2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 娘の京都の社宅 | トップページ | 帝劇:東宝エリザベート 花總&城田 »

2016年7月12日 (火)

【星】 One Voice

明日はOne Voiceの千秋楽ですね。もう、公演を観に来てくださる方への特典…と北翔さんが内容の公開を控えていたものも含め、感想を書いていきたいと思います。

全体的な印象

この公演を観るまでは、北翔さんが、北翔さんご自身のファンの皆さまに喜んでもらうため、ディナーショーより、より多くの方が何度も観られるようにバウを選んだのだ、と思っていました。長く応援してきた方へ恩返ししたくても、トップ期間が短い。だから集中的に、優先させて、ファンサービスをしたのだと。だから、その他の出演者のファンにチケットは回らなかったし、そのご自分のファンの年代の方が喜ぶ、洋物懐メロのような演目になったのだと。

もちろん、その側面は多少はあるだろうと思っています。でも実際に観て感じたのは、「組子の下級生の名を覚えてほしい」とおっしゃっていた、その部分を強く感じました。ディナーショーは、いわばワンマンショーですから、数名の助演の下級生がいる…というスタイルですよね。今回は、出演者それぞれに「出番」がある。OneVoiceだけれど、ダンサーのジェンヌさんにも見せ場がある。名前も分からない下級生さんのソロがある。琴ちゃんの出番は少なかったけれど、でも組子全体で作り上げているという構成を感じました。

その分、みちこさんご自身は、客席降りで盛大にファンサービスしたり、客席参加のダンスのコーチングで場面を盛り上げたりして、単なる歌をつなげただけの構成ではない、楽しい場面を盛り込んでありました。

客席降りの「I Just Called To Say I Love You」では、アイラブユーの歌詞が一杯出てくるので、歩きながらターゲットを見つけては、あちこちでアイラブユー(笑) 客席降りも出待ちも、ご自分のFCのお子さんを見つけた時はサービスしまくりで、お子様たちも大喜びしてました♪

そして特筆すべきは、「肩こりフィーバー」です!北翔さんが幼いころ、「I’ve Got That Boogie Fever」が、肩こりフィーバーにしか聞こえなかったそうなのですが、それならいっそ、これで肩こり体操をしてしまおう!という企画(笑) この題名のリンクは、この「肩こり」がちょうど聞こえる箇所にリンクしているので、ぜひクリックしてみてくださいね。

そのため、サングラスをかけたマフィア風のいで立ちで、曲に合わせてしゃべりながら肩こり体操のコーチングをしてくれるのですが、その口調が本当に楽しい!オラオラと恰好つけながら、「君の肩こりを、俺に預けてくれ!」みたいなノリなんです!インストラクターの瀬央さんや夏樹さん、拓斗さんもイケメンでしたし、客席も立ってダンスが2回目なので、もうノリノリで音楽に合わせて肩を回しましたよ。楽しんで参加しているということが伝えられる位置の座席で、”あの場に居られた”ことが、本当に夢のようです。

(これは余談ですが、実は開演5分前まで、観られるかどうかわからない状況だったんです。着物を入れたら荷物が多くなってしまって、少しでも貴重品を減らそうと、間際にお財布を軽い旅行用のものに変えたのですが、その時にチケットを移すのを忘れてしまって…!夜行バスに乗り込んですぐに気づいたのですが、自分で運転しているのであれば取りに戻れたのに、バスではどうすることもできず、自分がそのまま関西に運ばれてしまいました…(;_;) 自業自得なのですが、心配で眠れないし、おなか痛くなるし…本当に開演の時は嬉しかったんです。

各曲別の感想

普段私は、ブログに書くため、メモ帳片手に観劇していることも多いのですが、今回は、ペンライトを振っているか、手拍子しているか、立って踊っているか、必ずどれかだったので全くメモがありません(笑) 思い出せる限り、ですが、書いていこうと思います。

出かける前に、You Tubeへのリンクを張った曲目リストを書きましたので、そちらの記事に追記していきますね。(今日はもう、夜行バスで疲れた体には限界なので、琴ちゃん部分しか書けてません。また明日)

楽曲リスト

日曜夜は、下級生さんのパーティに出て、夜行バスで東京に帰ってきたのですが、浴衣とはいえ、さすがに着物で、髪をアップにした状態のまま夜行バスで眠るのは絶対無理(^^; 着物のまま、新幹線も飛行機も乗って遠征する私ですが、翌日の仕事のためにも、しっかり眠りたかったので、カラオケボックスで着替えました(^^;。でも、そこまでして行った甲斐のある、今までにない趣向を凝らした、本当に本当に楽しい会でした♪

« 娘の京都の社宅 | トップページ | 帝劇:東宝エリザベート 花總&城田 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 娘の京都の社宅 | トップページ | 帝劇:東宝エリザベート 花總&城田 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ