2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« 【月】ベルばら:オスカルよもやま話 | トップページ | 社食メニューに♪ »

2013年1月29日 (火)

【月】ベルばら:ファンモードで♪

 今回私が、東京にも来る公演なのに、待ちきれずに大劇場まで遠征したのは、明日海りおさんがアンドレやオスカルとして出演されるから…。だからね。もう幕開きから、みりおちゃんはどこから出てくるんだろう~?とワクワク気分でした。オスカルとアンドレが登場すると、もうオペラはりおさんをロックオン!(笑) やっぱり美しいわぁ~、眼福~と、幸せな瞬間でした♪ そんなわけで、今日は、りおさん中心のレポを書きたいと思います。

 今回は日帰り遠征でしたが、最初の11時公演は初見だということもあって、できるだけ全体を見るように心がけました。最初の印象を、しっかり目に焼き付けておこうと思って…。そして15時公演は組総見ということもあって、ファンモード全開で、みりおオスカルばかりオペラで追っていました。そして、袖に引っ込むと、暗闇の中でメモメモ(笑)

 そのようにして書き留めた感想を、ファンモードを押さえつつ、できるだけ客観的に見るように心がけて書いたのが、これらの記事になります。

全般的な感想 (1/28)

龍オスカルと明日海オスカル (1/29)

明日海アンドレ

 今回、2公演見て思ったのは、私はどちらかというと、明日海アンドレが収穫だったかな…ということです。今までベルばらを観ても、漫画を読んだ時でも、アンドレに感情移入することって、本当に今まで一切なかったんです。だから最初にベルばらを月組で…と聞いた時は、明日海さんがアンドレか…と思っていました。

 ところが、実際の舞台を観てみたら、アンドレとしての熱い想いが伝わってきて、目はうるうるしっぱなし…。周りからも、すすり泣きしている様子が、すごく伝わってきました。特に、「君は心の~白バラ~か~♪」と銀橋で歌うシーンは、切なく、美しく、妖しい瞳で、オスカルは何でこの人の愛に気づかないの!?と思ってしまった(笑) まぁこれはちょっと、というか、多分に”ひいき目”に見てるかもですね(笑)

 実のところ、観る前は、下級生である明日海さんがアンドレだと、男性としての包容力とか、女性オスカルとのバランスはどうなるのかな?と思っていました。でも実際に観てみたら、オスカルの目下の従者という位置付けが、うまくはまっていたように思いました。考えてみたら、アンドレは影のように付き従う存在だから、オスカルに想いを気づいてもらえなかったんですよね~(笑) こういうオスカルとアンドレもあるんだ…と目からうろこな感じでした。

明日海オスカル

 予想としては、オスカルはジャッキー風になるのかな~と思っていたのですが、全然違いました(笑)。もっと、男役らしい感じかな。立ち振る舞いも、あまり女らしさを感じさせない、どちらかというと凛々しいオスカルです。今回はB席だったこともあり、オペラ越しにず~っとオスカルばかり追ってしまいました。詳しくは、昨日の記事とかぶるので、そちらを見てね。 ⇒オスカルよもやま話

馬車

 今回の目玉と言われている馬車シーン。でも私としては、その登場で、うるうるは一気に解消されてしまったかな(^^;。最初に見た時は、えっ…ごとごと言ってるじゃない…大丈夫かしら…と、ハラハラしっぱなしだったもので…。でも2階席で観た時は、クレーンが見えないし、みりおオスカルがまさきアンドレの胸に飛び込んでいくとき、さりげな~くアンドレが安全ベルトを締めてあげているのが見えて、ちょっと安心して、馬車シーンを楽しむことができました(笑) 

 でね。この時の、オスカルの幸せそうな顔が、本当にきゅんとするくらい可愛いんですよ♪ みりおオスカル画像はほとんど出回っていませんが、TCAピクチャーズ(宝塚のDVD販売サイト)にて写真が載っていましたので、リンクしておきますね。⇒ベルサイユのばらDVD

ショー

 1階後方席とB席でしたし、初見であまり細かいところは覚えてないのですが、ショーはツボな場面が多かったかな~と思います。私は、男役さんたちのダンスで、りおさんが足を上げるところが、何だかツボでね(*^^*) ダンスと言ったら柚希さんや水さんよね、思っていたんですけれど、このりおさんのバランスもすごい♪

 足を上げると言えば、ショーのボレロもいいですね!女役として、ドレスで登場するのですが、足を上げた時に、ちらっとドレスの裏の赤が見えて、フランスの国旗色になります。友人が、このボレロは18禁だと書いていましたけれど、オペラ越しにガンミして、うわぁ~これかぁ~と思いました(*^^*) Me And My Girlのジャッキー(女役)の時も、あさこビルとの絡みが、明るく際どい雰囲気で、その動画を観るのが大好きなんですが(こちら参照)、その時よりも今回の方が、『男役さんが女性パートを踊っている』という雰囲気ですね~。これもいいなぁ~。鬘は、ロングの方が好みでした。一回でいいから、近くの席で見たいな~という願望が…(笑)

--- 

 実際に観劇するまでは、毎日遅くまでお稽古しているのかしら…と心配する日々でしたが、無事両方を見ることができ、そして、元気そうなお姿を拝見することができて良かった。 あとは、東京に来るのを待ちたいと思います。

 これで、大劇場遠征レポは終わりです。はぁ~、ファンモードで書くのはラクで楽しいなぁ(笑) 東京は、追記することがあれば、適当につらつらと書く予定ですが、初見の感想とどう変わるのか、自分でも楽しみです♪ ⇒東京公演の感想

« 【月】ベルばら:オスカルよもやま話 | トップページ | 社食メニューに♪ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

ベルばらの解釈と鑑賞ありがとう。分かりやすかったです。

私はお正月に初めて娘と一緒に大劇場デビューをしました。お約束の宝塚ホテルに泊まり、結構な気合いを要しました。日帰りで2公演を見るパワーに尊敬です。しかし、その手があったか!と知り、これからはもう少し気楽に私も大劇場に行くつもりです。

当初ベルばらは大劇場だけで満足するつもりでしたが、やっぱり役替わりが見たいということになり、結局3月に3回日比谷に足を運ぶ予定です。生まれて初めて千秋楽も行きます!

ちなみに私はバスチーユの「行こう!」の場面が昔から好きで、今回は腰から入っていて私的にはGOODでした。

>日本橋さま

読んでくださって、どうもありがとうございました。
そうだったわね。お着物で観劇のお写真、とっても素敵でしたheart

>腰から
まぁ~っ。マニアックですねぇhappy02
これだけ歴史があると、観劇する人それぞれの、見どころポイントというのが
あるんでしょうね~。

>千秋楽も行きます!
そうなのね。私も行くことになると思うので、開演前にでもお会いしたいわ。
お嬢様もいらっしゃるの?、またメールしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【月】ベルばら:オスカルよもやま話 | トップページ | 社食メニューに♪ »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ