2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

たこ焼きで大晦日

もうすぐ2016年も終わりですね。今年は、家族にいろいろなイベントがあった一年でした。だんなが海外で単身生活を始め、娘も京都で社会人一年生を開始し、息子も来春より社会人となることが決定して、慌ただしいながらも、ちょっとホッとした年末を迎えています。

自分の方が、今年前半から残業前提の仕事内容になって忙しい上に、後半は着付け試験のために、毎週末特別授業が組まれて、本当に家にいない状態でした。そのために、いろいろなことが滞っていたのですが、年末に4日間お休みがあったので、大掃除も終わり、おせちも作って、例年通りの大晦日を迎えることができています。

そして大晦日の夜は、蕎麦が食べられない娘が帰省しているので、子供が作ってくれたたこ焼き、一番だしの残りで作った茶碗蒸し、具沢山のトン汁、という、何とも不思議な取り合わせの夕飯で締めくくりでした(笑)

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。一年、いろいろとお世話になり、本当にありがとうございました。

takoyaki-2016last

2016年12月29日 (木)

ピカチュウ祭り

今月半ばより、サンタの帽子をかぶったピカチュウが出ると聞き、普段わざわざポケモン捕獲に出ることはない私が、家の周りをうろうろしていました。すぐ近くにいると表示されているのに、3回捕獲に失敗し、縁がないのかなぁ…と思っていたら、何と会社の目の前の公演でゲット!その時の写真がこちらです。

first_santa-raicyu

その後、この公園を朝晩通るだけで捕獲できるようになり、最終的にはこんなに!

santa-event2016

ついには、家の中にもw(゚o゚)w ピカチュウもいい表情♪

santa-pikatyu-house

楽しいイベントでした(*^^)v

2016年12月25日 (日)

Xmas2016

今年は、だんなも娘も東京にいなかったので、実家の両親を呼んでご飯を食べることにしました(*^^)v メインのパエリアとトップスのケーキは写っていませんが、家に多量にあった冷凍マンゴーで簡易プリンケーキを作って、クリスマス色のテーブルセンターを敷いて、気持ちXmas気分になれました(^_-)-☆

Xmas2016

マンゴープリンなど、参考にしたレシピはこちらでどうぞ。

クックパッドブログ

2016年12月19日 (月)

花嫁着付け試験(追記あり)

先ほどまでは、やっと終わってホッとした感と、息子と回転寿司に行って打ち上げ気分だったので、やれやれ…という感じでしたが、試験の内容を思い出すと、どうにも腹立たしい気分になってきたので、書いておくことにします。

(12/27追記 →一週間経って「文書」が届かなかったので、試験は合格のようです( ^ω^ )。お騒がせいたしました。)


今回の試験は、3人が一つのチームになって、着物姿の先生役と助手役が、モデル役に花嫁衣装を10分で着せる、という試験になります。それをを交代しながら試験をするのですが、私が試験を受ける時の、助手役の人が、本当に練習してきたのですか?という感じだったのです…。もう一人練習が足りない方もいたのですが、2日間で真剣に取り組んで、相当な追い上げを見せたのですが、この方は自分ができていると思っているために、練習しようという意識がなくてね…。

私がモデルで着せてもらっている時に、様子が目に入ってしまったのですが、その方は待機している時に他の人の練習を見ていない。つまり、先生の注意も全く聞いていない…。

今回の試験は、テンポよく、助手役の人が動いてくれないと、時間が間に合わない試験なのですが、”あなた、これできてなかったよね…先生がおっしゃっていることを、やって欲しいのだけれど…。”と内心思っていても、もう全然聞いていないので、その時点で諦め気分になっていました。

私は先生ではないので、こうして、ああして、と言うわけにもいかず、高飛車な感じだったので、練習しましょう!と言い出せる雰囲気もなく…。

でも、もう試験が始まるという時点になっても、これは絶対わかってない!と思ったので、思い切って、「申し訳ないのですが、最後に手順を確認させてくださいませんか。」と申し出てみました。

手順を一つ一つ確認したところ、先生としても、助手としても、全く動ける状態ではなく、やっとその時点になって、ここは習ってなかったと言って、練習してくれたのですが、何度手順を教えても、覚えてくれない…というか、何度お話しても覚えられない。

そんな状態で突入した試験。実際始まってみても、開始と同時に掛下を、きちんとしごいてくれなかったので、衿合わせをしようと思ったら、比翼がない…。折れて巻き込まれているのを引き出し、衿合わせをして合図を送っているのに押さえてくれない。しょうがないので、「こちらを」と声掛けするけれど、私が両衿を持っても、今度は紐をとりに行ってくれない…。

この時点で、相当時間ロスしたので、後は「まき」を入れて追いついた感じでしたが、打掛をかけるときも、今度はしごいてくれないまま、袖を入れ始めてしまって…、1人でしごいて袖を入れて、どうにか時間内に収めましたが、「チーム」として見た時、全くできていない手順ばかり…。時間内には仕上がりましたが、連帯責任でだめかもな…という試験でした。

一生懸命追いつくぞ、という気概があったら、私もこうは思わなかったと思うけれど、”私は受かることが前提”とう話し方で、この結果だったのでね…。これで落ちたら、自分がさらに練習して、大金を払って再試験しても、また同じことが起こるかもしれない…と思ってしまって、何だかやりきれない気分だったので、書かせてもらいました。


いろいろ書きましたが、私にしても細かいところはできていないですし、いつも一緒に練習している方と試験を受けたとしても、本当に受かるレベルなのかもわかりません。ただ、この二日間の特訓で、担当の先生には「あなた、これだけ手順を覚えてきたのだから、細部までキチンと、舞台上にいると思って、美しく動いてください。」と言われたので、それだけでちょっと救われた感じがしています。今までの練習方法で良かったのかな…とね。年内には結果が分かるはずです。

そして、息子。この週末家にいたので、昨日は疲れて帰ってきた私のために、オムライスを作ってくれました…感涙。記念の写真を貼っておきます。今日は打ち上げかねて、ちょっと高級回転寿司へ行ってきました(*^▽^*)

この花嫁着付けショーは、来年、ホテルの宴会場を貸し切って行う予定の、「お教室40周年記念パーティー」で披露する予定です。まずはその前に成人式と袴ですね。さらに精進して頑張ります♪

kitsuke_shiken2_2016

2016年12月12日 (月)

お稽古三昧2&トンボ玉三昧

10月に書いた、お稽古三昧から2カ月。この白い掛下を着せて帯を結ぶまで、7分で仕上げることができるようになりました。特訓は続くよどこまでも…。

そして、トンボ玉も、同じテーマでいろいろなパターンを作っています。今回は18金のトンボ玉です。これも、制作は続くよどこまでも…(笑) とりあえず、生存表明です。

blog_hanayome_tonbo_2016Dec

2016年12月 2日 (金)

『同窓会公演』に行った訳

demo_crasher2016_1勝手に副題を付けさせていただきましたが、先日私が観に行った演目は、「デモクラッシャー」という題名でした。でも、私にとっては、『中島梓さんが演出していた公演メンバーが集った公演』としか見えなくてね…。没後7年半が経ち、あれだけ影響を受けつつも、最近は既に遠い存在になっていた中島さんですが、このメンバーを見た途端、「何で行かないの~!?」と言われているような気がしてしまって…。公演期間が短いので難しいかな…と理性では思っていたのですが、都合つけて行ってこなくっちゃ!という、何かに突き動かされるような心持ちでした。

でもそれは、出演者の皆さまも同じ気持ちのようで、懐かしい同窓会のようだというコメントが相次いでいます。

葛城七穂さんのツィート(クリックで飛びます)

私にとって今回出演の石原、水木、花木、私、演出の中山は同窓会メンバー。かつての中島梓ミュージカルを観てらした方には是非御覧頂きたい。そんな想いが実はあるのです。』

花木さち子さんも、再開を楽しんでいるとコメントしていらっしゃいましたし、石原慎一さんも、『まるで中島梓が ヤレと言ったかのような座組み』と表現していらっしゃいました。花木さんの音世界プロフィールに、このメンバーが出ている公演名がいろいろ書いてありますが、本当に懐かしい演目ばかりです。この、18年前の中島梓演出・作曲の舞台がなければ、私は『観劇』に一生縁はなかったでしょうし、宝塚も知らずに過ごしたことでしょう。

参考までに、初観劇のことを書いた記事↓

ころころ史:其の2:退団されたジェンヌさんとの出会い

当時の観劇の感想は、まだブログを始める前のことですので、クローズドの掲示板に書いていたのですが、実は私、学生当時は、読書感想文が大嫌いでした。そのため、観劇しても全く感想を言葉にできなかったのですけれど、中島さんと直接お話したい一心で、少しずつでしたが感じたことをアップしていたのです。プロの文学賞受賞作家さんに、文章で感想を伝えるのは並大抵のことではなく、ほんの5行程度書くのに30分以上悩んで書いていましたね。でもその結果、今、このブログを書けるくらいに、「感情を言葉にする」、という訓練はできたのかな…と思います。

natsuki_imo

何でここで芋?だと思いますが(笑) これは友人が育てたお芋です。初日に行く!とつぶやいておいたら、当時お世話になった友人が、終演後にもってきてくれたのです。もう、もっちり感がすごいんです!ぱさぱさ系が苦手な息子が、これは美味しい♪とたくさん食べてくれました。すごいわ~。ありがとうございました。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »