2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月18日 (日)

40周年感謝の集い

本日は、去年より準備を進めてきた、きもの教室の40周年記念パーティーでした。生徒による着物ショー、ランチ、先生が応援している演歌歌手さんの歌謡ショー、という構成で、この写真は学生時代の親友が撮影してくれました。

その企画検討は、一年前のホテル宴会場を押さえるところから始まり、チラシや当日プログラムのデザインと印刷、出演者の動線や時間軸の動きの検討、当日の裏方も含め、本当にいろいろやることがあって…。

kimono-show_2017Jun_miniその上、自分の出番としても、近隣のお歴々の先生方が見ている前で、一番難しい着付けを披露しなければならず、私がコケたら主催者である先生にもご迷惑をおかけすることになる…と思っていました(;゚Д゚)

でも今、会としても、着付けとしても、大きなハプニングなく、つつがなく終えることができ、本当にほっとしています。先生には、花嫁試験の後も、このショーが終わるまでずっと指導していただき、感謝感謝です…。両親や友人も都合つけて来てくれて、本当に心に残る一日となりました。

2017年6月17日 (土)

イベント前日

うちの、何も世話をしていない紫陽花も、花をつけてくれる季節になりました。この5月から6月は、星組公演に本当はもっと通いたかったのですが(^^; 、明日行われるイベントのお稽古や打ち合わせがあって、毎週忙しくしていました。お稽古発表会と、ホテルのランチ、そしてプロのショーが一緒になったような会です。

春のフライヤー(チラシ兼申込書)作成から、自分の出演部分の稽古、そして当日配るプログラムのデザインと印刷。それだけでなく、全体の動きがどうしても見えてこなかったので、誰がどの場所にいて、何時に待機すれば良いのか、時間を追って見渡せるような表を作成してみたり…。

総合司会は同僚が担当なので、その方が全部取り仕切っているのですが、デザイン系の、家でできるサポートをしていた感じかな…。今は、事務仕事が終わったので、あとは自分が着付けショーで失敗しないようにするだけです。

何だかね。今回のイベントをサポートしたために、普段参加しているお茶会の裏側が少し見えたような気がしています。ホテルとの打ち合わせ、席次の検討、荷物の搬入手配、席札やプログラムの準備、最後にメインキャストの二人に扉のところに立ってもらって、帰るお客さまへお土産を渡すなど…。何だかいつも参加している会の裏側では、ボランティアの皆さまが苦労なさっているんだなぁ…と想像することができました。舞台と両袖を使った動きの構成検討や、ランチなどもあるので、ディナーショー風でもありますね。

明日は着物で着付けなので、おしとやかな手さばきで、でも手早くきれいに着付けられるようう頑張ります♪

ajisai-2017

社食で中村屋

普段の社食では、野菜系おかずの量り売りを400円くらい買っているのですが、今日はちょっと贅沢に。中村屋は、学生時代に下宿していた時の思い出がいろいろとあって、懐かしくてね…。

それがきっかけで、叔母にメールして当時のお礼を言えたので良かったです!

nakamura-ya

2017年6月12日 (月)

【星】スカーレットピンパーネル千秋楽:長い一日

星組公演、スカーレットピンパーネルの、前楽と千秋楽を観劇してまいりました。実は今朝まで、「前楽と中継」と思っていたのですが、なんと急に千秋楽のチケットをいただることになって、慌てて中継の映画館チケットを手放すことになったのです。

今回の星組は、遠征2回を含め、自分が何回観たのか全然把握できないくらいに通いつめ、3か月間堪能した公演です。最終日に、朝から晩まで心ゆくまでスカピンを堪能できて、本当に本当に幸せでした。

思いの丈はこちらに書きましたので、今日は簡単に。

礼真琴さんのショーヴランについて

大劇場千秋楽

東京感想 (琴ファン視線で)

suka-pin-2017-last

入り

朝5時半発。JRの非常スイッチが押されたときは、どうなるかと思ったけれど、無事入りに間に合いました。帝国ホテル横に、琴さんの姿が見えた時、黒の洋服に、あの三色サッシュ(タスキ)をしているのが分かって、ギャラリーからどよめきが起きました(笑) 退団の3人の娘役さんたちは、もちろん白いお洋服。センスの良い、素敵なお洋服でした。

前楽

  • 「裏町のドブを見て育った…!」の歌が始まるだけで空気が一変する。もうそれだけで心を鷲掴みにされる声量とパンチの効いた歌唱です。1週間前よりも、さらにさらにパワーアップしていて驚きました。

  • スカピン団の方たちも、気合の入り方が違う!君こそ我が家という宝塚版用に足した場面は、どうしても間延びした感があって、あまり好きではなかったのですが、今日は泣けてね…。それぞれのカップルの在り方が心に響きました。

  • ところが、あーちゃんがトラブル続き…。本当に、どうしちゃったの?と思うくらいに、歌も不安定だし、アクセサリーが何度も取れるし…。(ところが千秋楽で、大逆転でした(^_-))

  • ポーズネタは、いつもそばにいる執事ジェサップと。洋服ネタは、阿弖流為。

    「アイヌ民族みたいな服着て、弓を構えて、阿弖流為の出来上がり!(ポスターイメージ?)」「……結構です」「本当に????」「………今は…」「そんなこと言ってるから、朝廷に負けるんだよ(^_-)」

    組子をネタにしていて、愛を感じました。

  • もうひとつ。
    「ショーヴラン、君が打ったら、ホームラン」
    で大うけでした!

千秋楽

  • 「千秋楽をもらえるなら、どこのお席でも嬉しい。」と思っていたのですが、受け取ってビックリ…。昔の座席区分ならSSの位置でした。2階ですが、目の前に0番の印が見えて大感動…。この席、音響が一番いいんですよね。劇場全体のちょうど中央なんでしょうか。

  • マダムギロチン、安定のすばらしさを通り越し、鳥肌が立つほど素晴らしかった!!!

  • その後の、紅さんも綺咲さんも、歌唱がしっかり仕上がって、最後を飾っていましたね!綺咲さん、前楽の時はどうなることかと思ったのですが、この短い休憩でしっかり持ち直し、本当に頑張りました。泣けました。

  • 洗濯女の反乱です!の場面。公安委員たちが、すっかりやられていて、客席大爆笑。琴ちゃん、よくここで笑わなかったですよね。千秋楽ならでのお遊びシーンで、たくさん笑いました。

  • ひとかけらの勇気。この公演で初めてシャルルが良いと思いました。今まで、可も不可も…という印象だったのですけれど、僕なんていないほうが…のあたりが、本当につらくてね。心が伝わってきました。

  • ポーズネタは、貴族の子女に囲まれる時と同じように、椅子に腰かけていました!皆を目に焼き付けるんだ、というパーシー。ここでも、共演者を立てるアドリブで、本当に素敵だと思いました。

  • 洋服アドリブは、オームシャンティオーム。何と客席に手拍子を要求し、ショーヴランにも、マルグリットにも、そして客席にも歌わせていました!!!琴ちゃん、あーちゃん、そして声が小さいと客席もやり直し、紅パーシーは「感涙」とご満悦(笑)

  • 琴ちゃんの歌。「舞い降りる鷹のように~!!」も、「君はどこに消えたのだろうか………」も、最後の視線がセンター凝視のため、もうオペラで見ていると「視線、私がいただきました!!!」という気持ちになるお席でした。もうあまりに強烈な印象で、脳裏に焼き付いております♡

  • その君はどこに。初演の時は、片思いでストーカーに感じたショーヴランでしたが、今回は、本当に恋仲だったんだろうな…と、昔の見える役作り。これで見納め…と思ったら泣けてきました。栄光の日々の、「連帯していた…」の後のターン、いつもに増して、高速じゃありませんでしたか???(笑)

  • ロベスピエールも、本当に進化しましたね。客席からも、大きな拍手が起こっていました。

  • 最後の立ち回り。琴ちゃんが上手く、細い橋の上でよけて転んだ時、良かった…最後まで怪我無く終わった…と、心よりホッとしました。

ショー

  • 琴ちゃんのひとかけらの勇気。満員の客席を笑顔で包み込み、ひとかけらどころか、勇気で満たされるような心地のする、声量たっぷりで最高の歌唱でした♡ もうこれを見るために通ったようなものですが、ツイートを見ていると、全国中継で多くの方に見てもらえたことで、琴さんの歌唱が多くの方に認識していただけたように思います。これからも頑張って欲しいな…と切に願っています。

  • 今日の掛け声は「スカーレットピンパーネル!」「千秋楽!」上手く決まりました!

  • デュエットダンス、お披露目公演、無事終わっておめでとう♪と心から拍手を送らせていただきました。

出待ち

退団者3名。大劇場では大雨でしたし、今日も元々は雨の予報でしたけれど、暑くも寒くもなく雨も降らず、本当に良かったですね(これを書いている今、大雨が降っています)。これからの皆さまの人生が、幸多きものとなりますように。

最後、どこの会も大盛り上がりでしたね。トップコンビと琴ちゃんがあいさつ回りをしたり、七海会、壱城会が大盛り上がりだったり。でもどのジェンヌさんの顔を見ても、やり切ったという満足感と、ホッとしたような気持ちの混じる、素敵な笑顔でした。次の集合日が迫っていて、ハードスケジュールだなぁ…と思いますが、また次回作も楽しみにしています。本当に本当にお疲れ様でした。そして、楽しい公演をありがとうございました。

2017年6月 9日 (金)

【星】2017 スカーレットピンパーネル:東京(琴ファン視線)

スカーレットピンパーネルも、あともう数日を残すのみとなりました。今回の公演、今までの観劇新記録を更新中で、大劇場への2回の遠征を合わせると、両手でも足りない観劇回数となっています。(残るは、前楽がマイラストで、千秋楽は映画館で中継を観る予定です♪)

大劇場が終わった時点で、思いの丈を「【星】 礼真琴さんのショーヴランについて」 にまとめたので、東京では、できるだけ舞台に集中してメモを取らないようにしていました。でもやっぱり、日々進化していることを発見したり、自分の感じ方が違ったりするのですよね。演者が、「こうしよう」と思ったことを感じ取れていたりすると、とっても嬉しかったり…。

でも、その一つ一つを全部ここで書いても…と思うので、今回は、物語の流れに沿った『マイ見どころポイント』を、覚え書として書いておこうと思います。


1幕

  • 東京の金管。特に初日近辺は、盛り上がり場面で音を外すことが多く、萎えることが多かったのですが、最近はいいですね。冒頭のトランペット?ホルン?の音色は本当に素晴らしいです。

  • 大劇場と比較すると、一番進化していると思うのが紅さんです。大劇場では1幕最初の歌で、ハラハラする場面もあったのですが、今は安心して楽しませてもらっています。結婚式場面では、心から『トップお披露目おめでとう!』と思いました。

  • 東京初日は、客席の笑い方が新鮮でしたね。初めてスカピンに接する人が反応すべきところで、笑いが起きていると思いました。大劇場の最後の4日間を見ていたので、余計にそう感じたのかもしれません。

  • ロベスピエールは、東京に来て、氷の美貌と冷徹さがより増したと思います。マルグリットを思わず見ようと乗り出すショーヴランを見て、すべてを察し、ため息をつくところ。いいですね♪

  • ショーヴランがマルグリットへ「俺はまた君に会いたい…」のところ。かすれ声がセクシー。仕事を忘れて思わず口に出てしまった、想いのこもる言葉に聞こえます。初演時は、恐怖に感じたセリフなので、全く違うことにびっくりしました。

  • マダムギロチンの冒頭。「裏町の…」で空気変わる。迫力ある歌声に凄みが増している。マダムギロチンが終わった時、初日は拍手が鳴りやみませんでしたね。民衆の力強いコーラスと、ショーヴランの熱唱が重なり、客席も「狂気の高揚」を感じる一瞬です。

  • 結婚式ダンスシーンは、いつも小桜ほのかちゃんをロックオン!この場面の瀬央さんは、イケメンな話をしてくれるらしいです。

  • 何度観劇しても毎回思うのが、マルグリットが「皆さんが喜ぶかと思った」というセリフ。昔は、「あなたが」でしたよね。

  • 2階S席からは、オケピットが良く見えるので、ついつい見てしまいます。ピンパーネル団の着替えシーンは、塩田先生の指揮も気合たっぷり!!踊る指揮者健在!

  • 「何だ!その姿は!」と公安委員を叱咤するショーヴラン、しびれるわぁ~♡

  • 「舞い降りる鷹のように~~~~~」の音程が好き過ぎ!ますます迫力が増している。こちらも、しびれるわぁ~♡(オイオイ)

  • 貴族のお嬢様たちの歌。難しい音程なのに、皆さんとてもうまい方ばかり。

  • 初日のポーズはグリコ。いろいろな回を見ましたが、「イナバウアー」「逆イナバウアー」が一番ウケたかも。あ~しんど、で更に笑いが。「そんなの関係ね~」「オッパッピー」の時も、相当な笑いが起きました!

  • 「自分を偽るのは、やめにするんだな…」がセクシーヴォイス…。全体的に、ショーヴランのセリフの語尾が、かすれてセクシー。大劇場と全然違う!

  • 君はどこに消えたのか、の歌。切なくて、泣けて泣けてしょうがない日がありました。より、しっとりとした、心のこもった歌唱になっていて、この歌が一番変わったように思います。緩急自在な歌唱力に感動…。

  • 王宮へ行く前のマルグリットの歌。初演の時は、歌詞の内容が辛くて聞けなかったけれど、今回の大劇場は、どちらかというと歌唱にハラハラして落ち着かなかった。でも東京に来てからは、マルグリットの心情が良く乗るようになって、訴えてくるようになったと思います。まだ時々、声が不安定になるけれど、どんどん進化していると感じます。

  • 謎解きのゲーム。11列36の日は、目の前が琴さんで、オペラ越しに凝視されて、瞬殺状態(笑)。力強い視線でございました。

  • 初日は、1幕終わりの拍手が鳴りやまなかった!!!


2幕

  • ロベスピエールの歌。大劇場で聴いた時は、情熱は伝わってきたものの、歌唱的に訴えてこなかったのですけれど、東京に来てからは、しっかり伝わるようになってきていますね。

  • アルマン拷問シーンの、鞭の力強さが増している…。ショーヴラン怖い!(笑)

  • ロベスピエールから、マルグリットを歌わせろと命令されるときの「ハっ…」は、本当に嫌そう(笑) 気が進まないのが良くわかります。

  • マルグリットがひとかけらの勇気を歌うシーン。グラパンのお尻に邪魔されて、乗り越えて席に座るショーヴランが可愛い♡

  • その後の騒動。剣を取りに袖にはけた後、剣を持って飛び込んでくる姿がツボ♡ (この連続投稿は、ショーブランしか見てないことが分かってしまいますね。)

  • 捕虜が逃げた後。「あんたの首が飛~ぶよ~~~」とグラパンが言うところ。東京は、「飛びます!」「飛びます!」と本当に飛んでいて、このギャグは毎回大うけ!

  • マルグリットの本当の心を知り、誤解の溶けたパーシーの歌。初日は、本当に大きな拍手が起きました!

  • その初日。前に座っていた初老の男性(ご夫婦で観劇)が、この誤解が解けるシーンで涙を何度もぬぐっていた。やはり男性視点で観ると、すれ違う夫婦の物語は辛かったのかもしれない。その位のめり込むほどに、お芝居が良かったのだと思います。

  • 栄光の日々の歌。ショーヴランが「…連帯していた」と「握り合った…」の間で、一回転ターンをするのですが、このターン。萌えますね゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

  • 栄光の日々の民衆がスゴイ!特にほのかちゃん。天然さんで可愛いのに、あの熱い民衆は誰?とオペラをのぞくと、たいていほのかちゃん!

  • 決闘シーン。クーポーがショーヴランに報告する時、どんどん接近度が増していて、毎回笑いが出ている。この間は、勢い余って抱きついていた(笑)


ショー

  • この銀橋のひとかけらの勇気。食い入るように見つめつつ聴き入っています。感動して泣けた回もあり、毎回感じ方が違います。千秋楽は泣きそう…。

  • 剣舞は、ギリシャの彫像のように端正な、七海さんの横顔萌え(*゚ー゚*)

  • もちろん、琴ちゃんの滞空時間も! ( ´艸`)プププ

  • エトワールはいつも感動。ほのかちゃん、頑張れ~♪


1列目観劇の日

前日眠れないほど、楽しみにしていました。まるで、遠足前の子供(笑)。全編たっぷりと、満面の笑みでずっと観劇していたと思います。

この日初めて分かったこと。銀橋のひとかけらの勇気を、晴れやかに歌う琴さんですが、近くで見ると汗だく状態。そうよね…あれだけ激しく立ち回りをした直後だものね…本当にお疲れ様、と思いました。でも、素敵な香水の香りがふわっと漂ってきて、覚えておきたい!と思って、くんくんしてしまったのですが、香水には普段縁のない私には、未知の世界でした…orz。

総見

会員が一か所に固まっていた星組総見では、アピールをしっかり感じられて大感動! 視線の嵐、投げキッスやウィンクも被弾!(笑) 剣舞での掛け声は、礼「星組~!」、七海「最高~!」で、しっかり決まりました(^_-)-☆

ひとかけらの勇気は、感極まったような熱唱。でも最後のウィンクはバッチリ!

剣舞の間にウィンク3回、ジャ〇ーズのような両手で指差し?や、パレードでの視線も。ありがたいことです。

先週末

ロベスピエール閣下の気合がいつも以上?歌がとてもいいなぁ…と思っていたら、七海さんのお茶会の日でした。琴さんと、出がたまたま同じタイミングになった七海さんが、「(メッセージ)ありがと~♡」と、さらっと投げキッスしていて、どよめきが起きました。さりげなく、自然に、場を和ませる七海さん、すごいわ…。素の琴ちゃんは普通に照れてましたね。あのショーヴランと同一人物とは思えない(笑)

残り

あとは、前楽と千秋楽中継のみ。最後までしっかり応援予定です♪

2017年6月 5日 (月)

寮の同期生と銀座でランチ

昨日は、高校時代の寮の同期生と銀座でランチをしました。怖かった先輩や、厳しかった規則の話、その中で楽しんだこと。そして、30年の間何をしていたかなど、話は尽きませんでした(^_-) 私はランチ後、歩いて5~10分の日比谷へ移動し、なかなか見やすいお席で観劇しましたが、他の皆さまはカフェでおしゃべりの続きをしたようです。

銀座の和食ということで、お値段も覚悟して行ったのですが、お酒1ドリンク付きで3千円でした。見た目も美しく美味しかったので、何かの時にはどうでしょうか。

銀座 大志満

osima_2017Jun

2017年6月 1日 (木)

つばめ成長中 –> 無事巣立ちました

今年も生まれたな~と思ったのが24日くらいだったかな。そうしたら何と、決定的瞬間をカメラに収めることができました。無事巣立ちますように!

tsubame_2017_3

追記:6月3日の様子。

tsubame_2017_4_Jun3

追記:6月6日
産毛も取れて、狭くなってきました♪

tsubame_2017_Jun5

巣の縁につかまって、外側がおトイレです。よろよろと落ちそうになって、羽をばたつかせて復帰してました(^^;

tsubame_2017_Jun5_2

今朝、いない!と思ったら、夜に帰ってきて寝てました。飛ぶ練習中ですね。これでもう、自力で飛べるようになったので、カラスにも襲われないでしょう。良かった良かった。無事巣立ちまで見られて、良かったです♡

tsubame_2017_last

« 2017年5月 | トップページ