2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去の記事

« 30年ぶり:附属音楽会 | トップページ | ベルばら玉:試作中 »

2014年5月31日 (土)

七五三のお着付け(昇級試験)

 今日は暑かったですね!こんな日に時期外れなのですが、来月昇級試験があるので、七五三の練習をしています。今回は助手付きで12分なので、結構余裕あるな…と思っていたら、あとお稽古が2回しかない(^^; まぁ、7歳の着付けは振袖のお着付けをする時とほぼ同じなので、手順さえ覚えておけば、どうにかなるかな…と楽観しております。

 これは、基本の小菊結び。でも、昇級試験は創作帯なので、これは使わないと思うのですが、まずはこれでお勉強です。

kimono_753.jpg 

 写真に撮ると、お振袖とあまり違いがありませんね。実際は、この真ん中の写真が実際に近く、120cmなので見下ろすような感じです。

 振袖との大きな違いは、筥迫 (はこせこ)と末広(すえひろ:扇子のこと)を差し込んでいることと、帯の下に赤いリボン(しごき帯)をしていることでしょうか。振り袖というよりは、花嫁さんの小さい版、なんですね。

 着付けのポイントは、衣文を抜かないこと。前の衿もきっちり合わせること、帯は高く肩に付くように、裾は少し短めに。そして、下の写真のように、幅が同じように着付けると、バランスよく見えます。

kimono_753_5.jpg

 あぁ、忘れてた。一番大事なのは、手早く着つけること、でしょうか(笑)。もたもたしてたら、疲れて飽きてしまいますよね。ではでは、あと2週間後に向けて、創作帯のバリエーションを増やしておこうと思います♪

« 30年ぶり:附属音楽会 | トップページ | ベルばら玉:試作中 »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 30年ぶり:附属音楽会 | トップページ | ベルばら玉:試作中 »