2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

【花】 ASUMIC ADVANCE

 明日海りおさんのディナーショーに行ってまいりました!もう数か月前から楽しみにしていたので、事件が勃発せず、無事会社を休むことができて、本当に嬉しかったです…。もう千秋楽となりましたので、ネタバレ満載で書いてゆきますね。

全体的な感想

 第一印象は…「本当に進化していた!」 でした(笑)

 ASUMIC ADVANCEとは、「明日海的、前進」という意味で、演出の先生と相談して決めたのだそうです。Z-Liveの時からそんなに時間が経ってないのに、歌唱力がぐんとアップされていて、本当に耳に心地よく素晴らしかった…。そして、見た目が美しく格好良いのは、もう言わずもがなですが、それ以上に上級生としての貫録が増したように思いました。

 やはりね。前回のZ-Liveの後、本当に厳しい一年を過ごされたと思うのです。ディナーショー直前までは3番手だったのに、その後主演の役を役替わりすることになり、その後も、ファンが”そんなに酷使させないで…”と思うくらいの日程をこなしていらっしゃいましたよね。でも、それを”糧”として、本当に進化されたのだ…と実感して、何だか胸が熱くなりました。

開演前

asumic_advance3.jpg

 到着したのが少し遅く、もうお食事が始まっていたので急いで食べ始めたのですが、周りも一人で参加している人が多かったので、いろんなお話をさせていただきました。 みりお歴やヅカ歴、それに、”私たち花組出戻り組ね!”というような話で、盛り上がりました。

 でもその時、私の観劇のお供である、大事な大事な筆記道具を忘れていることに気づきました…。そうしたら、お隣の方がペンを貸してくださったのです!チケットといっしょにもらった、DSのチラシの裏が白かったので、おかげ様でその紙一杯に書き留めることができ、今ここに感想を書くことができました。本当にありがたかったです。

 そして、デザートが終わると、いよいよ開演! 個々のシーンの内容は、私の主観で書いておりますので、感想が偏っていることをご了承くださいね。みりおファンモード全開で書いていきたいと思います。

asumic_advance4.jpg

プロローグ

 キラキラしたカラフルなスポットライトが照らす中、両脇からXのように斜めにスモークが立ち上り、その中からりおさんが登場! エンジのような紫っぽいスーツで、シャツとネクタイが黒。そのネクタイの一番下が、キラキラしていて珍しい。このプロローグは、スタンダードなジャズナンバーを、熱帯風(ラテン風)にアレンジしたコーナーなのだそうです。

 スカイステージで下級生さんが、”指を口に当てるシーンがいい”と話していましたが、それは3曲目でした。周りで下級生さんが踊っている時に、その言葉を思い出し、しっかり確認しました!2回あったかしらね? いやいや…これは格好いいわぁ~(笑)

MC

 皆さん、さゆみさん、と呼んでいました。下級生からは、みりおさんとは呼びにくいのかしら。 真彩希帆さんは、配属前の組回りが月組のロミオとジュリエットで、優波慧さんは、月組のスカーレットピンパーネルが初舞台だったのだそうです。そうだったのか~。

タンゴ

 下級生4人のタンゴも、とても良かったですが、その次のリベル・タンゴは最高でした!!!りおさんが、黒いキラキラスーツに身を包み、力強く歌う姿は本当に感動もの…。正直、前回のZ-Liveの時は、練習時間が足りなかったのだろうな… と思う曲もあったのですが、今回はどれも完成度が高く、見惚れ、聞き惚れ…という状態でした(*^^*)

ソングタイム

 トークタイムではなく、ソングタイム、なんだそうです。今日はある曲の一節を、大河凜さんが演歌風、りりこさんがバラード風スペイン語、優波さんがベイブの日本語吹き替え版、希帆ちゃんがオペラ風にアレンジして、歌っていました。

 この日の優秀賞は、「子ブタが浮かんできた」から、ベイブの優波さんでした♪ たしかに、優波さんの子ブタの声の可愛さは、本当に絶品だったわ(*^^)v その他のりおさんのコメントは、以下の通り。がりんさんの演歌は、「着物が見えた!」。希帆ちゃんのオペラは、歌い始める時、自分の世界に入っていくところすごい。 リサイタルみたい!とのことでした。希帆ちゃんは、娘役に必要な、可愛く可憐な雰囲気があるし、研2でこの歌唱力は素敵ですね。これから頑張ってほしいな、と思いました。

 そうそう。この時ではないのですが、りおさんが希帆ちゃんのことをこんな風に言っていました。「本人的には、緊張します~と言っているけど、まだまだ若いから、何が怖いのか分かっていないんじゃないかな。自分の経験から言うと、本当の緊張は、きっとこれから!」 なのだそうです(笑)  りおさんもきっと、そんな時代をくぐり抜けてきたのね。

スパニッシュ

 このまま帰らないで、を下級生4人が歌い、その間に移動したりおさんが、Ti Amoで後方のドアから登場!お衣装が触れるくらいに近くを通った時は、もう心の中できゃぁ~と叫んでおりました(笑)。その後しばらくして、情熱の翼に切り替わるところでワクワクし、その時に、あぁ!これが対談で言ってたところね!と実感しました。

タカラヅカ

 このコーナーは、宝塚の男役らしい、薄紫のお衣装で登場。

 最初の、「進化していた!」という感想は、このコーナーの感想かもしれません。最近の曲ばかりで、それも、毎日のように車で聞いているものばかりですので、ちょっとした歌い方のニュアンスだったり、音程だったり、その歌い方の違いがはっきりと聞こえてきたのです。それぞれの曲に、余裕と深みが出ていたように感じました。

 そしてね、公演中はうっとり聞いているだけなんですが(笑)、今はiPodで限りなく再生した歌ですので、一緒に歌えるくらい聴きこんでいるわけです。その曲を、目の前でりおさんが歌っている…!というだけで、もう心は最高潮でした(*^_^*) 一つ一つの曲、それぞれに思い出があり、聞いているだけでその場面が甦ってくるんですもの。このコーナーは、本当に良かった! そうそう。ちょうど、ティボルトの歌でお近くを通られたのですが、数日前に再生したばかりだったので、もう完全に崩壊モードでした(笑)

Pops

 ピンクのパーカーが、皆お揃いで可愛い。女々しくては、手拍子が盛り上がりましたね~!最後の曲は描き下ろし。これも素晴らしかった!

アンコール

 アンコールは、イントロだけでうるうるの曲…。チェリーでした。なぜうるうるかと言うと、私が”みりおちゃんの曲を一曲だけ再生する”、という日は、必ずこのチェリーを再生しているんです。いつも聞いている曲を目の前で歌って下さっている…というだけで嬉しかった。

 でもね。今日は初めて、この歌の「歌詞」を聞いたように思います。もちろん、一緒に歌えるくらい覚えている歌詞なんですが、「詩」ではなく、曲の一部としての「音」だったんですよね。内容や意味を考えたことはなかった。

 でもこの時は、”想像した以上に騒がしい未来が待っている、でもいつかまた、この場所で君とめぐりあいたい。”という歌詞は、”今後、自分の未来も、想像以上のものかもしれない。でもまたいつか、ディナーショーでお目にかかりましょうね。”という、そんな気持ちを込めて、最後のシメとして、アンコールとして歌われたのではないか…と思ったのです。毎日のように聞いている歌が、目の前で歌ってもらうと、そんなメッセージとして心に響いてくる。それがとっても不思議な感覚でした。



 本日のお席は、後ろだけれど、真センター!後ろと言っても、劇場のようなオケボックスもないので、10列目くらいの距離だったかしら。肉眼で十分表情が分かるので、真正面をキッと見つめる時など、凝視されているように錯覚するくらいでしたo(^^)o

asumic_advance6.jpg それに、客席降りは、出来るだけ全員の近くを回るように、3回とも違う経路で通ったので、お衣装が触れるくらいの方も多かったと思います。私も、椅子越しですが10cmくらいの距離ですれ違ったので、もう大興奮(笑) 通り過ぎた後の数十秒は、記憶がないくらいボーっとしてしまいました(*^_^*) 年甲斐もなく、お恥ずかしい。でも、近くで見ると本当に美しかったんですもの。(いや、遠くから見ても、ですけどね(笑))  だからきっと、最初から最後まで、終始「破顔」状態で見ていたのではないかと思います。

 本日の着物はこちら。主人の母から譲って頂いた、ピンクがかった薄紫の付下げと、自分の母の、ポスターカラー色の赤紫の道行き、そして祖母の帯。新調したのは、中古帯揚げ525円(笑)。そんなこんなで、とても楽しい時間を過ごすことができました♪

2013年11月25日 (月)

ミートソース?

友人のブログにコメントしたら、何と正解だったので、記念にリンクしておきます。私のコメントを読む前に、考えてみてね(^_-)-☆ 

昨日の○○ミートソースを未だ引きずるアラフィフ・・ (私がコメントした記事)

【今夜、真相解明!】悶絶!○○ミートソースとの死闘@池袋 (答え)

災難だったね…(笑)

2013年11月23日 (土)

デイキャンプ

 今日は部署のデイキャンプがありました。それぞれ家族を連れての参加だったので、チームは5人なのに、参加者18名!o(^^)o

 各家庭の焼き網には、それぞれいろいろな食材が並び、基本的に『男の料理』だったので、普段とは違った雰囲気で楽しかったです♪ネット上で話したことあっても、実際にお会いしたのが初めての方もいらっしゃいましたし、子供たちも大きくなっていて、川原で遊ぶのを見守っている時は、何ともおばあちゃん気分でございました(笑) 

 実は私、最初は参加する予定ではなかったのです。旦那はこの週末から家にいないし、息子は行かないと言ってたので、一人で参加するのもな…と思っていたのですが、ちょうど息子が免許を取ったばかりだったので、運転の練習を兼ねて参加することになりました。本人的には、「お母さんが飲めるように、車で送ってあげる。」というつもりだったみたいです。もうこんなチャンスは最後かと思うので、参加できて良かったです♪

day_camp_2013_4.jpg 私は、毎年作っている紅玉リンゴの寒天を持参しました。子供が食べやすいように、レモンを入れずに、いつもより甘目に仕上げたためか、あっという間に売り切れて嬉しかったな。

Cpicon はちみつ風味のリンゴ寒天 by ゆきほ

 天気も良く、紅葉もきれいで、気分転換の出来た一日でした♪

2013年11月22日 (金)

レコード大賞のアルバム賞

 小さい頃から知っている方が、優秀アルバム賞を受賞したとのこと!おめでとうございます(*^^)v 

第55回 日本レコード大賞 優秀アルバム賞決定

 良かった、良かった。

 そうそう。ついでの追記ですが、昨日「上手くいきますように」と言っていた件は、本日夕方、無事完了しました。自分と、リーダーと、アメリカにいる外人技術担当者と、朝から3人でチャットして、最後は有休を取っている同僚たちに電話をして応援してもらい、最後にやっと動作しました…。

 チャットと言っても、もちろん英語…。私にとっては、それだけでもハードル高いのに、英語で状況を把握しながら、問題を調査するのは困難なこと。期限切れの迫る中、とてもスリリングな一日でした(笑)

2013年11月21日 (木)

最近の出来事覚書…

 今日は、だんなが世話になった親類の訃報が入り、ちょっとしんみりな我が家です。この間、息子と一緒に四国へ行けば良かった…と後悔しても始まりませんね。

 親戚つながりで、もうひとつ。おとといだったかな。ご飯の支度をしながら夜のテレビニュースを見ていたら、私のばあちゃんが写っている古い写真が出ていてビックリ…。もちろん、ばあちゃんがニュースに出たわけではありませんよ。一緒に写っていた方が有名だった、というだけです(^^; でも、若くて驚いた。

 そしてこれも古い話つながりですが、来月、30年ぶりの再会を予定しています。高校時代に寮のお部屋が同じだった後輩と最近Facebookで再会し、その方と一緒に、宝塚の大劇場へ行くことになりました。どうも、同行者がびっくりするような方らしくて、それもちょっと楽しみです。

 再会といえば…。上の娘が、中学に入った時に始まった「女子母ランチ」に、来月久しぶりに参加する予定です。”女子は1学年で24人”という、まるで理系クラスのような中高だったので、女子母も最大で24名だったんですよね。お嬢さんたちのその後を聞くことができるかな…と楽しみにしています。

 その他、来週のディナーショーのチケットがご用意できました、というハガキが届いて、もう本当に最高に嬉しいのですが、平日のため会社を休まなくてはならず、バタバタと忙しくしています。周りからは、動かないから来い!と命令が下って、来週海外出張じゃないか!?と脅されていますが(^^;、ディナーショーはふいにしたくないです…。上手く動きますように♪

2013年11月20日 (水)

スマスマに宝塚♪

 今朝、めざましで放送されたようですが、タカラジェンヌ100人とSMAPの共演が見られるようです♪

スマ進ハイスクール

 年明け(1月6日)の放送が楽しみですね!個人的には、「蘭寿とむを中心に、花組明日海りお、星組紅ゆずる、真風涼帆、宙組朝夏まなと4名のタカラジェンヌの皆さんがダンスをしながら大階段を降りる技を披露。(中略)SMAPが蘭寿の立ち位置に入り、4名の皆さんと共にダンスを披露しながら大階段を降りる」 が見たい(笑)

2013年11月16日 (土)

【花】 My楽は1列目

 今日は、この秋最大イベント。宝塚友の会で当てた、一列目での花組観劇でした。8月の末に抽選結果が出たのですが、その時のツイートがこんな感じ。

 『今日は一日仕事が忙しく、お昼休みも仕事をしていたのですが…。今メールチェックしたら、花組の抽選結果が出ていました。そうしたら何と!!友の会に入って10年目にして初めて、自力で1階1列目が当たりました!!! それも、ファンクラブに入っているジェンヌさんの組で!!! 嬉しい…涙涙涙』

 抽選結果が出たのは昼前だと思うのですが、これをツイートしたのは夕方だったんじゃなかったかな。(よくよく調べたら、自力で当てたのは2回目でした。たぶん、あまり乗り気でない公演だったのね(^^;)それから3か月、本当にウキウキと楽しみで、いろいろ大変なことがあっても乗り切れるような、そんな気分を頂けました。実際の観劇自体は、あっという間に終わってしまったのですけどね。この日は絶対入り待ちに行こうとか、着物は何を着て行こうかな…など、そんなワクワク気分が、楽しかったです。

 このように、待ちに待った観劇だったのですが、早朝に大渋滞に捕まってしまい、集合場所まで着物&草履でダッシュすることになってしまいました(^^;。でも、無事入りにも間に合い、開演直前に飲んだ咳止めシロップが良く効いて、観劇中は体調を気にすることなく、楽しむことができました♪

 観劇の感想は、以前記事にまとめたので、こちらを見てね。

 本日の感想は…。今日はもちろん、みりおちゃんお目当てで出かけたのですが、蘭乃はなちゃんデーだったように思います。上手側の銀橋を渡ることが多かったし、お芝居で3回うるうるしたのは、全部らんちゃんの演技でした。初雪の日に会う時、ジェラールに訴える時、そして牢獄。体当たりの演技が素晴らしかったです。

 そしてね。銀橋を渡るジェンヌさんたちの視線を沢山頂けたのが、とっても楽しかった!着物でハジケている珍しい人がいると思ったのかしら…。きっと満面の笑みで手拍子していたと思うので、今思うと、ちょっと恥ずかしいです…。そうそう。お芝居で、下級生さんたちが走り抜けて行くシーンがあるのですが、ふわ~と風が吹いてきて、おお~~~~すごい~~~一列目だ~~~と感動しましたo(^^)o

 明日海さんは下手側の銀橋を渡るので、上手からは影になって、中詰や最後のパレードは見えないことも多かったんですけどね。それでも、セーラーの時はきっと視界に入ったと信じてます(≧∇≦)

kimono_2013_1116_4.jpg これで、9月の大劇場遠征、その時のイメージでとんぼ玉作成、東京公演、最後の1列目と、イベントづくしの秋が終わりです。本日無事観劇できて、本当に良かったです。 今回のきものは、自分の母の道行がちょうど、この公演カラーだったので、それに合わせてコーディネートしました。本当は、だんなのお母さんからもらったピンクの付下げにしたかったのだけれど、入りにも行くことを考えて洗える着物にしました。今日の中で、新調したのは、道行と同じ色の中古伊達衿、300円です(^_-)-☆

 

 

 

2013年11月14日 (木)

蘭の取り込み

 数日前から、冷えてますね!月曜日の夜だったかな。八王子の最低気温が3度になる…という予報を見てびっくりして、慌てて庭に出しっぱなしの蘭(主にデンドロビウム)を家の中に取り込みました。でも既に、シャコバサボテンはしなしなになってしまったので、やられちゃったのね…。去年は12月半ばでも大丈夫だったのに…。母から、冷えた状態を1週間経験させてから取り込まないと、花芽がつかないと聞いていたけれど、霜とか凍ったりしたらダメだろう…と思ってね。どうなのかしら。

 普段ほったらかしにされている蘭たちですが、知らない間にたくましく育ってくれていて、会社に持っていったオンシジウムも開花しました。慌てて取り込んだ中にも、ちゃんと花芽をつけている株もあって、おお~知らなくてごめんよ~と思いましたので、写真に撮っておきます。でも、これ何だろう…(^^;;;

orchid2013.jpg 

2013年11月10日 (日)

フィットネス初体験

Fitness_2013.png 先日会社で、フィットネス利用についてのメールが届き、そうだった…無料だったんだっけ…と思い、初めて利用してみることにしました。

 先週だったかな。3キロばかり歩いただけで疲れてしまい、運動不足を実感したのと、最近、タカラジェンヌさんの私服の出退勤風景を間近で見ることが多く、皆さんの折れそうなくらいの細さに、自分の努力が足りないなぁ…と思ってしまってね(笑) 太ももの断面積で言ったら、きっと私の半分以下…(+_+)

 日本人体形だから着物で隠す…のではなく(笑)、多少は運動してみようかな~くらいのノリで始めてみました。根を詰めてもやらなくなるので、少しずつ続けてみようと思います。

2013年11月 9日 (土)

再会&アップルパイ

 最近の覚書を二つほど。

 先日、家から歩いて5分のコンビニでバイトしている息子が、中高で3年間も担任をしていただいた先生に、ばったりと会ったようです。学校はここから車で40分もかかる場所なので、ホント偶然…。平日早朝の時間帯なので、通勤経路だったのかしらね(笑) Facebookでは、LINEの画面もアップしたのですが、ここは公開の場なので割愛です。

 すらっと背が高くて美人な先生なので(でも、歳は私より上じゃないかな?)、イメージは小さなサンドイッチを上品に食べている姿なのですが、カレーまんというところに、何だか親しみを感じてしまいましたo(^^)o

 帰宅した息子から詳細を聞いたのですが、普通はレジで差し出された商品しか見ないけれど、声と視界にぼんやりと映し出された姿に「え!?」と思って顔を上げたら、先生だったのだそうです(^_^;) 近所の人ならわかるけれど、こんなこともあるんですね~。

appl_pie_2013.png 次の話題は、りんご。昨日、友人が紅玉を煮た…というつぶやきを投稿していたので、2週間冷蔵庫に入れっぱなしになっていた紅玉を、先ほどやっと煮ました。うちのアップルパイは、カラメルをバターで作った煮リンゴなんです。最初に、オレンジページで読んだのが最初なのですが、もう20年以上も前になるのね。

 パイ生地は明日ゆっくり作るとして、今日は簡単にパイシートで味見しました。このパイシートも、冷凍庫で1年近くほったらかしにされてたものですが、やっと使えて良かったわ。

 でもね、家中がリンゴやパイのいい匂いになって、ペクがそわそわしてしまいました。(おいしそう~。もしかしたら、くれるかなぁ~とね(笑))そんな中で人間だけデザートを食べてるのもかわいそうなので、犬用のおやつを、一粒だけもらいました♪

11/10 追記: パイ生地も作って焼きました。年に一度しか作らないので、層がきちんと出てないところなどは、見逃してね(笑)

appl_pie_2013_3.png

2013年11月 8日 (金)

明日海りおさん、VJA CMに登場!

 このニュースを見て、わぁ~!と嬉しかったので、覚書も兼ねて書いておきます。

明日海りおさんを起用した新CMを制作(VJA/三井住友カード)

 11月14日から始まる三井住友VISA太平洋マスターズで、放映されるようです。早速録画予約しなくっちゃね♪

11月14日追記:

 このためだけに、ゴルフを録画しました。長時間の録画を、30秒にカットして保存(笑)。無事、明日海さんのCMを見ることができて嬉しい~♪

 2代前のVISAガールさんの時は、一般の方が見たらどう思うのか、ちょっと心配になったCMだったので、内心どんなCMなのかしら…と心配していたのですが、今回は、女性タレントとして可愛い人が、ちょっと格好つけて踊っているという雰囲気?(笑) これなら、舞台のみりおちゃんを知らない一般の方でも、あら?と思ってくれるのでは…と思いました(*^^)v 良かった♪

2013年11月 3日 (日)

【花】愛と革命の詩・MrSwing:東京

 先日、幸運なことに急にチケットを入手することができたので、A席で観劇してまいりました。やっと講評を書けるくらいに、じっくりと観劇ができましたし、もう、東京公演もあと2週間になりましたので、お芝居もネタばれ満載で書こうと思います。

 今回、誕生日プレゼントとしてGETした、1万円もするオペラグラスを持っていったら、これがすごく快適で素晴らしかった。何だか、今まで安いオペラで観た公演が、ちょっともったいなかったくらいの気分になりました。倍率5倍だと、とても鮮明な明るい映像ですし、舞台もそこそこ広い範囲が見え、その上とても軽いので快適でした。

 そして、先週民放で放送された明日海さんのコーナー (TAKARAZUKA Cafe Break)がまた素晴らしい放送で…(笑)。なぜかと言うと、前回は2階の後ろから2列目…という、ちょっと遠い観劇でしたので、このテレビのみりおちゃんロックオンの映像こそ、私の観たかったアングルだったのです。ですから、鮮明なアップ映像は、こちらで再生できる…と思って、今回は出来る限り、花組全体を楽しむつもりで、観てまいりました。

 今までの感想はこちらです。

大劇場公演:初見。主にショーの感想。

東京公演:総見B席+Cafe Break

愛と革命の詩

【全体の印象】

 時は1789年7月14日。フランス革命前夜から、恐怖政治が終わる3日前までの期間を描いた、実在の人物を題材としたオペラが元になっていて、宝塚ファンにとっては、一番馴染みのある時代設定です。ベルばらシリーズはもちろんのこと、最近ではスカーレットピンパーネルが、ほぼ似たような時代を取り上げています。

 特に明日海さんは、貴族オスカル、貴族に仕える平民アンドレ、フランス人平民のベルナール、同じく平民アルマン、ジャコパン党員ショーヴラン、今回もジャコパン党員ジェラール…。この数年、同じような題材で、これだけの役柄でこなしてきたのですから、続いているなぁ…と思います。 樹里さんが、肩のぴらぴらを最近付けていることが多いよね!と言うのも、分かります。

 それだけでなく、ナイフを差し出すシーンはエリザベートを彷彿とさせるし、黒と白の天使はロミオとジュリエットの死と愛に近く、革命の裁判シーンはジャン・ルイ・ファージョンそのもの。そして、マッダレーナが一緒に牢獄に入るところは、王家に捧ぐ歌(アイーダ)のよう…。宝塚に長い人であればあるほど、いろいろなシーンに、今までの舞台を重ねる人が多いのではないかと思います。そのような、あれも!これも!と思うのも、今回の楽しみの一つだったのではないでしょうか。

【蘭寿とむさん】

 初見の時は、蘭寿さんはやはり、内に悩む人よりも、ダニーのような役の方が似合うのでは…と思ってしまって、なかなか入り込めない感じだったのですが、回を重ねるごとに、こんな役もステキ♪と思うようになっていきました。静の中にも熱い想いを秘めた演技で、信念を最初から最後まで貫き通す人物ですよね。ジェラールが、場面ごとに変化していくのと対照的。お手紙を待つ可愛いところも良かったし、最後のシーンも圧巻でした。

【明日海りおさん】

 大劇場で最初に観た時、毎回出てくるたびに表情が変化していき、その心情が鮮明に伝わってきてすごいなぁ…と思いました。シェニエが一本筋の通った人物であるとしたら、ジェラールは変化の人ですよね。下僕として社会に不満を持ち、ルソーを信じて革命に突き進み、自由への希望であると思っていた政府が、恐怖政治へと変化していく様子に悩み、最後にわずかばかりの抵抗を試みる。その様子が、初見できちんと伝わってきたのがさすが!と思いました。

【流れに添ってのファンモードな覚書】

  50歳を過ぎたパンジュ侯爵の屋敷に集まっていたのは、レ・ミゼラブルの作者(ユゴー)だったんですね!今、ルサンクを見て知りました…。そこでパンジュ侯爵が手にしている原稿は…という流れで、フランス革命前夜へ舞台は移り、話が始まります。

 コワニー伯爵邸で働くジェラールが、盆の回っているセリの中から階段を登ってきたり、下手花道のスッポンを使って、本当に井戸のバケツが上下したり、小細工がいろいろと新鮮です。ここでは毎回、ルソーを読む下手のみりおちゃんばかり見ていたのですが、今回は意識して、舞台中央もしっかり見ました(笑)。現実を知ろうとしない貴族たちが夜会を開いており、『虚栄』でしかない華やかな舞踏会に打ち興じているのですが、ここでマッダレーナが口にする浅はかな言葉が、後半の「大恋愛もの」へのキーになります。

 ここで出てくる弟は、シェニエの生き方と全く逆。稼ぎにならなくても価値ある仕事を…というシェニエとは違って、良く言えば、時代の流れに順応して生きている”ちょい悪”な役を、ひかるさんが上手~く演じていらっしゃいます。

 ここで革命勃発!ジェラールが黒天使から銃を受け取り、銀橋へ!ここも、今までは銀橋のみりおちゃんしか見ていなかったけれど、今回やっと、舞台上では民衆が踊っていることを知りました…。見てなくてごめんなさい!!!スカーレットピンパーネルを彷彿とさせる、力強いダンスです。

 この後のピエロが何だか、良く分かっていなかったのですが、舞台は3年後に移り、政権争いで不穏な動きのある社会の様子を、大道芸人たちが面白おかしく演じていた…ということだったのですね。そうだったのか。3年後だから、マリージョセフシェニエが、座付作家として名声を得る時間があったのね(^^; 私が、どうして3年後と思わなかったのかしら?と思ったら、このシーンの最初のセリフが、「2か月後」の話だったからのようです。う~んちょっと紛らわしい。

 その後、全てを失ったマッダレーナがナイフを受け取りかけるけれど、シェニエの本を手に取り、生きる希望を取り戻すシーン。 お手紙を待つシェニエさんのソワソワ感が、とってもいい感じです(笑) ここ大好き。

 そんなほんわかムードのお手紙シーンから一転して、モランやロベスピエール登場。ここの春風さんがカッコいい!シェニエが自分の思想を最後まで貫く人とすれば、このモランも、革命政府の方向性を信じて疑わない人。その悪役ぶりが気持ちいいです。

 ジェラールも、このシーンでは笑っているのです。”不正を正し闘い抜く”という信念を正しい方向と思っているのでしょうね。ジェラールが笑っているのは、このシーンだけのように思う…。冒頭、マッダレーナを見ている時は憧れの笑みをたたえていますが、下僕として社会体制に不満を持ち、最後も革命政府の方向性に疑問を抱いているので、全般的に苦悩の表情が多いと思います。まぁ、みりおちゃんの苦悩の演技は大好きなので、私はいいです(笑)

 その後、大恋愛シーンのあと、白いドレスで各恋人たちが踊る場面では、やはり蘭はなちゃんのしなやかな踊りが、目をひきます。さすがバレリーナ。ダンスといえば、黒天使の柚香さんもすごいと思うのですが、今回はショーでの女役がヒットでした!

 でも、幸せな時間は長くは続かない…。ベルシから、マッダレーナとシェニエが恋人と聞いたジェラールが、即逮捕を命じる。このベルサイユの隠れ家でアリーヌが倒れるのですが、今回は、倒れるに至るまでに、次第に具合の悪くなっていく様子をじっくりと観察できました。急にばったり、じゃなかったのね。

 この後、ハトが撃たれるシーンのあたりで、舞台背景の裏で、暗闇の中で階段を下りてくるみりおちゃんを見ることができました。机に向かう前に、スタンバイしているみたい。うふふ…今降りていたのね…と、何だか得した気分でした(笑) そうそう。大劇場ではハトを見ていなかったと思うのですが、今回は、チラッとハトを見たところも、しっかりと確認できました(*^^)v

 この後は、本来は、マッダレーナとシェニエの感動大恋愛のシーンなのですが、私はみりおちゃんの苦悩の様子しか目に入らなくなります(笑) 逮捕の時点では嫉妬がほぼ100%、でもその後シェニエの雑誌を読むことで次第に心が傾いていき、マッダレーナが命乞いに来た時には葛藤…。求愛を拒まれるものの、マッダレーナの訴えに心を動かされ、最後は告発を却下したいと申し出る。その刻々と変わっていく表情に、どうしても注目してしまうのです。悲しきファンの性(笑)。本来の”大恋愛もの”を、もっとしっかり楽しんだ方がいいと、「頭では」思っているんですけどね(^_-)

 そして舞台は最初に戻り、パンジュ侯爵の歌で終わりとなります。この時の、望海さんの歌が圧巻で、うるうるしてしまいます。思わず、春野さんの声を思い出したくらい、心に染み入る歌でした(この表現は、私にとって最高の賛辞なんです(笑))。さすがだいもんさん。これからも沢山歌って欲しいです。

【ショー】

 前回、ショーについていろいろ書いたので、今回少しだけ…。私はやっぱり野球シーンが一番好きです!ここは、春風さんから目が離せないわ(笑)。

 あ…でも、最初のソフト帽シーンも、黒燕尾も、デュエットも外せない…。新入りセーラーの場面では、穴のあくほど観察した舵輪も出てくるし(こちらの記事参照⇒赤い革命のとんぼ玉完成)、結局このショーは、どのシーンも大好きです♪

 そうそう。手拍子で参加する曲も多いのですが、私は、曲をちゃんと聴くように心がけないと上手くリズムにのれないので、メロディーをしっかり感じとりながら、一緒に手拍子しています。それが、ダンスをしているメンバーと一緒に体を動かしている気分になれて、すごく嬉しい。

 でもやっぱり…。私は、みりおちゃんの”生命”の歌が一番、目がハートになるかな(*^^*) 

【出待ち・入り待ち】

 たまたまなのですが、蘭乃はなちゃんがファンの方とお話するのを、本当に至近距離で見ることができました。超細い…超可愛い…さすが娘役トップさん…と思って見てました。入りも、私服の下級生さんがたくさん並んでいる様子を見ることができて、これもまたラッキーでしたo(^^)o 

 東京公演はあと2回。最後の前方席は、観劇しながら感想を考えたりせずに、純粋にファンモードで観劇する予定です♪

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »