2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去の記事

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

【星】ジャンルイファージョン

     今日は、青年館で星組公演を観てまいりました。上手2列目という良席は初めてで、銀橋もないので、舞台が本当に近くてビックリでした!

     なぜ今回、青年館チケットを取ることにしたかというと、先日のこの『メイちゃんの執事』を見たからに他なりません。私は時々、寝る前に見た録画が原因で、一晩中、映像や音楽が頭から離れず、夢なのか現実なのか分からないまま朝になることが、たま~にあるのですけれど、今回もそんな感じでした。そのような状態になるのは、初めて接したエリザベートとか、TBSドラマの仁くらいなんですけどね。我ながら、何で今回、そんなにツボにはまったんだろうな~と思ってます(笑)

     そんなこともあって、メイちゃんの執事の時の主演と2番手が、今青年館で公演していると知り、ちょうど予定が空いたので、思い立ったが吉日!と行ってみることにしました。

     私は、星組の本公演を、王家に捧ぐ歌から欠かさず見ていますので、この下級生さんたちの演技もずっと見てきたはずなんですが、実はあまり見分けがついてなくてね…。それで、昔買った星組本を取り出して、出演者の皆さんのプロフィールや素顔のお写真を覚えて、準備万端! でも、公演内容は全く知らないままで行ってまいりました。

     最初は、わぁ~2列目!皆さんのお衣装の風合いや、ボタンの具合まで分かる!細かい表情まで見える!理人さんと忍さま(メイちゃん)だ~! あ、いや、死とマーキューシオ(ロミオとジュリエット)だ~! いや、ベネディクトとライナス(オーシャンズ11)だ~!と、そんな感じでした。

     その上、ベルばらをフランス革命の表、スカーレットピンパーネルを裏の現実とすると、この舞台は、その間を取ったような感じなんです。私がSS席で号泣したのは、白羽ゆりさんのアントワネットだったのですが、それも星組。スカピンも星組…。昔の星組の舞台を思い出しながら、若手さんたちの活躍を間近で見る、という、何だかとても贅沢な観劇でした。

     また、主演の紅さんが、これぞ男役!という美しい佇まいですね。目の前の上手に立つことが多くて、思わず見とれていると、舞台中央が視界の外になってしまって、何をしているのか見えませんでした(笑)。アントワネットさまの本当の愛について説明を受けるところは、心の動きがとても感じられるお芝居で、そこが一番印象に残ったかな…。メイちゃんの時も、寮の部屋での2人の会話だけを早送りして見ていると、最初のお仕事モードから、だんだん親密になっていく様子がすごく良く表現されていて、そこが良かったんですよね~。紅さんの、『押さえなければならない想い』を表現する時の表情が、ツボなのかもです(笑)

     真風さんも、汐月さんも、男役らしい格好よさでしたが、私が今回一番良かった思うのは、「うだつの上がらない男」と人物紹介されている、美城れんさんです。ちょっと未沙のえるさんのような雰囲気で、ロスピエールを恐れていたのに、最後は味方になっていく弁護士さんを、好演していらっしゃいました。

     実は、定価で前方の席が売りに出されていたので、内容はあまり期待していなかったのですけれど、楽しい観劇となり、良かったです!

2012年9月29日 (土)

初の土産宅急便

 夕飯の後片付けをしていたら、ピンポーンと玄関のチャイムが…。何だろうと思ったら、娘からの旅行のお土産が、宅急便で送られてきました。

yumi_miyage.jpg

 左のは、金時草(きんじそう)入りの生麩だそうです。

 こんなことは初めてでしたので、嬉しかった♪

2012年9月27日 (木)

今月2件目の話題入り♪

先日の海ぶどうサラダに引き続き、また頂いたレポが10件になりました(^^)

鮭の和風ムニエル☆すだちバター風味

cook_wadai_10_2.jpg

作って頂きました皆様、本当に感謝です♪どうもありがとうございました!

cook_wadai_10._4jpg.jpg

 

2012年9月25日 (火)

CS:メイちゃんの執事

 数か月前だったかな…。CSのスカイステージ(タカラヅカチャネル)で、このメイちゃんの執事の一部ダイジェストを放送していたんですが、その数分間の映像を見て、何故か

「これ、全部見たい!」

と思ったんです(笑) そうしたら、先週やっと再放送があり、今日最後まで見ることができました。感想は…。

「これ、面白い!!! 」

 私はもともと、小さい頃から音楽と共に暮らしてきたこともあって、曲が素晴らしい海外ミュージカル(一本もの)が好きなんですが、”お芝居の続き”が見たくて録画したのは、今回が初めてでした。 児玉先生の作品は、今まであまり自分の中でヒットするものはなかったんですけれど(あ、シークレットハンターは別)、これは、本当に面白かったです。銀河英雄伝説は、人物関係が複雑そうなので、あらかじめ原作を読もうと思いましたが、この舞台は、原作を知らなくても楽しめるようになっているのが、スゴイな~と思いました。

 その上、演じている皆さんの動きが、まるで漫画の絵を彷彿とさせるような感じなんです。原作を見たことないのに、目の前に漫画の構図が浮かんだのがビックリでした。今度、漫画も読んでみたいな…。

 でもやっぱり、一番良かったのは紅さんと音波さんの好演でしょう。今までも紅さんの舞台はいろいろ見ていますが、こんなに沢山、印象に残る場面があったことはなかったなぁ…と思います。お話が面白かっただけでなく、美弥るりかさんも月に移る前で、真風さんも含め、美貌の若手3人が揃っていて、見目麗しいしね(笑)。録画でも十分楽しいので、観たことない方は一度ご覧になっては、いかがでしょうか。

2012年9月21日 (金)

夏の終わり

 今日はだいぶ涼しくなりましたね。私の夏も、昨日で終わりになりました。

 7月初旬までは昇級試験、その翌週は大阪遠征、その翌週から会社の夏休み…。それが終わってからの一か月は、月組東京公演と、お祭りの着付け準備…。そしてそれが終わると同時に、10日間の娘の帰省と、何件かの来客。

 去年までは、仕事が忙しかったのですが、この夏以降はだいぶ余裕が出てきたところだったので、本当にラッキーでした。

 このように慌ただしく過ぎた日々でしたが、これでやっと一段落したかな…というところです。秋は、同窓会や、ぽつぽつと観劇の予定は入っていますけれど、それ以外は12月に向けての留袖の練習かな。あ、すぐお腹の調子が悪くなる息子のために、食材やメニューに気を付けなきゃね。

 そうそう。facebookには、いくつかリンクを張ったのですが、昔自分で作ったこんなページを見つけました。息子が中学受験の頃で、懐かしいな~と思って読み返してしまいました。

http://homepage2.nifty.com/chie_s/sumire/kiji_myhit.htm

2012年9月17日 (月)

話題入り、ありがとう♪

 本日、海ぶどうの和風サラダが話題入りし、クックパッドのトップページに掲載されました♪

wadai_10_603294.jpg

 作って下さった皆様、そして、海ぶどうのお土産を下さった、職場の後輩のOさんに感謝です。本当に、どうもありがとうございました!

 レシピへのリンクは、海ぶどうサラダ写真をクリックしてね。

umi_budo.jpg

2012年9月14日 (金)

漫画&鯖4匹(追記あり)

 今日帰宅すると、ぴぐ友でもある同僚の奥様が、私の娘のために漫画を持ってきて下さっていました。本当にありがたいことです♪楽しく読ませていただきます!

 …と、本日はこの記事だけになる予定でしたが、またインターホンの鳴る音がして、これまた同じ部署でもある、斜めお向かいの方が…。今日釣ったばかりという鯖を4匹もくださいました。

 しっぽがちょっと斜めになったまま硬直している鯖なんて、私は今まで触ったこともなく、これを3枚に卸すなんて出来るのかしら…!?という状態でしたが、どうにか8枚になって塩をふって、一休みしたところです。3枚卸しがあまり上手くいかなかったけれど、まあいいや(笑) このあと、塩サバと、しめ鯖になる予定です。

watanabe_saba_2012_0914.jpg

 翌日、私の両親が、半年ぶりに帰省してきた孫に会うため、ご飯を食べに来ました。本当は、すき焼きをする予定だったのですが、餃子を沢山作ってきてくれたので急遽取りやめ、このしめ鯖や、青菜の煮浸しなどを添えることにしたのです。ちょうど、立川で大北海道展示を行っていたこともあり、魚介のおつまみも添えてね。

 だんなは、塩サバとして焼くのが好みのようですが、しめ鯖は、私の母と息子が、特に気に入っていたようでした。やはり新鮮なものは違うわね!と言いながら、あっという間に全てなくなったので、びっくりでした(^^)v

cookdiary20120915_3.jpg

2012年9月10日 (月)

娘の東京遠征

 娘が所属している部は、毎年この時期、うちの近くに遠征してきています。それで、金曜日は半休を取って、試合を見学に行ってきたのですが、左の写真の競技、何というものかご存じですか? 

suikyu_2012.jpg

 私全然知らなかったんですけれど、『水球』という競技なんです。娘が大学に入学して、しばらくたって、

「水球部に入る」

と電話をもらった時、私は、

「それって、ビーチバレーみたいなもの…???」

と、頓珍漢な返事をしたのを覚えてます。これ、立ち泳ぎしながらのハンドボールなんですね。知らなかった…。

 競技人口が少ないこともあり、女子はエキシビションという扱いではありますが、体育大学系の出場校は、やはり強いです。レベルが違う。でも、そんなコールド負けになったゲームでも、娘が点入れたその様子をビデオに撮ることができて、本当に良かったです。

 この試合が終わると、今シーズンも終了。普段、全然休みのない子供たちではありますが、この9月後半が、年に一度のまとまった休みとなります。今年は、後輩の女の子もうちに泊まりにきたので、この週末はお片付けで大忙しでした。

 右の写真は、今朝、大学生がこんな朝早くから食べられるのかしら…と思いつつ用意した朝ごはん。でも、毎日早朝練習をしているからか、ぼーっとしながらも結構食べて、

 「ケーキみたいなの、とっても美味しかったです!ごちそうさまでした~。」

と、5時半にはディズニーランドに出かけていきました。前日夜も飲み会だったのに…。若いっていいわね(笑)

 用意したもの覚書:冷製パンプキンスープ、ケーク・サレ、ぶどう、卵かけご飯セット、パン各種、飲み物。
 差し入れ:スナッフルズのメープルマフィンとチョコケーキ。

2012年9月 8日 (土)

【月】ロミオとジュリエット My楽

 本日は、今までの自己最高記録を更新しての最終日…。行けなくなった友人からのチケットだったので、定価より安く良席で観劇してまいりました。何度も観劇したというだけでなく、こうやってブログにまとめたり、お茶会で話を聞いたりしていると、いろいろな見どころポイントも押さえることができて、本当に隅から隅まで楽しむことができました♪

 やはり近くで観ると、抗争などの群舞は本当に迫力があり、それだけで大興奮ですね…。音響も体に響いてくるというか、バッグの上に手を置いていたら、それが、オケの音や歌声で振動しているのにビックリしました。

 それに、オペラグラスを通すと、どうしても、テレビなどの映像と同じような感覚になってしまうところがあるので、直に歌を聴くと本当に引き込まれてしまいます。今日は、今まで泣けなかったシーンでも、すっかりお芝居に魅了されました。マーキューシオの最期とか、ベンヴォーリオの伝えようなども、もちろん良かったし、ジュリエットの父親に反抗するシーンが真に迫っていたと思いました。皆さん、本当に心を込めて演じているのだな…と、改めて実感。

 もちろんね、一幕のうちは、りおさんのロミオを間近で見れるだけで、それだけで良かったんですけど(笑)、月組全体の勢いを肌で感じられたのが、一番良かったかな…と思いました。本当に、いい観劇納めになりました。

 あ…そうだ。忘れてた。一つ本日の壊れポイントを…。下手側だったので、エメのシーンで、ジュリエット越しにロミオが見えたんですよね。オペラグラスで見ると、ロミオがこちらを見ている勘違いが楽しめて、最高でした(笑)

 このように、大劇場遠征から今日まで、ファンモードで過ごした夏は終わりです。明日は娘が半年ぶりに帰省してきますし、息子は受験シーズンラストスパート。2月後半からの月組東京公演までは、自粛モードにしなくては…と思ってます。ま、そうは言いつつも、明日海さん主演の公演だけは、東京と大阪で一日ずつ観る予定なんですけどね(笑)。最後に、今までの記事をまとめておきたいと思います。

今までの記事一覧

大劇場遠征

3組を観て

明日海さんロミオ、東京初日

旧友と観劇(その他、気になったジェンヌさんなど)

2012年9月 4日 (火)

レシピ掲載決定♪

 本日、(あ、もうアップする頃には昨日になりますが)、ちょっと嬉しいお知らせが届きました。実は何件か、レシピがノミネートされているという連絡を受けていたのですが、そのうちの一つが採用されたとのことです(^^)

 Cpicon 水餃子と白菜の中華クリーム煮 by ゆきほ

 東京では展開されていないスーパーのようで、私は聞いたことのない名前なんですが、ピアゴとかアピタというスーパー?で配っている、レシピリーフレットに載るのだそうです。今月下旬には、その見本を送ってもらえるようなので、楽しみにしているところです。

 9月21日から1か月、店舗に並ぶとのことなので、見に行きたいな~と思ったんですが、一番近いところで長津田か石和…。ちょっと無理かな(^^; もしその期間に店舗に行く機会のある方がいらっしゃいましたら、写メを送ってね。

2012年9月 3日 (月)

単衣でおでかけ

 このタイトルで、なぜカテゴリーが宝塚なのか。

 実は数か月前くらいのことなんですが、応援しているジェンヌさんの名前をGoogle検索すると、Wikipediaや新聞サイトより上に、私のブログが表示されてしまう状態が続いていました。

 その時、これは本当に困った…と思ったんですよね。「準トップ」とか、「主演役替わり」、と話題性の高い状態が続いていることもあり、どんな人かを検索する人も多くなっていると思うのですが、その人たちにとっては、私の感想が第一印象になってしまう…。そんな責任ある場所に、なんで、どうして、私のブログが表示されているの…!?と思いました。

 私は、自分の、ぐるぐる状態の頭の中を整理して、言葉として感動をまとめておきたい、同じような感想を持つ方と、うんうん、そうだよね!と感想を共有したい、と、ただそれだけなのに…。そのため、特にお茶会記事は、検索にヒットしないように、名前を画像で表示するようにしています。それでも今は、「名前+ロミオ」で検索すると、公演の感想記事が1番にヒットしてしまっていますので、今日はこんなタイトルで、こっそり自分の覚書を書きたいと思います。


 前日からゲリラ豪雨が続いていたので、 着物はどうしようかな…と思っていたのですが、会場に直接聞いてみたところ、満車になることはまれですので、どうぞ車でお越しくださいとのことでした。それなら雨の心配もないし、公共交通機関で帰宅するより、移動時間が1時間短縮できると思って、車でおでかけすることにしました。(実際、電車とバスで2時間近くかかるところ、40分で着きました。)

 そんなわけで、用事は午前中に済ませ、午後には着物を着て、伊達締めまでで割烹着を着て、いろいろ家事をしていたんです。その時、鏡に映った自分を見て、あら?梅ちゃん先生のお母さんみたいかも…!?なんて思っていたのですが、たまたま2階から降りてきた息子が

「何かさー、それ着てたら連ドラのお母さんみたい」

と言うではありませんか(笑) あら、やっぱりそう思うのね、と思って写真に撮っておいたのが下の写真です。帰宅後、南さんの画像を検索したら、本当に似たような写真が出てきたので、ちょっと並べてみました。

 kappogi2.jpg

 一昔前の、一般的なお母さんの姿なんでしょうね~。 早めの夕ご飯を食べてから、お出かけした先はこちら。

rio_tea_party_2012_0902.jpg

 この公演は何度も観たので、お話のひとつひとつに、なるほど…と思うことが多かったです。感想の伝え方を、もう少し工夫すれば良かったな…とか、体調が心配だな…とか、いろいろ考えながら聞いてしまいました。

 あ、今回のお話の中で、自分的にヒットだったことが2つあるのですが、まず一つ目は、ロミオを演じているご本人としては、「ロミオは絶対に自分のタイプではない。」とのことです(笑)。 「人に聞かずに、ちゃんと自分で考えろよ~、情けないぞ~!って思ってしまう。」のだそう。 それを聞いて、なるほど~~~と笑ってしまいました。

 収穫2。次回公演の『春の雪』の原作を、寝る前に読んでいるそうですが、睡魔と戦いつつ…という状態になっているらしいです。朝起きると、読んだ記憶のないページがあるので、10ページほど戻って読み直すことになるのだそう…。でね。実はこの状況、今の自分の状態と全く一緒なんです(笑)。「今は180ページあたり」、と聞いて、帰宅後に確認したら、私は150ページ近辺でした。私もがんばって、早く最後まで読もうっと (笑)

2012年9月 1日 (土)

【月】ロミジュリ:旧友と観劇

 今日は、私の宝塚の先生である旧友と、そのだんなさまやお友達家族の5人で、観劇してまいりました。

 私が彼女から、宝塚のビデオを初めて借りたのは、今からちょうど10年前のこと…。ブログの副題に載せている中島梓さんと、その仲間たちとの会話の中で、「一度ビデオを見てみたらいいのに、*や*などの公演がお薦めよ。」と言われたことがきっかけでした。

 今ではもう宝塚歴40年になる彼女に、そのお薦め公演について尋ねてみると、すぐにビデオを貸してくれて、それにまつわる周辺の知識まで教えてくれました。そして、いろいろ予備知識をため込んだ私は、その半年後に自分でチケットを取って観に行くようになり、今に至る…というわけです。

 今日は、いい席をお渡しすることもできなかったし、そんな大先輩の彼女たちがどう思ったかな~と、ちょっと心配だったんですけれど、さすが観劇歴も長いので、言葉を選んでくれたかな。

 さて、前置きが長くなりましたが、今日の公演の感想です。今まで言い残したことや、他のメンバーなどに焦点を当てて書いてみたいと思います。


大公(輝月ゆうま)

 研3?研4?くらいの方ですよね。プログラムを見ても、Castの中に大公の名前が書いていないし、大公のお衣装で写っている写真もない…。場面ごとの出演者を見て、やっとお名前を確認できたくらいの下級生さんで、びっくりしました。組長さんであるキャピュレット卿などに指図するシーンでも、専科かと思うくらいの迫力がありますし、貫録も十分です。歌もお上手で、今後が本当に楽しみなジェンヌさんですね♪

夫人たち(花瀬みずか・憧花ゆりの)

 花瀬さんが、地声で歌うのを初めて聞いたかも…。”白い女王陛下”というイメージの役が続いているので、今回はまた新たな雰囲気ですよね。でも、ちょっと、キャピュレット夫人を見てみたかったかも!?と思いました。

 憧花さんも、どんどん進化して良くなっているなぁ…と、毎回観るたびに思います。そうそう、今回、小物使いが多いですよね!ティボルトが投げたお花が、2階まで届かなかった時、セリフが
 「なんてきれいなお花かしら」
に変わっていたので、なるほどーと思いました(笑)。ちゃんと、ハプニングにも備えてあるのですね。ジュリエットの落としたグラスも拾っているし。あと、一番すごいなと思うのが、ティボルトが殺された時のセリフです…。毎回毎回、真に迫っていて、胸に突き刺すように響いてきます。本当に上手い。さすがです。

乳母(美穂圭子)

 観劇前から、この美穂さんの乳母はいいだろうと想像はしていた配役だったのですが、最初の観劇時は、かなりコミカルに作っていたことに、ちょこっと違和感がありました。でも回を重ねるうちに、歌唱力だけでなく、笑いのツボや、間の取り方など、本当に計算されているな…と思うことが多くて、感嘆しています。笑いもとりつつ、ここぞという時に歌唱で場を締めていて、さすが専科。 マギーさんが、美穂さんのファンだったと聞いたように思いますが、今回お芝居で絡めて良かったですよね!!!

ジュリエット(愛希れいか)

 ちゃぴさん、本当に成長が著しいですね。アリスの恋人の頃を思うと、生き生きと舞台で羽ばたいている感があります。最後の霊廟シーンが、本当に引き込まれるお芝居で、素晴らしい…。今日もうるうるしてしまいました。今後の活躍を期待しています。

本日の壊れポイント(明日海りお)

 今日はB席でしたが、私がみりおファンと分かっている友人に囲まれていたので、ロミオが舞台に出ている間は、オペラグラスを手離しませんでした♪ テレビのCafe Breakでは、下級生一人を追ったアングルで撮影していますが、まるでそれと同じ状態…。その、オペラグラスの視界に入ってくる人しか、見ていない(笑) 

 最初の「僕は怖い」は、素晴らしい歌唱だなぁ~と思ったり、ロレンス神父の庵に駆け込んで、放心状態でうなだれているところでは、なんて美少年なんでしょう♪と見とれていたり…ね。

 その放心状態の場面ですが、前は、希望とあきらめが交互に表情に現れていたように思うのですけれど、今は、次第に希望を取り戻していくような表情に見えます。とてもその様子が自然で、美しくて、見とれてしまうんです…。(”壊れ”ポイントですので、見逃してくださいませ(笑))

 そうそう、前回の記事で、まさきティボルトがみりおロミオを締め上げているところがいい、と書きましたけれど、今日はその場面、自分まで息をしないて観ていることに気づきました…。一緒になって、苦しくなってた…(笑)。 友人は、そこまで集中して観てくれるファンがいて幸せだねぇ、と言葉を選びつつ、実はあきれてました(笑) でも、同じお金を払って観るなら、楽しく幸せな気分で観る方がいいですよね!

 ということで…。今日の萌えポイントはこの辺で。来週は、東京で初の一階席!それも7列目です!My楽の公演となり、とても寂しいですが、見納めと思って観てくる予定です♪

My楽の感想

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ