2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« さくらの浴衣 | トップページ | 3回目のベルばら玉を試作中 »

2015年7月20日 (月)

【月】1789

 本日は、月組1789の初観劇日でした。もう千秋楽まで1週間を切っていますので、特に公演の内容について詳しく書くつもりはありませんが、全体的な印象と感想のみ、記録しておきたいと思います。

 これは、来年春に帝劇でも上演が予定されている、日本での初上演となるフレンチミュージカルです。ねねさんや、花總さんが出演されることでも、話題を呼んでいますよね。最初、娘役トップが、主演の相手役でないと聞いて、どんな感じに仕上がっているのかしら…と思っていたのですが、これは正解な配役だわ…と思いました。ちゃぴさん、puckでラブラブな雰囲気も出せるし、こうやって強い女性も演じられて、本当に成長されたな…と感無量。娘役に転向して初主演となったアリスの恋人を見ているので、余計にその思いが強かったのかもしれません。

 そして、オランプとソレーヌ。トップ以外の娘役さんが、本公演でこれだけ活躍する作品はありませんし、男役さんの配役にしても、沢山の方に見せ場のある作品ですね。下級生さんもコーラスや群舞の機会が多く、いい作品だな…と思いました。一番感動したのが、この組子全員で歌う大コーラスだったので、月組の勢いを感じられたのが一番だったかもしれません。

 暁さんが押し出されているという噂を聞いていたのですが、声もいいし、これからの成長がとても楽しみな方ですね♪ 月組ばかり見ていた頃に、記憶がなかったので、あれ…と思いましたが、私が花専になってからの配属だったのか…(笑) そんなに若い方だったとは。

 あと印象に残ったのが輝月ゆうまさん。おじさま役を演じたら迫力あるカッコいい男役さんなのに、コミカルで可愛い!先ほどのアリスの恋人で、オカマキャラを演じていた時を思い出してしまいました(笑) いい味出してたわぁ。

 2番手から5番手位までが平行線のような月組さんですが、今回の男役さんの群舞は本当に良かった。いろいろな個性を持つ、ベテランに近い「役者」が揃っているからこそ、全体的な印象が良かったのかな…と思いました。

 最後に一言。この100周年のお祭りイベントとしてベルばらの再演がありますが、この先陣を切ったのが2013年の月組でしたね。明日海さんと役替わりの、王道「オスカルとアンドレ編」でフランス革命を演じ、そしてその締めくくりの今。その時役替わりしていた2人が、同時期に、フランス革命をそれぞれ対極から描いた作品で主演している…。何だか観劇しながら、月日は流れたのね…という気がしていました。もうあと数日なのでネタバレですが、龍さんは結局、どちらの作品でもバスティーユの奪還時に弾丸に倒れるのですね(笑) 

 今までも、フランス革命を裏から見る作品はいろいろありましたし、ヅカファンは、それぞれの想いを持ちながら観劇したのではないかと思います。帝劇も観ようかなという気になりました(^^)v

« さくらの浴衣 | トップページ | 3回目のベルばら玉を試作中 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さくらの浴衣 | トップページ | 3回目のベルばら玉を試作中 »