2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

« 【星】ロックオペラ モーツァルト初日 | トップページ | 【星】ロクモ千秋楽 »

2019年12月14日 (土)

【星】ロックオペラ モーツァルト 池袋 感想

池袋ブリリアホールで 公演が始まって10日経ち、もう明日は千秋楽となりました。今日は琴ちゃん、「あと1日」と間違えなかったですね(^_-)

ちょうど一ヶ月前。『長く応援してきた方のトップお披露目が観られないなんて…(泣)』と焦っていたのが嘘のように、最終的には複数回観劇することが叶いました。今は、心から幸せと高揚感を感じる素敵な時間を過ごしております。(その時の状況は、初日レポに書いてあります)

【星】ロックオペラ モーツァルト初日

追記:千秋楽の様子はこちら

【星】ロクモ千秋楽

プログラムに、キーになるセリフや感想を書き込んでいるので、もう全ての場面について事細かに語りたいくらいなのですが、「今一番、何をここに書き留めておきたいのか」を考え直してみました。今日は、お披露目としてのロックオペラモーツァルトについて、全体的な感想を書いてみようと思います。(下のお写真は、2階から友人が撮影したもの)

Img_2821

一幕終章・バラの上で眠りたい

* 初日に書いた通り、この公演はヅカファンにとって衝撃的です。今までの宝塚公演を想像して観劇すると、全く違うことに驚くことでしょう。

* その中でも、一幕終わりの、母と恋人を失ったモーツァルトの歌は圧巻です。舞空さんの、一人芝居のように情感溢れた、絡みつくようなダンス…。礼さんの、心が張り裂けるような歌は悲しみが込められ、人の心に突き刺さり…。どこまでも広がっていくクレッシェンドの絶唱で幕切れとなるため、幕間は「すごい…」「すげー」という感嘆の声しか上がりません。

* この衝撃は映像を通しても伝わっていたようで、遠く離れた地から「トイレ待ちしているけれど、すごいわという声があちこちから」とレポが送られてきました(笑)

* この中継の回を当ててくれた友人は、宝塚観劇は初めてだったのですが、隣で「何だか…何というか…迫力だね…この席だから…だよね…すごい…」と言葉を失ってました(スピーカーの真横だったので、ロックの音が体にズンズンひびく状態だった)。後ろだって迫力は伝わってるよとは思いましたが、中継の先までとは思ってなかったわ(笑)

* 終演後、全国で中継を観ていたヅカ友たちから、トップコンビのレベルの高さに開いた口がふさがらなかったとか、凪七さんと礼さんの関係性が良かったとか、次々とレポが送られてきました。これは別口ですが、歌もダンスも素晴らしいのは知っていたけれど、頑張りが伝わってきたのが良かった、という感想もいただきました。皆様の反応が嬉しかったです♪

* 今回の公演内容と出演者を見れば、ヅカファンも新規の方も楽しむことができるだろうということは、容易く想像できた。だから超チケット難だったのだ、と思います。でも、その期待を遥かに超えてきたことが、このトップコンビの素晴らしいところなのではないでしょうか。

貸切公演

* また今回。豊島区民限定の公演が多かったこともあって、周りの反応が全ツの時のような雰囲気でした(私は、多くの友人にお願いをして、皆さんの協力のおかげで観られましたが…)。開演前には「プログラム、全員同じ顔ね。写真悪いわ。」という声が後ろから聞こえましたし、いかにも「お仕事で来た」感満載の男性陣が、よいお席に沢山座っていて…。

* でも、お芝居が進んでくると、次第に拍手が大きくなってきたり、ローゼンベルクに大うけしたり、すすり泣きが聞こえたりもしました。普段なら手拍子しないところで、一生懸命(リズムは合わないけれど)楽しく手拍子している方もいて、一緒に楽しみたいという気持ちが伝わってきました。最後の「おたのしみ頂けましたか~~~!?」の問いかけには、大きな拍手と声援も飛びました。これこそ、公演を楽しんでもらえたことの証なのではないか、と思っています。

モーツァルト=礼真琴

* また、モーツァルトは礼さんそのものに見えました。才能を持つ者の苦悩…。マスメディアによる妨害や圧力…。今までの軌跡の中では、サリエリと同じ思いをいだいた人もいたことでしょう。それでも、作品は記録され、後世に残る。私たちが「一生忘れない!」と思う幸せやパワーを、多くの人の心に残すことができる。下級生に技術や思いが受け継がれ、宝塚歌劇として後世へつながってゆく…。

* 一方で、「音楽で勝つ」ということに拘るサリエリと、「音楽は料理と同じで、それぞれの口に合うかどうかなんだ」と言うモーツァルトの話を聞いていると、宝塚歌劇においては「トップになることが勝つこと」ではない、「タカラジェンヌさんの個性がファンの好みや希望と合うかどうかなのだ」、と言っているようにも聞こえてしょうがありません。今回の公演で、トップコンビの技術の高さに注目が集まっていますが、それぞれのタカラジェンヌさんの個性も輝いてほしいな、と思いました。

* 阿弖流為の時に感じた、新しい星組のカラー。阿弖流為はお芝居、今回は音楽とダンスと全く違うジャンルですが、同じ風を感じました。皆が楽しそうに、体いっぱい使って熱く表現している。これこそ、礼さんの持つ求心力と、周りのジェンヌさんたちへの影響力なのではないかと思います。


この星組の今の勢いは素晴らしい!と思う反面、初々しいコンビに期待が大きくのしかかってくることが心配です。でも、今までも想像を超えて進化している琴ちゃんですので、これからを楽しみに観劇していきたいと思います♪

Mozart_hall

(中継のカメラが4台入っていました) 

« 【星】ロックオペラ モーツァルト初日 | トップページ | 【星】ロクモ千秋楽 »

宝塚」カテゴリの記事

礼真琴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【星】ロックオペラ モーツァルト初日 | トップページ | 【星】ロクモ千秋楽 »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ