2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 30年ぶりの母校&コーラス | トップページ | 娘の京都の社宅 »

2016年7月 5日 (火)

One Voice楽曲リスト(追記終了)

何と…今週末、One Voice遠征に行ってまいります!皆さまよくご存じの通り、この公演はとても貴重なチケットで、1枚のチケットを手に入れるために、どれだけの苦労があったことか…。もちろん一回しか観劇できないため、その一回限りの公演を十分に楽しむため、みっちりと予習していくことにしました。

稽古場映像、初日映像、Now On Stage…と見たのですが、すべて洋楽で、昔の曲ばかり…。きっと私のことだから、「これ何の曲だっけ…?いつ聞いたんだっけ…?」と思い始めたら、集中して聴けなくなってしまいそうでしたので、遠征中に予習できるように、分かった楽曲名にすべて YouTubeのリンクを貼りました。

ちなみに☆は、自分が知っている曲。 ★は特に大好きな曲です。こうやってみると、クラシックしか馴染みがない…と思っていた私でも、これだけ知っていることにびっくりでした。主に、高校時代の寮生活中、アメリカにいた妹から、ベストセレクションとしていろいろカセットテープが送られてきて、それだけを聞いていたんですよね.。だから、カーペンターズもオリビア・ニュートン=ジョンもDancing Queenも、意味が分からないまま、何となく歌えてしまう(笑)

このリストに関しては、プログラムを持っているわけではないので、こちらのブログを参考にさせていただきました。それだけでなく、他の情報も追記しております。では、現在は想像も含めての予習用のリストですが、今度の週末の遠征中、これらの楽曲個々に、感想を追記していこうと思います。

【追記】

観劇してまいりました!!!!もう、いろんなハプニングがあって、観られないか…とおなか痛くなるほどでしたが、無事、楽しんでくることができました<(_ _)> 観劇の感想は、長くなりましたので、以下に。

【星】 One Voice

以下、敬称略で書いていきますね。


S1. Barry Manilowの「One Voice」

プロローグ 琴ちゃん、客席下手壁際からと聞いていたので、インストの間、いつかいつかと思いつつ、暗闇の中、壁際を降りてきてスタンバイするところを凝視(笑) アカペラの第一声を任されるなんて、本当に信頼されているのね。声が四方から集まり、One Voiceになるところは感動ものです!

S2. ★Yesterday Once More (カーペンターズ・北翔)

有名なカーペンターズの懐かしく有名な曲。希帆ちゃんも出てる~とニコニコしつつ聞きました。

S3. ★Top Of The World (カーペンターズ・妃海)

風ちゃん登場!娘役トップの貫禄を感じました。

S4.A ☆Scarborough Fair (Simon & Garfunkel 礼・夏樹他)
S4.B Mrs. Robinson(Simon & Garfunkel 輝咲)
S4.C ★The Sound Of Silence (Simon & Gaunkel 北翔・瀬央)

琴ちゃん、如月さん、夏樹さん。歌の安定感が抜群!ぼ~っとうっとり見とれ、聞き惚れていたために、歌について全く記憶がないです(笑)。美稀さんたちの歌の後、瀬央さんが残り、北翔さんとのデュエット。ガイズ新人公演で、学んだことは大きかったのだろうな…と想像しつつ、この二人の歌に何だか感動しました。

S5. ☆Bridge over troubled water(Simon & Gaunkel 美城)

美城さん。もうさすがとしか言いようがない。この公演のレベルの高さは、この方の力が大きく貢献していたと思いました。

S6. ★ABBA「Dancing Queen」(妃海・娘役大勢!)

私が思い入れありすぎた曲だったせいかもしれませんが、娘役のコーラスについては、Physicalの方が断然良かった。

S7. ★Stevie Wonder 「 I Just Called To Say I Love You」  (客席降り)

観劇の感想で書いた通り、ファン落としまくりの曲。一体、一回の公演で何人落とせば気が済むの?みたいなノリでした(笑)

S8. Little Darlin (はっちさん他)

夏美さんにぴったりの曲!もう、ノリノリで手拍子しました♪

S9. ☆Michael Fortunati 「Give Me Up」(美稀)
S10. ☆The Rolling Stones「( Can't Get No)Satisfaction」 (美城)

これも、学生時代を思い出す懐かしい曲!リズムを一緒に感じながら、手拍子。ペンライトか手拍子かダンスで、客席も忙しい!!!

S11. ★Chuck Berry - Johnny B. Goode (北翔)

客席参加の曲。こちら参照。最初、これどこで聞いたのだろう…と思ったら、有名な「Back to feature」の映画内でoldiesとして使われている曲でした。昔にタイムスリップした時のダンスホールで、その当時の流行曲として使われていたものです。もうね、みっちゃんさんと、ダンスの先生としての下級生さんが、舞台で、「私たちを鏡と思って踊ってくださいね!ほら、ツィスト、ツィスト!ワカメ!ワカメ!」と声掛け!全然ダンスは得意ではない私ですが、音楽に遅れないように一緒に楽しみました♪

S12. Stayin' Alive (1977) (アフロ)

ここで、アフロ軍団の登場!このアフロを被った北翔さんを見て、これぞトップスターと思いましたよ。なぜって?アフロで同じ衣装を着て、サングラスをかけて、シルエットだけで見分けがつかないのに、一人抜群にカッコいい。スタイルも、歌も、このお笑いのノリも。いやいや…さすがって思いました。

S13. ★You Don’t Have To Say You LoveMe (妃海・琴)

これよこれを観に来たのよ!と言うくらい、ツボな歌でした。あなたなしでは生きられない…と歌う2人。途中で振り返って、見つめ合って歌うところが、本当に素敵でした。95期のこの二人は、お互い助け合って過ごしたと CafeBreakで聞いたばかりだったこともあり、退団の風ちゃんと、そんな歌詞で歌っていたら、何だかもう、ウルウル状態に…。

と思ったら、「僕の(私の)もの~~よ~~~~♪」とのばす最後の余韻を楽しむひまなく、みっちゃんさんが割り込んでくる(笑) 浮気しているーとツッコむと、恐縮する風ちゃん。琴ちゃんは、ピョンピョン飛びつつ後方へ…。

千秋楽映像を観たら、この場面、逆になっていましたね!!!みっちゃんさんが、低音ボイスで、「君なしには生きていけない~~♪」と、振り返って琴ちゃんの手を取る!そこに、いやいやしつつ割り込む風ちゃん(^^; このまさかのアドリブについていくにのは、大変ですね!>95期生の皆さま(笑)

S14. ☆arthur’s theme(サックス)

多忙なジェンヌさんが練習している時間で、これだけできるのであれば、本格的にやったらどこまで行くのだろう…と思わせる曲でした。

S15. Sergio Mendes 「Mas Que Nada」全員で)

客席降りもある楽しくにぎやかな場面!大盛り上がりでした♪

--- 2幕 ---

S1. Earth, Wind & Fire「Boogie Wonderland」(北翔他)

琴ちゃんの、キレッキレダンスが楽しめた曲!私も負けじと、音楽を感じながら、ノリノリ以上の、キレッキレ手拍子を目指しました(笑)(笑)

S2.S3. ★★Culture Club 「Karma Chameleon」 , If We Hold On Together(はっちさん)

この曲大好き!!昔、花組でマフィアを演じていたハッチさんが怖すぎて、こんな迫力ある演技見たことない…と思っていたのですが、同一人物とはとても思えない!

S4. ★★Olivia Newton-John「Physical」 (妃海+娘役)

最高~~~~

S5. CARL CARLTON i've got that boogie fever (客席参加・肩こり体操)

私が今回、この公演の中で一番ヒットだった場面です!詳しくは感想の記事をみてね。

S6. ★Beauty and the Beast (デュエット)

みっちゃん、ビーストじゃないーーー(笑) もう美しい絵のような二人と美しい声の響きに感動しました。毎日、この二人のディズニーCDを聞いているので、生で聴けたのも嬉しかった。

S7. ☆「Sixteen Going On Seventeen」 (礼+真彩!サウンドオブミュージック)

この場面、本当に楽しみにしていました。それぞれ研2から応援してた2人が同じ星組でこうやってデュエットしているなんて!鼻ツンがツボすぎる!そのうえ初々しくって、音程が完璧で…と思っていたら、このチロル風お衣裳、もしかしてジプシー男爵!?って思い当りました♪みりおさんのブーちゃんの時のお洋服を、琴ちゃんが着てる!

mirio_coto

S8☆「THE SOUND OF MUSIC」

白妙さん、すてきでした♪

S9 「Anything You Can Do」 (アニーよ銃を取れ。デュエット)

もうね、予想を何倍も超えた楽しさでした!これ、DVDや放送があったら、ぜひチェックしてくださいね。2人の軌跡をアレンジした歌詞で、ほのぼのとした掛け合い。とっても笑える場面でした。ここと肩こりフィーバー、全編もう一度見たい!!!

S10「Oklahoma!」より

全員で。

S11 ★★My Heart Will Go On (タイタニックテーマ 美城)

ドレス姿の美城さん、歌い上げた姿に感動。

S12 クリス・ハート 「幸せをみつけられるように」 (北翔)

みっちゃんさんの歌らしい、これぞ北翔海莉、という歌を堪能させていただきました。

S13. Joyful, joyful シスターアクト (全員)

ラストにふさわしい、大盛り上がりの場面でした!!!

« 30年ぶりの母校&コーラス | トップページ | 娘の京都の社宅 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりですm(._.)m
いつも楽しく読ませていただいでおります。ありがとうございます(^ ^)
なんだか懐かしくてよく聴いた曲ばかりですねー
その場にいたら青春時代に帰れそうです
貴重なチケット、楽しまれてくださいね\(^o^)/

>rinkoさま

お久しぶりです!!コメント嬉しいです(*゚▽゚)ノ

私たちにとっては青春時代の曲ですけれど、若者にとっては初めて聴く曲も多いでしょうし、我々の年代でも、宝塚メインで過ごしてきた方は、ちょっと物足りないのかもしれませんね。出演者にしても、オペレッタというクラシックの発声から、2週間で洋楽ポップスに変わるのも大変と思います。

観た方からは、いろいろ賛否両論が聞こえてはきますが、北翔さんは短いトップ期間だからこそ、今までとは違うことにチャレンジしているのだろうな…なんて思ったりしています(o^-^o) そうであれば、こちらとしても「とことん」洋楽を楽しまなくっちゃと思って、夜中まで曲探しをして準備していました(*^ー゚)b ばたばたと就業後に夜行で関西入りする予定ですが、楽しんできたいと思います!

コメントありがとうございましたヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113563/63875341

この記事へのトラックバック一覧です: One Voice楽曲リスト(追記終了):

« 30年ぶりの母校&コーラス | トップページ | 娘の京都の社宅 »