2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« ジバゴ・ミニリュウ・カーリング | トップページ | 晩白柚ピール&サイン入りチョコ »

2018年2月25日 (日)

【花】 ポーの一族

今日は、セディナで当選したポーの一族を観劇してまいりました。会社の後輩と行くことにしていたら、届いたチケットは何と『S席3列』!昔なら、一点集中型で見たかもしれませんが、同僚で、娘同い年のお嬢さんと一緒でしたし、至極冷静に分析しつつも、心から豪華で美しい舞台を楽しんだ…という感じでしょうか。

1回しか観ていないので、細かい講評はできませんので、ごくごく大まかな印象のみ書いていきたいと思います。

po-ichizoku

    みりお代表作

    まずは、明日海さんの代表作ができたことが、単純に嬉しかったです。今までも、エリザやミーマイは好評でしたし、アーネストや源氏、ベルばらなど、再演ものはコンスタントに好評だったと思うのですが、新作に恵まれなかったですものね。るろうに剣心やルパン三世など、最近の話題作は雪組でしたし、その前は長らく、星組が話題の新作(王家、スカピン、オーシャンズ、ロミジュリなど)をヒットさせてきてきましたからね…。これでやっと、明日海さんの良いところが前面に出た、『明日海トップでしかできない』と言われる新作に出会えたのではないか…と思いました。これを超えるキャストは、しばらく出ないでしょうね(#^^#)

    光(れい)ちゃんの躍進

    みりおエドガーについては、役作りも見た目も想像できましたし、ある程度安心感を持って楽しみにしていたのですが、れいちゃんはどんな感じかな…と思っていました。でも予想を超えて歌が上手くなっていて、嬉しいビックリでした♪お芝居も、今までは『悪魔なれいちゃんが、みりおさんを翻弄する』という役どころが多かったと思うのに、今回は真逆で萌えました(笑) 最後のクレーンシーンも、手をつないでいる雰囲気がとっても良かったです(#^^#)

    そして柚香れいちゃんセンターのダンス。昔から、どんな隅で踊っていても目立つ方でしたけれど、今回のセンターは貫禄ありましたね。最近ダンスについて少しは分かるようになってきたので、このれいちゃんセンターの男役総踊りは安心感があり、心躍る気持ちがしました。

    余談ですが、みりおさんは、ショーの髪型の方がいいと思うけど、れいちゃんはアランの髪型の方が好きだなぁ( *´艸`)

    脚本は原作に忠実

    唯一大きく違うのは、降霊術でしょうか。その他も、ほぼ一言で一話分を終わらせていたり、時系列をすっきりさせたり、ホテルが舞台となっていたり…という細かな違いはあるのですが、基本、セリフも舞台セットも漫画に忠実に作られていると思います。歌詞も、聖書の言葉など、原作の内容が採用されてますね。

    その霊能者が誰か最初は全然分からなかったほどに、芽吹幸奈さんの降霊っぷりは迫力ありました。このシーンは、バンパネラ側に立って観ていると、正体ばバレてしまうのでは…とハラハラします。そして、原作にないことから、ラストがどうなるのか原作ファンでも分からない状態になるんですよね。

    人間が本能として持っている恐れが、この降霊術シーンによって観客の心にじわじわと染み渡っていくような気がしましたし、終盤のクライマックスへ向けての布石と感じました。

    それ以外はほぼ、エドガーとメリーベルが捨てられた時からアランを迎え入れるまでの話を、説明を入れながら時系列を追って展開してゆきます。

    各キャストの印象

    * シーラ。干し草フォークで刺されて、逃げている姿の再現度がとても高い!血の気がない肌の色も、他の「人間」とは違う異様な品格も、最初の娘時代と『狩り』に出かける頃の違いも、とても素晴らしかったと思います。

    * メリーベルを演じた華さん。前回の役が紅緒なので、どんな風に変身するのか楽しみにしていました。丸顔が原作のメリーベルの雰囲気に似ていて良かったですし、最後の苦悩がひしひしと伝わってきて、好演だったと思います。

    * 語り部の4人は、きっと予習していなかったら全く分からなかったと思います。事前にこちらのブログをざっと読んだので、あぁ、あの話の、と思いました。

    * アラン。予想を超えて良かったです。その後の、駄々っ子なアランとエドガーの続きを観たいな。

    * エドガー。苦悩の伝わってくるお芝居でした。最初の無邪気な頃や、反抗期を経てのラスト。なぜこんな姿で生きているのか…という根本の葛藤も心打たれました。変化した直後の、飢えて死にたいけれど血を求めてしまうあたりも、目の雰囲気が異様に変わる瞬間も、迫真の演技でしたね。最近痩せすぎで男役としての魅力感が…と思っていたのですが、今回に関して言えば体形全体がエドガーそのもので、雰囲気にぴったりだったと思います。

    あと一回観られますので、またその時に感じたことを追記したいと思います♪

    « ジバゴ・ミニリュウ・カーリング | トップページ | 晩白柚ピール&サイン入りチョコ »

    宝塚」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    « ジバゴ・ミニリュウ・カーリング | トップページ | 晩白柚ピール&サイン入りチョコ »

    足あと代わりに押してね♪

    •  
      匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

      結果のグラフ例はこちら

    トンボ玉販売

    無料ブログはココログ