2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去の記事

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月31日 (月)

エリザベート:帝劇2022年

東宝エリザベート。本日は花總さんと山崎さんの回を観てまいりました。はっきり言って最高でした!半年前からこの組み合わせで観たいと思っていた回なので、無事開演できて、無事自分も観られる状況となって、本当に嬉しかったです♪

Elisabeth_2022

実は私。今までは東宝エリザを観ても『宝塚の倍額を出す価値』を感じられないことがありました。このお値段でこの舞台なら、宝塚を2回観る方が断然楽しい…と思ってしまったのです。

でも今日は違った。圧倒的な歌唱で攻めまくるトートと、その周りを固める肉体美のトートダンサーは、これぞ帝劇レベル!と思う素晴らしい技量で大感動。ヴィンディッシュ嬢の歌がとても印象的だったし、ハイネの場面のデュエット(シシィとパパ)が泣けて泣けてしょうがなかった。ここで泣いたのは初めてだったんですけれど、何だろう。シシィの苦しみがダイレクトに伝わってきたのでしょうか。パパとのハーモニーは美しい旋律でした。

そして香寿ゾフィーのソロ。教育方法に問題はあったかもしれないけれど、王家存続のために孤軍奮闘していたのが伝わってきて、ぽろぽろ泣いてしまいました。マダム・ヴォルフの未来さんはさすがだったし、美麗さんのマデレーネも目が離せなかったし、佐藤フランツの声の良さに感動。ルキーニもイメージにぴったりでしたし、どの役の方も、キラリと印象を残す演技をされていて、技量のある演者を集めてこそ成り立つ作品なのだ…ということも実感しました。

では、最後にトートとエリザベートの印象を書いておきたいと思います。

花總シシィ

「きれいな女なら他にもいる」ではないですけれど、「歌が上手い人は他にもいる」。でも、花總さんのエリザベートは、歌唱の技量だけでは測れない、圧倒的な存在感を感じます。

気品。たたずまい。内に秘めた思いがダイレクトに伝わる歌唱。10台から老年までの演技。後半は顔の輪郭じたいが変わっていてすごい…と思いますし、最初はあらがうだけだったシシィが自我を見出し、最後に自らトートに身をゆだねるまでのシシィの生涯が、しっかりと伝わってきました。

そして何と言っても1幕ラストの、あの白いドレスとシシィスターを身にまとった花總さんの美しさ…。ほーっとため息がでるほど素敵ですね。観られて本当に良かったです。チケットを手配してくださった友人に感謝!

山崎トート

圧倒的な歌唱で、存在感のある熱いトートですね。私の基準はどうしても礼真琴さんになってしまうのですが、彼女の舞台と共通点が多いな…と感じます。他のメンバーの歌に聞き惚れていても、山崎さんがそこに加わると空気が変わるというか、歌でねじ伏せる強さがあるというか、すごいわ…すごいわ…私はこんな歌が聴きたかったのよ!!!と思うんですよね。声の質も、発声方法も、表現も、一番自分が求めているものに近いからなんだろうな…と思います。

私は音程のブレに違和感を感じる人なので、山崎さんの歌は本当に安心できるし心地いい。そして、安心できるからこそ、どっぷりとエリザベートの世界観に身をゆだねられるのだな…と再確認しました。

最後に

観る側がトートやシシィに求めるものは、人それぞれ違うと思います。だからこそ、いろいろなキャストの組み合わせがあって、一番好みに合うのはどれか…と探す楽しみもあるのだと思います。2022年版のエリザベートは、私の中で記念に残る作品になりました。このまま最後まで公演が続き、皆がこの素敵な公演を観られますように…と願っています。

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »