2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

« 台湾星組遠征④ 2日目・3日目 | トップページ | 台湾星組遠征⑥ 観光・帰国 »

2018年11月 9日 (金)

台湾星組遠征⑤ 高雄 大千秋楽

いよいよ千秋楽の日となりました。公演は19時半でしたので、午前中は高雄観光をちょっとだけしました。これがまたツボでね(笑)

行ったところは、重厚な台南の建築物とは違う感じだったんですけれど、何と『蓮の花』と『閻魔様』が…!!(笑) 思わず友人と「風流やなぁ~!」と叫んでしまうほどでした(笑) (星ファンなら分かりますよね?7月まで公演していた Another Worldのセリフです)

翌日帰る友人もいたので、少し豪勢なご飯を食べてから、至徳堂へ向かいました。

開演前

開場へ到着すると、初日とは全く違う熱気にビックリしました(@_@) 入り口の列で、有志の方からブルーのライトが配られ、席でも「持っていますか」と配られて、皆さん使い方のチェックをしている。

前楽までは「珍しい演目が来たから、市民会館に遊びに行った。」という印象の方がかなりの割合いたのですが、垂れ幕のようなものや、うちわを持った人も多く、千秋楽は開演前から皆様の楽しみにしているワクワク感が伝わってきました。(垂れ幕はさすがに、”本当の”客席案内係の方に注意されてましたが…(^-^;)

私は4列目だったのですが、周りに日本人は見当たらず、台湾の若いリピーターの女性が多かったです。私が、ライトの点け方でもたもたしていたら、こうやるんですよ~と教えて下さってね。日本語もかなりできる方と、英語が上手い方だったので、意思疎通は全く問題ありませんでした。

東離劍遊紀

前楽までの静かな観劇は何だったのか…と思うくらいに、爆笑も歓声も大きく、お芝居も盛り上がりました。

リンセツアは相変わらずイヤな奴なのに、笑いを誘うところが紅さんでしたし、ショウフカン七海さんは、キラーな雰囲気にますます磨きがかかり、タンヒのあーちゃんは男性客を魅了している。ケンちゃんの琴ちゃんは、可愛いだけでなく、「クソっ…!」が胸に突き刺さるし、笑いも沢山とっていて活躍していました。

幕間

幕間の休憩が終わり、いよいよ最後のショーだ!と、皆の期待が高まる中、なかなか開演のベルが鳴らない…。どうしたのか…と不穏な空気が流れ始めた時、舞台装置の準備が整わないので少々お待ちください、という放送が入りました。それを聞いて、後方で席についていた齋藤先生は、急いで現場に駆け付けたようです。電気ケーブルを舞台の後ろにまで引いたりしていたので、電気系統のトラブルだったのかもしれません。

トイレなど席を立ってもよいという放送は入りましたが、ほとんどの人は座って待機してたため、自然に周りとのおしゃべりタイムになったんですよね。私もお隣と、そのお隣の方といろいろお話させていただきました。

ライブビューイングは字幕があるので映画みたいとか、大劇場にも行った、来週はREON JACK3に行く!とかね。日本語と英語と中国語が入り乱れつつでしたが、沢山話せて楽しかったです。

そして、お待たせしました!という放送が入ると、もう大拍手と歓声が…。本当に会場全体が、やった~良かった~という空気が流れ、期待は最高潮に…。

キラールージュ

いよいよ2幕開演!初っ端から大歓声の渦となりました。生徒さんたちの気合も伝わってきて、劇場全体が一体となった一瞬だったと思います。私も、着物を着ていることなど完全に忘れて、台湾の皆様と一緒に、大きな手拍子と歓声で、力一杯応援しました(≧∀≦) 前楽までは、後半に向けて盛り上がっていきましたが、この時は開演からトップスピードという感じだったかな(笑)

紅子のシーンまで熱いままに進み、ここで一息して大いに笑わせてもらいました。時間が押していたためと思いますが、余計なアドリブは入らなかったけれど、それでも楽しかった!!!クイズは、1月の星組の演目。ちゃんと来てね~と宣伝していました♪

そして後半は、四月から観てきたショーが終わってしまうと思って号泣モードへ…。もうね、何を見ても泣けてくる。ペガサスで全員集合したところから、涙腺決壊となりました。特に桜ルージュは、4月の初日から一週間、毎日観劇できた幸せな時間を思い出してしまって、声が出そうになるくらいに泣いてしまいました。

そして望春風のブルーライトは美しく、紅さんも涙をこらえていたそうです(カーテンコールでお話されていました)。その場に参加できたことは、私にとっては忘れられない思い出となりそうです。

最後のカーテンコールも大歓声。この公演、星組の皆さまにとっては、体力的に厳しい演目だったと思いますけれど、本当~~~にお疲れ様、今まで楽しい時間をありがとうございました、と大きな拍手を力いっぱい送ってきました。心から、『この場に居られたことに感謝』…と思った千秋楽でした。

takao_trip_2018Nov_5_2

« 台湾星組遠征④ 2日目・3日目 | トップページ | 台湾星組遠征⑥ 観光・帰国 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾星組遠征④ 2日目・3日目 | トップページ | 台湾星組遠征⑥ 観光・帰国 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ