2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

初ハワイ:行きの飛行機

深夜残業が続いた3月でしたが、その中で2日お休みをいただいて初めてハワイに行ってきました。主人はシアトルからハワイに入ったので、成田からは一人旅。そのため入国審査で不審がられて、

「目的は?」

「観光です」

「宿泊先は?」

「ロイヤルハワイアンです」

「同行の家族は?」

「一人です」

「観光なのに、1人なのか!?」

と言われてしまいました。そりゃそうよね…。還暦も近いオバサンが、1人で南国のリゾートホテルに来ないわよね

でも、シアトルからだんなが来ると言うと、それでこのホテルで待ち合わせなのかと納得してもらえました…。実際は、2時間外のベンチに座って待っていたのですけれど、細かい説明のできる英語力がなくてね(笑) やれやれ。


そういえば、成田でも、搭乗口に着いたとたんに呼び出しがかかったんですよね。「**さま~ **さま~ 搭乗カウンターまでお越しください」と。

数年前の台湾騒動がありましたので、また何か不備があったのかしら…と内心不安な気持ちでカウンターへ行くと、

「おひとり様ですよね? 満席のため、ビジネスへアップグレードさせていただきます。」

とのこと!それなのに、デルタのビジネスは機内で一番良いクラスなので、機内に入っても落ち着きませんでした…。つくづく一般庶民なのを痛感しました。

そうそう。でも、男性CAさんのサービスが完璧で、さらに隠し撮りしたいくらいのイケメンさんだったのです。日本語ネイティブだったので、机の出し方など教えてもらいました…。(机を出さないと、食事はいらないという意味だそうで、危うく機内食を逃すところでした)

こちらが、ミシュラン二つ星のシェフが監修した機内食です。

delta_business_1

合鴨ロース煮、さごし棒寿司、筍土佐煮などの前菜、才巻海老旨煮、のどぐろ甘酢漬け、黄身酢の小鉢、主菜は黒豚の肩ロース。これらが動かないように、お皿に張り付いているんです(笑) ちょっとはがすのに力がいるけれど見た目が楽しめますし、黄身酢がフワフワなスフレのようになっていて、その中に蕗やエビが埋まっているので、こちらも形が崩れないようになっている。いろいろ工夫がしてあって、すごいな~と思いました(^_-)-☆

ハワイの日記を一日分でまとめようと思っていましたが、書き始めると長くなってしまったので、パンケーキ三昧な食事編は、また明日にでも。

2018年3月30日 (金)

勤続30年

今日で勤続30年となったそうです。このご時世、勤めることができるだけでありがたい…と思ったので書き留めておきたいと思います。

今、この30年を思い出すと…。

1人で2つの保育園を回りながら働いていたこと。

だんなが元の職場に戻ってきたと思ったら上司になり、私が何度も異動しなければならなかったこと。

これ以上続けられないと思っていた頃に在宅勤務を試験導入する話が持ち上がり、制度化に向けて10名ほどで活動していたのですが、最終合意に至った時点で在籍していたのは私だけ…。

このように、仕事内容よりは『勤め続けるのが大変だった…』という記憶しかありません。

そして、今週付けで退社される方が多い中、最後の送別ランチが終わった…と肩の荷を下ろした直後にこの賞状をもらったものですから、残る者として複雑な気持ちがあり、素直に喜べない私がいます。

でも振り返ると、異動させられた先の先の職場で、一番楽しい仕事ができたな…と思っています。大変ではありましたが、それまでに存在しない『新しいもの』を作って世に出す楽しさを経験させてもらいました。そして今になって、周りの方の協力があったから続けられたのだ、と実感しています。  

来年度は勤続30年のリフレッシュ休暇をいただけます。今度こそリベンジで、秋の台湾公演に行きたいな…と思います(^_-)

30years_1

2018年3月29日 (木)

素敵なおにぎり♪

仲良くして頂いている、クックパッドのお友達がいます。まだ有名になる前から、この人の作るものは何でも美味しい♪と思って次々とレポを送っていたので、それがご縁でメールでお話するようになって…。悩みなど、ちょっと重ための話もしてました。

でも今や、インスタで万単位のフォロワーがいる有名人!ご本人も美しいし、インスタでテーブルセッティングを見ているだけで溜息が出るし、実際に作ると美味しいので、レシピ本の常連さんですし…。天は二物を与えずどころかたくさん与えてる、って思います(笑)

そのmikoちゃんが先日インスタで、私のこのアサリ炊き込みご飯を作ってくれたのですが、とっても素敵な写真でしたのでご紹介したいと思います。テーブルセッティングも、献立ヒントとしても、お手本になるインスタですので、是非飛んでみてくださいね。

putimikoさんのInstagram

元の私のレシピはこちら。

Cpicon あさりとわかめの炊き込みご飯 by ゆきほ

このレシピの写真は、自分の中でも初期のレシピなので、本当につたなくて…差が…(笑)(笑) mikoちゃん、やっぱりすごい♡

miko_asari_2018_3

2018年3月24日 (土)

ロマーレ @ 東京藝術劇場

今日はロマーレを観てきました♪お花様カルメンという前知識だけで観たのですが、今回の演出や脚本がとても良かった!何故カルメンが奔放と言える行動に出たのか、女性目線の解釈が新鮮。友人のおかげで良席でお芝居を楽しめました。主演二人の芝居力と美貌、周りの人たちの歌唱力、ダンス力に脱帽(^^)


これが、凝縮された感想なのですが、少しだけ追記を。でも、まだ始まったばかりですので、できるだけネタバレしないように書いてみます。

実は私、宝塚以外のミュージカルを観て、これほどまでに満足感のある舞台ってなかなかなくて…。エリザベートですら、いいと思うことはなかなかないのです。コスパ悪いというか、あら…これで終わりなんだ…みたいな…。自分が宝塚に慣れているために、何というか、尻切れトンボな気分になるんです。

役者の技量や楽曲の素晴らしさという意味なら、もっともっと良いものは多く存在するはずなのに、今回脚本に満足したな…と思った理由が分からなかったので、ちょっと考えてみました。

* 一般的な”カルメン”の舞台が終了したと思ったら、それだけで終わらなかったこと。

* 過去と現在をつなぐ仕掛けがあり、なるほどと思ったこと。

* 女性目線の解釈が、とても腹落ちしたこと。

* 救いのあるエンディング。

ではないかな…と思います。

ナレーションの、これは男の側から見た話だという説明も、なるほどと思いましたが、一番心に残っているセリフが、自分は手を差し伸べた、でもあなたは自分の側に来ることだけを望み、私の方へ歩み寄ってはくれなかった、という言葉。これら一連の流れがとても納得できるものでした。

そして最期、あえて最後ではなく最期と書きますが、答えを見つけて果てるところも、救いがあって良かった。

あ…もうひとつ最後に。べっぴんさんに出ていた松下くん。俳優さんと思っていたら、元々歌でデビューした人だったんですね~。知りませんでした。迫真の演技は素晴らしかったです!

2018年3月15日 (木)

晩白柚ピール&サイン入りチョコ

毎日深夜残業が続いていますが、会社のホワイトデーでサイン入りチョコを頂き、ちょっとほっこりできましたので記念に貼っておきます。

このサイン誰?とネットで検索したら、世界最大のチョコレートの祭典で最優秀賞を取ったシェフなんですね。ビックリしました!義理チョコ返しではありますが、嬉しくいただきました。

pâtisserie Sadaharu AOKI paris

whiteday2018

その前日、なかなか乾かなかった晩白柚ピールを、薄くスライスして、100度で1時間加熱してみました。やっと、うま味の凝縮したピールになったな…と思ったので、会社に持参したものがこちらです。ピール好きな方に喜んでいただけて良かったです(^^♪

banpeiyu2018

banpeiyu2018_1

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ