2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

« 弔花 | トップページ | ジバゴ・ミニリュウ・カーリング »

2018年2月24日 (土)

礼真琴 ディナーショー 東京千秋楽

琴ちゃんの東京DS、行ってまいりました!まず思ったのは、

宝塚ホテルの初日と比較して、いったい何倍に進化したのだろう!?

ということです。終わった時に、開いた口がふさがらなかったくらいでした。そして次に感じたのが、

琴ファンであることが本当に幸せ。

ということ…。「宝塚のディナーショー」の定義を覆すほどのクオリティで、最高のパフォーマンスを堪能できただけでなく、心を満たしてくれるファンサービスが満載でした。本当に感謝の気持ちしかないです。

宝塚ホテルでの初日の感想は、こちらの日記に書いています。セットリストはYoutubeへのリンクが張ってあり、どのような曲か分かるようになっていますので、ご参考までに。

礼真琴ディナーショー 宝塚初日の感想


実は、私の個人的なことですが、東京のDSまでの期間にいろいろなことがありました。お断りとなった回のチケットを譲ってくださる、という申し出をいただいて本当に嬉しかったこと。でもその後、訃報が舞い込んできたため、全キャンセルも覚悟したこと。そして、行けることになって会場に到着したら、様々な行き違いが重なって、会場を後にすることになったこと…。(最終的には、皆様の尽力で観られました。)

そんな浮き沈みの多い一週間でしたので、今こうやって東京の感想を書くことができることじたいが、奇跡のように感じられます。進化した公演を観られて、そして最後の信じられないくらいの大盛り上がりの千秋楽を体感できて、心から良かった…と思っています。


歌の印象

東京公演は、宝塚初日とは比べものにならないくらい良かったと思います。音響もさることながら、5人の息が合い、この一週間で最高のパフォーマンスに高められていたことに感嘆しました。今私の頭の中は、Seasons of Loveの5人のハモリがぐるぐる状態です(笑)

初日の感想では、「革命デュアリズムが一番心に残った」と書きましたが、今になって思うと、その曲だけが初日で既に完成していたように思うのです。

宝塚5公演の間に他の曲の完成度が増し、ハモリがどんどん魅力的になっていたように感じました。

全体的にはそんな印象だったのですが、個々ではもうすべてのジャンルの曲に感嘆し、自分も一緒にリズムを感じながら手拍子して、一体感のある1時間でした!


客席降り

宝塚の初日だけは、勇気が出ずにハイタッチできませんでしたが、それ以外は大サービスしていただきました♡ 千秋楽は特にすごい盛り上がりでしたので、Catch the momentの最後は、「歌詞分からないーーー♪」と歌いながら、ものすごい勢いでタッチしつつ走る琴ちゃんでした(笑)

風ちゃんは立ち上がってハグ。会場大盛り上がりで、その後「風ちゃんが」男前に、琴ちゃんの手にキス!

柚香れいちゃんとも熱いハグ!

とよこさん家族のお子様には丁寧に(笑)

そして何と言っても、柚希礼音さんとの固い握手が忘れられないです。琴さんがゆっくり客席を回りながらメドレーを歌っていたのですが、その間中、後ろを向いてその様子をず~~~っと見ていたちえさん。いよいよ近づいてきた…と周り中が期待したその時、すくっと長い手を上げて、琴ちゃんを誘う…!

柚希さんの龍星の舞台姿に憧れて、琴さんが宝塚を目指したことを、その場に居た人はほぼ100%知っているわけですから、その柚希さんと熱い握手を交わしつつ、ゆかりのあるREONⅡの曲を歌っている…という光景は、見ていて本当に胸の熱くなるものでした。インスタに投稿された、柚希さんの感想はこちら


MCもろもろ

思い出したものから並べていきます!

* 宝塚のDSが終わった翌日はUSJに行った。サメに食べられてる感満載の写真を撮ったそうです。5人が違う眼鏡をかけて歩いていたら、目立ったのだそう(本人談)。でも私はそれを聞きながら、いやいや、眼鏡かけてなくても、この5人が歩いていたら目を引いただろう…と思いましたよ(笑)

* 紅さんから、「紅さんって、どうしてあんなにいい人なんだろう…」と言うように、と言われていたらしく、最後のカーテンコールで披露してくださいました♪

* 入団時、星組と決まった瞬間(モーメント)の話。厳しいと評判の星組に決まって、琴さん以外の4人は「どうしよう」という気持ちだったようですが、琴さんだけは、「はいっっ!!!」と返事して、超笑顔だった模様(笑) 「私以外、星組配属でこんなに喜んだ人はいないだろう」とおっしゃってました(笑)

* 遥斗さんは、新人公演でショーヴランを演じるため、琴さんにお化粧を習うことになり、化粧前でメモを取っていたそう。そうしたら、ドーランかしら?首筋だけでなく、もっと下まで塗る必要があったらしく、ジェラートピケのパーカーの前をガッと開けて、はけで塗り始めたのだそうです( ´艸`)プププ そこまで開ける必要がある??と思うくらいだったそうで、それが萌えた瞬間(モーメント)だったそうです(^_-)

* 千秋楽、革命デュアリズムを歌えることになったという話で、音咲さんが涙腺が決壊しかけて…。それを見た琴さんまでつられそうになって…。背中を向けて、涙をこらえて語る2人。12時間のカラオケの最後にハイテンションになる琴さんがすごい、私しか知らないその瞬間(モーメント)という話もありましたが、この千秋楽では特に二人の絆を感じました。

* 後から知ったこと。ポスターの帽子は、豊子さん(涼紫央さん)作のものだったのですね。旦那様のインスタに出ていました。MCの中で、最後の黒のキラキラ燕尾はとよこさんの衣装であること、構成を最初どうしてよいか分からず、とよこさんに連絡して相談したこと、などを話してくださいましたが、この帽子もだったとは! (琴さんが初めて出演したDSは、とよこさんのLOVEだったそうです)

coto_DS_19dinner_1


おまけ

今回のディナーショーは、基本的には一人で申し込んでいましたので、お隣の席は初めましての方のことが多く、ちょこっとだけ不安な気持ちもありました。でも皆さま本当に親切にしてくださり、1人参加でも心強かったです。東京で再会した時にライン登録して、一緒に写真を撮ったりもしました。

そのほかにも、ブログを読んでくださっていた方。ツイッターでお名前だけは見かけたことがあった方。mixiで友人登録していても実際に会ったことはなかった方々…。そのような、ネット上だけのおつきあいだった方と実際に会ってご挨拶することができました。

沢山の方とつながることができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもどうぞよろしくお願いいたします♪

« 弔花 | トップページ | ジバゴ・ミニリュウ・カーリング »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弔花 | トップページ | ジバゴ・ミニリュウ・カーリング »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ