2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 成人式の3連休に突入! | トップページ | 補足 »

2016年1月11日 (月)

成人式と昔の新年会の関係

 成人式、終わりました。 朝2時45分起床、3時半に家を出て、12時まで怒涛のお着付け。15時半にもう一件あったので、ガストなどで時間をつぶしてから、余裕を持ってもう一件。片づけして家に着いたら17時半でした。夜になって気づいたのですが、顔中に塩をまぶしたようになってました。力仕事で、汗だくだったようです。

 今日は、自費でガーゼを買って、細い紐のお嬢さんにはサービスで付けてあげてました。先生からは、そこまで持ち出しすることはないと言われたのですが、下記のような経験があるので、少しでも楽に過ごしてほしいと思ってね…。この下の文章は、昨日FBにアップしたものです。


 Facebookが「12年前の今日」と知らせてくれたのが、この着物の写真。そうだ…これが、今の私の着付け師としての原点だったのだ…と思ったのでアップしました。 実はこの写真の会については、中島梓さん著の着物中毒という本の中で、こんな風に書かれています。

 「美容院で着付けてもらって、訪問着着てきた可愛い若奥さんがいたんだけれど、ひも、きつくしめすぎて、途中で半失神みたいになって気持ち悪くなっちゃった。(中略)ずーっと一日、短くても半日は着たまま動き回ったり食事したりトイレにいったりするわけなんですから、見かけだけ綺麗でも、ちょっとでも辛かったりしんどかったりしたら仕方がない。それはもうものの役にはたたないってことになります。」

 この時に着たのは、自分の結婚式の2次会で着た訪問着…。会社の裏の団地内で着付けをしてもらえると聞いて着せてもらったのですが、パーティならお太鼓じゃ寂しいわね、と、少し変わり結びをしてくれたのです。その枕の紐が胸に食い込んで、食事中に気持ち悪くなって、結局戻してしまいました。自分では何をどうしたらいいのか全く分からず、自分で着物を着てきた方が介抱してくれて、この紐をゆるめたら大丈夫よ、と紐を締め直してくれて復帰できたんですよね…。 この経験があるから、「次回は、自分で苦しくないように着て、おでかけしたい!」と強く思い、着付け教室に通うことにしたのです。そして、前回書いたように、今自分が着つけする立場になって、一番気にかかるのがこの胸を圧迫する紐。明日も、出来る限り華やかに、でも苦しくないことを第一に、お着付けしてこようと思います(^_-)


  結果は…。今日の仕上がりが、全員100%だったかと言ったら、それはノー。初めての着物、初めての体形にお着付けするわけで、トルソーに着せるのとはわけが違います。それを一回で、時間内に、いかに100%に近づけるかが、着付け師の腕の見せ所です。 おそらく、20年後に同じことを聞かれても、ノーと答えるでしょうね。今とはもっと違うレベルで、もう少しこうしたら素敵だったのでは?と思い続けると思います。

 でも実のところ、着付け師として気になるところがあったとしても、初めて着物を着るお嬢さんたちは、全然気づかないことばかり。帯をもうちょっと小さ目にして、羽をもう一枚増やせたかな…とか、後ろのおはしょりがピンとしてない…補正タオルをもう一枚入れれば良かったかな…とか、いろいろ細かいことは思うのですが、そんなことよりお嬢さんたちは、もっと別のところ…例えば前姿の帯締めの結び方や帯揚げの形の方に、目がいきます。 お嬢様たちに満足していただくことが第一なので、帯揚げや帯締めを、すっきりさせるか華やかにするかを選んでもらったり、「とっても素敵なお着物ね。自分で選んだのかしら?」などと、お客様の着物の良いところをお話しながら、お着付けしていきます。

 ただ実は今年も、一番最初のお客様が、着付けを始める時間に起床…という状態で、かなり遅刻していらしたんですよね…。結局、二人分の時間の中で三人着付けすることになり、着付け師として最善と思う着付けで、てきぱきと時間内に終わらせる、という状態でした。本当なら、先ほどのように、お客様の好みをお聞きして、話し合いながらお着付けしたかったのですが…。去年もでしたが、遅刻は他のお客様に迷惑がかかるので、頑張って時間通りに来て欲しいなぁ~と思っています。

 普段は、美容院へ行っても写真を撮ることはないのですが、今日はお写真撮らせてもらう機会もありました。写真を見ると、お母様のお着物(古典的な柄)から、モダンなお着物、自分の個性を前面にアピールしている振袖もあります。右のお着物、ベルベットの作り帯でしたし、準備の時点では少し心配だったのですが、最後にベルベットのショールを羽織った可愛いお嬢さんを見たら、粋な感じに仕上がっていて、とっても可愛かったです♪ 来年、また一段成長してお着付けできるよう、頑張ります。

seijin_2016._1_11_mini.jpg

« 成人式の3連休に突入! | トップページ | 補足 »

栗本薫・中島梓」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

成人式懐かしいです。12年前か…
私は写真だけ前撮りで済ませてしまいました。
もう一回。振袖着たいですね。年齢がアウトかしら・・・それに腰痛持ちだし・・・

>徒然なるままにさま

今の時代、30台前半なら大丈夫と思います(o^-^o)

ただ、赤一色…というような、いかにもお嬢さん、という雰囲気だとすると、
帯や小物は、大人っぽいものを選んだ方が良いかもしれませんね(*^ー゚)b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 成人式の3連休に突入! | トップページ | 補足 »