2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« 娘の帰省と有馬温泉・京都和久傳 | トップページ | ステージドア・花組エリザベート »

2014年8月26日 (火)

遠征旅行その1

 昨日の日記の続きです。娘と有馬温泉に一泊したのち、一人で大劇場に行ってからの話になります。


 今回の遠征は、通常の大劇場遠征と全く違いました。それは、「車で宝塚観劇に行ったこと」。

 私は今まで、遠征と言っても日帰り遠征が多く、観光している余裕など全くありませんでした。自分が正社員でフルタイム勤務な上、観始めた頃は子供が小学生でしたし、犬も飼っていましたから、宿泊の予定はなかなか立てられなかったのです。 当然の成り行きで、宝塚市の滞在時間は、開演時間プラスアルファのみ。地理も、駅から劇場までの、花の道しか知りませんでした。

 ですから、みりおちゃんのコメントで、「休日は普通に宝塚市民として過ごしています。」という内容が書いてあっても、普通の生活の場としての宝塚市を、なかなか想像できなかったんですよね…。

 それが今回、レンタカーを借りていましたので、ニュースによく出てくる宝塚トンネルも通りましたし、ナビに任せて宝塚市内もいろいろまわったので、地理もだいぶ把握できたかな…と思います。 いろいろとっても新鮮でした!

theater201408.jpg

 街に着くと、宝塚市市制60年、手塚治記念館20周年、宝塚歌劇100周年の旗が立っていて、それだけで気分がウキウキしてきます。それに、劇場入り口の横にあるキャトルレーヴのショーウィンドーは、みりお写真&みりおグッズでいっぱい!中に入ると、800回目の記念グッズを配っていて、私もこのミニクリアファイルを頂くことができました。ラッキー!

 そして、いよいよ、贔屓のジェンヌさんの、トップお披露目です。公演内容については、こちらの日記に書きましたので割愛します。幕間はお友達を待ち合わせをして、公演スイーツを食べながら、背後に見えるみりおちゃんポスターと記念撮影をしました(笑)

 その日は、娘の家に泊まる予定でしたので、初日のご挨拶のあとは、劇場を早々に後にしましたが、翌日のチケットも持っていたので、2回目の観劇。

eliza_trip.jpg

 11時公演でしたので、幕間は公演ランチを頼みました。エリザベートが愛したザッハトルテ付き。

 新大阪では、バースデープレゼントとしてもらったスタバの券を使って、ショットを追加した抹茶フラペチーノを買いました。帰りの新幹線中では、公演の感想が文章として頭に浮かんでぐるぐるしていたので、お昼寝は諦め、このフラペチーノを飲みながら、ずっと書き物をしていました。

 そんなこともあって横浜線内ではボーっとしていたのですが、ふと頭を上げると、目の前の画面に明日海りおさんが…!瞬時に頭が働かず、何で何で!?もう関東に帰って来たよね?と思ったら、この私が観劇した800回記念の公演が、ニュースになっていたのです。写真を取る勇気が出ずに、次のニュースになってしまって後悔したので、そこから一周するまで液晶ニュースを凝視し、このお写真を撮ることができました…。笑わないでね(^^;

 以上、楽しい遠征だったのですが…。

 家に着くと、犬の粗相で大変な状態になっていました(^^;。だけど、とても充実した数日間だったので、「あぁこんなにしちゃって!」ではなく、「ごめんねーーー早く帰ってこれなくて…」と謝りながら大掃除。犬を風呂場で洗い、ビニールシートは敷いてありますが、床中の掃除をして、やっと2泊3日の旅は終了したのでした…。


 その1ということは、その2も予定されているということ。だからこそ、今回は、娘とのお出かけをメインにして、宝塚は「観劇のみ」で帰ってきました。

 次回も、お茶会へは行きますけど、チケット付きツアーを手配してくれた友人との旅行なので、やはり、どっぷりみりおファンにはならないつもり…。大劇場遠征は2回目の方なので、関西旅行を楽しむ予定です♪ 入り出は…東京に来てから頑張ります(^^;

« 娘の帰省と有馬温泉・京都和久傳 | トップページ | ステージドア・花組エリザベート »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

みりおくんのお披露目と共に、とても良い想い出旅行ですね!
続きも、楽しみにしております。

>弥生さま

はい、お披露目も含め、いい思い出になりました!
次回は、お茶会の様子などを書きますねheart

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 娘の帰省と有馬温泉・京都和久傳 | トップページ | ステージドア・花組エリザベート »