2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

« 公演とんぼ玉試作中 | トップページ | とんぼ玉ひとつ完成 »

2015年10月 3日 (土)

【雪】 星逢一夜・La Esmeralda

 7月半ばから始まったこの公演。あと残り1週間となった10月になって、初めて観劇してまいりました。今回は時期も時期なので、公演評を書くつもりはなく、純粋に見て楽しんできましたので、覚書程度にまとめておきたいと思います。

snow_2015Oct3.jpg

星逢一夜

 前評判通り、涙・涙でした…。最初、皆さんがあまりに素晴らしく子供に変身していて(笑)、誰がどこにいるのか全然分からず…。オペラで探していたら台詞が頭に全然入ってこなくて、少し焦りました。

 でもその後、どんどん引き込まれ、みゆちゃんのあまりの可愛さにキュンキュンし、どの場面も涙なしでは見られなかった。それも、お涙頂戴という感じではなく、脚本もお芝居も自然で切なく、それぞれの生き方が共感できるもの。誰もが素直に納得できるようなストーリー展開なうえ、役者たちがそれぞれの役を見事に生き抜いていると思いました。 本当にいいものを観た、と思いました(^_-)

ラ・エスメラルダ

 ショーは、プロローグがそのまま中詰になって、これ、いつになったら終わるんだろう…という気がしているうちに終わってしまった…。ノバボサノバみたいに、全編テーマが同じものだと分かっていたら、また違ったのかもしれませんね…。


 雪組は、特にファンの方がいるわけでもないのですが、伯爵令嬢も、ルパンも、本当に行って良かったと思える作品が続いています。 いろいろなタイプのジェンヌさんが揃っていて、本当に見応えありますね。次の作品も、全く宝塚を知らない方から、るろうならチケット取ってと言われていますし、これからの雪組に期待しています♪

« 公演とんぼ玉試作中 | トップページ | とんぼ玉ひとつ完成 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

私も、前評判から覚悟して、タオルハンカチを握り締めて観劇しましたが、評判通り大泣きしてしまいました。
特に最後に、最初の無邪気な子供の頃に戻る演出に、トドメを刺されたように、しゃくりあげて泣いてしまい、宝塚でこんなに泣いたのは、ご贔屓のサヨナラ公演を除いて初めてでした。
上田久美子先生の演出される舞台は、どれも私の好みにぴったりなので、いつか花組で上田久美子先生の作品を上演して欲しいなぁと思いました。

>弥生さま

そうだったのですね!

私の周りでは、皆、やられてしまった…と、観劇中にハンカチをごそごそする人多数(笑)
もちろん私もその一人…(^-^;

最後の子供時代の回想は、おっしゃる通り本当にトドメだったわ…。゜゜(´□`。)°゜。

でも、見ていて辛くて苦しいわけではなく、「切ない」から共感を呼ぶのかな…なんて思ってました(゚ー゚)

そうそう。今週末の土曜は、日帰りで花組に行きます。高校時代に現代語訳した、自分の宿題ノートを見返し中です(^_-)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公演とんぼ玉試作中 | トップページ | とんぼ玉ひとつ完成 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ