2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« 初の月下美人:開花とスープ | トップページ | お稽古三昧 »

2016年9月30日 (金)

反物で巾着バッグ

昨日、息子が実家に戻ってきました。

前日に荷物を出して、昨日の朝8時に搬入だったので、だんなの部屋を片付けて、大荷物を入れるところを作っておいたのですが、搬入開始30分後には、洗濯機・冷蔵庫・机椅子、テレビとテレビ台をはじめ、照明・カーテン、お風呂セットなど、もう山盛り一杯になっていました。

それを一日かけて、この半年間使うもの、食料や洗剤など消費するものと、来春、社会人になってから持って行くもの、とに分けていたのです。

3月には娘が大阪から京都へ引っ越し、8月にはだんなが単身寮から戻って海外へ行き、9月に息子が…というわけで、中性洗剤や洗濯潜在、手洗い用の泡洗剤などが、3セットある状態…。しばらくは、何も買わずに消費しないと…と思っています(^^;

そんなわけで、屋内引っ越しで書いたように、家の中をかなり片付けたので、着物をリサイクルショップに持っていったり、ヤフオクで不用品を売ったりしていました。その時に、リサイクルショップで目に入ったのが、桜の花びらが舞っている反物の端切れ。次回公演の「桜華に舞え」にぴったりの柄だったので、ハサミでじょきじょき切ってバッグを作ってみました。参考にしたサイトは、こちらです。

sakura_kintyaku

正絹の反物1mで、布地としてはごく薄いものでしたので、実家から持たされた厚手の布を裏地にしてあります。取っ手も、太目の紐に共布を被せてあるのですが、それは昔、子供をおぶっていた時に、マントのようにかけていたバスタオルについていた紐。バスタオルはシミがあって捨てたので、紐だけ利用しました。生地千円とピンクの紐300円で、この秋のバック完成♪

でも、写真を撮りながら、この布、どんな素性のものなのだろう…と思って、染めこまれていた「あけぼの絞り染織」を調べたのですが、よくわからない…。ツイッターで「わからない」とつぶやいたところ、なんとすぐに答えが返ってきました!

akebno

呉服屋さんのサイトで、こんな値段で売られていました。写真は、呉服屋さんのサイトへリンクしています。端切れが1mも余っていたなんて、小さい人が仕立てたのかしらね。自分で10万で買った反物の端切れだったら、ろくに採寸もせずにハサミは入れられなかったかもしれませんね(^^; 一発で、使えるものができて良かったです(^^;

« 初の月下美人:開花とスープ | トップページ | お稽古三昧 »

武蔵野☆徒然日記」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初の月下美人:開花とスープ | トップページ | お稽古三昧 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ