2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 高校同窓会 | トップページ | 茶遊会@築地 »

2011年10月18日 (火)

コンサルタント試験合格!

 今日は、築地市場の近くでお茶の催し物があり、お友達に連れて行ってもらっていました。またこの話は別記事にはする予定ですが、皆でおいしくお茶の飲み比べをしていたら、その最中にブブブブと携帯が鳴ったのです。何かな?と思ったら、着付けの先生からのメールで、「学院から合格通知がきました」というものでした! (当日の記事はこちらです)

 4人で受けに行ったのですが、全員揃って合格。私は97点だったとのことで、先生からも褒めて頂きました。頑張った甲斐があったというものです。当日帰宅してだんなに、「たぶん上位で合格よ~!」と見栄を切った手前、大失敗をしてなくて良かったです…(^^;

 ただ、これは言わば、自分の持っている高校教員2級免許や運転免許と同じで、取得しただけでは全く役に立たない状態です。そのあと、それを入口にしてずっと使っていくことで、身についていくものです。先生からは「これがスタートよ」と言われてますが、その通りなんでしょうね。でもまずは、来年早々の娘の着付けをしよう~っと。

 これ以下は、試験の翌日に書いた記録です。 どんなテストだったかを記録しただけなので、興味あれば…でどうぞ。


  では、どんな試験をしたのか、ちょっとご紹介。

学科

 学科は、礼法、きもの全般の一般常識、織物の産地、模様や家紋、繊維全般の知識、帯ときものの調和、など多岐に渡ります。私は最初、積み上がった教科書を見てすっかり挫折気分で、「2/3の、すれすれクリアの合格ラインを目指そう。」なんて思っていました。そうそう。やる気がなかった頃、最初に教科書を開いたのは、計画停電中でしたね…。な~んにもすることができない、という状況になって、初めて本を開いた私…。

 夏くらいになって、さすがの私もお尻に火がついてやり始めたら、全然暗記できないんですよ。でも、だめだぁ~と騒いでいたら、息子がいろんなグッズを貸してくれてね。それからは、試験前に覚えればいいだけの、自分なりの”まとめノート”作り始めました。それが増えていくと、やった気分になるというか…ね(笑)

 そんなわけで、結果としては、自分が暗記対象にしていなかった項目はもちろんだめですが、覚えたことは全て書けて、全く知らない事柄も”感”で正解したので、満足しています。 例えば、「羽尺とは(      )用に、普通より短く織られた反物です。それに対して、(      )とは、着物1枚を仕立てるのに必要な反物の長さを言います。」といった問題が出題されるのですが、私、羽尺なんて聞いたことも見たこともなかったんですよ。ところが、もしや羽織?と途中でひらめいて、そうしたら、羽織で羽尺なら、着物は着尺?と思い当ってね。どこかで「きじゃく」という単語を聞いたことがあるような、ないような…と。私は自分用に着物を仕立てたことはないので、栗本薫さんの、呉服屋のミステリーの本か、大正浪漫シリーズに出ていた単語だったのかもしれません。

 でもね。試験を受けてみて分かったのですが、予備講座をしっかり聞いておけば、前日だけの勉強でも、合格が可能なようにしてくれてあるんですよ。ただ、それ以外の範囲ももちろん出るから、満点近くを取るためには、やっぱり広範囲の勉強が必要なんでしょうね。

実技

 実技は2種類。ペアの人に留袖を着せ、2重太鼓に仕上げるまで10分、自装は袷のきもの+ふくら雀を10分、というものです。モデルとして、ペアの相手から留袖を着せてもらうのも含めると、ずらっと並んだ先生の前に並ぶのは3回ですね。

 でもね。着装しているところを、審査の先生に見せるだけじゃないんです。きもの講習会を想定しているので、お客さんに説明するように、口も動かしながら着せなくてはなりません。その話法も審査の対象となるので、覚えたセリフを言いながら着装というのは、かなり大変です。足が開いていても注意されるし、美しく優雅に手早く着装する、という状況を作り出さないといけないわけですよ。粗雑な私は、何度も「○○さん、足!」「もっと大きな声で」と、普段から注意されておりました(笑) 立膝をしたとき、不安定になるから、どうしても両足のかかとをつけることができなくてね…。

 それでも私は、プレゼンが大の苦手ではあるけれど、全くの未経験じゃないわけです。100人の前でしゃべる時もあれば、展示会でお客様に説明することもあるわけで、普段とは違うテンションにモードがスイッチすれば、どうにかなるんじゃないかな?と自分で予想がつく。

 でもね…。専業主婦の長い人は、今までほとんどそういう機会がないわけで、緊張度合も半端じゃないんです。本当に、見ていて可哀想なくらい緊張していて、顔色も真っ青でした…。実際、前日一睡もできずに一生懸命覚えたのに、前半はまったく無言になってしまった人もいましたし、私のペアの方も、普段なら難なくこなせることを忘れてしまって、すれすれセーフという状況でした。

 自分は、モデル(着せてもらう係)⇒留袖を着せる⇒自装、の順だったので、普段通りに終了。もちろん10分なので、もうちょっと直したかった、という心残りはありましたが、まぁ自分の中ではぎりぎり及第点、だったかな。

終わった感想

 何だか、一つやり遂げたという達成感があります。私はオーディションとか演技とか、そういったものは無縁に過ごしてきたので、審査員の前で披露する、という体験は初めてでしたし、裏返した試験問題を開き、覚えたことを一気に書き込むという状況は、本当に20年ぶりくらいでしたから。

 今は、衣紋掛けにかけられた留袖を見ながら、もうこれを着ることはないのね…と感慨深いです。(とても素敵な品なのですが、練習用として紋にこだわらず、リサイクルで3千円で買ったものなので、実際には、これで子供の結婚式には出ることは出来ません) 

 これで終わり、と思っていたけれど、年金の支払い開始年齢が上がるとニュースで放送してたし、定年までに最上級まで昇級しておけば、老後の小遣いになるかな?なんて思っておりました(笑) 今は、これからも続けようかな、と思っています。

« 高校同窓会 | トップページ | 茶遊会@築地 »

着物」カテゴリの記事

コメント

合格おめでとうございます。
装道は私も少しの間、門下でした(^^)

次回、また素敵な着物姿の雪穂さまに
お会い出来るのを楽しみにしております

おめでとうございます!!good
97点素晴らしい!!\(^^@)/

うんうん、説明しながらの着付けはどっちかが止まっちゃいがちですよね(^^ゞ 特に創作帯結びとかで説明するとますますわからんちんになりやすいような(^^ゞ
留袖はなんとかなるけど、自装のふくら雀はできませんわcoldsweats01
これでまだ初級なの? 凄いね!
最上級まで頑張れ~~heart01

合格おめでとうございますpasspasspass

かかとをつけるのって、意識してないと結構難しいですよね。私も茶道を習っている時、何度も注意されました。(後ろから見ると相当マヌケな姿に…coldsweats02


解説しながら着せなきゃいけないんですね!それはハードル高そうだわ……。上級になればなるほど「見せ方」も大切になるんでしょうね。さらに上を目指してがんばってくださいませhappy01


母が作ってくれた着物がたんまりあるので、私も娘の受験が落ち着いたら、着付けを習おうかしらん…。このままだと、本当に箪笥の肥やしになってしまうし。とりあえずは娘の卒業式に着物で行こうかと考えております。

おめでとう!
試験は合格しないとね。よろこばしいことです。

3点は、なんだったんでしょうか。

>恵さま
ありがとうございます!
恵さまも、門下生だったんですね。私は学校が遠いので、近くの先生に教わっている通信教育生なんですよ。だから、カリキュラムも日程もフレキシブルで、どうにか続けることができました…。
 
>みっちゃんさま
ふくら雀はね、美容姿っていうやつに形を作って、それを背負うだけなのよ。超簡単。まだまだ、みっちゃんさんのレベルには程遠いですが、地道に続けようかな~と思ってます(^^)v
 
>ゆきのさま
そうよ~~そんなに沢山お持ちなら、ぜひ着てあげてね。きっと着物も喜ぶと思うし(*^^*) それにしても、足はね、試験の時やっぱり最初開いてしまってて、途中で気付いてぴたっと閉じたんですよ。きっと審査員に、「あ、やっと気づいたのねぇ」と思われていたに違いない(^^;
 
>ゆうささま
一つは、白鷹紬は何県が産地でしょうか?というもの。長井紬と紅花紬は山形県、までは知っていたのですが、これは覚えるリストに入ってなくて全くわかりませんでした…。飯能大島が埼玉っていうのは、言われなくても分かりますが、東北に足を踏み入れたことがないので、感も働かず、でね(^^;。あと二つは、読み方が分からないものなんですが、今となっては、読み方が分からないので、覚えてもいない、という状況です。でもね、産地や読みは、1つ1点なので、助かりました(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高校同窓会 | トップページ | 茶遊会@築地 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ