2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去の記事

« 2020年春の花たち | トップページ | 【星】眩耀の谷 ~舞い降りた新星~ »

2020年4月26日 (日)

琴さんを追いかけた軌跡

星組の大劇場初日が開いたのは2月7日。クルーズ船が大変…というニュースはあったものの、国内の屋形船感染が報道されたのが中旬以降なので、コロナは対岸の火事…という雰囲気の頃でした。

今思うと、FC会員は全てマスク必須、ハイタッチは中止、という予防策は出ていましたけれども、まだまだのどかな遠征でしたね…。それからわずか2か月後に、家から一歩も出ない日が続く日が来ようなどとは、想像もしていない時期でした。ですので、星組初日遠征の感想はごく普通の遠征記録として残しておきたいと思います。

今日は、今まで追いかけてきた記録と、「お披露目」についての雑感を書いておこうと思います。


研究科2年から、ずっと見守ってきた人がトップスター就任する。

そんな経験は、まだまだヅカファンとしてはひよっこの私にとっては、初めてのことになります。

今思うと、ロミジュリの初演時の遠征が、私にとっては転機になったのかもしれません。

たまたま宝塚ニュースでロミジュリの初日映像を見て、なぜだか「どうしてもこれだけは観なければ!東京に来ないなら梅田までも!」と感じたんですよね。特に星組ファンでもありませんでしたし、まだ子供が家にいる時期でしたから、そんな遠征は勇気のいることでしたが、たまたま入手できた千秋楽チケットを持って、弾丸で大阪へ行ったのが2010年のことでした。

本当に素敵な音楽とダンスの舞台で、今まで観たことのない楽曲と、色彩豊かなお衣裳に圧倒されたのを覚えています。その時に印象的だったのが「愛」の研2の琴さんでした。音楽しか興味のなかった私にとって、ダンスだけの琴さんが記憶に残ったというのは、初めての経験でした。

その後、オーシャンズ11でこんなに歌える人なんだ…!と感嘆し、それ以来、影ながら応援してきました。集中的に通い出したのは黒豹新人公演からで、そこからは「限度を知らない」と揶揄されても反論できないような追いかけをしてましたね。

【星】 黒豹新人公演
【星】 礼真琴さんのショーヴランについて
  (子供の独立を機に遠征は1週間に…)
【星】 阿弖流為 青年館 千秋楽
  (夏休み一週間毎日観劇)
礼真琴ディナーショー 東京千秋楽
  (東京と宝塚両方参加)
台湾星組遠征⑤ 高雄 大千秋楽
  (リフレッシュ休暇は高雄一週間滞在)
【星】ロックオペラ モーツアルト千秋楽
  (遠い知り合いに頭を下げてまでチケット確保に奔走…)


そして迎えたお披露目初日。

でも終演後、想像していたよりも冷静な自分がいました。もちろん、大階段を大羽根を背負って降りてきた琴ちゃんを見て号泣しましたが、私にとってのお披露目はロクモだったのかなぁ…という気がした初日でした。阿弖流為のお芝居や、ロクモの音楽、全ツエストレージャスのような出ずっぱりの琴さんを、知らず知らずのうちに期待してしまっていたのかもしれません。

翌日にもう一度観て少しわかったのですが、一度見て結末が分かった状態で観劇すると、脚本家の想いの詰まった、素敵なお芝居だなぁ…と感じられたのです。ショーも、あのロクモや全ツエストレージャスのような、出ずっぱりの状態だったら、何か月も毎日公演はできないだろう…と思いました。そういった落ち着いた目で見ると、素敵な場面が沢山あって…。

結果として、読む人が期待するような初日レポが書けるような状態ではなかったこと。また、少しでも感想を書くと二つの謎解きがネタバレになってしまいそうだ…と思ったこと。その二つが重なって、2月の初日時点ではレポを書く気持ちになれなかったのです。

そして日を追うごとに状況が変わり、客席降りがなくなるどころの騒ぎではなく、2月26日の自粛要請に従って休演となってしまいました。その後、大劇場千秋楽の1回だけ幕を開けましたが、GWまでだった東京公演は全て休演…。でも今になってやっと、眩耀のブルーレイも手に入り、落ち着いて書けるかな…と思いますので、次は公演の感想を書こうと思います。

Img_3498

« 2020年春の花たち | トップページ | 【星】眩耀の谷 ~舞い降りた新星~ »

宝塚」カテゴリの記事

礼真琴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年春の花たち | トップページ | 【星】眩耀の谷 ~舞い降りた新星~ »

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら
無料ブログはココログ

トンボ玉販売