2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去の記事

« 緑青落とし | トップページ | レディ・ベス 2017 »

2017年10月16日 (月)

【星】 ベルリン、わが愛:大劇場

先日の3連休に、大阪へ遠征して2公演観てきました。でも初回は、芝居もショーも、何とも言いようのない残念感を感じてしまい、出待ちでお芝居の感想を書けないくらいだったんですよね…。

これではいけないと、慌てて歌劇を買って、背景をいろいろ読んだあとに観た二回目は…。

何と全く逆の印象だったんです。穏やかでタカラヅカらしい、良い2本立てだな…と思いましたし、伝統を受け継ぎつつも、新しい風を感じる作品だな…と感じました。


何で、初回に印象が悪かったんだろう…と、一週間落ち着いて感情を分析してみたのですが、書き出してみたら自分側の問題だったように思います。

  • 芝居を観た後の爽快感がないというか…。全部の作品に爽快感を求めてはいけないと思うのですが、阿弖流為も、桜華に舞えも、主人公が死んで終わりだったけれど、『使命を果たし、生き抜いた』と感じましたし、『未来へつながる希望のある終わり方』だったので、感動があったと思います。今回は逃げて終わり…!?と、拍子抜けしたような気分でした。(2回目の観劇で、作り続けるために旅立ったのだ、と理解(^^;しました)

  • ショーは、個人的に応援している娘役さんがあまり抜擢されなかったのが、一番残念だった原因かと…。でも、峰里ちゃんの夏祭りは大好きなので、琴ちゃんと絡んだのは嬉しいです。

  • ショーは、おそらく昔の場面なんだろうな…と思いましたし、メロディーも聞いたことあるものなのですが、誰が歌ったのか、いつの時代のものなのか全く分からず、置いてきぼり感でいっぱいでした…。

  • 阿弖流為チームに感じた勢いや、星組らしい立ち回りやダンス、心地よい涙の出るような歌唱が、今回の作品では見えない。(阿弖流為は礼さんが主演だったので、琴ちゃんの歌も踊りも堪能できたが、大劇場公演との差を感じてしまった。)

それだけだったのです。落ち着いて考えたら、何とも私の個人的な感想であり、今回の作品が、自分が星組に求めるイメージとかい離している、というだけでした。

全体の流れを知り、演出と出演者の意図を知り、学術的な歴史を知ったのちに、作品を客観的に観た2回目は、なるほど!と思うことが多く、より深く楽しめました。


まだまだ始まったばかりですので、個々の感想は控えておきますね。『トップ・2番手・3番手が仲間である』という演目は、なかなかないと思いますので、次回はもっと公演を堪能したいと思います。

そうそう。平和と言えば琴さんだけを見ても…

* 一年前の桜華に舞えでは、会津藩士として主演を殺した後、最後銃弾に倒れ、頭が逆さになって死んでいる時間長し(笑)

* 年明けのオームは、極悪非道な悪人として、シャンデリアに押し潰される。

* 大劇場公演のスカーレットピンパーネルでは、捕らえられ、護送されて幕。

* バウ・青年館の阿弖流為は主演だったが、最後は首状態で終了。

…とまぁ、2番手3番手時代は、主演の敵役が多いのはしょうがないですね。それに比べて、今回は何とも平和なラストでした(^^; 安心して、ゆっくりと、タカラヅカの伝統を感じるつもりで行けば、とても楽しめる公演と思います(^_-)-☆

追記:

明日が配信開始と思っていたら、もうダウンロードできました!<阿弖流為

もう、初っ端からウルウル中 (´;ω;`)嬉し泣き

« 緑青落とし | トップページ | レディ・ベス 2017 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緑青落とし | トップページ | レディ・ベス 2017 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ