そのエリザベートの夫、フランツヨーゼフにも謁見したというMITSUKO。ですが、エリザベートと同じように、その人生の後半は孤独でした。MITSUKO自身は家を勘当されて海を渡り、二度と日本の地を踏むことはなく、子供はMITSUKOとは関わらない生き方を選び、それぞれの道を歩んでいく。人の幸福って何だろう…と考えさせられました。

 歴史上の人物に関わり、歴史を変える人物を世に送り出したMITSUKOでしたが、夫を亡くした後の彼女は、寂しい人生だったようです。でも、その夫婦のあり方が子供たちのバックボーンとなり、戦争を繰り返すヨーロッパを一つにするという概念となり、目に見える形となって世の中を変えていったわけです。

 そのMITSUKOを演じているのは、安蘭けいさん。男役という経歴を一切感じさせない、歌の上手い演技派女優さんでした。アイーダを見た時、男役の声からの、その脱却の速さにびっくりしましたが、今回は完全にもう女優でしたね。さすがとしか言いようがありません。また今回は、ダンサーというよりは、シンガーの揃ったキャスティングだったということもあり、本当に聞いていて心地よかった。そして、聞いて楽しいというだけではなく、何か得るものがあったかな、と思える作品でした。

小池先生のインタビューはこちら⇒インタビュー記事へのリンク

« ツバメの雛発見♪ | トップページ | 発電開始♪ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツバメの雛発見♪ | トップページ | 発電開始♪ »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ