2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月21日 (木)

桜が咲きました♪

sakura_2013.jpg 今年高校3年生の息子ですが、本日無事、第一志望の合格をもらうことができました(^^)

 予備校が発表している解答と照らし合わせると、大丈夫そうだとは聞いていたのですけど、今朝は3時半に起きてしまって、その後寝つけないし、こちらまで緊張してしまいましたが、これでやっと決まって一段落です…。

 息子は、高校1年の夏に、いろいろな大学のオープンキャンパスを回って模擬授業を聞いたのですが、その中で、ある学校の特定学部に興味をひかれ、それ以来、その学部を目指して頑張ってきました。最初は、そんな壮大な目標を立てても、現実は厳しいのでは…と思っていたのですけれど、ここまで本当に良くやったと思います。

  実は、娘が第一志望の受験中は、私は大劇場観劇&舞台化粧体験をしていたので、今回も何となく験を担いで、2月に宝塚を観るなら第一志望日かな…なんて思っていたんです(^^;。息子はずっと家で勉強していたので、受験で家を空けている間に、私も遊んできちゃおうかな~という感じで…(笑)

 それで、先週末に後輩たちと一緒に、東京公演を観に行ったのですが、なんとな~く、ブログを書く気になれずにいました。これでやっと落ち着いて、3月のベルばら月間を楽しめそうです(笑)

 国公立志望の方は、来週が本番ですね。皆に桜が咲きますように!

2013年2月11日 (月)

ベルばらトンボ玉完成

こんな感じにできました♪(ここまでの経緯はこちら⇒昨日の日記) 同じように作っても、少しずつ違うね。今日はこの他に、息子用に、桜とてんとう虫のミルフィオリをいっぱい埋め込んだ、『春が来ますように』のトンボ玉も作りました(^^)v

tonbo_2013_2_11.jpg

2013年2月10日 (日)

ベルばらトンボ玉製作中

 先日、とんぼ玉のパーツを作った日記(⇒とんぼ玉用ベルばらパーツ!のはずが…)を書きましたが、今日はその続きです。

tonbo_2013_2_3_1.jpg 今回作りたかったのは、アンドレをイメージとしたトンボ玉。そのため、舞台写真を参考に、パーツを作っていたのですが、なかなか上手くいきません。そのため、昨日はパーツを再トライしてみました。

 このような図案を作って作ってみたのですが、結果はまたもや悲惨なことに…。

tonbo_2013_2_10_1.jpg

 左下のように、パーツは意図通りに出来たと思っていたのに、炉から取り出して針金を切ったところで、何と全部分解してしまったのです!慌てて、熱くなっているパーツを、どうにか張り合わせて金太郎飴状に引いてみたのですが、やはり修正不能でした…。

 このパーツを、埋めながら8角形にできるかな?とも思ったのですが、やはり泣くに泣けず、再トライ。3つ並べてみると、まだまだ不手際なところは満載ですが、少しずつ上達しているかもしれない?という気になりました(笑)

tonbo_2013_2_10_2.jpg

tonbo_2013_2_10_3.jpg 金太郎飴状の棒を、はさみでパチパチ切って、並べてみたら、白地に乗せた時は何となくイメージ通りなのに、黒地が背景だと、全然だめでした…。

 う~~~~んと思って、昨日は意気消沈気味だったんですけれど、埋める時にどうにか修正できないかな?と思って、今日は玉作りをしてみました。

 でもね…パーツを埋めてから、修正しようとしても、やっぱり駄目だったんです。真ん中のパーツを、目打ちを使って8方向に引っ張ってみたのですが、この通り、悲惨な状態になってしまう。

tonbo_2013_2_10_4.jpg

 白背景なら何とかなるかな?と思ったけれど、やっぱりだめ。

tonbo_2013_2_10_5.jpg

 何度トライしてもだめだったので、諦めて、薔薇の練習をしてみました。

tonbo_2013_2_10_6.jpg

 うん、やっぱり、花歴は結構長いし、いいパーツなので、仕上がりも良さそう。このピンクも、ベルばらっぽくて、いけるかも。

tonbo_2013_2_10_7.jpg そして、最後に行きついたのがこちらです。アンドレの制服?の、紺地にストライプが背景。紋章パーツは下の方に埋めて、上に金練り(本物の金です(^^))をかぶせることで、何となく”ぼやけた”感じにして、白薔薇を前面にアピールしてみました。金粉は「ブロンドの髪ひるがえし~♪」、白薔薇といえば「きみは心の白ばらか~♪」。あくまで、アンドレ目線のオスカルのイメージですね(笑)  この写真では分かりにくいですが、薔薇の周りは、少~し薄紫になっています。これは、パレードで持っているシャンシャンの薔薇が薄紫なので…(笑)

 もう老眼で全然ダメなので、写真に撮って、拡大して、やっと修正すべき点が分かったので、明日はこれを何個か作って、仕立ててみたいと思います(^^)

追記:最終形はこちら⇒完成

2013年2月 4日 (月)

「今」のお母さん?

 Facebookを始めて1年半。お友達登録をしている方も増えてきましたが、会社の同僚は若い世代の方も多いので、小さいお子さんの写真をアップされる方も多くてね。いつも、可愛いな~と思いながら見ています。

 職場のママさんの中には、

 「○○さんも、この忙しい時代を超えたんですよね…!いつまで続くのかなぁ。」

と言いながら、お迎えのためにパタパタと走って帰宅する人もいるのですが、今思うと、本当にあっという間でしたね。小さく可愛らしい頃は、大変さに紛れてしまって、その幸せを実感している時間もなかったので、今になって昔の写真を眺めていることも多いです。

 でね、最近流れている味の素のCMを見ながら、あ~同じような写真がある!と思ったんです。職場の机に挟んでいる写真なんですが、皆、同じような状況なのね…と思ってしまいました(笑)。この写真を見ても、今の18歳の息子とは絶対にリンクしないので、小さめに貼ってみます。 泣いてる写真だけではあんまりなので、ニッコリ顔もおまけで。

ajinomoto_CM_mini.jpg

 「何十万年もお母さんがご飯を…」というフレーズを聞いて、私も”今のお母さん”だったんだなぁ~と思いながら、その一方で、人間の祖先はいつからなのかしら?何万年ではなく、わざわざ何十万年と言っているのだから、その位から、狩猟民族から農耕民族になったのかしら?などと考えてしまいました…。

2013年2月 3日 (日)

とんぼ玉用ベルばらパーツ!のはずが…

 2月になり、息子の受験ラッシュも、もう間近…。そのようなわけで、この週末から2月いっぱいは、できるだけ人混みには出かけない予定でいます。そんな理由もあって、今日は一日家にこもって、ベルばらをモチーフにしたトンボ玉パーツを作ることにしました。

tonbo_2013_2_3_1.jpg

 原作では赤くて、オスカルの女伯爵の称号なんですよね。オスカルが革命に向かうときに、貴族を捨てるために、はぎ取る紋章?です。私は、アンドレがこの飾りをつけている場面は、原作の中に見つけることは出来ませんでしたが、とんぼ玉に入れるパーツとしては、これがいいかな~と思ってね。

tonbo_2013_2_3_6.jpg でもね。ガラスは熱すると、球体になろうとするので、この、鋭角のパーツって、とても難しいのです…。どうしようかな…どうにか簡単に表せないかな…と思って、こんな図を描いて作ってみました。

 ところが!

 炉を使うのは、何とまだ2回目か3回目か、その位しか経験がなく…。細い針金がなくて、適当なものを使ってしまったら、中で分解してしまい、出来上がりは、悲惨なものになってしまいました(泣)。

tonbo_2013_2_3_7.jpg

 そこで、気を取り直して、ミルフィオリ(金太郎あめ状態)として買った薔薇パーツを、キスチョコ仕立てにしてみました。

tonbo_2012_2_5.jpg

 やっぱり、売りものは違いますね~。次回は、こんな形で、再トライしてみようと思います。

tonbo_2013_2_3_4.jpg

アントワネットの伝記

 ベルばらが上演中のこともあって、原作の漫画を読み返していたら、止まらなくなってしまいました…。やっぱり原作は、本当に名作ですね!!!

 でもね。フランス革命と言ったら、私の原点は、「悲しみの王妃(マリーアントワネットの伝記)」なんです。確か私が小学生の頃、風邪で学校を休んだ日に、母が買ってきてくれた本なのですが、その話にすっかり夢中になって、物語を暗記するくらい何度も読んだのを覚えています。どこかにないかな…と思って探してみたら、ブログで紹介されていました。そうそう!この絵なのよ!やっぱりアントワネットなのよ(笑)

 今思うと、その頃は既に、ベルばら漫画も発表された後だったんですね…。私が高校生になってからベルばらを読んだ時は、そんなわけで、首飾り事件も、デュ・バリー夫人やロザリーも知っていましたので、漫画のフィクションとノンフィクション部分が良く分かった上で楽しんだのを覚えています。それでも私は、オスカルの大ファンだったんですよね~(笑) アルセーヌルパン(3世じゃないよ!)や009、古くはガッチャマンなど、2次元に恋多き、子供時代だったわ(笑)

 原作で当時を思い出していると、宝塚のオスカルは、原作より相当女性っぽいのね…と思ってしまいました。最初に観たビデオが、一路さんだったからかな…。もっと凛々しく作ってもいいのになぁ~と思ったり、でも宝塚だと、この位にしないと、”女性 - 男装の麗人 - 男性”のバランスが成り立たないのかな…と思ったりしてます。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »