2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« とんぼ玉の注文 | トップページ | 最近のクック »

2015年7月 6日 (月)

振り袖自装12分 (5級)

 今週末は、丸二日間昇級試験のために有楽町で缶詰でした。何と今回のお題は、振袖の自装12分。普段振袖は美容院で”お着付けするもの”なのですが、今回はもうすぐ半世紀誕生日の自分が、「振袖を1人で”お嬢様らしく12分で着る”」という試験だったのです!もちろん私のお母様の年代でも、です(笑)

 最初は、何で今更振り袖の自装…?変わり結びを早く作る必要はどこに?お嬢様らしく着てどうする?という気持ちだったのですが、変わり結びを考案したり、自分で着るうちに、何だかその意図が分かってきたような気がしました。実際に着てみると、自分が楽に着る時と、お嬢様用の着付けは、やはり違うんですよね。そうか…こんなところが苦しいのね…とか、いろいろ発見することも多かったです。「トイレに行く時は、お袖を結んでから…」といつも説明しているのに、自分で忘れたりしてました(笑)

 一番の収穫は、補正だったと思います。十人十色の体形でも、先生が補正を直していくと、皆さん見違えるように仕上がりが美しくなっていくのです。こんなにタオルを入れるんだ…。こんなところを補正するんだ…という感じで、いろいろ参考になりました。

 朝早くから着物を着て、雨の中、振り袖一式を詰めたころころを引きながら電車で会場へ行き、1日目は練習。2日目は仕上げと試験、だったのです。もう疲れ果てて、昨日は20時半から朝までぐっすりでした。試験の結果は数日後まで分かりませんが、指摘されたのは、上前の褄の上がり具合とおはしょりの傾きだけだったので、おそらく大丈夫ではないか…と思っています。これが済むと次はいよいよ花嫁。来年は気合い入れて頑張ります♪

 写真は、12分で着る練習中のものなので、写真で見ると最後に仕上げとして直したい部分は満載なのですが、記念に貼っておきます。 (下着は着た状態からスタートし、帯を作り、振袖を着装し、帯をつけて仕上げる、という一連の流れで12分になります。帯の名前を言わなければならないのですが、もうよく分からないので、「舞花(まいか)」にしました(^^; 蝶っぽい?と思ったけれど、振袖の赤い花に合うように、創作したものです。)

装道5級_result2.jpg

« とんぼ玉の注文 | トップページ | 最近のクック »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とんぼ玉の注文 | トップページ | 最近のクック »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ