2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

« 歓送迎会 at home | トップページ | 【雪】 幕末太陽傳 Dramatic “S”! »

2017年7月 6日 (木)

宇宙トンボ玉体験

先日、某ガラス屋さんで開催された、宇宙玉作成体験に行ってきました。今回の話は、書こうかどうしようかかなり迷ったのですが、記録として書いておこうと思います。

先月だったかしら。FBでフォローしているガラス店の投稿で、宇宙玉の体験コースは7月いっぱいまで、というお知らせが出ているのをたまたま見かけました。へ~宇宙玉って作れるんだ…と思いましたし、数年前に大阪のお店の方でクラゲを教えてもらった時は、何番のガラスを使って、どのようにパーツを作るかを、丸一日かけて教わったので、どんなガラスを使うのか教えてもらえるなら行ってみようかな、と思い予約してみました。

ところが…。

当日デモンストレーションを見て、その時点でやっと、パーツを埋めて玉を作るだけの体験なのだということがわかりました…。

そこで、「パーツは作らないのでしょうか……?」と質問してみたのですが、何とおこがましい質問をするのだという様子がありありで、それは体験で教えられません、教室に通ってもらわないと、私たちだってこのパーツづくりには時間がかかるんです!という返答…。何番のガラスを使うのかも、教えてもらえず、同じ系列のお店なのに、どうしてこんなに違うんだろう…という感じでした。お値段も、通常体験の倍もしたのにね…。

自分が老眼なこともあって、パーツの中の細かい様子も良く見えなかったので、完成した玉も良いと思えず…。できた玉がこちらです。

tonbo_space1

これが宇宙か…確かに宇宙雲とか、オーロラっぽくは見えますが、これなら前に自分の作った帯留めの方が、よっぽど宇宙らしいと思ってしまうくらいだったのです。

tonbo_my_space

そんなこんなで、引き取りが遅くなってしまったのですが、カメラを使って細かい内容までよく見ると、さすがにプロの作るパーツは違う…と思いました。拡大してみたものが、こちらです。パーツの雲が美しいですよね。

tonbo_space3

私の素人な作成方法では、ある程度の玉しかできないですし、玉作りの最中の指導は的確で、なるほどと思うことがとても多かったんです。それに私は、基本的に水中花(花パーツ作成)しか習っていないので、フィギュアのようなものや、ステンレス棒を使わない成形は全く分からない…。

先日のクラゲ一回でも、目からうろこの技法をたくさん学んだので、これから自分が、さまざまなパーツを作りたいと思った時に、いろいろな作成方法を学ぶのはためになるかな…と思っています。有楽町からはすぐのお教室ですし、少し時間が取れるようになったら、行ってみようかな。

« 歓送迎会 at home | トップページ | 【雪】 幕末太陽傳 Dramatic “S”! »

とんぼ玉」カテゴリの記事

コメント

http://u0u0.net/EyAz
こお言うのを期待したら違ってた。
それとも、目標はこお言うの?

>ロカさま

そうそう。その玉の雰囲気は大好きですヽ(´▽`)/
ですが、体験申し込みのページには見本が出ていましたから、
その玉と雰囲気が違うとは、分かっていました。

今回は私が、前と同じように、1から作り方を教えてもらえるものと
思い込んでしまっていたことが間違いだったんですよね…。
今思うと、前の募集は「ワークショップ」で、こちらは「体験」だったので、
そこで違うのでしょうが…。

でも、そのやりとりを見ていた横の人が、
私もパーツを教えてもらえると思って来たのので、期待外れ!
と声に出して言ってたので、そこまで言わずとも…と思っていました(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歓送迎会 at home | トップページ | 【雪】 幕末太陽傳 Dramatic “S”! »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ