2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« 着付けと千秋楽 | トップページ | ニュース記事:カメ&体内記憶 »

2015年11月23日 (月)

【星】ガイズ東京千秋楽

 本日は、星組 ガイズ&ドールズの千秋楽へ行ってまいりました。何と今回初めて、チケットサイトで千秋楽のチケットが当たったのです。9月の大劇場遠征から3か月…。豹柄のとんぼ玉、豹柄の着物、だんなと初観劇、豹柄のお茶会3件…と、本当に今回の星組公演は楽しませて頂きました。 それなのに、この公演が映像に残らないなんて…。やりきれない気持ちで一杯ですが、悔いのないようにと、目を皿のようにして記憶に刻みつけて帰ってまいりました(*^^)v 

 今までの記事はこちらです。前回は人に焦点を当てて真面目に書いたので、今回は公演の筋を追って、自分の萌えポイントと千秋楽のアドリブを書いてゆきたいと思います(*^^)v  (主に、北翔さん、礼さんを中心に書いています。)

有馬温泉観劇プラン

星組ガイズアンドドールズ(大劇場)

源氏&ガイズイメージのとんぼ玉

新人公演

ガイズ東京:加美乃素貸切りアドリブ集



ブロードウェイ

 この場面は、私は「真彩希帆さんを見る時間」でした。今日は千秋楽だったからか、ニューススタンドの少年に抱きついていました♪

 あと何だか全体に、てめぇ~ら!とか、言葉の端々で巻き舌が全開…(笑) だれ…と限ったわけでなくね。私は巻き舌ができないので、それだけでスゴ~と思ってしまいました!

 スカイの登場シーン。ネイサンが、「分かった、分かった」と言うところで「島倉千代子」を突然つける(笑)。 みっちゃんさんが耐え切れず(あの瞬間はスカイではなかった)、「しまった、しまった島倉千代子だろ!」と笑う。しばらく下を向いて続けられないみっちゃんさんでした(笑)

魂を救う会の内部

 風ちゃんのカフェブレイクで、最初は気障なスカイが、本名を名乗る時に少年の表情へ変わる。そこにサラは惹かれたのだ、と言ってましたが、 この最初の場面のキザり方はすごいですよね!今日はその上、卒業する毬乃ゆいさんに「きれいな方だ!」と言うスカイ!客席大うけ。毬乃さんがはける時に、素敵だわ…みたいなお芝居を付け加えていて、それにも笑いが出てました。

ビルトモアガレージ

 いつも撃たれてしまうのは、飛河蘭さん。今回退団の方なのですが、何と今日はピストルではなく、白い花を持って走ってきた!でも通常通り撃たれてしまう…orz。でもビルトモア、最後に花を一輪手向けて、客席から拍手!そのやりとりが見えないネイサン、「何が起こってるか分からねぇ~!」と電話の向こうでじたばたしていました(笑)

ホットボックス

 この場面は、私が一番忙しい時間です(笑)。琴ちゃんのアデレイドを観たいのと同時に、真彩希帆ちゃんも見たい。その上、友人の知り合いの天翔さくらさんがボーイとして出演しているのです。今まで、いろいろよそ見していたのですが、今日は、公演CD歌を聴きながら場面を思い出せるように、歌っているアデレイドだけを注目して観劇しました。

 可愛い可愛いアデレイドが「この中に~何が入っていると思う~ぅ?」と聞くと、「こうもりのパンフレット!」と答えるネイサン。2人して前を向いて、次回公演を観にいらして下さいとお辞儀したのですが、間髪入れずにアデレイドが「……って違うわよ!」と言って、もとに戻したので、ネイサンが驚く(笑) 「おまえ、上手いな」と言われて、アデレイドちゃん大喜びでした。「初めてほめられちゃった~」「これからも、ノリとツッコミを練習しようなぁ~」と、二人の息もぴったりでした♪

教団の外

 「1ドルが10ドルに増える」の「ふ」の部分で、カートライト将軍の耳にふ~するスカイ。大劇場の最初の頃は、これはなかったと思うのですが、どうだったかしら?東京からかなぁ。メロメロなカートライト将軍にも、沢山笑いが出ていました!

ハヴァナ

 サラが、「ハムサンド!」と叫ぶ時の、スカイの”のけぞり方”が半端ない!気障っているスカイから想像できない(笑) その後の風ちゃんが、このお芝居の中で一番好きです。解放されたように、自由に酔っ払いを演じていて可愛らしい。

 あと、ハヴァナから帰ってきた時の、銀橋での”初めての恋”の歌は、今日は何だか泣けてきました。カッコつけた気障な男ではなく、素の表情を垣間見せる演技。そして、その心情をしっかり映し出す歌声。今でもしっかり脳内再生できる、素晴らしい歌でした。

 そうそう、この時の背景にある教団の柱が一か所赤いのに気付いて、どうしてかな…と思っていたのです。そうしたら、この銀橋の歌のあと、サラがスカイをふるシーンで、スカイがドンと手をついていました。ここだったのかーーーと納得!

ホットボックス

  「ミンクを持って帰る男」は、アデレイドを一瞬たりとも見逃さない!というくらい、今日は注目してしまったなぁ…。琴ちゃんの声が、大劇場と全く違うんですよね。大劇場の時は、男役さんが無理して高音でしゃべっているという感じがあったのですが、東京では完全に娘役の音域になじんでいてすごい。歌も完璧。DVD化が難しいのなら、この千秋楽の映像を、一回でいいから放送してほしいです!!!

 そうそう!そのショーの後、ナイスリーナイスリーが普段ならスカイを捕まえ損ねるのですが、今日はしっかりキャッチ!客席大うけでした!

下水道

 クラップシューターのダンスは、本当にいいですね。とても星組らしい感じがします。そして「運命よ、今夜は女神らしく」…。この歌、最高ですね♪ 今まで”自分の中”での歌の上手いトップさんは姿月・春野・安蘭が御三家だったのですが、北翔さんがぐいぐいその中に食い込んできています。いや~正確な技量と、自在な表現力、そして圧倒的な声量。すばらしい。

 (ちなみに、この後マンホールから出てくる2番目が天翔さんだったので、ボーイ姿を見なかった分、ここでしっかり確認しておきました)

 その後の銀橋の歌も、難しい歌ですよね…。男役さんの声域ではないのに、礼さん、何でこんな音域までこれほど正確に歌えるのか。それも、きりっと見せつつ健気で可愛らしいアデレイドとして…。聴くたびに、感嘆の思いしか出てきません。

教団支部内

 ビッグジュールの懺悔の番で、クマさんを取り上げられ、ビッグジュールがピストルを抜いて「バーン」⇒ 全員撃たれたマネ…。やっぱり関西のノリ、なのかしらね(笑) 

 そうだ…この場面。前回の観劇では、ビッグジュールが押したら、みっちゃんさん、袖からはけてしまうくらい、飛んでいってしまいました!「暴力はんた~い」と言いつつ、へろへろ戻ってくるスカイ。その日は団体客だったので、初見の人が多いのか、2階からも笑いが沢山出て大盛り上がりでした。

 その後の「座れ、舟が揺れる」の時に見せる、北翔さんの”眼力”は本当に破壊的です。「天国ゆきの~舟にいた夢さ」という歌詞だからでしょうか。2階席を何度も見るみっちゃんさん。一階のちょうど真ん中の席だった時も、この歌の視線でノックアウトだったのですが、今日は2階だし~と気楽にオペラでのぞいていたところに、キリっとした視線が飛んできて、意表をつかれました(笑) みっちゃんさんの歌は昔から大好きですが、「男役北翔海莉」の神髄を見た気持ちになりました(*^^)v

 そして、ハレルヤ~♪と言いながらギャンブラーがはける時、ナイスリーナイスリーが、教団内の一人の女性と手を振り合っていました。まんざらでもないお二人…という感じ?(笑) 今まで気づかなかっただけなのか、今日のアドリブかは、ちょっと分かりませんでした(^^;

妄想シーン

 教団に懺悔をしにきたネイサンからスカイの話を聞き、本当の気持ちに気づいて教団を飛び出すサラ…。その後の、アデレイドとの掛け合いシーンが本当に好きでした。95期の同期同志で、のびのびと演じているように見えてね。「イザヤは、昔の預言者よぉ」「いやだぁ~、そんな年よりのために泣いたりしてぇ~」のあたり、必ず笑いが出てましたね(^_-)

 その2人の空想場面で、スカイが赤ちゃんをよちよち歩きさせていました!劇場内大受け!その後の大団円まで、ほっこりさせていただきました。

フィナーレ

 ロケットは、希帆ちゃんをガンミしつつ、さくらさん探し。真彩希帆ちゃんは、2幕になってからのかなりの時間、このお衣装でスタンバイしているのだそうです。ミニスカートの下はかぼちゃパンツ、というお話でしたので、一生懸命オペラをのぞいてしまった、オジサンな私…orz。

 迷彩ドレスのダンスが最高(はーと)。この場面は、琴ちゃんしか見ていない。

 男役群舞は、みっちゃんの歌に聞き惚れ、ダンスに感嘆し…。前回は夜公演だったので、21時過ぎに全力で踊る皆に感嘆していました。私は毎日、こんな風に全力で仕事していない…と反省。

 パレードになって、そうだった…お披露目だった…と、毎回思い出します。そして同時に、エトワールの毬乃さんのご卒業…。最後の袴姿のご挨拶は、心情が会場全体伝わってきて、私ももらい泣きしそうでした。

カーテンコール

 一回目は通常の公演ご挨拶。次が退団者の一言。そして次が、「いい夫婦」の日にかけて、こんなご挨拶も。

「この公演は男性の方も多くて嬉しかったです。今日は11月22日、いい夫婦の日でございます。これからは奥様一人だけではなく、ご主人様も連れて、是非劇場の方にお越し下さいませ! 」

 このくらいでしょうか。退団者の皆様のご卒業をお祝いして、今日の日記は終わりにしたいと思います♪

« 着付けと千秋楽 | トップページ | ニュース記事:カメ&体内記憶 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

やはり映像化は厳しいんでしょうかね?
音源が残るだけまだいいのかなぁ…とは思ったのですが。
でもあれが残らないのは寂しいですよね。

著作権絡みで思ったのは週遅れで花ポップ見ていたのですが。
後半ほぼ残らないですよね。あれ。ちなつの女装と中詰と燕尾と…
映像が残らないのと音楽が残らないのとどっちが救いがあるかな。
と思ったらまだ映像の方かな。
エリザの東京楽映像もなんか放送望めなさそうだし。(サヨナラショー絡み?)

差し替えも割合もない作品に今回恵まれた為…吉正ありがと~!です。

>徒然なるままにさん

そうですね…。映像化してほしい、とFBの公式とか、
いろんなところで声を上げてはいるのですが、無理と覚悟してます。

それで、スカステの、今までのニュースとNowOnをつなぎ合わせたら
それなりに残るかな…と思って、各回2回分づつ録画してあります。
そのまま見るのと、切り貼り編集用として…(^^;

花のポップアップタイム、私も今日再生して、あらぁ、これも残らないんだと
思っていました。いろいろ難しいですね、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 着付けと千秋楽 | トップページ | ニュース記事:カメ&体内記憶 »