2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

2014年振り返り

 昨日は台所と風呂場、今日は障子張替えとアイロン…と大掃除が続いていましたが、現在はおせちの下ごしらえのフェーズに入っている我が家です。鶏ガラでおせち用の出汁を取ったり、黒豆を始めたり、干しシイタケを戻したり…ね。そんなわけで、今年の振り返りは、Facebookで作ったものを流用して、簡単に済ませたいと思います。

 Facebookでは、イイネやコメントの多いものを自動的に抽出し、1年を振り返るページを作ってくれます。いろいろと節目の年だったのだな…と思いましたので、個人情報が分からない程度に変更したものを載せてみたいと思います。

 今年一年、家族がいろいろな節目の年だっただけでなく、いろいろな方と再会し、新しい出会いもたくさんありました。一年、本当にありがとうございました。あと一日ありますが、また来年もよろしくお願いいたします♪

2014_facebook1.jpg

2014_facebook2.jpg

2014_facebook3.jpg

2014_facebook4.jpg

2014_facebook9.jpg

2014_facebook5.jpg

2014_facebook6.jpg

2014_facebook8.jpg

2014_facebook7.jpg

2014年12月27日 (土)

大掃除

 今日は、大掃除日和ということで、一気に大掃除を敢行。

* 娘の部屋を、着付け練習室として使っていることもあって、大掃除。もういつ娘が帰省してきても大丈夫(^^;
* 息子の部屋に置いてあった、不用品を処分。
* 和室以外の全てのフローリングにワックスがけ。
* 窓拭き
* 年賀状印刷&一言コメント

 先週、庭とか外回りを終わらせてありますし、だいぶラクになりました。あとはレンジ&換気扇周りと、障子、玄関、風呂場の目地を補修くらいかしら。最近、おせちは31日だけで簡単に済ませているので、今年は年末に余裕がありそうです。

 でも9日間の休みのうち、年末が5日もあると、どうしてもお休み気分にならないですね…。”年末”は、その時間があるだけ、お掃除しなくちゃ…という気分になりますから…。あ、実際に毎日掃除するかどうかは、また別問題です(笑) 

 そんなわけで今日は、化粧どころか、身支度もほとんどしないまま1日過ごしてしまいました(^^;。この正月休みの9日間は、家から出ない予定なので、そんな日が続きそうです(笑)

2014年12月25日 (木)

寒天ケーキ?

xmas_2014.jpg 今日はXmasですね。家族が揃うのは29日なので、特にクリスマスをするつもりはなかったのですけれど、朝イチ(「今からでも間に合うXmasクッキー」とか…)を見ていたら、気持ちXmasっぽくしようかな…と思ってね。朝からこんなものを作ってみました。

 紅玉リンゴを煮てペーストにしただけのものが冷凍庫に入っていたので、寒天とはちみつ・リキュール・砂糖を入れて固めたものです。

 食べる前に、昔のケーキについていた飾りと苺、生クリーム少々でデコレーションして、節約&ダイエットケーキです。即席にしては、それっぽくなったかな?

Cpicon はちみつ風味のリンゴ寒天 by ゆきほ

2014年12月23日 (火)

タカラヅカスペシャル2014中継

 今日は、居住地市内の映画館で、宝塚歌劇100周年の最後のイベント、『タカラヅカスペシャル2014、Thank you for 100 years』を見てまいりました。

 実は最近、この映画館を使ったライブ中継って好きなんです。数年前、このタカスぺのチケットが手に入り、日帰り遠征をしたことがあるのですが、日帰り遠征費用+観劇チケット代金+遠征のための時間と体力(^^;を考えると、1回経験できれば十分かな…と思ってね…。

 その点映画館は、席もゆったりと広いし、視界がものすごく良い上に、オペラを使わなくてもアップにしてくれる。車ですぐなので交通費もなく、値段も安くて、コーヒーを飲みながらでもOK。そんなこともあって、今回は最初から地元狙いでした。運よく取れて良かったです。

 ではでは。あとはツボだったコーナーを、思いつくままに書いてゆきたいと思います。  


* 柚希&凰稀の、オスカルとアンドレのデュエットが聞けるとは!もうこれは嬉しい衝撃でした。お二人は終始、円熟した男役像でしっかりと場をしめていて、自然体でさりげない動作なのに、それぞれの個性がカッコいい。熱く踊る若手トップ二人と、対照的だなぁ…と思っていました。

* みりおさんが「まさきさ~ん♪」と声をかける時、嬉しそうな雰囲気でしたね。みりお&みゆちゃんのダンスも、春の雪を思い出してとても懐かしかったです。当時は、月組の次世代コンビと思っていた方も多いと思うのですが、それがあっという間に別の組で花開いて、それぞれがトップとして再会。何だか時の流れを感じました。

* みゆちゃんと言えば、最後のご挨拶でちぎさんが話す時に、まっすぐ見つめる目が可愛かった。そして、ちぎさんと言えば、こんなに芸達者な方だったとは! なりきり度合がすごいと言うか、笑いを取る間合いが上手いというか…。次のルパンがコメディだと聞いているので、とても楽しみになりました。

* 進行役が、専科のMMコンビ。みちこ&みつるね。北翔さんから「華形みつる」と言われて「違います」と言い返すみつるさんが面白かった。「改名した?」「最初からですっ!」って言い返してましたね(笑) 5組回った北翔さんは、「転校生みたいでした。でも宝塚はどこも同じ!」とおっしゃってました。

* 月のパロディも良かったですね。マギーさん面白すぎ!たまきちさん、女装失敗って何度も言われてかわいそ~。

* 2幕の、51年から100年までのメドレーは、やはり知っているものが多くて懐かしかったです。北翔さんの夜明けの序曲が圧倒的な歌唱力でしたね。かなめ&みりおんちゃんの、うたかたの恋も良かったし、王家に捧ぐ歌、ファントム、エルアルコン、太王四神記など、実際に通った公演はとても懐かしかったし、歌として好きな、未来へや心の翼も良かったな…。ねねちゃんの私だけにも、何だか心に迫るものがありました。

* 一番楽しかったのは、何と言っても花組パロディコーナー!この場面全体が、みりおさんを中心とした、みりおさんの役を使ったパロディ構成だったので、みりおファンにとってはツボなものばかり…。トップとして参加するということが、これほどまでに違うとは…と思いましたが、途中からそんなことは忘れ、笑いっぱなしでした。

* その上、もう登場した瞬間、あまりの美しさに目を見張りましたよ!美しい謙信様のお姿で、トートのかつら。そして、「ぼうし…ぼうし…それは、だいもんの(帽子だから違う)。あのツノが生えたやつ…見たことあるでしょ…日比谷のシャンテ(の衣装展)に置いてきたのかな…。」と探す姿が、もう素に近い雰囲気で可愛い! すみません…ファンなもので(^^; これは、次回公演のアーネストインラブのパロディですね。

* 心の翼は花組生だったり、鳳翔大さんのApasionadoを聞きながら、そうだ…宙だったんだよね…と思ったり、エルアルコンは、そうそう夢乃さん星組の新人公演主演だったなぁ…と思ったり。歴史が分かってくると、選曲や歌い手さんの起用ひとつひとつに、意味があることを感じられるようになるのですね。少しずつ、タカスぺを楽しめる年代になってきたのかもしれません(笑)

2014年12月21日 (日)

大学の研究室仲間と再会!

 今日は、大学時代のゼミの仲間と、久しぶりに会うことができました。もう20年ぶりくらいかしら!?と思っていたのですが、そこまでは経っていなかったようです。

 この写真は、今の言葉で言う『リケ女(理系女子)』ですね。22歳頃かしら。でも、駅で待ち合わせしても、すぐに見分けられたし、皆全然変わってないのがすごいわ。すぐにあの頃に戻って、楽しくおしゃべりできました。 (写真は、顔をぼかしています)

AI_semi.jpg

 美味しいお料理とお酒で、お腹いっぱい!夕飯は作ってから出かけたのですが、自分は帰ってから、韓国海苔少々しか口にできませんでした…。

monchi2014.jpg

 インテリアコーディネーターの資格を持っている方の新居でしたので、シンプルなんだけれど、とてもセンス良く、いろいろこだわりの品も多くて、素敵なおうちでした。

 年賀状のやり取りだけは続いていた方や、名古屋から新幹線で来てくれた方もいたので、本当に皆で集まれたことが奇跡に近い状態。 再会できたことに感謝!です。

2014年12月20日 (土)

【月】PUCK・CRYSTAL TAKARAZUKA

 今日はPUCKを観てきました。もう東京千秋楽間近の公演ですが、私は初観劇。

 でも、完全な「初」ではなく、まだまだヅカ初心者だった頃に友人が勧めてくれて、15年くらい前にビデオで見ています。ベルばら、風共、白夜伝説、華麗なるギャツビーなどと一緒に借りたように思います。でも、涼風さんが可愛いと思ったくらいで、あらすじは全く覚えていない状態でした。シェークスピアの真夏の夜の夢についても、大学の英語の授業で読んでレポートしたような記憶もありますが、内容は全く思い出せず…(笑)。そんな状態ですから、ほぼ真っ新の状態で観劇した…と言っていいかもしれません。

 そんな私の感想ですが、宝塚らしい、観ていて3時間楽しい時間を過ごせる作品だな…と思いました。観客の期待を裏切らないまとまりがあって、とっても良かったな…と思います。純粋な気持ちで楽しむことができる内容で、お子様にも喜んでもらえる分かりやすさと、健全な楽しさがありますね!


お芝居

 まず感じたのが、ロミオとジュリエットと似ている!と思う部分が沢山あったこと。考えてみたら、同じシェークスピアなので、似ていて当然なのですが、『家の借金のために娘が嫁がされる』というのが、基本的な設定になっていますよね。その上、「きれいは汚い、汚いはきれい」というセリフが何度も出てくる…。

 ロミオとジュリエットの中で有名なナンバーに同じ題名の曲があるので、あら?と思って調べたら、マクベスのセリフなんですね。一つお勉強できました…。

 真夏の夜の夢も、Wikipediaであらすじを読み、かなり踏襲しているのだな…ということも分かりつつ、小池先生が22年前に作った作品が、今でもそのまま色あせずに名作であることに、改めて感嘆しました。それだけ、当時としては新しい作風だったのではないか…と想像しています。

 舞台上に沢山の組子さんが出演されていて、2階の昔のSS席だったので、舞台のどこを見ても楽しめました。 特出したスターがいるというよりは、今後を期待されるスターさんが大勢いて、どう伸びていくのかを試されているような組ということもあって、沢山の個性的な役があるこのお芝居は、月組にぴったりだったのではないかな…と思いました。


タカラジェンヌさんたちについて

今日は初観劇でも、とても充実した観劇になったと思うのですが、それは月組の生徒さんを良く知っていたからのように思います。明日海さんが出演したバウ公演を観たことで、大劇場だけでは分からない、下級生さんたちの演技を沢山拝見することができました。ですから、ウッドペッカーズや、妖精の娘役さんたちも、ほぼ名前が分かる状態。輝月さんや光月さん、華蘭さんなどが懐かしかったなぁ。黒燕尾を見ても、2列目まで全員分かるのは、月組だけです…。

 その中で、海乃美月さんだけは全く分からず、シンデレラの人だれ?エトワールは?と思って調べてしまいました。清顕やアンドレの子役だった方なのですね!

 トップコンビを含め、メインメンバーの方たちは懐かしいなぁという雰囲気。去年後半から今年の前半は、仕事がとても忙しかったこともあって、絶対外せない公演以外は、ほとんど観劇しなかったんですよね…。観たいと思った時にチケットが買えるなら、出かけられる状態ではありましたが、去年の終わりくらいから今年の春くらいまで、チケットの抽選に応募しているような状態ではなかったのです。だから、本当に月組は久しぶり…という印象でした。

 その中でも、ちゃぴさんとたまきちさんの成長ぶりにビックリしました。ちゃぴさんは、娘役に転向して最初のヒロインを見ているため、すっかり立派な娘役トップさんになられて…という感じ。特にショーは、踊りまくり状態ですね(笑)。人形シーンも、娘役だけで踊るシーンも、すごく生き生きとして見えました。

 あと、美弥るりかさんの、ミスターシンデレラ?このシーンいいですね!これこそ、タカラヅカの王子様って雰囲気で、可愛いかった…。一番好きだった場面は、何と言っても「しずくの結晶」です。シンプルなお衣装で、月組全員の力が結集された場面だと思いました。2階3列中央だったので、フォーメーションが良く分かって、うねりを感じることができ、とても感動しました。


 そうそう。今回見終わって最初に思ったこと…。それは、ごくビジネス的な感想でした。

 常々私は、タカラヅカの質を高めるためには、将来性のあるお嬢さんに「ココに入りたい!」という気持ちを持ってもらうことが一番だと思っており、そういった意味で、この作品は大きな意味があると思いました。この作品は、一言で言うと「家族で観るのに最適な作品」。現在のタカラジェンヌさんたちが、このPUCKは一言一句暗記するほど大好きだった…という方が多いことからも、親子でこれを観て、将来を担うお嬢さんたちが、沢山受験してくれたらいいなぁと思っています。  

2014年12月16日 (火)

レシピ4つアップ&つくレポ1件

 久しぶりに、クックにレシピをアップしました。

 適当に作ったのが好評だったから…と思っても、いざレシピとして分量と手順に落とすとなると、なかなか最初の味にはならないものですね。何度も手順通りに作って、最初の好評だった味に近づけようと四苦八苦しましたが、ケーキは一番最初が一番美味しかったように思います。でも4回作ってギブアップ(笑)。うちのものたちは、同じレシピを何度も食べさせられるハメになったので、会社に持っていったりもしていました。

 まぁそんなこともありましたが、ここらでアップしたものを、まとめて記録しておきたいと思います。

cookpad_2014_12.jpg

クックパットの日記 (写真のレシピリンクを含む)

tsuku_repo_1257873.jpg

 最後のレポは、これは旦那に大好評だった、シナモン風味のはちみつバターで仕上げた、お芋とクルミです。

 大学芋のように揚げていないので、カロリー控えめで美味しい。フォルダに入れたままになっていたので、何でもっと早く作らなかったのだろう…と思いました。

 2倍量作ったのですが、半分以上旦那が一気食べしてました…・。沢山作っておいて良かった(^^;

Cpicon さつま芋と胡桃のハニーバター? by putimiko

2014年12月13日 (土)

成人式前のきつけ特訓

 今日は、着付け教室で6時間ほど、みっちりとお稽古しました。普段、座り仕事なので、立っているだけで疲れるのですが、その上着付けは力仕事…。他の着付け師さんが、自分に振袖を着せてお稽古している間が、休憩時間です。

 でも、その休憩時間は、他の人たちの手さばきを見るいい機会…やっぱり家でお人形さんに着せているだけでは、ダメですね。

 金曜の夜に、復習かつ新しい勉強を…と思って、3本紐を使わない帯結びを二つ練習しました。白い長襦袢の上のお写真ですが、老眼でもスマホの写真が見えるように…と思ってのことなので、ご了承くださいませ(笑)

 まずは立て矢。基本系なのですが、全体の形を取るのが難しい帯結びです。でも、すっきりと格好良いので、背の高い方や、右肩の後ろに素敵な模様があるときに、この形の帯にしています。

kimono_2014_12_13_2.jpg

 次はお文庫系。真ん中にお花があるので、喜んで頂けることが多いかな…。

kimono_2014_12_13_3.jpg

 これは帯締めと帯揚げのバリエーション。思い出し用に貼っておきます。

obiage_2013_1_9.jpg

  今日、思い出せなかった分はこれ…。

kimono_2014_12_13_4.jpg

 最後に、全体の姿です。今日は結構うまくいったかなと思います(^^)v

kimono_2014_12_13_1.jpg

2014年12月 9日 (火)

祝☆北翔さんトップ就任!

 突然やってきた速報のメール…。開封してビックリ!北翔さんのトップ就任のニュースでした。その時に感じた私の感想は、このツイートで凝縮されておりますので、貼っておきます。

「北翔さん、妃海さん、おめでとうございます!みっちゃんがトップになる…感涙です…。今までのことを振り返れば、下級生が次々と就任する中、上級生のみっちゃんが「今」トップに決まったことが本当に嬉しくて…。大方の予想とは違いましたが、その方も必ず就任の機会はあると、確信しています(^^)v」

 もう嬉しくてね…。やはり「歌劇」ですものね。物語の歌を、感情を込めて歌ってくれる方の舞台が観たい。

 今まで何度も何度も観たエリザベートですが、この間の花組公演で、初めてフランツの心が見えたような気がしました。それは、北翔さんの役作りと歌の技術なんだと思っています。みっちゃんの歌が沢山聴ける、スカーレットピンパーネルやファントムなどを見てみたいし、コミカルで芸達者な面が観られるような演目でもいいですね。今までのダンサーな星組とはまた違った、新しい星組が見られるのを期待しています。

2014年12月 8日 (月)

外国できもの

 先日、しばらく海外生活をすることになった従妹から、外国で着物を着たら、日本文化を知ってもらう機会になるよね、という話を聞きました。それじゃうちでどんな感じか一回着てみたら?ということになり、今日は一日、”きもの解説&自装特訓日”となりました。

* 着物は格があって、帯の結び方が違うこと。
* 季節ごとに、着るものが変わること。
* 年齢によって、着方が変わること。

といった、基本的なことの説明と、実際に自分で着てみる実習。そして最後に、私が着ているところの写真撮影(笑) 一回では難しいけれど、是非自分で着られるようになって欲しいなぁ~と思っています。

 日本で着物を着て歩いていると、直に言われなくても、厳しいチェックが入っているのだろうな…と思うのですが、ある意味、外国では何でもアリ。ドレス感覚で、動きやすいように、見栄えがいいように、アレンジできるだろうなぁと思っています。

 自分自身も、成人式をあと一か月後に控えて、特訓モードに入りました。昨日のお教室では、手さばきがもたもたして全然ダメだったんですよね。昨日は夜、お人形さんに着せましたし、今日は他装、自装、お人形…。やっと手際良くできるようになってきた感じです。

kimono_2014_12_07.jpg

 お嬢さんの着付けは、衿合わせは深く(きっちりと詰まった感じにすること。このお写真はもう少し半襟が見えてもいいかな。)、帯は胸高(脇につくくらい)の高い位置に締める、変わり結びは背中にきちっと沿って(体から離れない)、肩に羽の先がつくくらい高い位置に結ぶ、というのが基本です。この他にも、胸元に補正をたっぷり入れ、帯の「下側」をシッカリ締めるとか、裾線、衽線など、チェックすべきところは沢山あります。

 でも、成人式くらいの年齢のお嬢さんにとっては、その全体的な仕上がりよりも、苦しくないか、そして帯、帯揚げ・帯締めの飾り結びが可愛いか、といった方に関心があるようです(笑)

kimono_2014_12_07_5.jpg 

 今回は基本の、一番早くできて確実な帯結びです。今度、どんなものを今まで作ってきたのか、アルバムにしたいな…と思っています。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »