2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去の記事

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

2022年11月28日 (月)

【星組】ディミトリ〜曙光に散る紫の花〜

星組公演、ディミトリ・ジャガービートを観劇してまいりましたので、感想をまとめました。初日の感想(←リンクあり)はネタバレしないように書きましたが、今日はお芝居について詳しく書いてみようと思います。

Blog_2022_nov28

写真は、初めての新宝塚ホテル(旅行支援で超安く泊まれた)、公演デザート、殿堂、キャトルの琴さん監修グッズコーナー、です。

全体的な感想

13世紀ジョージアの歴史をベースにしたこの作品は、生田先生のジョージアンダンスへの憧れと、オーディオドラマとして有名になった『斜陽の国ルスダン』との出会い、そしてそれを「礼真琴で見たい」という先生の野心によって生まれた物語なのだそうです(詳しくは、プログラムを参照下さい)。

私は、原作を読んでから初日を観劇しましたが、歴史の中から"ディミトリとルスダンの関係性の変化"に焦点を絞って描いた物語となっていますので、初見であっても分かりやすい展開になっていると思います。

冒頭の戦闘シーンにジョージアンダンスが取り入れられ、星組らしい力強いダンスは、圧巻の迫力。婚礼の踊りも素晴らしいステップで、ダンサーなトップコンビによる異国の踊りを堪能することができます。

そして全編通して観た感想は、層の厚い素晴らしい歌い手たちによる、歌で綴られた異国の愛の物語という印象を受けました。気がつくと私の観劇メモは、〇〇の歌で泣いた、というものばかり…。

でもそれは決して暗く苦しい涙ではなく、良かったね…理解してもらえたね…その想いは正しく伝わったね…という涙。ディミトリは行き場を失って自害するけれど、裏切ったはずのホラズムの王から”自分が何者だったのか”を伝えてもらい、安堵の中で最期を迎えることができた。そして最後は、遠く離れた一番伝えたい人に、正しく、その思いを伝えることができた。全ての誤解が解け、ルスダンとアヴァクが最後に話すところは、毎回涙が止まらないです。

紫のリラの花咲く王宮、城下の市場、繰り返される戦争…。その中で国を守り、生き抜こうする人々の歴史を感じることのできる作品だと思いました。まだまだ始まったばかりの公演です。これからの進化にも期待したいと思います♪

各場面の印象(主に歌)

* 幕開き。ディミトリがリラの花咲く庭園で歌う場面は、物語の世界観に一気に引き込む力のある歌ですね。初日に聴いた時は、私はずっとこの琴さんの声を生で聴きたかったのだ!と思って、無事開演できたことに感謝しました。

* ギオルギとバテシバが歌う内容は、ルスダン夫婦の未来を暗示しているので、2回目の観劇では一気にウルウルモードに入ってしまいました。

* 城下の市の歌は変拍子。異国の祭り、という雰囲気が出ていますね。

* 戦闘の場面は、やはり琴さんと暁さんが群を抜いて目立ちます。琴さんの太刀筋は力があるので「斬る刀」に見えるのがすごいと思いまし、暁さんは背が高くてしなやかに跳躍するので、見応えたっぷり。

* ギオルギから今後を託された後の、銀橋の歌。途中の転調で意志の変化を表しているように感じます。

* 婚礼の夜の「今こそ明かそう」の歌。幸せな時は短いことを知っていると、もう前奏から泣けて泣けて…。本当に素敵な歌。

* アヴァクの、議会から王配を遠ざける時の歌は、凄みと迫力があって素晴らしい。圧倒されます。

* トビリシ陥落後に、ジャラルッディーンについて行く時も、やはり転調した同じ歌で意志を表していますね。

* ディミトリの前に現れるギオルギ・バテシバ夫婦との三重唱。素晴らしいハーモニー!

* 使者としてルスダンと再会し「私はあなたの夫だ」という場面から、トビリシ奪還のクライマックスまで、毎回号泣です。

まとめ

最後にルスダンの生きて歩もうとする姿が神々しく、いいお芝居を観たな…と感じられる作品だと思います。人が人を大切に想う気持ちや、様々な愛の形を問う内容で、沢山の方に観ていただきたいな…と思いました。これからの方は、どうぞお楽しみに。

2022年11月16日 (水)

【星】ディミトリ・ジャガービート 初日感想

『ディミトリ~曙光に散る、紫の花~』と『JAGUAR BEAT-ジャガービート-』の初日を観劇してまいりました。一言で印象をまとめると、『歌でつづられた美しい異国の物語』と『オーロラクリスタル(虹色キラキラ色)のキラールージュ』でした✨ 今日はネタバレしない程度に感想をまとめようと思います。

Rusudan_2022nov

ディミトリ~曙光に散る、紫の花~

公演を観る前に原作(斜陽の国のルスダン)を読んだのですが、異国の歴史を感じられる物語と思いました。美しい王族、紫のリラの花咲く庭園、剣と槍の時代の戦闘、甘いだけではない愛の形。私が若い頃に好きだった小説と似た雰囲気を持っていたこともあって、若い頃に空想していた『異国への憧れ』を強く思い出した小説でした。

これがどのように舞台化されるのか。自然とワクワクしてしまう気持ちと、不測の事態が起きた時のために…と抑える気持ちと、その両方を抱えたまま初日迎えたのですが、幕が開いたらあっという間にその世界に呑まれていました。

歌劇などの事前情報では、ジョージアンダンスがピックアップされることが多かったので、ダンス主体のお芝居のイメージだったのですが、全体的には歌でつづられたお芝居だったと思います。

ジョージアンダンスは、星組ならでは!と思う迫力。群舞として圧倒されます。そして礼さんの剣は、殺陣の美しさと力強さを兼ね備えていて、見ていて本当に惚れ惚れしますね♡ 婚礼の時の踊りも、ジョージアの伝統の踊りだそうですが、ステップが細かくてとても見ごたえありました。

後半にかけては、ルスダン女王と、政治には関与できなかった夫ディミトリの、2人の心の変化を丁寧に描いてあり、最後は涙腺決壊状態になりました…。 やっぱり琴さんの歌は感情を揺さぶられますね…。冒頭のギオルギ夫婦の歌は、この物語の未来を暗示しているので、2回目以降は初っ端から涙腺決壊となりました(笑)

まだまだ、初日から数日しか経っていませんので、今日はこの程度のふわっとした感想にとどめておきたいと思います。また次回遠征した時に、各登場人物について少し詳しく書きますね。あ、伝書鳩が運ぶお手紙は、足ではなくリュックタイプでしたので、どうぞお見逃しなく。

JAGUAR BEAT-ジャガービート

ジャガーという題名から、『ジャガー柄』とまではいかなくても『ヒョウ柄』アイテムを準備した人が多かったのではないでしょうか。ところが、ふたを開けてみたら『茶と緑の大地』からはほど遠い、『キラキラまばゆい色彩の洪水』のショーでした(笑) 各アニマル柄は、衣装の一部に取り入れている程度かな。あ、天華さんの女豹は全身でしたね☺

私にとって斎藤先生は、やはりキラールージュのインパクトが強いです。台湾高雄の大千秋楽まで7か月間も観ていたので、どの場面も「キラキラなキラル」に見えてしまいました💦プロローグのトゲトゲなお衣装、銀橋でのコミカルなお芝居(フラレ続ける琴ジャガー(笑))、アイドル風な娘トップ、星空イメージの場面で椅子に座っているところも…。そうそう。琴さんの、赤・黒・金の羽根つき衣装は、まさにキラルなイメージでした。

このショーの中で好きなのは、中詰めの『壮大でビートのあるスペースオペラ』という感じの曲かな。クラシカルなデュエットも、体幹が感じられる”しなやかな美しさ”があって素敵でした。あと、なこちゃんの歌で男役1・2・3が踊るところが一番好きかな!黒・金の琴さんの歌も最高です♡ プログラムのショーの説明を読んでも、記憶の場面と全然リンクしていないので、次回までに歌劇とプログラムを読み直したいと思います。

最後に

ご挨拶で礼さんが「ショーのインパクトが強すぎて、お芝居の記憶が遥か彼方」とお話されていましたが(笑)、美しくも悲しい異国の物語と、キラキラな「圧」で走り切るショーの2本立てとなっています。肩の力を抜いて、3時間身をゆだねて楽しもうと思います!

(観劇の翌日、顔出しリモート会議中に、ショーの一場面が目の前に再現してしまって…。ふと気づいたら、ニヤけた自分の顔が同僚に配信されていて、ひじょーに焦りました💦 それくらい、楽しかった遠征でした♡)

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »