2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

« 【花】アーネスト千秋楽:大アドリブ集 | トップページ | カテゴリ承認2件&レポ1件 »

2015年1月25日 (日)

【花】風の次郎吉 ―大江戸夜飛翔―

 今日は、この大江戸ナイトショーに行ってまいりました。前評判も高くてチケットの抽選が全くかすりもせず、開幕してからの感想も熱いものばかり…。

 「これはすごい!」「今までの日本ものとは違う!」「めちゃ、楽しい!」

と言った感想を聞くにつけ、『THE MERRY WIDOW』 を生で観られなかったことに対する後悔を思い出してしまってね…。どうにかチケットを手に入れて、遠い二階席でしたが観てまいりました。その感想はを一言で言うと、こんな感じかな…。

 「エンターテインメントに徹した作品。とにかく楽しい!斬新!日本ものの新境地開拓、といった雰囲気。主演の北翔さんのお芝居と歌がとにかく素晴らしく、周りの出演者も、それぞれの個性を十二分に発揮している。」

といったところでしょうか。個人的には、「やっと、やっと、『歌』に心酔できるトップさんが誕生するのだわ…。」と思って感無量でした…。だから、幕開きのナンバーは会場全体が手拍子しているのですが、もうやめて~!せっかくの歌が聞こえない~!と思ってね(^^; やはり私は、『歌』でヅカファンになった経歴がありますから(詳しくはこちら) 、歌劇は歌を聴きにいきたいと思っているのです。

 それでは。今回は一回だけの観劇ですので、内容の講評というより、ジェンヌさんたちの印象を書いていきたいと思います。

jiro-kichi_2.jpg

 この写真、休憩中の風景です。もう、みっちゃんがカッコいいのなんのって(笑) お芝居と歌の上手い方と思っていましたが、殺陣やダンスも、美しさも、目を見張るものがありました。星組はもともと好きな組ですが、北翔&礼さんという最強の歌唱力を持つ二人が揃うとあっては、私は花と星だけに通うことになりそうな予感すらあります。

 そしてこの3人。

jiro-kichi_3.jpg

 仙名彩世さんは、私が花組をあまり観なくなってから入られたので、エリザベートのヴィンディッシュ嬢で初めて目に留まった方なのですが、歌の上手い娘役さんですね!Now on stageでは、気品ある美しさが際立っていましたが、舞台上での思いっきりのよい演技にも感嘆しました。

 一方の桜咲彩花さんは、BASARAで明日海さんと組んでいたので、予想通りの好演!と思いました。持ち味の明るさ、「目明し」としての活躍っぷり、最後の「女の子」な雰囲気。どれも、ベーちゃんの素敵な面が出ていて、良かったなぁと思いました。

 あきら(瀬戸 かずや)さんは、妖艶でカッコいい遠山の金さん。いやいや…金さんがチャラくて妖艶って、どんな感じ…!?と思っていたけれど、はまり役でしたね。北翔さんとの殺陣もかっこよかった!

 その他の方々も…。

 苦難の水美さんが最後に幸せになって救われたなぁ…とホッとした反面、柚香さんは報われず…。でもこの方、青い若者の役が本当に良く似合う。お歌がまだまだ発展途上ではあるけれど、どこに居ても目が留まりますね。華があるというのは、柚香さんのことを言うのだろうなぁとよく思います。

 夏美さんは、やはり私としては「花組の組長様」なんですよね…。やっぱり花組にはこの方がいなくっちゃ!と思いましたです、ハイ(笑)

 あと、たそさんがとってもいいお芝居で会場を沸かせていたし、 きらりちゃんの、あんなにぶっ飛んだお姫様も初めてで、2人とも楽しい笑いをとっていましたね。

 そしてじゅりあさん。春野さんから、「彼女は今回初めて、自分の色気に目覚めました。」と紹介されていた、I Got Musicが懐かしかったです。それから10年経って、この花魁役…。その魅力が存分に発揮されて、素敵な花咲(かよ)でした。


 このように、特にメモしたわけではなくても、出演者それぞれの感想が出てくるということは、どの役もしっかりとお芝居の中で息づき、客席にアピールできたからの結果だと思うのです。今回は、斬新な脚本と、それに応えるメンバーが上手くかみ合った公演だったのではないかな…と思いました。東京で一週間ないというのが、もったいないですね。もう金欠も甚だしいので、大人しくCSで放送されるまで待ちたいと思いますけれど、生で観られて本当に良かった!

« 【花】アーネスト千秋楽:大アドリブ集 | トップページ | カテゴリ承認2件&レポ1件 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

本当にチケットないですよね…wobbly
『THE MERRY WIDOW』もチケ難でしたが、次郎吉はそれ以上で。

最後のごあいさつで、みっさまが
「皆様、また是非観にいらしてください!」とおっしゃるので
「観に来たいんですよ!チケットないんですけどっっっ!!」と
盛大に心の中で突っ込んでしまいました。

みっさまが多才な方なので、それをフルにいかしたい&
「なるべく多くの生徒さんに見せ場を」という脚本演出なのか、
かなりぎっちり詰め込んだ演目でしたね。
もうちょっと落ち着いた部分があると、観る方も一息つけて楽なのですが、
従来の日本物とは違う、エンターテイメントとしての面白さがあったように思います。

私はずっとじゅりあちゃんのファンなので、長い休演の後、エリザで復帰、
フィナーレの娘役群舞で一花ちゃんとツートップで大階段を下りてくるのを観て
泣いてしまいました。
この公演の花魁役はもちろん、フィナーレの娘役総踊りでも、
本当に素晴らしい、娘役としての芸をみせてくれるので、本当にうれしい。
明日、前楽を観てきますnote

>ゆきのさま

そうそう!私も、「観にいらしてください」という言葉を聞くたびに、
ないのよーーーーと思うことが多いですsweat01 

北翔さんのトップ就任ニュースが流れた時、この公演のチケットが取れなくても、
主演を観られるんだ~と思って、一回はあきらめたんですけれどねぇ…coldsweats01 そうそう…抽選はお力になれず、ごめんなさいね。

じゅりあさんも、本当に寂しげな花魁が良く似合って素敵でした。
前楽、楽しんでいらしてね!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【花】アーネスト千秋楽:大アドリブ集 | トップページ | カテゴリ承認2件&レポ1件 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ