2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去の記事

« 初採点… | トップページ | 昼会席とビーズパーツ »

2014年9月24日 (水)

エリザ前楽

 縁あって前楽のチケットをいただけることになり、何と3度目のエリザ遠征をしてまいりました。何という幸運!と、大喜びで日帰り遠征してきたのですが…。

 残念なことに、社員旅行と思われる団体さんが、前に乗り出したり、おしゃべりしたりしていて、一幕は楽しむことができませんでした。 4~5列離れた人だったので途中で伝えることができず、幕間に入ったタイミングで、静かにしていただけませんか…と伝えたのですが、捨て台詞や嫌味を言われてね…。

 たぶん、そのやりとりを見ていた、その団体の添乗員さんのフォローがあったのだと思いますが、 2幕は普通に、座って静かに観劇してくれましたので、本当に良かったです。 事の次第を、劇場の係員さんに言っておいたので、その人たちに良く聞こえるような位置で注意事項を叫んでくれたのも良かったみたいで、それもそうか…と聞いていた様子に見えました。

 わたしはこのブログに、後から読み返した時に自分が不快にならないよう、出来るだけ負の気持ちは書かないようにしているのですが、今回は書いておかないと、「折角の幸運を台無しにされた…」という気分だけが残ってしまいそうな気がしてね。それは遠征中の、ある一コマの出来事で、楽しいこともいっぱいあったのだ…と書いておこうと思います。


 大劇場ですら始発で当日券が買えない…という、超人気公演のエリザベート。私は今回初めて、3回も遠征してしまったのですが、それに値する素晴らしい公演内容だったと思います。

 明日海さんのトップお披露目の日を観ることができ、更に進化した2週間後に友人との旅を楽しみ、そして大劇場での最終形まで観ることができて…。最初は、犬の病状が悪かったこともあって、行けるかどうか分からない状況だったのですが、結果的には全て観られたので、本当に良かったです。

 もう、初日のレポートと、壊れモード報告で、私のレポは書き尽くした感がありますので(笑)、今日はさらに気づいた点を数点書くにとどめたいと思います。

  • ルキーニの進化が目覚しい。優等生なだいもんさんの、はじけっぷりが素晴らしいです。
  • 最後のダンスが、初日と全然違う。迫力がどんどん増している。
  • 下手の壁に寄りかかったトートの美しい写真(笑)は、いつのものかしら…と思っていたら、ミルクの初めだった。
  • ヴィンディッシュ嬢が素晴らしい演技!狂気と迫力とのバランスがとても良い。
  • ルドルフに死のキスをした後のトートの笑み…最高♪
  • 初めて柚香さんのルドルフバージョンでした。雰囲気がルドルフにピッタリで、お芝居もダンスもとても良いので、あとはお歌がもう一歩…というところですね。注目している方なので、頑張って欲しいです。
  • ルドルフと言えば、私は明日海ルドルフの印象が強いので、あの”みりおちゃん”が、すっかり貫録あるトートになられて、歌もお芝居もリードして…と、それも感慨深かった(*^^)v その「いざない感」が素敵…と思っていたけれど、ご本人も楽しんでいるようですね(笑)
  • 黄泉の世界、ライトが星型になっている!2階から見ると、床に星が散りばめられていて、ビックリしました。
  • 明日海さんが、どうやって金色の洋服に着替えるのか、いつも良く見えなかったのですが、その上着を持って踊っている娘役さんを発見。後ろに隠したまま踊っていて、すごい!

 2幕は集中して楽しみたい!と思ったものの、嫌味まで言われたために30分で気持ちの切り替えができず、怒りのツイートを書くことで、どうにか平静を取り戻した私…。でも、そんな私を見たことのない友達が、心配してメッセージを送ってくださいました。一人旅ではありましたが、帰りの新幹線内では、そうやってスマホを通して友人たちと話すことができたので、次第に落ち着いてきて、2幕は楽しめて良かったと実感することができたのです。ありがたい友です。そうそう。最後に、みりおさんに感想を手渡しして、穏やかな雰囲気で手を振って下さるのを見られたのも、救われたような、遠征して良かったと思えた一瞬でした。

 そうそう。今回は、貴重なチケットをもらえた嬉しい気分を味わいたくて、「ちょっとそこまで」風な着物で遠征することにしました。ちょっと地味かな…と思っていた母方の祖母の泥大島が、もう50年前くらいのものなんですけれど、今回のイメージカラーだったのです。

 たまたま洗い張りした時に、古くなった赤い八掛を、青灰色のものに変えてあったので、黒、渋めの水色、金色のようなカーキ色、そして、歩くと裏の青灰色がちらちら見える…という感じ。それに、渋い青の半幅と、エリザベートの髪飾りで帯留め、というコーディネートにしました。 これに銀が入ると完璧だったのかな。

 

« 初採点… | トップページ | 昼会席とビーズパーツ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを下さいました方へ

お気持ち、とても伝わってまいりました…。そんなことがあったのですね。

私は、おしゃべりは自制心のない行為であって、周りへの迷惑だけでなく、出演者へも失礼だと思っています。一回の観劇のために、どれだけ努力をしているのか…。簡単にチケットが手に入る方にとっては、それが分かっていないのでしょうね。

今回、宝塚初観劇の方たちに、やっとのことでチケットをお渡しできたのですが、その苦労して入手した一回限りのエリザベートが、そんな観劇にならないよう、祈る気持ちでいっぱいです。

雪穂さん、遠征お疲れ様でした。
きっと、まわりの誰もが、雪穂さんと同じ思いをされていたのではと思います。
素晴らしい公演だっただけに、本当に残念ですね…。

私も、週末の公演を観劇し、更に進化したトートを観て、胸がいっぱいになりました。
いつもいつも、私達の想像を遥かに越えてしまうみりおくんに、驚いています。
東京公演で、また更なる進化が観られる雪穂さんが羨ましいです。
また、感想を楽しみにしております。

>弥生さま

そうですよね、東京でも観られることに感謝しなくては。
ありがとうございました!!!

>今朝コメントをくださいました方へ

沢山書いてくださって、ありがとうございます!メッセージ、嬉しく読みましたheart
参考になれば幸いです♪

東京も観劇されるそうで…。10月6日のスマスマに、この花組主要メンバーの皆さんが
出演するから、東京公演はさらに盛り上がりそうですね!

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140926/ent14092613530016-n1.htm

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初採点… | トップページ | 昼会席とビーズパーツ »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ