2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

【宙】 Shakespeare/HOT EYES!!

 宙組公演、行ってきました!

 1月に、鈴蘭で遠征したときに、どうせお断りがあるだろう…、時間に余裕があったら宙を観ようかな…なんて呑気に考えていたら、チケットは全てお取次ぎOK!結局、大劇場で宙組を観なかったので、今日がマイ初日だったのです。

 今日は、詳しく公演評は書きませんが、感想だけさらっと書き留めておきますね。

Shakespeare ~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~

 新作ものだし、あまり期待はしていなかったのですが、良い公演でしたね!シェークスピアの結婚をロミオとジュリエットに絡めた部分では、ヅカファンなら全ての元の台詞が分かる…というくらい、ロミジュリそのもの。パリスってところだけでクスっと笑えましたし、生田先生さすが~と思いました(笑)

 そんな、夢の中のような”おとぎ話”なのかと思ったら、それは単なる前ふりで、政治家の権力抗争に巻き込まれて、夫婦仲が壊れていくお話…。それがどうハッピーエンドに結びつくのかは、初見だからこその楽しさが詰まっていると思うので、あらすじはここまでにしようと思います。

 でも、後半が喜劇になるとは思ってもみなかった!周りは、相当にウケている人多数。抑えても笑いが止まらない…という感じでした。 ただ、家に帰ってから初日映像を見たら、え…こんなに大人しかった!?という印象なんですよね。どうも、今日が貸し切りだったから、みなとくんたち、大げさに吹っ飛んでいたようです。だから、あんなに周りの笑いが止まらなかったのね…。なるほど!!!その後も、かなり笑いが出ていたので、もしかしたら他にもお遊びがあったのかもしれません。

 それにしても、脚本もお芝居も歌も、ちょっと泣けて、最後はハッピーになるお話でしたね。生田先生は、春の雪、伯爵令嬢と、マイヒット作もありますし、今後の作品にも期待です♪

HOT EYES!!

  お友達から、我々の年代をターゲットにした昭和のショーよ、と聞いておりました。まさにその通り!歌謡曲には疎いこの私でさえ、黒い瞳を聞いた時に、おぉなるほど!瞳をテーマに集めたのね!と分かりました。

 黒い瞳は中学の合唱曲として知りましたし、め組のひとも知ってる!キッスは目にしてとか、少年隊もありましたよね。若手男役さんが銀橋を渡るの曲は、君の瞳に恋してる!これ本当に良く聞きました。今確認したら、1982年に大ヒットとなっており、高校寮生活で聴いていた…という記憶と合致。大介先生、もっと若手かと思っていたら、同年代なんだ(笑)

 私は最近、お友達が桜木ファンなこともあって、みなとくんのお茶会に参加させてもらっているのですが、客席降りで手に届く位置で踊っていたのに、タッチできなかった~~(^^; お友達から、「近くに来たとたん、いきなり目の色が変わったよね!」とからかわれました…orz。ルドルフも決まったしめでたいめでたい。来月のお茶会を楽しみにしています。

おまけ

 今日はセディナで取った貸切りのチケットでした。3枚取れたので、ヅカ仲間の同僚と、宝塚は初めて…という昔の同僚と行ってきたのですが、やはり初観劇の方の感想は気になります。どうだった?と聞いたら、お芝居の歌とオケが良かった、最後の羽のパレードは、宝塚を観たという気になった、ということでした♪ 7月のミーマイも彼女たちと観劇予定なので、また楽しく観てもらえたらいいな…と思っていますo(^^)o

2016年2月27日 (土)

花總まりコンサート(27日昼:追記あり)

 花總まりさんの25周年記念のファーストコンサートに行ってきました。学校の後輩にあたる人で、宝塚トップ娘役を12年間務めた方です。

 私が宝塚の劇場に足を運んだのは、「後輩が長く頑張っているのだから、辞めないうちに行ったら?」と言われたから…。宝塚に特別興味があったわけでもなかったし、まだ子供も小学生だったので、ビデオで十分と思っていたのです。つまり、花ちゃんがトップをしてたから、宝塚劇場まで行ってみた、ということです。

 当時は長く在団していたから、いろいろ批判を受けることも多く、何と言うか、半分身内のようなな感覚で、表立って応援することはなかったのですが、今、彼女の舞台を客観的に見返すと、この気品と美貌で、歌・ダンス・芝居もできるというのは、やはり素晴らしい。退団後のブランクを経てなお、復帰して直ぐに、読売演劇大賞や、ミュージカル女優一位になったのも、うなずけます。

 今日の曲目の中には、初めて借りたビデオの宙ベルばら、初めて観劇した満天星大夜總会、退団後丸6年経って復帰した時に大感動したエリザ(ガラコン)、ゲストの山崎育三郎くんとのレディベスモーツアルト!もあり、本当に懐かしかった。

 25年変わらない美貌とスタイルはすごいと思うし、彼女のミュージカルの歌は、憑依したような訴えと共に、役の心が伝わってくると思います。歌の技術だけなら、他にも素晴らしい方は沢山いるのに、ガラコンでは彼女のエリザしか涙が出なかった。ファントムのクリスティーヌもしかり。今日のセットリストの中では、レミゼとレディベス、トゥーランドットが秀逸でした。友人のおかげで急に行けることになり、それも山崎くんの回で本当に良かった!トークも、とっても楽しかったです^_-☆ まだ出先なので、トークの内容や、つけまつ毛ハプニングについては、後から追記しますね。(追記は最後に入れました)

 今は、スタバで桜三昧です。タンブラーの特典で一杯無料だったので、奮発して桜シフォンを頼みました( ´ ▽ ` )ノ ドリンクはさくらフラペチーノを頼んだら、ソイの変更を勧められました。これ美味しいです♪

hanafusa2016Feb.jpg

 追記:23:20

 私は花ちゃんきっかけで宝塚を観始めましたが、実際に舞台を観たのは最後の3年間だけ。(山崎くんとの、モーツアルト!やレディべス、エリザベートは拝見しています。) そのため、復習しようにも膨大な出演作品の中から、何を見たら良いのか全然分からなくてね…。

 そうしたらたまたま、金曜日のセットリストをツイッターで見かけたんです!それで、早朝からごそごそと、昔撮り貯めたDVDを探し出しては、再生しておりました。鳳凰伝以降は、ほぼ全部確認してからコンサートに行けたのでラッキー。当時は宝塚初心者だったので分からなかったけれど、今確認すると、いろいろ思うことはありました。娘役に、こんなにショーの時間を使っているんだ…とか、そもそも娘役が主役のショーだったのか…とか。でも初観劇の私が、この公演の印象が良くて、その後も通い始めたのだから、あながち間違った戦略ではなかったのかな…と思います。

 そのようなわけで、宝塚メドレーは、ミーミルちゃんから始まり、ベルばらのアントワネットまでいろいろ入っていましたけれど、結構分かって懐かしかった…。途中、トゥーランドット(恐ろしい女帝)やHANACANG(きゃぴきゃぴアイドル)など、本当に多彩な役柄が揃えられており、一瞬にして役が変わっていくところが、さすがだなぁ…と思っていました。アントワネットは泣けた…。

 そして、姿月さんとのエクスカリバーは、肩を抱いたり、一緒に剣(木)をプスッとするところまで振り付き!その上、"寄り添う花ちゃん"の美しいこと…。その変化に驚き、これぞ体に染みついた娘役なんだ…と思いました。ビックリ…。

 でもこの選曲は、ずんこさんはかなり抵抗があった様子でした。かなりのプレッシャーだったのか、あぁ~無事終わって良かった…と何度もおっしゃってました(^^;

花總「普段やらない歌がいいかなって。歌います?」

姿月「歌うわけないじゃない!」

花總「そうそう。ずんこさんはいつも、隠れて観に来るんですよ。終わってから、見たよ~ってやってくる…。」

姿月「ま、授業参観だね!」

だそうです(笑) 

 開演直後に、つけまつ毛が取れてしまった花ちゃん。私、こけしって言われてたから、まつ毛をバッチリしないといけないんです。でもどうしよう…もう片方も取っちゃった方がいいかしら…それじゃ、拍手で多数決で!…なんて言いつつ、つけまつ毛なしで1幕2幕も通したんです。

 ずんこさんは、そこもちゃんと、

 「久しぶりに、こんな近さでご一緒したでしょ(笑) まつげ薄いって思った。」

と、いじっておりました(笑)。姿月さんと言えば、男役トップとしては天然な方だと思うのですが、この時ばかりは完全に保護者モードに入っていたようでした。今日は、あなたが楽しまないと、と何度も言っていましたし、今まではずっと「花總ちゃん」と言っていたけれど、「はなちゃん」と呼ぶわ、と親しみを込めて話していらしてね。どうしても娘役時代に戻って、一歩引いてしまいがちなところを、後押しするのが、何とも微笑ましかったな…。

 それと反対に、山崎育三郎くんとのトークは、もう大爆笑の嵐。育三郎君が上手いこともあるし、すっかり花ちゃんがお姉さんモードで、育三郎君をからかいつつも鋭いツッコミで、「女帝」と言われたころを彷彿とさせるような雰囲気でした。恋人役、お姉さん役、皇后と暗殺者…と、共演が続いていることもあって、もうすっかりフレンドリーな雰囲気で楽しいトークだったなぁ…。暗殺シーンでは、どうしても舞台装置との関係でタイムラグがあるらしく、音楽と一瞬タイミングがずれることがあるようで、ずれるとお花様が怖い…とのこと(笑) それから、涙が本当にツ~っと美しいんですけれど、お花さまの、おはなさま(お鼻さま)も美しい…だそうです!お鼻様の美しいお花さまって、本当にすごい!みたいなトークが続き、本当に笑いました!

 懐かしいような、何だかとても新鮮なような…。私が宝塚以外で見たいと思う3人が出演するコンサート。本当にいいものを観ることができました。チケットを回していただいた友人に感謝です!

 さらに追記:夜の最終回、客席も含めてバースデーソングを歌ったみたい。あまりに感動して泣く花ちゃんを見た芳雄くんが、「ずんこさんの胸で泣けばいいんですよ」と誘導し、ずんはなの抱擁シーンだったとか!それを見た芳雄くんが、この並びを観られるなんて!と、すっかりファンモード突入していたらしい(笑) いいねぇ…是非映像化してもらいたいものです。

2016年2月20日 (土)

るろう に?

 本日、るろうに剣心の映画の最終回を見ました。去年、3部作の最初の二つしか録画していなくて、最終回を録画し忘れていてね…。最初の2本がとても良かったので、レンタル屋まで行ってお金を払って借りてきたのです(*^^)v


 そもそもの発端は、宝塚での舞台化がきっかけでした、学生時代のクラスメイトが大ファンで、宝塚のるろうに剣心を観てみたい、チケット取って、と言われ、いろいろ抽選にトライしていた頃に、ちょうど映画が地上波で放送されたのです。そしてチケットは無事確保でき、一緒に行くことが確定。

 でもその後、その方から文庫サイズの漫画が14巻お借りすることになったのですが、映画も漫画も手元にあり、何から予習すればよいの…という状態になってしまいました(^^;

 その時助言してくれたのが、元上司の女性でした。原作ファンの彼女とランチしながら話を聞いたのですが、

 「映画は絶対、漫画を読んだ後がいい!漫画には、映画では描かれていない、各個人の背景が描かれているから…。先に漫画を読むことで、映画の一コマ一コマの意味が分かるようになるよ。」

とのこと。それで、その教えを守って漫画を読み始めたのですが、日を置いて次の巻を読んでも、すっかり前の話を忘れているんですよね…。それで、物語に入り込めず、全然読書(?!)が進まない…。

 それでとうとう、映画に手をつけることになりました(^^; そうしたら、佐藤くんにハマってね(笑) 、剣心も悪役も、俳優さんの演技と殺陣に圧倒されました。あ、女優では、たおちゃんは良かったですね!どうせ、イケメン君を配置した邦画なんだろう…と、高を括っていたけれど、あっという間に3本観てしまう位、はまりました。

 そして今日気づいたことが2点。

 一つ目。BSで朝の連ドラを見ようと思って、7時20分ごろにBSに変えたら、どんと晴れを放送していて。「あれ…。この弟君、もしかして瀬田宗次朗じゃない…!?」と思って調べたらピンポン!大河ドラマに3回も、それも義経役で2回も出ているなんて、演技派俳優さんなんですね!

 二つ目はこの題名。何となく、るろう・に・剣心、と読んでいたんです…私。助詞のように、流浪に剣心、と無意識に思っていたのかも。今日気づいたのですがこれ、漢字で書いたら「流浪人剣心」ですよね…。るろうに・剣心。流浪人の剣心さん。そうだったのか!

 とりあえず、観劇前に気づいて良かったです(^^;;;  

2016年2月17日 (水)

スタバの桜タンブラー

 もう10年近く使っているステンレス水筒…。子供が使っていたお下がりなんですが、観劇の時など、一か月に1回程度しか使わないので、それなりにもっていました。

 それで、新しいのが欲しいなぁ…と思って、売り場を見て回っていたのですが、スタバのお洒落なものは、常に売り切れなんですよね…。去年も、気付いた時には入手不可能な状態でした。でもまぁ、使えるものはあるし…と思っていました。

 そんな時。今年はスタバカードを持っていたので、事前にSAKURAシリーズの、販売開始のお知らせメールが届いたのです。これは…!と思って、早速オンラインで参戦することにしました。

starbacs_sakura2016.jpg 12時で日付が変わっても売り出されないので、早朝に目覚ましをかけて、10分おきくらいにチェックしながら、オンラインストアでの販売開始を待ち、やっとのことでGETしたのがコレ!見た目も、機能も、期待通りのもので嬉しかったです♪ 少し高いけれど、ドリンク一杯無料チケットがついているし、タンブラーを持参すれば20円引きになりますので、それなりなんじゃないかな。資源節約のためにも、活用しようと思います!

◇ スターバックス SAKURA シリーズ

2016年2月16日 (火)

母校讃美歌・蘭

 今日は一日中、讃美歌の話題で持ちきりでした。なぜってそれは、NHKの朝ドラで、学生時代に何度も何度も歌わされた歌が流れたから…。洗いものをしていたのに、ふと耳に入り、「私これ歌える…。何でこの曲がNHKで!?」と、手を止めてテレビを見たら、瀬戸康史さんが熱唱していたのです♪

 その曲はO Lord! Correct Me。母校の創立者である成瀬仁蔵先生の愛唱歌で、歌詞や曲については、こちらに詳しく出ています。この中の録音、友人が歌っているはずだわ…。

O Lord! Correct Meについて

 早速FBに、このリンクをアップしたところ、もう私のタイムラインはこの話でもちきり(笑) 7時半にBSで見た方は、もうだいぶ前に話題にしていたし、沢山の方が思い出を話していらっしゃいました。私は高校3年間だけだったので、最初の8小節しか歌えなかったけれど、小学生時代から附属にいた方は、今でもそらで全部英語で歌えるとのこと…さすがだわ。

 そんなわけで、今日は仕事をしていても、頭の中はこの讃美歌がぐるぐるでした…♪ 

 仕事といえば、私の席のとこは、現在こんな感じ。

ran_2016Feb.jpg

 私が育てた蘭は、こんなに花はつけてくれません(^^; これは母が開花まで育てたもので、会社で満開になりました。

 息子が、少々体調悪いし、週末に車を借りる予定もある…ということで、急に帰省してきました。出入りしつつですが、しばらくは家にいることになりそうです。

 

2016年2月13日 (土)

iPhone機種変更にまつわる大騒動

 昨日から、いわゆる「携帯の更新月」となり、契約解除料のかからない期間に入っています。少しでも通信費を安く抑えたいと思って、MNPも含めていろいろ昨日から調べていて、docomo, au, softbankのそれぞれのショップ、それからヨドバシとビッグカメラに足を運びました。

 昔、近くのソフトバンクショップで要領の得ない受け答えをされてから、ちゃんとした店員のいる店に行くようにしているのですが、今日行ったビッグカメラで、素晴らしく完璧な説明をしてくれる店員さんがいてね。昨日は情報収集だけして回っていたのですが、今日はだんなも一緒だったので、即答でお願いしますということになりました。

 昨日回った限り、MNPの優遇措置は既に終わっていて、結局MNPする意味はないということになり…。そして、家の通信契約や電話、テレビの状態を総合的に見てもらって、結果としては、

  • NTTフレッツ光からソフトバンク光に変更しても、工事など何も行わずに変更可能。
  • ニフティはそのままで、ブログやメルアドは変わらず使用可能。
  • iPhone5CからiPhone6S Plusに変えても支払額は増えず、家族全体としては料金が減る。
  • NTTに支払っていた電話代金はなくなる。

という状態になりました。そのようなわけで、めでたく、老眼に優しい、大きくて拡大されたiPhoneを手にして、嬉しく帰ってきました。

iphone_6s_plus.jpg

 ところが前回、Lineの事前設定をして、上手くトーク履歴を引き継げたので、同じように暗号化バックアップと復元を試みたのに、何と今回は復活できず…。後で調べて分かったのですが、今月からLineのアカウント引き継ぎ方法が変わっているので、もしかしたらそれが原因だったのかもしれません。

 Lineの公式で推奨している、IDやメルアドの事前設定や、暗号化Backup&復元は実行しているのですが、それでもやはり、私と同じような現象になる場合があるようです。

 それで、最後の頼みの綱…と思って、手動でバックアップからトーク履歴ファイルを抜き取り、新しいバックアップに埋め込んで戻す…という方法を試してみたところ、大成功!詳しくはこちら

  1. iTuneでPCに保存したバックアップファイル内から、iBackupBot というツールを用いて、Lineのトーク履歴 (Line.sqlite)をエクスポートする。
  2. 新しく、バックアップを暗号化なしで作成し、そのLine.sqliteファイルを差し替える。
  3. 復元を実行。

 ラインを復帰させるために、何度バックアップ&復元を繰り返したことか…。結局、iiPhoneのデータ移行に6時間かかりました(^^;

 そして実は、このPCも、ディスクエラーが多発中で、いつ立ち上がらなくなるか分からない状況…。カメラもプレビュー画面が出なくなってしまい、使えない状態。カメラは、主人のお母さんが使っていたものを息子が譲り受けているので、それを借りれば良いのですが、PCの買い替えは急務…。来週は、新PCのセットアップの予定です…。

2016年2月12日 (金)

母の誕生日

 今日は、本当に久しぶりに、両親がご飯を食べに来ました。料理の覚書はクックの日記で…。

setsuko_2016Feb11_1.jpg

2016年2月11日 (木)

最近の節約ご飯

 子供たちがそれぞれ一人暮らしを始めて、一年がたちました。犬の散歩もなくなったので、少し遅い時間にスーパーに行くようになったら、いろんな食材が半額で売っていることを知りました(^^;

 さすがに主婦歴も長くなってきたので、安くなっている食材でご飯のメニューがすぐに浮かぶようになってきましたから、最近は3割引き~半額の主菜に、野菜をプラスして…という、適当調理(^^;のおかずが多くなっています。

 その上、この間の土曜日に、着付け仲間のご主人が育てたという大根を2本ももらい、その消費のために、毎日大根づくし(笑) 子供たちに多量のお金がかかっている今、こんな食材は助かりますね。大根ならダイエットにもなるし(*^^)v 葉付き大根も生協で届きますが、取れたてって葉っぱがこんなにぴんぴんしているんだ!とビックリしました。東京で、大根のおすそ分けを頂くなんて、本当に初めてなんです。

 そのようなわけで、半額の250円で買ったブリ半身で、ブリ大根。豚バラ塊が高かったので、これも3割引きになっていたスペアりプを圧力鍋で柔らかくし、大根の味噌煮込み。そのスープに漬け込んだ半熟卵。一番上は、黒いアルミホイルに包んで、焼いただけの芋。それなのに、それだけでスイートポテトなんです。ねっとり感も、甘味も、まるでお菓子。安納芋って言ったかしら…。芋としては高めですが、ケーキ1個分の500円で、たっぷり楽しめました(*^^)v

daikon-imo.jpg

2016年2月 9日 (火)

保護犬カフェ

 私が行ったわけではないのですが、息子が一人で、保護犬カフェに行ってきたようです。

保護犬カフェの紹介

 息子は、千葉の店舗に行って、スタッフさんからいろいろ話を聞いたようです。私の場合、頑張って引き取ろうと思えば引き取れる状況にあるため、行ったら引き取ってきてしまいそう…。

 でも、次に犬を飼うなら、定年などで自分が家にいる時間が長くなり、引き取ってしばらくは、きちんとしつけが行える状況になってから、と思っています。そして、ペットショップではなく、保健所やこのようなところから引き取ろうと思っているのです。ペットショップから買う人がいる限り、売れなかった子が必ず発生し、殺処分は減っていかない…と思うので…。

 これは、息子の自撮り写真♪ ちゃんとこちらが飼える状況になってから、こういうところで、相性の合うワンちゃんを探したいな…。

hogo-dog-2016Jan.jpg

2016年2月 7日 (日)

誕生日の夜に~中島梓トリビュートライブ Vol7

 今日は、こちらの追悼ライブに行ってきました。

誕生日の夜に~中島梓トリビュートライブ Vol7

 誕生日の夜に Vol1は、中島さんが亡くなる数か月前のお誕生日の頃に開催され、最後の作曲となった「誕生日の夜に」という歌が、水上さんによって披露されました。「誕生日」というものにトラウマを持っていらした中島さんは、死の間際になってその思いを乗り超え、来年もまた会えますように、という歌詞を残しています。その願いは叶わなかったけれど、こうやって歌い継ぐ人がいることは、きっと嬉しく思っているでしょうね。

 今日は、中島さんのジャズピアノの先生が、客観的にお話されているのが、とっても興味深かったかな…。理論を知らずに、湧いてくるメロディー。天才だけれど、それが奔放過ぎていたこと。手術と入院した後に、ピアノの音色が変わったこと、などなど。

 水上さんの表現力豊かな、かつ芝居心のある歌唱。このジャズピアノの先生の「訃報を聞いた後に降りてきたメロディー」というTender Road to Heaven。今までは、これらの曲を聴くと、その当時にいきなりタイムスリップしてしまっていたのですが、今回は私も、曲を楽しむことができたかな?と思います(*^^)v

nakajima_obi4.jpg 今日は、この帯を締めたかったので、木綿の普段着 着物をチョイス。帯の真正面の、色の薄い部分を横に外したつもりだったのに、締めているうちにど真ん中になってしまった…。でも、このカジュアル着物はたしか、そのトリビュートライブのひとつ前の、晴れ着ライブに着て行ったような気がします。当時はネットや本で読んだだけの着付けだったので、なかなか上手く着れなくて、がんばって着ていた頃ですね(^^; 今日はそれにしても、女性のきもの率の高さにはびっくりでした!

 そうそう。鈴蘭のとんぼ玉を受注したので、増産計画があります。もしお入り用の方はメッセージくださいね。

2016年2月 4日 (木)

映像化決定!⇒ガイズ&ドールズ

 見納めかも!と覚悟しつつ、奇跡的に当たった星組千秋楽を観てから、早2か月半…。先ほど、「ブルーレイ・DVDの発売が決定した」というニュースを公式で発見しました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

宝塚公式HP ニュース

TCA Online

 スカイステージのニュースでも、動いている映像はわずか数分…。一年のまとめ映像でも、静止画のみ…。もうほぼ諦めていましたので、それらをつなぎ合わせて保存していたのです。

 一番嬉しいのは、※映像及び音楽の割愛、差し替え等はございません。という一文かな。本当に嬉しいニュースでした(*^ー゚)b

2016年2月 2日 (火)

宝塚のサンドイッチ

 前々から、一度食べてみたいと思っていた、サンドウィッチがあります。タカラジェンヌさんの差し入れにも使われている…というサンドウィッチ屋さんなのですが、お昼はいつも混んでいるし、公演後に買って新幹線で食べたい…と思っても、18時に終わってしまっていて、一回も食べたことはありませんでした。

サンドウイッチ ルマン

 昨日、ちょうどお昼過ぎに到着したこともあって、やはり混んでいて中には入れませんでしたが、テイクアウトで買うことが出来ました。その日は、一週間前の寒波とはうってかわって、外で食べてもいいくらいの陽気でしたので、花の道のベンチで食べることに。(大劇場に続くモールにもソファはあったのですが、日差しが強すぎて、コートを脱いでも汗だくになりそうだったんです)

 たかがサンドイッチ…と思っていましたが、さすがの美味しさでした♪はまりそうですo(^^)o 3月に娘の引っ越しで大阪に行く予定ですので、また買いたいな…と思います。

leman_2016Jan.jpg

(Emmaのクッキーは、真彩希帆さんのお茶飲み会のお土産です。これも宝塚のお菓子屋さんのものでした。)

 

2016年2月 1日 (月)

【星】 鈴蘭 千秋楽

 急なことだったのですが、星組バウホール公演、鈴蘭 (礼真琴 主演) の千秋楽を観劇することができました。一週間前と全く違う!と思うくらいにお芝居が自然で、素晴らしい千秋楽でした(^^)

 公演評は前に書いておりますので、今日はその時との違いと、千秋楽の挨拶だけ、書き留めておきたいと思います。

【星】 鈴蘭 ル・ミュゲ -思い出の淵から見えるものは-

 今日は10列目のサブセンくらいの位置でしたので、5列目の時よりも前が開けて、本当に観やすかったです。先週、最後と思っていた公演が、中央の全く見えない状態で、何となく心残りだったので、今日のお席は嬉しかったな。

 そして開演!もう最初から「進化している!」と思いました。若いジェンヌさんが多かったこともあるのでしょうか。お芝居がこの10日間で、より自然になり、歌に情感が込められていて、安心して身を委ねることができるような印象。皆の気合いを感じました。

 その中でも特筆すべきは瀬央さんだと思います。本当に素晴らしい。お芝居で一番共感できたのは、このヴィクトルだったかもしれません。迫真の演技で、死に際のお芝居が胸に迫るものがありましたし、ショーでは娘役さんを引き連れ、お母様とセシリアに見守られ、憧れのシャルロットと踊り、男役群舞の中央に立ち…。とても素敵な構成でしたね!

 主演の礼さんも、もともと何でもおできになる方ですが、千秋楽になってやっと、男役の緩急が自在になったというか、中央に立つオーラが全開になったように感じました。 「守るか…」と言う時の、前はなかったと思うのですが、ニヤッとした男役ならではの表情が良かった。内に引きこもった翳りのある歌も、立ち回りも、どれをとっても素敵でした。

 もちろん、真彩さんとの歌は更に磨きがかかって、素晴らしいを通り越して、神がかって聞こえました…。一週間前は、完璧なハーモニーと思っていましたが、それに艶が出たというか、表情がより感じられたというか…。哀しみの表情も、最後に歌い上げる歓喜の歌も、どれも生で聴けたことに感謝!!


  最後のご挨拶。

 組長さんから、「お芝居はもちろんのこと、歌にダンスに立ち回りにと、その魅力を存分に発揮した礼真琴が…」と紹介され、額の汗を押さえつつ照れる様子に、客席から笑いが。そして、ぐっとこぶしを握ってから前に出る礼さん(笑) 

 「皆さま、本日は星組公演、ル・ミュゲ、思い出の淵から見えるものは……の……千秋楽をご観劇くださいまして、本当にありがとうございました。さきほど組長さんもおっしゃられたように、10日間という公演期間が、こんなにも短いとは!と、あらためて感じております。でも、終わってほしくないとか、短かったな、と思う公演に巡り合えたことが幸せなんだな、とすごく感じております……ハイ……」

 「そうですね。この公演で、下級生一人一人が、お芝居や、役として表現することを、凄く学ばせていただいた作品でありましたので、次回にぜひつなげていけるように、みんな…。(両側の組子を見てから)…がんばるぞぉ~!」周りから、「はい!」という声が。客席拍手!

 「ここには姿を現さない、裏で支えてくださる沢山のスタッフの皆様、そしてこの作品を作り上げてくださった先生方、そして何より連日沢山のお客様がいらしてくださり、愛にあふれた拍手をくださることで、こんなにも幸せな今日を迎えることができました。一人も欠けることなく、全員でこの日を迎えられたことを幸せに思っております。」

 「はい、次回のこうもり、そしてTHEエンターティナーも、どんどんどんどん、上を目指して頑張っていきたいと思いますので、皆さまも……ぜひ…いらしてください!本日は、まことにありがとうございました!」

 「本当に寒い中、遠いところから、飛行機が飛ぶのか心配しながら来て下さった皆様や、新幹線が動くのか!…と心配しながら来て下さった皆様も、私は、スッと来れたよ!という地元の方も(ここで客席爆笑)、本当に沢山の皆様、ありがとうございます…。」

 ここで、瀬央さんがこらえきれず、あのヴィクトルのお衣装のまま下を向いて笑い続け、お髭がピンチに(笑) 

 「なんか本当に距離が近くて、アットホームな感じがすごく好きです!皆様のおかげで、幸せな期間を過ごすことができました。この公演をまたどこかでできるよう、皆さまの応援をお願いします♪本当にありがとうございました!」

 「星組は、3つに分かれていて(中略)次にまた全員が集合して、星組全員で一つの舞台を作り上げる楽しみと幸せを感じ、皆様に夢と希望をお届けできるように精進してまいります。あ…立ってくださってありがとうございます…ありがとうございます…本当に幸せでした。ハイ、本日はまことにありがとうございました!」 

 とても流暢で、落ち着いたご挨拶でした。次回公演も楽しみにしていますo(^^)o


  公演評が出ていますので、覚書としてリンクを貼っておきます。

女役経験生かし今年は星男 星組・礼真琴 : 【プレシャス宝塚】インタビュー

礼真琴、歌も芝居も揺るぎない:【月刊タカラヅカ】華の95期が熱演 星組「鈴蘭」

主演の礼真琴、クオリティーの高い舞台で観客を魅了:【公演評】星組「鈴蘭(ル・ミュゲ)」

 舞台写真がまだ発売されていないので、このお写真は嬉しいo(*^▽^*)o 

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ