2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« なめこ中 | トップページ | 手作り割烹着 »

2012年3月18日 (日)

初助手はハプニング

 今朝は、着付け助手として、早朝から美容院で着付けのお手伝いをしているはずでした。

 なぜ、「はずでした」なのかというと、予定時刻に到着すると、美容院スタッフもお客様も、皆外で立っているではありませんか…。(私が着いた時刻は、もうヘアセットが終わる頃の予定だった。)

 鍵が壊れたらしく、もう1時間も立っているとのこと…。ほどなく鍵のレスキューが到着したものの、結局開けられず、金属のこぎりを使って、ガラスドアの下部を切ることになりました。

 やっと開いた時は、ヘアセットと着付けがそれぞれ1時間の予定が、既に1時間15分経過!着付けから先にしたのですが、ヘアが間に合ったのか心配です。着付けも、全部用意してから開始できなかったことで、後から伊達衿が見つかって少々後戻りしたりと、大わらわでした。これも勉強ですね…。

 結婚式に出席という若い女性が、1つ紋付きの色無地に、ピンク系の豪華な袋帯で2重太鼓だったので、既婚でお友達の結婚式かな…と思いました。無事間に合っていますように…。

 (タイトルの助手というのは、2人組で着付けをする時に、補助をする側の人のことです。今までも、成人式や結婚式など、何人もの先生が一緒に行く時のお手伝いをしたことはありますが、二人だけで派遣されるのは、今回が初めての経験でした。)

« なめこ中 | トップページ | 手作り割烹着 »

着物」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!
初助手で緊張なさっていたところに、
思わぬハプニングで大変でしたね。

昨日は娘の卒業式。
着物を着ようかと思ったのですが、
登校時間が8時40分と早いうえに、
私は筋金入りの雨女…coldsweats01
自分で着られないので、黒スーツにしました。
しっかり降ったのであきらめて正解でした。

それでも、何人か着物の方がいらして、
いいなぁ…と見ておりました。
昔、母親が入学式や卒業式に着物で来てくれた時の記憶で
着るなら色無地、と思い込んでいたのですが、
訪問着をお召しの方も。
あまり堅苦しく考えなくてもいいのかしら…?
着物のきまりは難しいので、
着る前には雪穂先生にお尋ねしようと思ったのでした。

>ゆきのさま

お嬢様の卒業式だったのですね!ご卒業、おめでとうございますcherryblossom

うちの子供たちの学校は、お着物は一人もいらっしゃらなくて、私のグレーのスーツでも浮いたくらい、黒ばかりでした。その頃は、着物を着るつもりは全然なかったなぁ(^^;

種類についてですが、今は、着物のしきたりも本当にゆるくなっているので、どちらでもOKと思います。黒留袖(正装)と小紋・紬(普段着)の間なら、何でもいいのじゃないかしらgood

かたいことを言う着物通の方もいらっしゃいますが、分かる人が少数派だし、着る方が自分の着物の格を分かって着ているのなら、それでいいのかな~と思ってますwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なめこ中 | トップページ | 手作り割烹着 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ