2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 【星】 鈴蘭 ル・ミュゲ -思い出の淵から見えるものは- | トップページ | スズランのトンボ玉 »

2016年1月29日 (金)

鈴蘭遠征の記録日記

 先週末は、月曜日にお休みを取って2泊で娘のアパートに泊まってきました。この時期は、試験中かな…修論で忙しいかな…と思って、実はJAL往復+ホテル2泊で3万強、というプランで申し込んであったのですが、年末に帰って来た時、泊まっていいよ~と言ってくれたので、キャンセルしたのです。

 初日の夜は、私は真彩希帆ちゃんのお茶飲み会、娘は追い出しコンパ。礼さんのお茶会は日程が合わず断念しましたが、希帆ちゃんのお茶飲み会に行けて良かったです!このお茶飲み会はレポ禁ではないので、詳細はツイッターを検索してみてくださいね。ここでは、自分が書いたものだけにしておきます。


 希帆ちゃんお茶飲み会、宝塚は初参加!薄紫色の鈴蘭のワンピースがお似合いでした。元気一杯で可愛らしく、しっかりした考えを持っていて話も楽しく、でも自然な天然さが魅力♪握手の時に、奇跡の歌声とハーモニーで本当に感動しました!と言ったら、はにかみつつ喜んでくれました。可愛い!

 お稽古の初めの頃、先生から「ついて行くだけのヒヨコのようだ」と言われてしまった希帆ちゃん…。ニワトリになれ!と言われたのだとか^^; それで参考にしたのが、国のために戦うナウシカ(お父さんを殺されたお姫様ですよね)。芯のある女性を研究しようと五回見たら、翌日のお稽古で先生が、ナウシカみたいだと…。お見通し(笑)


 ただこの日、体調を崩してしまって腹痛が…。 朝4時起きで遠征したせいなのか、冷えてしまったのか、何か軽く食中毒だったのかは分からないのですが、薬を飲んで落ち着いた感じだったので、翌朝の入りは断念。11時と14時半の2公演を観る予定だったので、体調優先にしました。

 こんな理由で、朝はゆっくりと娘と朝食を取ることになり、娘が軽くご飯を用意してくれました。このオムレツ、食べかけですがビックリするくらいふわふわで美味しかった。半年かけて極めたのだとか(笑)

2016_suzuran_1.jpg

 その時に、2年前の袴の写真が出てきたと、卒業式の写真もいろいろもらうことができました。私が着せた袴ですが、親と撮った写真よりも、送り出した後、お友達と撮った写真の方が、断然いい表情しているんです。

 そして、モノレールから乗り換えた阪急電車が、たまたま手塚治虫仕様のラッピング電車♪降りてから記念撮影。このリボンの騎士は、モデルが宝塚の娘役だから、大劇場も一緒に描かれているのでしょうね。

 夜は、だんながちょうど大阪へ出張してきていたので、終演後に急いで千里中央まで移動して、3人で串焼きへ。焼肉とか大阪というイメージではなく、お洒落な創作イタリアン、という感じでした(真ん中の写真)。だんなはその足で新大阪から帰宅しましたが、私は有休を取っていたので、もう一泊させてもらいました。

 月曜日の公演は14時半だったので、午前中は娘と梅田へ。なぜかと言うと、ちょうど私がいる間にオーブンレンジが壊れてしまったのです。娘の家はコンロが1つしかないので、電子レンジが使えないと死活問題…。そのため、急遽、梅田のヨドバシへ行ってオーブンレンジを購入し、お昼を食べることになりました。

 その時に行ったランチが、京都の豆腐のお店。湯葉重ランチを頼んだのですが、お腹に優しく、お味も優しく、お値段も手ごろなのに、くみ上げ豆腐が食べ放題!天ぷらも、湯葉の衣なんです。「平日限定のゆば重ご膳 1350円」はお得感いっぱいですので、女性や年配の方のランチにどうでしょうか(^_-)-☆

 娘とは梅田で別れ、私は宝塚へ。最後の観劇と、初めてバウホールの出待ちをしてから、帰途につきました。娘が家にいる頃は、思春期真っ只中の受験生だったこともあり、なかなかゆっくり話したり出かけたりすることはありませんでしたから、今回は娘と話す機会が多くて、楽しかったです(*^^)v

 

« 【星】 鈴蘭 ル・ミュゲ -思い出の淵から見えるものは- | トップページ | スズランのトンボ玉 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【星】 鈴蘭 ル・ミュゲ -思い出の淵から見えるものは- | トップページ | スズランのトンボ玉 »