2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« モーツアルト! | トップページ | 祝☆北翔さんトップ就任! »

2014年12月 8日 (月)

外国できもの

 先日、しばらく海外生活をすることになった従妹から、外国で着物を着たら、日本文化を知ってもらう機会になるよね、という話を聞きました。それじゃうちでどんな感じか一回着てみたら?ということになり、今日は一日、”きもの解説&自装特訓日”となりました。

* 着物は格があって、帯の結び方が違うこと。
* 季節ごとに、着るものが変わること。
* 年齢によって、着方が変わること。

といった、基本的なことの説明と、実際に自分で着てみる実習。そして最後に、私が着ているところの写真撮影(笑) 一回では難しいけれど、是非自分で着られるようになって欲しいなぁ~と思っています。

 日本で着物を着て歩いていると、直に言われなくても、厳しいチェックが入っているのだろうな…と思うのですが、ある意味、外国では何でもアリ。ドレス感覚で、動きやすいように、見栄えがいいように、アレンジできるだろうなぁと思っています。

 自分自身も、成人式をあと一か月後に控えて、特訓モードに入りました。昨日のお教室では、手さばきがもたもたして全然ダメだったんですよね。昨日は夜、お人形さんに着せましたし、今日は他装、自装、お人形…。やっと手際良くできるようになってきた感じです。

kimono_2014_12_07.jpg

 お嬢さんの着付けは、衿合わせは深く(きっちりと詰まった感じにすること。このお写真はもう少し半襟が見えてもいいかな。)、帯は胸高(脇につくくらい)の高い位置に締める、変わり結びは背中にきちっと沿って(体から離れない)、肩に羽の先がつくくらい高い位置に結ぶ、というのが基本です。この他にも、胸元に補正をたっぷり入れ、帯の「下側」をシッカリ締めるとか、裾線、衽線など、チェックすべきところは沢山あります。

 でも、成人式くらいの年齢のお嬢さんにとっては、その全体的な仕上がりよりも、苦しくないか、そして帯、帯揚げ・帯締めの飾り結びが可愛いか、といった方に関心があるようです(笑)

kimono_2014_12_07_5.jpg 

 今回は基本の、一番早くできて確実な帯結びです。今度、どんなものを今まで作ってきたのか、アルバムにしたいな…と思っています。

« モーツアルト! | トップページ | 祝☆北翔さんトップ就任! »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モーツアルト! | トップページ | 祝☆北翔さんトップ就任! »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ