2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去の記事

« 顔の腫れ | トップページ | 帯3変化 »

2013年1月 9日 (水)

振袖練習中

 時間を見つけて、トルソーで練習しているのですが、やっぱり最初は上手くいきませんね…。

seijin_2013_1_8.jpg

 立て矢(左の二つ)を試みたのですが、上手くいかないので、ふくら雀の華やか版(真ん中の)を作ってみました。まだこちらの方がまし。羽付きのお文庫(右)も作ってみたけれど、イマイチ背にぴったりつきませんでした。

 でも今日は、何となく全体が、すっきりと仕上がったような気がしています。先日の写真と比べると、良く分かりますね。

seijin_2013_1_9.jpg

 おはしょりの出も、帯が胸高に着付けられたのも、帯の立体感も、これならいいのではないかな…と思っています。ちょっと衣紋を抜きすぎたような感じだけれどね…。帯揚げ&帯締めも、2種類のバリエーションを撮ってみました。

obiage_2013_1_9.jpg

 最後に、帯をどんな風に結んでいくのか、知らない方も多いと思うので、ほどきながら撮影してみました。(ほどきながらの撮影だったので、実際は、最初の写真の時点で、枕はありません。外すのを忘れた(^^;) 

obi_tateya_hane.jpg

 帯を2重に巻いたのち、背中で結んでしっかり締め、残った部分で羽飾りを作っていきます。今回は、3重紐で、ひだをとった帯を押さえながら形を作り、枕で下から持ち上げて支え、飾り紐と帯締めで、最後の形を整えました。結び方に決まりはないので、後はセンスなんですよね…。奥が深いなぁ~と思います。

 

« 顔の腫れ | トップページ | 帯3変化 »

着物」カテゴリの記事

コメント

着々と練習が進んでいらっしゃるようですね。happy01
昔は、ふくら雀が定番で半襟も白、色襟を重ねるくらいでしたが、
今は帯締め一つとっても、本当にさまざまで、
皆さんリクエストもいろいろでしょうし、大変でしょうね。
(あの袖口からレースぴらぴらは、個人的にはちょっと…と思いますがcoldsweats01

お天気が心配ですが、早起きがんばってくださいね!

>ゆきのさま

そうなんですよね~。おまかせで良ければ、似合いそうな帯結びで
いくらでも…と思うのですが、本を持参の場合もあるんですよ。

最近の帯は長いですけれど、昔の帯でこの結び方はできない…という場合、
そのあたりを、うまくお話するのが難しいですねsweat02

レースぴらぴらは…。
ベルばらのお茶会で、あまり目立たないように、どこかでピラピラさせてみたいな…と
もくろんでおります(笑)bleah

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 顔の腫れ | トップページ | 帯3変化 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ