2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

【月】『All for One』ダルタニアンと太陽王

昨日から、星組の初日が始まっているというのに、その前々作公演のマイ初日でした。東京宝塚劇場は花組初日以来で、もう2か月以上ご無沙汰していたため、周辺の景色が全く違っていて、ここはどこ!?状態でございました…。

隣にビル(モダンな商業施設?)ができていて、車道は素敵な遊歩道になり、向いのシャンテの外装まで変わり、スタバに行こうとしたらその建物が取り壊されていてなくなっている!(^^;

とまぁ、浦島太郎状態で劇場内に入ったら、そこは見慣れた風景でホッといたしました。

そして開演!もう来週が大千秋楽ですので、いまさら公演評は書きませんが、もう大ヒットと思いましたよ。小池先生は、海外ミュージカルの潤色演出では、日本の演出家の中で抜きんでていると思いますが、昔のオリジナルは残念に思うものもありましたよね…。でも最近は、オリジナルもツボのものが多くて、本当にすごい先生なんだな…と実感しております。

何がすごいかって、それぞれの役の個性が、あの短い間でしっかり観客へ伝わっていることです。演出家がジェンヌさんそれぞれの個性を使い分け、その演出家の期待にジェンヌさんたちが応え、その個性がそれぞれの役割を果たしているからこそ、あの笑いが生まれるのであり、面白かった~!かっこよかった~!良かったね~!と、観劇後の爽快感が生まれるんですよね。

宝塚はミュージカルではありますが、「歌」を期待すると残念に思う時もあります。でも今回は、それを上回る感動を覚えました。やっぱりタカラヅカ最高♡って、素直に思える演目でした。

1人1人に一言づつ。

  • まずは一押しのこの方。るろうに剣心の時を彷彿とさせるイケメン剣士なのに、お笑い担当な月城さん。最高でした♡
     
  • 個人的には、宇月さんの抜擢が嬉しい。歌を支えているのはこの方ですね。
     
  • 沙央 くらまさん、さすがの演技だったのに退団だなんて…残念。お芝居の役柄があんな感じなので、ショーでたまきちさんとデュエットして、良かった~と思いました。
     
  • みやるりさん、女ったらしが似合う(笑) フィナーレ歌手おめでとう、と思いました。
     
  • ちゃぴさん、この方がいなかったら、この筋にはならなかったのでしょうね。初めての娘役主演の頃の、頼りない、ぎこちない演技を間近で観ていたので、宝塚を背負う役者になったのね…と感慨深いものがありました。最後うるっとしました。
     
  • たまきちさん、トップ就任おめでとうございます!ルイ14世を演じる必要に迫られた女の子も、ダルタニアンを演じたたまきちさんも同じ女性なのに、その差がきちっと出ていて、誰が見てもダルタニアンはたくましい男性でしたね(笑) 若いのに貫禄十分でございました(笑)
     

最後に…。

  • 壁ドンがあるのはグラフの写真などで知ってましたが、あそこまで壁ドンを引きずったセリフが続くとは思っていませんでした!そうか…月城さんのお笑い担当とは、これだったのか…と思いましたよ。
     
  • あと何だか今日は男性が多かったなぁ…と思いましたが、隣に座っていた男性も、目の前の通路で語っていた男性も、そろって絶賛しているのがすごかったです。
     
  • 貴族の子女が男の子に扮して騒動が起こる…というのは、シェイクスピアではよくあるお話ですし、そのあたりのエッセンスが上手く笑いを誘っていて、楽しく観劇できました♪
     
  • 今手元に、その時代のレシピとその背景を書いた本があります。ルイ14世は、フルコースの食後に、鶏2羽・鳩9羽・仔牛肉4キロ・シャコ・雉を食べたとか、そんな話を読んでいたので、あの子が大食漢になるのか~~~なんて思ってました(笑) (マリーアントワネットはジャガイモを庶民に普及させるために、髪飾りにジャガイモの花を取り入れていたとか。面白い本でした)

2017年9月21日 (木)

四国 鳴門旅行

先週末は、愛媛にいるだんなの両親の家に、だんなと息子と一緒に行ってきました。昔行ったことのある、会社の保養施設に両親を連れて行きたいな…と思い、皆で都合を合わせて行ってきたのです。

2009年の写真はこちらです。

XIV鳴門

今回、台風の動きがなかなか読めず、飛行機が飛ぶかな…と心配していたのですが、結果としては通常運行で全く影響がありませんでした。

愛媛に到着した日は、こちらの温泉宿に3人で泊まりました。

見奈良天然温泉 利楽

松山市内はどこも満室で、1人1泊数万の宿か、4000円くらいの簡易宿泊しせつくらいしかなく、どんなもんかな…と取ったお宿でしたが、結果的にはとても良かったです。地域の温泉施設に、宿泊棟がついている感じでした。

そして翌日、両親も加わって、台風に追われるように東へ。でも、最後に徳島に着いてから雨に追いつかれた…というくらいで、宿へ到着。前回、足を踏み入れるのに躊躇したくらいの、豪華で重厚な高級施設でした。

XIV_naruto_2017Sep

そして、お食事中に台風が頭上へ。完全に直撃状態でしたが、重厚で頑丈なホテル内にいたら、全く風雨を感じないくらいでした。でも、丘の上でしたので、みるみるうちに下界が見えなくなり、雲の中に入ったのがよくわかりました…。愛媛の家は避難勧告が出ている地域でしたので、偶然にも、頑丈な丘の上の建物に全員で避難しているような形になりました(^^)v

XIV_naruto_2017Sep_6

ただ、部屋についていたヨーロッパ風のお風呂と、外のマイ露天風呂は、かなり風雨の影響を受け、このお風呂場にいた時はちょっと怖かったかな…。スパ(温泉施設)は建物が違い、台風直撃の中行くのは躊躇したので、この部屋の中のお風呂とガラス張りシャワーで済ませました。

でも翌朝は快晴!

XIV_naruto_2017Sep_7

下の写真の左の建物が、夜に行けなかったスパ(お風呂施設)。向こうに見えるのが泊まっていたホテルです。

XIV_naruto_2017Sep_1

そしてこの後、瀬戸大橋を通って本州側を通り、しまなみ海道を通って愛媛に戻りました。

XIV_naruto_2017Sep_3

最初に通ったのは瀬戸大橋。下が鉄道部分なのですね。いろいろゆかりのある橋なのに、50過ぎて初めて渡ることができました。

XIV_naruto_2017Sep_4

次はしまなみ海道。こちらは、島を辿っていく感じでした。

XIV_naruto_2017Sep_5

結構な距離を走ることにはなりましたが、結果的には台風の影響も受けず、お母さんにも「映画に出てくるお部屋みたい」と喜んでもらえたようなので良かったです。

2017年9月 5日 (火)

会津旅行後編:囲炉裏・大内宿

昨日の日記の続きです。

泊まったところは、いろりが2か所設置され、土間もある古民家。今は、保護のためにトタンが被せられていますが、藁葺屋根で囲炉裏や土間のある母屋と、畳なども新しくした宿泊用の離れがあり、私は囲炉裏は初体験でした。

昔は、雪に降りこめられた際、馬も一緒に生活していたそうで、2階から飼い葉を落とせるようにしてあったのだそうです。

まずは、燃えやすいものに火をつけ、薪を木炭になるまで燃やし、炭になってから焼き物をする、という手順。バーベキューやキャンプでは、直接木炭を使うので、この「炭になる間の煙」が大変なことを知りませんでした。でも、この煙こそが、わらぶき屋根を守っているものなんですね。

aizu_5

炭ができるまでの間は、スーパーで調達した馬刺しなどで、ゆっくりおしゃべり。そして、牛タンなど少量のお肉と、周りで取れたお野菜を焼いて楽しみました。

aizu_6

翌日は、その藁葺屋根を保存している大内宿へ行ってきました。詳細はこちらをどうぞ。

大内宿 (福島観光Web)

神社へお参りして、プレミアムソフトクリームを食べて、いろいろお土産を買って帰ってきました(^^)/

aizu_7

上から見ると壮観ですね。

aizu_8

往復700キロ以上。ほとんど私が運転したので、疲れるかな…と思いましたが、帰りに温泉寄ったり、全体的に無理しないスケジュールを組んだので、大丈夫でした(^_-)-☆

2017年9月 4日 (月)

会津旅行前編:会津若松観光

この週末は、友人のご両親が借りている、会津の古民家へ行ってきました。

金曜日から泊まりに来ていた友人と、土曜早朝に車で出発して、まずは会津若松観光。9月初旬とは思えないほど涼しく、到着と同時に晴れ間も出てきて、最高な旅行日和となりました。夏休みが終わっていることもあって混雑もなかったですし、本当にゆっくり観ることができました。

会津と言えば、私の中では、去年の星組公演の印象が強くてね(笑) プレステージという、時代背景を紹介する番組を見直してから旅行に出たので、妃海さんがレポートしていた、鶴ヶ城へ行ってみることにしました。

aizu_1

2キロ先の丘から、政府軍が1000発もの砲弾で鶴ヶ城を攻撃したという話だったので、天守閣から「どの丘かな~?」と探してみました。きっとこれだろうと思って撮った写真なのですが、帰宅後に、確かにこの方向と確認できました。中央上側に見える、こんもりとした丘です。
aizu_4

時代背景を知った上で、中に展示されていた資料を見ると、やはり違いますね。そのあとのお茶室も、友人がいろいろ説明してくれたので、なるほど…と思いつつ見学することができました。

aizu_tea

その後は、自分の中でのメインイベントだった赤べこの絵付け(笑)。なぜかと言うと、ファンクラブに入っているタカラジェンヌさんが、会津に行った時に「ヒョウ柄」で絵付けしたと聞いて、自分もやってみたかったのです(笑) 友人の、「メス牛」っぽい絵付けと並べると、何とも可愛くできました。

aizu_akabeko_mini

その後、入ったカフェがお洒落。クラブサンドの厚切りローストビーフが美味しかったです。

アドリア北出丸カフェ

aizu_cafe

長くなってしまったので、これ以降はまた明日。

追記:翌日の日記はこちらです↓
囲炉裏・大内宿

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ