2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

« 低レベルなジム戦&シャワーズ | トップページ | 家計診断・やまや・月組観劇 »

2016年8月24日 (水)

CHICAGO OG バージョン2016

先日、久しぶりに国際フォーラムへ行ってきました。おそらく、2014年12月に行った、CHICAGOのOGバージョン以来だと思われます。

でも、この記録が残っていないのよね…。Googleカレンダーには、友人と14日に行ったと残っているし、観た記憶もあるのですが、とにかく精神的にもつらい年だったうえ、スケジュール的にも、ざっと見返しただけで、これがすべて2014年秋に集中したのか…と思うくらい、ぎっしり詰まっていました。これでは、ブログをすっ飛ばしていてもしょうがないわね(^^;

2014年に観たのは、姿月・水・朝海バージョン、今回は、姿月・和央・大和バージョンでした。月央さんや舞城さん、きらりさんも楽しみにしていたのですが、役替わりなのか、いなかったな…。

chicago2016

当時、CHICAGOが初めてだったので、こういうものなんだ…と、本当にびっくりした記憶があります。題材は宝塚で取り上げるものとは対局にあるものでしたし、大股開きでセクシーなダンスや、殺人をしても、男をいいように使って再起を狙う、新旧の女牢名主たち。これを、清く正しく美しくをモットーにしていた、宝塚OGのみで演じるのですから、相当なチャレンジなんですよね。(1人だけ違いますが、すごい方です。観てない方、お楽しみに。)

一回目は、自分がその世界になじむだけで終わったように思いますが、今回は、おお~やるじゃない!みたいな感想だったかな。

私は2回とも「姿月ビリー」回を選んだのですが、2014年の時は、朝海さんと水さんでした。もう10年以上前になりますが、私が初めて観た雪組は、主演朝海さん、2番手水さんの公演だったので、この組み合わせは、なかなかに感慨深いものがありました。

水さんはカリスマトップさんでしたが、私の印象は、その公演の2番手役だったので、朝海ロキシーに翻弄されるヴェルマが重なって楽しかったのを覚えています。

今回は、やはり姿月ビリー回のチケットを取ったのですが、偶然前回と違う組み合わせとなり、私の初観劇のトップさん(和央)さんと、当時3番手だった大和悠河さんでした。前回の2014年とは逆で、和央さんの下にいた大和さんがロキシー役で、きゃぴきゃぴとヴェルマを翻弄し、最後は仲良くショースター、というのが、何とも微笑ましくてね…。宝塚では考えられない下剋上というか(笑)

実は今回、私の中ではこのキャストはあまり期待していませんでした。いろいろ問題があって女優業から遠ざかっていた和央さんは、大丈夫だろうか…。宝塚ですら歌を懸念されていた大和さんが、ニューヨークで歌うの?とか…。

ところが、和央さんは迫力もある女声の歌を聴かせてくれて、嬉しいびっくりでした。大和さんも、ちょっと浮世離れしたような、天然も入った殺人者を上手く演じていらして、さすがの美貌とスタイルもあって、しっかり歌唱をカバーしていたと思います。

3階席でしたが、アンサンブルの皆さまも懐かしい方ばかりで、そちらもオペラで注目していました。やはり音花さんはうまいわね。そして杜けあきさんは、断トツの実力。楽しく観劇できてよかったです。

« 低レベルなジム戦&シャワーズ | トップページ | 家計診断・やまや・月組観劇 »

宝塚」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 低レベルなジム戦&シャワーズ | トップページ | 家計診断・やまや・月組観劇 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ