2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

とんぼ玉の注文

 最近、お魚のとんぼ玉が好評だったこともあって、いろいろな方から作って欲しいと言われました。そのため今月は、人にお渡しする玉を多量生産していました。母親には沢山渡したので原価程度をもらいましたが、その他は全部プレゼント。喜んでいただけて嬉しかったのですが、まだまだだな…と思う部分が沢山あったので、これからも頑張ろうと思いました(^_-)-☆

tonbo_ordered_2015Jun.jpg

 手持ちの玉では足りなかったので、いろんなタイプを追加…。これは、ストラップタイプ。

tonbo_ordered_2015Jun1.jpg 

 これは、ネックレスタイプ。

tonbo_ordered_2015Jun_necklace.jpg

 海のとんぼ玉のストラップタイプと、桜玉の残りを使って…(^^;

tonbo_pirates.jpg

tonbo_ordered_2015Jun2.jpg

 まだまだ未熟だけれど、欲しいと言ってくださった方がいて、嬉しかったです♪

2015年6月27日 (土)

【星】大海賊:宇都宮公演

 星組全国ツアー、大海賊の宇都宮18時公演へ行ってまいりました!横浜に続いて2回目の観劇。14時の回は、柚希さん、紅さん、七海さんもいらしたそうです。

daikaizoku-utunomiya.jpg

真面目な講評編にトライ

 何を書いても、ファンモードになってしまって、上手く書けないのですが、少しだけ書いてみたいと思います。(横浜公演の感想はこちらです⇒ 大海賊:横浜

 今まで星組は、カリスマ性を持つトップコンビが長く率いていた組ですので、北翔さんがその後を引き継ぐのは相当な重責だっただろう…と想像しています。その上、北翔さんは柚希さんより上の学年ですから、組子さんたちも遠慮する部分が少なからずあったはず。

 その壁を破り、皆との距離を縮めるために、このお芝居を選んだのだと、Now On Stageで語っていらした北翔さん…。最初はコテンパンに”のされる”ものの、次第に頭角を現し、最後は船長として中心に立つ。そのシーンが今の星組の新たな船出と重なる…と感じる人も多かったと思います。

 立ち回りもとても多いので、下級生との絡みも多く、皆で作り上げていったのだそうですね。観ていて、なるほど…と思うことが多かったな…。

 また技が見物なんですよね。最初、キッド(礼さん)に立ち向かった時にやられた技があるのですが、船長になる時に逆にその技でキッドに勝利し、最終目標のエドガー(十輝さん)をその技で仕留めるのです。をを!これか!と真剣にチェック!ちゃんと確認できて良かったです。

 ただ、お芝居の内容としては、貴族の若様が海賊に両親を殺され、自分が海賊になって復讐する。ただそれだけの物語です。逆に言えば「それだけ」なので、脚本に感動するということはなく、ただひたすら、みっちゃん、歌もダンスも素晴らしいわぁ~(しみじみ…)、可愛かった琴ちゃんが超男前だぁ~(しみじみ…)。まさこさんが、力まずに威厳のある自然体の男役として息づいているわぁ~(しみじみ…)。ふうちゃん、可愛い~しみじみと、ただそれだけで楽しめた感じでした。そんな感想を持ったのも、それぞれの力量があるからこそ、なんでしょうね。

 下級生さんたちの出番も多く、次から次へと立ち回りで走り回っていましたね。お母様(組長さま)の最期も美しく、音波さんのアンがとても印象的でした。壱城さんの聞き耳はアドリブ担当のようで、餃子炸裂の回でした(笑) 

ファンモード大全開:みっちゃん編

 横浜は3階の一番後ろでしたので、北翔さん&妃海さん、お披露目公演おめでとう~という気持ちがありつつも、かなり客観的な観劇でした。そして今回の宇都宮公演も、間際に追加で頼んだお席でしたので、行けたらラッキー…という程度だったんです。

 ところがチケットをいただいたら、一番後ろだけれど、1階センターブロック。地方公演なので、大劇場の20列目くらいの雰囲気だったかしら。真センターから気持ち下手寄りだったので、礼真琴さんの立ち位置正面で、オペラで見ていると、みっちゃん&琴ちゃんのお二人が真正面でアップに…!(笑) もうね、すっかりファンモード観劇になってしまいました♪ 

 その上みっちゃんは、劇場内を全て回るような勢いで客席を巡っていたので、私もハイタッチしてもらえたんです!!(*^^)v 一番後ろの通路を小走りで抜けて行く時、私も手を出していたら、そっと軽くポンという感じで♪ そして去った後は、麗しい残り香が……本当にいい香りで、何の香水かしら…と思ったくらい、印象的でした(*^_^*)

 地元のおじさまをターゲットにして歌っていらしたり、通路脇の沢山の人と握手したりしていたので、ディナーショー以上に大盛り上がり。そうやってファンサービスをしながらも歌い続け、体力使った後に舞台上に戻り、そこからの歌の伸びがまた素晴らしい…。客席、興奮さめやらぬ…という中、最後まで高い歌唱クオリティで、いやいや素晴らしいわ…と感嘆しておりました。

ファンモード大全開:琴ちゃん編

kid.jpg 今回違う!と思ったのは「傷」です「傷」!横浜の時は、ほっぺだけに「メ」の逆ような傷があるだけだったのに、目を縦断している!言葉で言っても分からないと思うので、何十年かぶりに人の顔などを描いてみました。(へたくそな絵でキッドさん、申し訳ありません…似顔絵ではなく、傷の説明ということで(^^; ) とうとう念願の、顔に大きな傷のある海賊になられたのですね(笑)

 もうショーは、まるでMXテレビのCafe Break状態で、琴ちゃんロックオンなオペラ使い (^^; 群舞を眺めたり、新トップコンビを眺めたり、みっちゃんの美声に酔いつつ琴ちゃんをロックオンしたり、何とも忙しい観劇でございました(笑) 特に夢アモールは、正面を向いて歌っていらしたので、オペラで見ていると最高な位置。琴ちゃんにノックアウトな歌だったなぁ。

 歌が上手いだけでなく、星組はやはりダンスも素晴らしいですね。みっちゃん、あんなに温和な感じなのに、軽く上げる足がやたらカッコいい。十輝いりすさんが、洗練された男役のダンスで魅せるのと反対に、若い琴ちゃんがキレっキレで熱く踊っている。三人三様なんだけれど、それぞれに魅力あるダンス…。図らずも、先週「足蹴り」をやる羽目に陥り、あの一つ一つの動作がどんなにスゴイのかが理解でき、ついつい足上げやキックに注目してしまいました。

宇都宮アドリブ

 お芝居では、しーらんさん、「いい匂いがするぞ!餃子の匂いだな!」「みんみん、8時に閉まるから、行ってきます!」「みんみん伯爵!」と、餃子にちなんだアドリブが満載でした!

 そしてショーでは、「幸せのルンバ」が、全て、「幸せの餃子」になっていました!!!あまりにすんなりとはまっていたため、客席も最初は分からず、良く聞いていると…あれ…?もしかして「餃子」って言ってない?…(ざわざわ)…という状態(笑) 男役さん娘役さん合わせて9人で、真面目に踊りながら、しあわせのぎょうざ~♪しあわせのぎょうざ~♪って歌っているんですよ!もう可笑しくて可笑しくてしょうがありませんでした(^^;

 最後のご挨拶は、「今日限りの宇都宮公演、沢山の皆様にお越し頂きまして、ありがとうございました!関東、東北を回りまして、明日からは九州を回ります。本日は本当にありがとうございました!」 と、こんな感じでした。 本日からは西日本公演となりますね。最後まで、客席も、出演者の皆様にも楽しい公演となりますように♪

2015年6月26日 (金)

明日海さんBirthday

 今日はみりおさんのお誕生日ですね。あと10分しかないけれど、ぎりぎりアップできそう♪おととしはバサラ、去年は中日だったのですね…。急な海外出張で、初日と千秋楽だけになったバサラ。そしてお披露目の中日ベルばら。何だか懐かしいわ…。

 今週は、源氏の抽選が落選続きで、ちょっぴり残念ムードだったのですが、今日は初めて仕立てた浴衣も届きました。台湾公演、楽しみにしています♪

2015年6月24日 (水)

週間ダイヤモンド:101年目のタカラヅカ

 昨日アップしようと思っていて、力尽きました(笑) FBでは書いたのですが、とても良い記事だと思いましたので、こちらでも書いておきます。 ほぼ同じ内容です。


 昨日は大雨の中、この週刊誌を買いにイオンモールまで出かけました。

diamond_takarazuka.jpg

 想像を遥かに超えた盛りだくさんの記事でビックリ!なぜ、101年続いたかを、経営の観点から掘り下げているだけけでなく、ずっと応援してきたごひいきさんのトップになるまでの12年や、今度行く台湾公演の戦略など、いろい<ろな側面から取り上げていて嬉しい記事でした。

 私が普段感じている、「年功序列と実力主義の併存」や「伝統と革新」などを客観的に書いてありましたし、ステージ市場に占めるミュージカルの位置や、その中でのシェアはとても興味深かったです(^_-)-☆ 

 とまぁ、このように社会人らしく、客観的に書いてはみたのですが、友人からは「ほぼみりお特集だから、余計いいと思ったのでしょう?(笑)」と突っ込まれました…否定できませんね。

 いずれにせよ、初心者にも分かり易く、ファンにも新鮮な記事。時間を取ってゆっくり読みたいのですが、明日は宇都宮まで小旅行してまいりますので、早く寝ることにします♪

2015年6月22日 (月)

ブログ10周年

 ふと気づいたら、今月の初旬で、ブログを始めて10年になっていました。

 もとは、Niftyserve(パソコン通信)内に開設された、中島梓さんのパティオに参加していたのですが、そこで薦められて観始めた宝塚の感想を記録しておきたくて、ブログを開始。当初は、誰にも言わずに書いていたのですけれど、あっという間にパティオ仲間からも会社の人間からも発見され、今では、会社関連の方や親まで読んでいる状況です。

 実はこの「雪穂」というハンドルネームも、漢字は違いますが、中島さんの名取名の音だけ、勝手に使っていたものなんです。後に「ゆきほさん、って呼びかけると、まるで自分を呼んでるみたい(^^;」と言われていましたが、その中島さんも先月で7回忌…。年月の経つのは早いものですね。

 覚えているうちに、ネット歴でもまとめておこうと思います。

* パソコン歴
 ピアノの先生のお宅にパソコンがあって、時々触らせてもらっていたのが、昭和50年代。高校生の頃は、理系だとPCを触らせてもらえなかったので、自分でプログラミングを習いに、東京タワーのショールームに通っていました。不思議に思われるかもしれませんが、理系は大学で授業があるから、高校の少ないパソコンは文系に譲れ、ということだったのです。東京タワーでは、500円で講習を受けると、ショールームのパソコンが使いたい放題だったんですよね。信長の野望を知ったのもこの時ですし、塗り絵ソフトを作ったり、しちめんどくさい数Ⅲの微積をコンピュータに解かせたりしていました(^^;

* メール歴 1988年4月~
 メールとチャットは1988年から。社内の大型コンピュータ上のものなので、内部ネットワークに限られていました。それからもうすぐ30年…(^^; その後、会社のアドレスを使って外部とメールができるようになりました。

* パソコン通信歴 1998年2月~
  モデムを介して、外部サーバーにログインしてのSNS参加は、nifty serveが初めてでした。Niftyがインターネットも始めたのを機会に、お金を払って自分のメールアドレスを持つことにしたのです。保育園2つと会社の往復で、分単位の移動をしていた私にとって、このパソコン通信が社会との接点でした。

* インターネット歴 1998年2月~
 上記と同じですね。自分でHPを作ったり、CGIを書いたり、Apacheサーバーを自分で立ち上げて、在宅勤務をしたりしてた頃。

* ブログ歴 2005年6月~
 宝塚関連の話をこっそり書きたくて、ブログを始めましたが、パソコン通信が終了してからは、完全にブログへ以降。Niftyserveの友人たちが一気にmixiへ移動したため、mixiとブログの2本立てでした。

 そして、それからの10年で携帯端末が発達し、今ではパソコン機能が携帯サイズになりました。こうやって書いてみると、仕事がソフト関連ということもあって、コンピュータの発達と共に生きてきたような気がします。最初は、完全に理系としてのアプローチでしたが、パソコン通信を始めてからは、「文章」との付き合いに変化していきました。

 国語が苦手で理系に進んだ私が、作家さんと文章で話そうというのですから、最初はもう大変で大変で…。10行の返信を書くのに30分もかけて、試行錯誤していたものです。その結果、つたないながらも、”自分の感じたことを文字に打ち出す”ということについては、かなり早くなったのではないかしら?と思っています。

 読書感想文の宿題が、本当にいやでいやでたまらなかった私…。それが今では、公演を観るたびに感想を書いているのですから、本当に人は変わるものです。学生時代は、親友以外の友達と付き合わない、自分の殻に閉じこもった性格だった私が、今では沢山の方とつながりができて、様々な場面で助けてもらっています。ちょっと振り返ってみるだけの日記のつもりでしたが、書いているうちに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。長文を読んでくださって、ありがとうございました♪これからもどうぞよろしくね!

2015年6月17日 (水)

ボディコンバット&あじさい

 2月に息子が一人暮らしを始めてから、この先は自分の体力作りかな…と思って、細々と無料のエアロビクス通っています。無料なのは、会社の補助があるからです。

 子供の頃は、勉強4教科よりも、体育・音楽・図工が大好きだった私…。休み時間は必ず外で走り回って過ごすほど運動は好きだったのですが、半世紀も生きている中で、「人のマネをして体を動かす」、という経験は全くありませんでした。

 そんなわけで、エアロは毎回落ちこぼれ状態…(^^; 先生と同じ動きはできるようになってきたものの、「では、今までの動きを続けてやりま~す!」と言われた途端、げ…最初は何だったっけ…!?とパニック状態となります(笑) 初心者コースで動き自体は簡単なので、ほぼ脳トレですね。

 ところが今日行ったら、先生のご都合が悪かったようで、代行トレーニングだったんです。それも、ボディコンバット45!わぁ…どうしよう…と思ったものの、後の祭り。

 一体これは何のエクササイズ!?と、全く予備知識がないまま始まり、キックとパンチの連続…。きゃぁ~足が上がらない~何がどうなっているのか、意味不明~腕がもう動かない~と、もう、あわあわ…(笑) でも30分位たつうちに、筋肉は疲労してきたものの、動きはやっと理解できてきました…。すでに、いろいろ疲労が出てきているので、2日後に筋肉痛…ということには、ならないかな…と思っています(^^;

 最後に、うちのあじさいです。

ajisai_2015_1.jpg

 マンションに住んでいる時、どうしても欲しくて、鉢に2~3個咲いたあじさいを買ってきました。でも、マンションのベランダでは、夏を越すだけで精いっぱいなのか、管理が不適切なのか、5~6年の間、瀕死状態だったんです。今の家に引っ越してきた時、とりあえず北東の角に植えたのですが、全く水もあげないのにちゃんと生きていて、「土」ってすごいんだな…と思っていました。

 ただ、がくが開く時に、必ずピンクから茶色に変色してしまって、きちんと咲かなくて…。去年、紫陽花の上に覆いかぶさっていた桜がだめになり、日当たりが多少よくなって花付きが良かったのと、水切れを起こさないように注意したこともあって、うまく咲いてくれました。ここまで20年くらい、紫陽花さんには試練を強いてしまいましたが、咲いてくれて良かったです!

ajisai_2015_2.jpg

2015年6月16日 (火)

【星】大海賊・Amourそれは…

 新生星組の全国ツアー、この週末、横浜で見てまいりました。現在の連続テレビ小説、「まれ」のロケ地ともなった山下公園を見下ろす会場です。抽選に全くかすらず、一般で取ったチケットでしたので、遠い3階席でしたけれども、熱い拍手に包まれた、素晴らしいお披露目公演でした。!

yokohama_2015Jun.jpg

 このブログで何度か書いていますように、私が現在応援しているタカラジェンヌさんは、明日海さん、礼真琴さん、北翔さんの御三方です。その中のお二人が出演する公演。それも、北翔さんのトップお披露目!礼さんも3番手の羽!もう見ない理由がありません。花組の千秋楽と重なっていたのですが、千秋楽はどうせ見られないから…と思って、この横浜公演のチケット確保に全力を尽くした感じでした(笑) 横浜が初日で、これから1か月近くかけて全国を回っていきますので、筋には触れず、印象と感想を書きたいと思います。

大海賊

 この公演は、トップの北翔さんが、月組時代に出演した公演の再演となります。本公演ではディビッド(手下) 、新人公演でエドガー、全国ツアーで聞き耳、と3役も演じていらっしゃるんですね。初の星組トップとしてお披露目をどの作品にするか考えた時に、ベルばらのような、”舞台上は常に数名だけ”…という作品ではなく、沢山の役があって、下級生に至るまで出番の多いものを選ばれたのだそうです。最初エミリオが「弱い」役柄のため、周りの下級生は「貫録」が必要とされますし、立ち回りなど、今までの星組生があまり経験していない分野を、細かく指導されていったのだとか。

 そういう目で公演を観た時、みっちゃんが説明していたことが本当に良く伝わってきて、35名それぞれが、自分の役割りを生きているな…と感じました。確かに物語としては、皆が死んでいくだけのお話かもしれないけれど、殺陣にとってもキレがあって、体を使うお芝居は星組に合っているのかな~と思いましたし、エミリオが子供から船長に変貌していく様は、芸達者なみっちゃんならでは!と思いましたし、もうね…。船長となった時の、解き放たれたような貫録がものすごいのです!堂々とした歌声と白いマントに、うわぁ~トップさんだぁ~と感動いたしました!

 妃海さんは、ロミオとジュリエットの新人公演で乳母役をされていて、この娘役さんスゴイ!と思っていた方でした。緊張からか、時々歌が不安定になる時もあったのですが、総じて堂々たる歌声に頼もしさも感じました。これからどんどん安定して、芸達者なトップ娘役さんになっていくだろうな…と思います。トップ就任、おめでとうございます!

 そして何と言っても、1~3番手と娘役さんが歌えるって、本当に安心…。今回の全ツは、まさこさん2番手、礼さん3番手、と番手が明確になっていたのですけれど、やっぱり「歌劇」なんだよなぁ…と思いました。琴ちゃんの大活躍が、本当に嬉しい♪憧れの海賊役を、生き生きと演じていらして、オペラで一生懸命追ってしまいました(^_-)-☆ フラれた時の歌がいい♪ 可愛らしい男役さんだと思っていたけれど、男臭さが格段に増しましたね!

Amourそれは…

 これは、宙トップコンビの大和さん・陽月さんのサヨナラ公演のショーで、北翔さんも妃海さんも出演されていた公演になります。95期生の初舞台ということは、現在トップの、愛希さん、実咲さん、妃海さんだけでなく、新公主演経験者の、礼さん、柚香さん、桜木さん、水美さん、月城さん、伶美さん、星乃さん、朝美さんも出ていらしたのですね…。この期、本当にすごいわ…。 

 何かで、「今までは地に足をつけたような、重心の低いダンスが多かったけれど、今回は立っているだけで気品が求められるようなレビューなので、最初戸惑った。」と聞きました。これも、北翔さんのご意向だったようで、妃海さんとの縁のあるショーというだけでなく、今までと違うものを学べるということも大きい理由だったようですね。

 この全国ツアー公演を観て、柚希さんの星組がお好きだった方は「今までと違う…」と思うのかもしれないですけれど、私はこの星組も大好きです。下級生にとって地方公演は、本公演より一回り重い役割を担い、芸の幅を広げるチャンス。組子それぞれが活躍している中心で、北翔さんが素晴らしい声量で魅せ、その歌を礼さんが引き継ぎまた返す…。そのクオリティの高さに、ひたすら感動していました。

 そして燕尾の中心で踊るみっちゃんを観ていたら、おめでとう~!という気持ちで泣けてね…。ひたすらファンモードな観劇でした(笑)

おまけ

 私が観た回は、ねねさんがご観劇。みっちゃんのアドリブ炸裂の回でした(笑)

 お芝居では、「(今日の)舞踏会は、夢咲ねねも来ているのか!?」と言いながら、客席を通っていったり、ショーでは、「夢咲さんへの、深い愛を込めて…」とねねちゃんの手を、両手で握ったままずっと歌っていたり…。

 もう楽しさ倍増でした☆

追記: 餃子のアドリブが満載の宇都宮公演はこちらです⇒ 大海賊:宇都宮

2015年6月13日 (土)

【花】 カリスタmy楽&BD

 初日明けてすぐの、3月半ばの遠征から3か月。ぽつぽつとではありましたが、3か月にわたって観劇してきたこの花組公演も、明日が千秋楽ですね。予定では、本日がマイ楽でしたが、お断りとなってしまったので、数日前の観劇が最後となりました。どの場面も、もう見納め…と思う気持ちがあった反面、このFANTASIAは台湾でも観られると思うと、そこまで寂しくはなかったかな…。お断りで返金されたお金で、BDも買うことができましたので、今日はそのBDを視聴しながら、溜まった洗濯もののアイロンかけをしておりました。今まで書いてきた記事はこちらになります。

大劇場 (初日から一週間後の、詳しいレポート)
東京初日 (公演レポ)
東京前方席 (ファンモードな感想)

Fantasia_2015Jun11_soken.jpg

 最後ですので、一言感想を書いてゆきたいと思います。

花乃さん: アニータとのぶつかり合いの場面、心を揺さぶられるお芝居だと思います。美穂さんに負けない強さが、素晴らしい。

瀬戸さん: 花男の中でも、一番の「男くささ」が感じられる男役さんですね。

鳳月さん: こちらは、花男とは一味違う気品を持った男役さん。昔は月を良く観ていたので、頑張れ!と応援しています。

水美さん: ショーでは大活躍ですね~。顔が判別できない遠さで、体の動きだけを見ていると、その素晴らしさがひときわ目立っていました。誰かな?と思ってオペラでのぞくと、水美さんのことが多い。

美穂さん: 今回の花組公演は、この方がいないと成り立たない…と思うくらいの存在感!

柚香さん: 3番手として大活躍ですね。もう、この方のヒップホップ系のダンスは、踊りの知識が全くない私でも、その素晴らしさに目が離せません。後ろで踊っていても目立つ容姿を兼ね備えているので、後は歌唱を頑張って、どんどん成長していってもらいたい方です。

芹香さん: アルジャノンの時は、この方、お芝居が上手なのね、と思いましたが、今回は「男役」としての色気がぐんと増しましたね。この方の成長も、目を見張るものがあります。アンドレも期待しています。

明日海さん: この公演も、本当に楽しませて頂きました。タフなショーだとは思いましたが、昼夜で台詞が逆転する非情な役替わりを、いくつも乗り越えたことを思えば、トップになってからは、一つの役を生きることができているのかな…なんて思っていました。明日の千秋楽の幕が無事に降りますよう、祈っています。

2015年6月10日 (水)

高校の先生の訃報 (追記あり)

 普段私は、昼休み中に10分ほどお昼寝するのが日課です。そうしないと、午後は眠気と戦うだけで終わってしまい、全然仕事にならないのです。本当に、この10分の睡眠で、シャキッと午後を過ごすことができるんですよね。

 そんな、うとうとしていたお昼休みに、ぶ~っと一通のメールが…。何と、母校の教師をしている同級生からの連絡で、毎年クラス会を開いていた、高校時代の担任の先生の訃報でした。高校入試の時に、用務員さんと間違えたことを覚えているのですが、それから3年間担任で、毎年開かれるクラス会でお会いしていたのに…。

 もう80歳くらいだったのですが、去年はお土産として「山登りグッズ」をお渡ししたくらい、かくしゃくとしている先生だったので、『耳を疑う』というのは、このことでした。ご自宅で転び、それから一週間だったのだそうです。本当に、一瞬にして目が覚めました…。

 そしてそれから12時間の今。やっとほぼ全員へ連絡を入れ、お花などの手配などを、分担し終わったところです。今度の週末は、お別れに行ってきたいと思います。

13日追記:

 皆でお別れしてきました。自宅の庭での楽しい作業の間の急な事故だったそうで、残されたご遺族としては、突然のことに気持ちの整理がつかないと思うのですが、もう80半ばでしたし、ご本人としては幸せな最期だったのかもしれない…とのことでした。

 悲しみの場でしたが、当時お世話になった先生や、同級の仲間にも沢山会えましたし、黒一色のまま、たまプラーザでランチをしてから帰ってきました。何か疲れ果てて、夜まで昼寝(?)してしまった…(^^;

2015年6月 8日 (月)

とんぼ玉工房化

 昨日は友人が、今年の夏用のとんぼ玉を作るために、遊びに来ました。去年、くらげリングの作り方を習いに、一緒に大阪まで付き合ってくれた友人です。去年、ワークショップに行く前に、スパルタ特訓した成果があって(^^;、最初は付き添っていたものの、途中からは1人で黙々と作業していました(笑) 

 普段は、お客さんが来る時でも、トイレと居間だけ片づけておけば、とりあえずいいかな~って感じなのですが、とんぼ玉は台所で作業するため、半年ぶりの大掃除…。おかげさまで、土曜日いっぱい掃除した甲斐あって、かなりきれいになりました(^^)v

 もうお一方も、高校時代のクラスメイト。隣町に住んでいるのに、毎年都心で開かれるクラス会でしか会わないので、今度遊びに来てね~と長年言っていて、今回やっと実現しました。隣町、と思っていたら、直線距離で1キロくらいだった…。あまりに近くてビックリでした(^^;

 覚書で、作ったご飯も書いておきます。 この他、沢山美味しいパンの差し入れもいただきました。

sanae_chinami.jpg

*ジャーサラダ2種:
 帆立・サーモン・ミックスビーンズ・カルパッチョソース・ピエトロ・グランドリーフ・レタス・胡瓜・トマト
 茹で卵、アボカド、ミックスビーンズ、シーザーサラダドレッシング2種、キュウリ、レタス

Cpicon とろ~り食べる、冷たいニンジンポタージュ by ゆきほ

Cpicon えびチリレトルト★ボリュームアップ術 by ゆきほ

Cpicon フライパンで♪柔らかタンドリーチキン by ゆきほ

その他、十穀米のご飯、たらこ、大根糠漬けなど…。作業しながら、おしゃべりしつつ、お土産も頂いたおやつもいただき、楽しい週末でした。

 

2015年6月 5日 (金)

グイン亭

 現在、神田の早川書房の1階に、グインサーガの世界にちなんだ料理を提供してくれる居酒屋(カフェ)があります。

◇ グイン亭 (早川書房のHPへのリンク)

 直筆原稿やグッズも展示してあると聞いて、行ってみたいな…と思ったのですが、平日の夜しか営業していないんですよね…。(土曜日はパンケーキのみ)

 ちょっと無理かな…と思っていたのですが、偶然半休を取って有楽町へ(笑)行くことになったため、その帰りに寄ってみることにしました。大学時代のお友達が2人、直前の呼びかけにも関わらず一緒に行ってくれたのです。

 カラム水は、カシスシロップの薄~いのを想像していたのですが、アセロラだったかな。饅頭は、手作り感満載のしっかりした生地に、異国風な香辛料の肉。もっと肉汁が垂れる位でも良かったかもね!

 アニメや漫画と違って、文章は、各個人の受け取り方の違いが出るものですから、皆が納得する料理の再現は難しいですけれど、「校正」の入ったお料理だそうですので、きっとこの雰囲気なのでしょうね (^^)v 

 トリビアクイズは、全然出来ないだろうと思っていたら、85点で結構当たってびっくり。しばしグインの世界に浸って過ごすことができて、楽しかったです♪

guin_bar.jpg

2015年6月 4日 (木)

【花】カリスタ、前方席♪

 今まで既に、大劇場も含めて相当数を観てきた花組公演ですが、今までは、ほとんどが2階席でした。ところがこの一週間の間に、何と2回も前方席が…! 一つは自分で確保したチケットですが、もう一枚は友人から声をかけていただいたお席…。アルカポネもですが、友人たちの強運のおすそ分けをいただいて、本当に至福の時を過ごさせていただきました。

 自分で確保した日は、数か月前から有休を申請し、きものを着て万全の観劇体制で臨んだのですが、友人からのお席は間際でしたので、半休を取って会社から直行。もう間に合わないか…と思うくらいだったので、普段着のまま行ったのですけれど、せめても…と、青緑系のトップスに、カリスタをイメージしたとんぼ玉ネックレスをつけて観劇しました。

 慣れない前方席でしたので、開演前からソワソワドキドキ(笑) 始まっても、お芝居が頭に入ってこないくらいに舞い上がっておりました。でも少し落ち着くと、今までの観劇といろいろと違うことに気づきましたので、忘れないように書き留めておきたいと思います。

Fantasia_row2_3.jpg

カリスタの海に抱かれて

 花組以外の公演で、前の方の席に座ることが出来た時は、「お芝居」として堪能し、中心にいる人以外の細かい表情を見るように心がけています。普段はオペラグラスを通して観ることが多いので、オペラの視界に入らない方は、存在に気付かないことも多いですからね…。

 でも、ファンの方がいる組だと、ダメですねぇ…。どうしても、一瞬の表情も見逃したくなくて、りおさんばかり見てしまう。でもこれぞファンの鏡!と、心の中で言い訳しつつ、ニヤっとする悪戯っ子のような表情や、心の葛藤が見える表情を堪能させていただきました。

 ただそれでも、舞台のそこかしこで、肉を耳のようにして遊んでいたり、酒を勧めたり、いろいろな島の表情を表現している人たちが見える。火あぶりシーンで、アニータの体の震えや、怒りと悲しみの表情が見える。カリスタ島民に、それぞれ個性があるのも分かる。暴発シーンでは、セルジオの面白い驚きの表情も見える。アリシアの叫びが心に響いてくる。動乱シーンで、群舞の中でシモーヌまで踊っているのが見える(妊婦がそんなに動いて良いの!?(笑))。

 このように、何度も観ていても全く気付かなかったところが発見できたり、下級生さんそれぞれの、熱気のこもった群舞やお芝居を肌で感じることができて、本当に楽しかったです!


タカラヅカファンタジア

  ショーはもう、最初の「ドーン!」という太鼓の響きだけで、期待MAXに♪この、体で感じる低音の響きは、劇場ならではの醍醐味ですね!今回は、仙名彩世さんを良く見ていたかなぁ。風に舞う花の最初、枯れていく様子を表しているところなど、細かい表現がすばらいしなぁと思っていました。

 その風に舞う花を見ている時、こんなに大輪の咲くような笑顔で、素敵なダンスをしているのは誰?と思ったら、柚香さんと水美さんでした。男役さんなので、あそこまでこぼれるような笑顔を見たことがなく、わぁ~可愛らしい~と思ってしまいました。組子全員のパワーが集まる、素敵な群舞とコーラス。この場面、本当に大好きです♪

 オペラは一切持たずにフォーメーションの変化を楽しみ、塩田先生が手拍子を促すままに、ノリノリで手拍子し、太鼓の強弱に合わせて、手拍子も変え、リズムを一緒に作り上げている一体感を感じ、本当に、言葉で言い表せないほど楽しかった!

 そしてそして。やはり前方席の特権は、何と言ってもジェンヌさんたちからの視線ですよね。皆さま、落ちろと言わんばかりのアピールがすごいんですもの(笑) 前の席に座ることに慣れていない私は、自分では見えないけれど、おそらく目がキラキラハート状態で、ニッコニコで手拍子していたはず…。下手だったので、天真さん、紫峰さん、水美さんなど、銀橋で目の前に立っていらっしゃる方から、沢山視線をいただけました。そして、りおさんの視界に入った…とこれほど思ったのも、初めての経験…。今回は、チケットサイトの一般のお席だったので、周りの人と比較して、私と友人のアピール度は、かなり大きかったかもしれませんね(^^; 脳内写真として、しっかりと記憶に刻んでおきました(^^)

 それにしても、数年分の運を使い果たした気分です。本当に幸せな一週間でございました♪

2015年6月 1日 (月)

アルカポネ・音世界

 昨日は、半世紀の人生を振り返ってもなかなかないくらい、とっても濃い、充実した一日でございました。朝6時に起きて(これは普通)家事をこなしてから、きものを着て赤坂アクトシアターへ。その日の演目はアルカポネ。それも最前列センターブロック!私などがこんな超良席に座らせていただくなんて、おそれ多いわ…と、少々アウェイ感を感じつつも、小劇場並みの近さでお芝居を拝見することができました。 強運で抽選を当てた友人に大感謝です。

 もうね…。宝塚じゃなかった。ギャングの世界。捕まって終わるストーリー。それなのに、それぞれのやるせない気持ちがビンビン伝わってくるお芝居。だいもんさんやハッチさんは普通に男にしか見えなかったし、怖いくらいの凄味と、それとは反対の温かさが感じられ、緩急自在な歌唱も含めて、素晴らしかったです。

 短いショーもまた素敵で、最前列の特権で下級生ジェンヌさんたちの視線も沢山いただくことができ、至福の時を過ごさせていただきました♪


 そして次は、四谷3丁目のウナカンツォーネへ。このブログの副題にもなっている中島梓さんを偲ぶ、7回忌記念ライブでした。

 高校時代からファンのグインサーガは青春の思い出ですし、育児と兼業主婦の忙しさの中でも唯一読み続けた本です。作家さんご本人と面識を持つようになってからは、ミュージカルやライブにも通いましたので、この記念ライブを聞いていると、そのまま自分の過去へタイムスリップする感覚になるんですよね…。

 今回は、少し趣向を変えて朗読があったのですが、それが素晴らしくて…。梓ワールドの曲をバックに、今まで知らなかったお話を聞いていたら、本当に引き込まれました。やはり私は、『栗本薫の世界』に引きつけられるのだな…と思いました。懐かしい仲間とも再会できて良かったです♪

kimono_2015_0531.jpg そうそう、やはり今回も着物率の高い会でした。ご存命の頃は、私はまだ着物を一人で着られなかったので、私は和装新参者なんですが、いまおかさまも、着物常連さんたちも、皆お着物。

 私はこの日、夜にホテルの大宴会場へ行くので、単衣の洗える色無地に、祖母の黒地の帯にしました。「カリスタの海」にちなんで、初夏っぽい色合いの、薄い水色の単色の着物に、追悼ライブなのでちょっと黒っぽいものも入れてみた感じです。でも、黒と言っても、キンキラな帯なんですけどね。そして半襟は中島さん由来のものに。いろいろと、「本日のイベント」を意識したコーデにしました。



 そして夜は、芝公園のホテル宴会場へ。こちらは自分が申込みをした会だったのですが、何とこれもセンターブロック。7列目だったけれど、オペラなしでしっかり表情の見えるお席で、もう感動…。司会が白華れみさんだったので、同期の親しさが垣間見えるような、とっても和やかな会でした。レポはしませんが、とりあえず今日は、睡眠を記録するアプリをダウンロードしてみました(笑) 今晩、使ってみたいと思います(^_-)-☆

mirio-tea-party-calista.jpg

 とてもとても充実した一日でしたが、前日の夜更かしで睡眠時間が5時間でしたし、気温も夏並みに30度を超えていたので、 単衣なのに汗の止まらない状態…。水分だけは…と補給はしましたが、まともな食事をしていなかったので、最後はもう疲労困憊。駅から運転出来るかな…と思ったくらいでしたので、タカラヅカファンタジアの太鼓の曲をガンガンかけて、寝ないように帰りました。無謀とも言える日程でしたが、無事滞りなく楽しめて、本当に良かったです♪

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ