2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« 初売り&パンケーキ | トップページ | 料理三昧の日々 »

2015年1月 4日 (日)

仕事始め&着付け消耗品

 今日は仕事始め。でも、本業ではなく、お着付けからの仕事始めになりました。自転車で行ける距離の美容院だったので、寒さ対策をした上で自転車で。今年はできるだけ、車を使わないことを目標にしようと思ってね。

 今日のお嬢様は少し大柄な感じの方だったのですが、お振り袖がとても映えて、お洋服より数倍可愛らしい雰囲気でした。それで、すっきりと華やかになるように、檜扇を華やかにしたような「立て矢」系をチョイス。まぁまぁ上手くいったかな…と思います。

 (覚書。飾り紐を通しておく。左側上へ三つ山ひだの羽。ゴムで留める。途中でひっくり返して、右下へ小さ目の羽を三つ山ひだ。ゴムで留める。残りのたれは屏風だたみで黒ゴム。羽と屏風を両方抑えるように帯枕。手先を扇にして飾り紐で留め、余った手を斜めの小さいお太鼓にする。)

 基本的に、成人式や結婚式のお着付けは、一日中その恰好で歩き回り、集合写真は何時間も後に撮ることになります。前撮りやカタログのお写真などは、「その一瞬」がきれいであればよいので、寄りかかることのできない帯結びでも、すぐに崩れる飾り結びでも良いのですが、やはり美容院では基本的に、”一日生活しても崩れない”形を目指します。

 そのために、小物類はきちんと用意しておいてもらうのが一番なのですが、昔の着物をそのまま持ってくる…ということも多くて、その場合、いろいろ足りないことも多いのです。そんな場合に備えて、着付けバックの中は、予備の品でいつも満杯(笑)

 kitsuke-bag.jpg

 お着付けに行くと、「腰紐や帯締めなど、紐のたぐいが一本もない」ということもあるんです。そのため、サラシを割いたものを、太いものと細いものを用意。太いものは、腰ひも、伊達締めの代わりになりますし、細いものは、コーリンベルトがない時の胸紐にしたり、3重紐がない時に、帯の羽を作るために使ったりします。

 その他、帯板代わりのボール紙(工作用紙)、襟芯代わりのカレンダー、胸元の補正用の綿、飾り紐、ゴムを数種類、いらなくなったタオル、履いてきた靴を入れるためのスーパーのポリ袋などなど…。今日は、帯板が小さすぎたので、この大きなボール紙を外側に当てて、帯に段差ができないようにしました。

 このような消耗品を用意して、来週の成人式に臨みます。今週は、帯のバリエーションを思い出すための、復習週間となりそうです。

« 初売り&パンケーキ | トップページ | 料理三昧の日々 »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初売り&パンケーキ | トップページ | 料理三昧の日々 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ