2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去の記事

カテゴリー「礼真琴」の73件の記事

2022年9月23日 (金)

【星】全国ツアー モンテ・クリスト伯 相模原千秋楽

今、スカイステージの千秋楽映像を見るだけで、胸がいっぱいになっています。

◇ 全ツ モンテクリスト伯・Gran Cantante!! 梅田初日

この幸せに満ちた初日レポートを書いた後、毎日ツイッターのタイムラインにあふれる「ご当地アドリブ」にワクワクしながら北海道と和光に行き…。そして和光の翌日に休演の報を受け取りました。

千秋楽まで10日という時点での休演。正直「昨日の観劇が最後だったのかもしれない…。」と覚悟しました。ただ、9月7日に厚生省のガイドラインが変わって、待機期間が大幅に緩和されたため、わずかな望みは持っていたんですよね…。この数年、厳しい制限のある生活をしているタカラジェンヌさんたちが、やっと楽しく全国を回れるようになった…と思っていた矢先の試練でしたので、何であなたたちばかり苦しい思いをしなければならないのだろう…という気持ちでした。

休演期間中は、全ツのお写真を買いに行ったり、琴さんのCM撮影地に行ったりしながら吉報を待ち、そして遅い夏休みに突入してから、「最後の3日間のみ再開、ただし7人休演」という発表を受け取りました。やった!良かった!という気持ちが一番でしたが、休演者とそのファンの気持ちを想像すると、手放しに喜んではいけないような気にもなり、完全なお祝いモードにはならないまま再開初日を迎え…。

でも幕が開いたら、代役の皆様の頑張りに目を見張り、ショーで各場面カバーし合う姿を見られて、大感動でした。

瀬央「(ゆっくり)皆様~!!」
舞空「(はっきり)お待たせ~!!」
礼「(静まり返ってから)待っててくれて、ありがとう~~!!!」

というアドリブが入った時は、客席からの大拍手がなりやまず 、私を含めて皆号泣モードに突入でした…。

その日の終演後の「複雑な思いは、私達も同じです。」という琴さんの言葉も重かった。主に、休演者のファンに向けた言葉だと思いましたが、千秋楽でも「この状況で幕を上げてもいいのだろうかと思った。でも、一人でも再開を待ち望んでくださるお客様がいるなら、一人でも舞台に立ってやる…と思いました。」とお話されていましたので、葛藤は大きかったのでしょうね…。

「35人全員で作り上げた舞台を一生忘れません。」という言葉は、配信を見ている休演者に向けての言葉だと思いますし、琴さんのご挨拶はいつも、短い中に真の思いを伝えようとしてくれているのを感じます。幕を上げるために、一人一人ができる精一杯のことをやろうと、前向きに努力されてきたのだと。そのことが、ひしひしと伝わってきた千秋楽でした。

Zentsu_2022_sep


それでは、相模原公演について、初日から変わったことや印象に残ったこと、アドリブなどを箇条書きで書いてゆきたいと思います。

*お芝居は、モンテクリスト伯の凄味が、倍増しになったような感じがしました。くそくらえの叫びが真に迫る迫力で、思わず体がビクッと動いてしまったほど。

*お芝居のご当地アドリブ。再開初日は 「崎陽軒の焼売弁当、食べる順番があるって、知っているか?」 でした!客席大ウケ。私は、全ツが帰ってきた…!とウルウル…。

*代役の夕陽ヴィルフォールは、検事総長という意味では若い…という感じはあったのですが、有沙エロイーズさんに振り回されている感があり、歌も迫力があって大健闘だったと思います。

*蒼舞 ルイジ・ヴァンパは、日を追うごとに大進化していましたね。初日は「え~っと~」と詰まるところもあるくらい膨大なセリフ量でしたが、まるでセリフの一部のようにさらっとつなげていて、さすがでした。千秋楽はもう余裕すら見え、蒼舞ヴァンパになっていてすごいなぁ~と感嘆していました。

*本役として戻ってきた有沙エロイーズ。さすがの貫禄で、素晴らしかった。ショーの歌も圧巻。琴さんとのデュエットは、お互いの主張がしっかりかみ合い、心地よいハーモニーになってその響きが会場全体に広がったような…そんな気がしました。

*ショーは春から続いているので、GWと今回と、二度の休演期間に感じたことを思い出してしまって。何を観ても涙…。

*冒頭は美稀さんが一人で、「相模!大野!相模大野!」千秋楽は、「千秋! 楽も! ひとりきり!」

*サンホセは、遥斗さんと蒼舞さん。笑顔で踊っている姿が忘れられない。

*ニンジン娘はBDで観られないので、音を覚えておこうと全神経集中しました。馬役の瀬央さんが美しすぎる。

*礼・暁のデュエットの場面は、鳳真さんと都さんの歌でした。綺城さんの包み込む歌声も素晴らしかったですが、鳳真さんも心を込めて歌っていらっしゃいましたね。踊っているありちゃんが、完全に「女の子」顔で笑っていて、何だか嬉しかったな…。

*瀬央さん。バレンシアとコルドバは連続での歌唱。でも全然歌い方を変えて、しっかり場面をつないでいて、本当に素晴らしかった。

*琴・なこ・瀬央3人のアドリブの締めとして、「愛してるぜ!」の3連発を持ってきたの最高❣ 小さくガッツポーズしてしまいました。

*再開初日に、一番泣いたのはアデランテでした。再開できるか不安な時に、志摩スペイン村の動画を何度も聴いていたので、楽しそうに歌い踊っている姿を観て本当に嬉しかった。

*星組のパッションが熱過ぎて、バイラ(青の衣装の男役総踊り)での全員の掛け声は、スピーカーの音が割れそうになっていました。皆さんの気合いを感じて、泣き笑いでした。

*パレードの最後。両サイドからのミラーボールで会場全体がきらめく中、満席のお客様を前にしてスポットライトの当たった琴さんを見て涙・涙。 千秋楽の開催に尽力された、全ての皆様に感謝!と思いました。


7月に東京公演を無事完走させ、やっと楽しい全国ツアーが始まって、その途中での休止。感染へのプレッシャー、休演の仲間への思い、代役として舞台を最短で復帰させるための努力…。おそらく、ファンの側からは見えない、大きな壁を乗り越えての再開だったのだろうと想像しています。

ただ、全ツだったからカーテンコールがあり、その「今の思い」を短いご挨拶の中で伝えてくださって、それが嬉しかったです…。大劇場の初日には、組子全員が、笑って舞台に立ってくれることを願っています。

2022年9月 3日 (土)

【星】全ツ モンテクリスト伯・Gran Cantante!!

 星組全国ツアー公演、モンテ・クリスト伯/グランカンタンテの梅田公演の初日に行ってまいりました!お芝居は復讐劇ですが、原作から大きく改変されて”ハッピーエンド”となっていますし、グランカンタンテは暁さんが加わったことで、さらにパワーアップしています。完成度の高い、贅沢な演目だな…と思いますので、全国の若い世代や、昔ファンだったけれど遠征できない方にぜひ観ていただきたいな…と思いました。

実は訳あって、先日月曜日に四国へ飛ばなければならず、その時点で初日は観られないことを覚悟しました。でも何と奇跡的に梅田に行くことが叶い、翌日も友人から譲ってもらったぴあのチケットで観劇することができました…。花組も止まっている中、開演できたこと。そして自分もその場に行ける状況になったこと。交通機関も問題なく動いたこと。全ての条件をクリアしないと観劇はできないのだ…と痛感しました。観られて本当に嬉しかった…。

では初日の第一印象から書いていきたいと思います。

Montecristo_umeda

モンテ・クリスト伯

長い原作のあるお話なので、もし宙組公演をご覧になっていないようでしたら、開演前にプログラムのストーリーを読んでおくことをおすすめします。恋敵や、出世を妬む同僚にハメられるのは理解しやすいと思うのですが、なぜ監獄送りへと急展開するのかについては、「手紙が検事自身の立場を危うくするものだから」だと、すぐには理解しにくいかな…と思います。

そのあとは、エドモンがどう脱獄し、復讐を果たすかが原作の見どころなのですが、宝塚版では「復讐では心が救われない」「許すことでしか未来はない」と、テーマが大幅に変更されています。最後の改変も、最初に宙組を観た時はすぐに受け入れられず、「復讐が生きる糧となっていた人が、すぐに改心なんてする?子供…?まぁ宝塚だし、ハッピーエンドもいいのかな…。」という感じでした。

でも今回星組公演を観て、自然に涙が出てきました…。牢獄で司祭に諫められた時は全く受け付けなかったエドモンが、ベルツッチオの説得、エデ姫の訴えで次第に心が軟化していくのが分かり、最後のメルセデスの「今でも愛している」という言葉で心が動いたことが、表情でびしびし伝わってきました…。舞空さんの「母」の強さもとても良かった。

プログラムを読んでなるほど…と思ったのですが、「恨」と「復讐」が基本思想にある国と日本は違う、ということなんですね。この周囲の人の畳みかけるような訴えが、エドモンの心を溶かす。それこそが宝塚版の巌窟王なんだと、やっと理解できました。

そして宙の時と違って、密輸船の船長(天華さん)とのちのダンテスの部下(暁さん)の二人がストーリーを進めます。全ツならではのアドリブもあり、密輸船の乗員たちが楽しいです。装飾品やお鬚が取れたりと、まだまだハプニング満載ですが、礼さんの7変化も見どころですし、これからの進化を楽しみにしたいと思います♪

グランカンタンテ

こちらは前回公演から引き続きなので、本公演と違うところを中心に。

•冒頭、妖精は二條華さん。初っ端からアドリブあるので、聞き逃さないように!(笑)

•天寿さんパートが、ほぼ暁さんを中心とした場面に変わっています。

•美穂圭子さん、音波さんのところは、娘役さんがそれぞれ出番をもらっています。

•一番違うのは、ありちゃんが美女になってデュエットするところかな。まだまだ硬いのが新鮮(笑)

•BDでカットされてしまっていた瀬央馬ニンジンが聴けて、何だか感動しました…。そこに加わった大御所馬(輝咲)さんに、ついつい目が行ってしまう。

•ボニータは、エドモンの可愛らしい前髪が、ここでは最強な髪型になっています♡ もう最高❣ センター後方席だった時は、オペラで観ていると「礼さんの視線は私のもの」感が満載でした。いやいや…今思い出しても悩殺される…と思うくらい、素敵な場面♡

•暁さんの青春を駆ける。これはすごいです。さすがの歌い手(グランカンタンテ)!

•美穂さんの場面。今は代役でりらちゃんが務めています。

•そのあとは、基本的に本公演とほぼ同じですが、中詰めの終わりに、礼さん、舞空さん、瀬央さんが居残る場面があります。ここでご当地アドリブが聞けますので、注目してくださいね。

•108期生の場面は、前半が暁さん中心とした若手男役さんの場面になっています。もともとの志摩スペイン村の曲(このページで聴けます)を歌っているのですが、今私の頭の中は、このアデラ~ンテ、アデラ~ンテ、アデラ~ンテ~~~♪でいっぱい(笑)

•後半のロケットも振りが変わっています。鳳真さんが中心。足が長くて、笑顔が素敵。

•そして最後のパレードは、舞空さんが大羽で、本公演の時に付けていた片羽根は暁さんがつけていらっしゃいました。

語り出したらきりがないので、今日はこのあたりで。この後は、北海道、和光、相模原に行く予定ですが、また思い出したら追記したいと思います♪

休演・再開・千秋楽についてはこちら

◇ モンテクリスト伯 相模原 千秋楽

 

2022年5月31日 (火)

【星】めぐり会い 大劇場 千秋楽

星組大劇場公演、めぐり会いは再びnext・グラン カンタンテの千秋楽が終わりました。私は幸いなことに、客席から拍手で気持ちを伝えられることができましたので、今までの感想も含めて記録しておこうと思います。

ほとんど前作の記憶がない状態で観劇した初日の感想と、ショーで使われている曲の紹介はこちら↓

初日の感想とセットリスト

GWに遠征したものの8公演のチケットがなくなり、スカイステージのロケ地を巡った記録はこちら↓

公演中断中の遠征記録 

そして3週間のちに再開し、その再開初日の公演も観劇しているのですが、組長さんのご挨拶の間、礼さんはグッとこらえたような、申し訳ありませんでした…という表情に見えました。

礼さんが、「中止期間中もエールを寄せてくださいました皆さま、ありがとうございました。最後まで全力で努めてまいります。」と挨拶されたのですが、再開の喜びというよりは、ご迷惑をおかけしましたという気持ちを感じて、本当に悔しい思いをされたのだろうな…と思ったご挨拶でした。

そのような経緯もあり、本日予定通り、満席の客席の中で退団者を見送ることができたのは、改めて「お祝い」なんだな…と感じます。ルーチェの素敵なお母さんを演じた華雪さん、最後まで清楚な上級生娘役として見事だったはるこさん、そしてプリンス天寿さん…。ご卒業は寂しいですが、まだ東京もありますので、最後までしっかり応援していきたいと思います。

それでは、以下は複数回観劇した後の感想です。萌えポイントなどを時系列に並べるだけですが、書き留めておきたいことを箇条書きにしたいと思います。

Photo_20220531010801

お芝居

*開演アナウンス。柳生の時は、完全に十兵衛先生のままの声でしたが、今回は高めでルーチェらしい♡普段の琴さんに近い、自然な感じのアナウンスですね。

*プロローグ、双子ちゃんがなくしたポシェットは水色!と確認しました。

*琴ちゃんの肉の食べ方が上手い!つまんねーなーという顔から、一口食べて「これいけるぞ!」という顔に。

*琴ちゃんが歌うと、す〜っと心に響いてくるので普段は意識しないのですが、夜風に当たってくるの時の歌は、きっと難しいでしょうね。

*筋肉が喜んでいる、はリングフィットでしょうか。(NHKの筋肉体操は「筋肉は裏切らない」ですよね?)

*ワルツの前、マイクは入ってないけど「全然わからない〜!」と言いながら人混みに駆け込んで行きます♪

*寝過ごしたと駆け込んでくるのも、お金ない!と探しまくって最後に思わぬところで見つけるのも、雨に降られるのも、まさに数日前の私で共感しました…😅 (大雨で新幹線が止まって開演前に滑り込み。その上キャッシュカードを忘れ、持ってきたクレジットカードはキャッシングに対応してなくて真っ青に…。でも最終的には現金の入った封筒を手荷物から発見!)

*ダンスコンテスト、2階から見てやっと、アンジェリークの逃げて捕まる様子を追えました。三原色さんがマント着ているのも、ダンスしている双子ちゃんも、アンジェリークのティアラが落ちるタイミングも、千秋楽になってやっと確認!

*琴ちゃんがアテレコしている、子ルーチェの声が好き。柳生十兵衛先生と、青年ルーチェと、子ルーチェ、そして昔のガイズのアデレイドが同じ方とは…ですよね♡

*毎回、アンジェリークの歌にウルウルします。

*ユリウスさんの「王国を背負えるのは…」のくだりが、現実世界の天寿さんに重なります。上手の壁でのお芝居は、泣いて笑って忙しい。

*レグルスがプロポーズするところ。ルサンクの脚本だけ読むと、さらっと過ぎてしまうことに気づきました。瀬央さんらしい素敵なプロポーズの場面ですね。

*天寿ユリウスと音波レオニードが、舞台奥から未来の王子・王女を見守り、その後両脇にはけていく場面に毎回泣きます。星組の未来を託す目に見えてしまって…。

*アンジェリークが王宮に戻りますと言う時。それまで娘として育ててきた輝咲パパの、寂しいけれど嬉しそうな表情がたまらないです。逆に、大司教様は、娘が出て行って大泣きしてますね笑。

*プロポーズの指輪、Now on stageで聞いた通り、本当にキランとしてました!この時のお衣装がポスターと同じで、本当にお似合い♡可愛い。やはりハッピーエンドはいいですね。

Photo_20220531011301

ショー: グラン カンタンテ

*引き抜きの後、礼さんが男役を引き連れて大階段を降りるところが、何ともカッコいいです。わぁぁ…トップさんだ!とテンション上がる瞬間です。そして昨日は、幕の向こうのスタンバイまでの様子を想像して楽しみました♪

*そしてその隊列が舞台に展開した後、逆三角の先頭で降りてくる舞空さんのカッコいいこと!その時の、星組全体のフォーメーションが本当に素敵で大好きです。ルサンクの裏表紙が、その場面ですね!

*1階席の1番前と1番後ろはあまり音響が良いとは感じなかったのですが、それでも琴さんの歌は本当に素敵で。でも、二階前方でプロローグ最後の「グランカンタンテ〜♪」を聴いた時、劇場全体が震えるような歌唱に完全にノックアウトされました♡

*ニンジン、二階からだと舞台の奥の方まで見えるのがいいですね。シケを直す瀬央馬さん、カッコいい。

*ボニータ。男性ダンサーが上半身出して踊るのは普通だけど、何故開襟でここまで色気が出るのか不思議です笑。何度観ても、ここが1番好き♡

*1階席の後方で、ほぼ真センターだった日。オペラでボニータ見てて、心臓を鷲掴みにされました。 最初から最後までオペラで食い入るように観たのは初めてでした…。後ろの方が視線の高さが合うのね❤️

*バレンシア。美穂さんと琴さんのハーモニーは、力強く美しい。饗宴という言葉が思い浮かぶほど。タンゴで見せる男女のかけひきを、歌で表現しているように思えました。

*礼、舞空、瀬央、の並びで銀橋に残るのが嬉し過ぎる…と毎回思います。ボーナスタイムのようで心踊る場面です♪

*闘牛士の琴さんのダンスが、手足の先まで美しくて見惚れます。その後の、「美穂さんの追悼の歌」と「舞空さんの追悼のダンス」という組み合わせも最高!

*この後の、黒いお衣装の手を回すウェーブが大好きです。そして、退団の3人が壇上で並ぶと涙腺が…。客席からの拍手も大きいですね。

*そして、白い衣装で大階段に現れるトップスターさま。アカペラのオンブラ・マイ・フは圧巻です。もっともっと聴いていたい!ここで終わり?!と毎回思います。

*初舞台生が銀橋を渡る間にスタンバイする、エストレージャスの青の衣装のメンバー。なこ姫さまのオーラがすごいです。本当に素敵♡ そのあとの、組全体のフォーメーションがカッコいい!

*礼さん、舞空さんのタンゴのデュエットは、全世界の人に見てもらいたい!と思います。

*108期のパレードの振り付けが、組子と違うのに、初めて気付きました!

 

退団の皆さまの最後の姿を目に焼き付け、星組のパワーを感じられた公演でした。東京は完走できますよう、心から祈っています。

2022年5月24日 (火)

【星組】めぐり会いは再びnext・グラン カンタンテ

星組の本公演。GWに入った直後から3週間休演となってしまいましたが、20日に無事再開することができました。私は初日から2公演観たのち、早々に自宅に戻って資格試験の勉強をしていたのですが、それを終えてGWに大劇場に戻ったら…。

その時のことはこちらの日記にまとめましたが、休演期間中は何もやる気が起きず、感想をまとめることはおろか、初日映像を見ることすら抵抗があるような状態でした。でもやっと再開初日に弾丸遠征できたことで、すべてにおいてやる気が戻ってきた気がします。やっぱり宝塚は(琴ちゃんの公演は)私の元気の源なんだなぁ…と実感中。

それでは、感想を書いていきたいと思います。

Meguriai_shoniti

めぐり会いは再び next generation-真夜中の依頼人-

2011年の「めぐり会いは再び」、2012年の「めぐり会いは再び2nd」の10年後の続編です。大まかなあらすじは公式HPに書いてありますので「めぐり会いは再びの世界」「相関図」を読んでおくのは必須かな…と思います。シルヴィア(夢咲さん)の弟のルーチェ(礼さん)は2ndから登場したのですが、ガールフレンドのアンジェリークと喧嘩中…という設定でした。実時間で10年経ち、物語上でルーチェとアンジェリークが10年後にどうなったか…というのが今回のお話になります。

私はGWで8公演の観劇を予定していたので、初日はあえて復習せずに観劇しました。そして、前作を知らない人でも十分楽しめる楽しいお芝居!と確信しました。何度か状況を説明し直してくれるし、その全然わからない部分を逆手にとって笑いを提供してました。さすが小柳先生。

また、新しい登場人物となる探偵事務所(瀬央さん、有沙さん、天華さん、水乃さん)のメンツがとても楽しいです。瀬央さんと礼さんの掛け合いは、VERDADで見たような二人の普段の雰囲気を感じられるセリフだと思いました。

もう一つの新しい登場人物がオンブル家(綺城さん、極美さん、小桜さん)。この方たちが悪役を担っていますが、ひとつ前の「王家に捧ぐ歌」のような悲壮感はなく、気楽に観られる展開なのが良いですね。

あと…。私の推しポイントは、舞空さんの冠をかぶったドレス姿です。ポスターは何とも微妙な表情ですが、絵から飛び出てきたような感じで本当にかわいい。

そして最大の推しポイントは、 ユリウス(天寿さん)です。2ndの時は、冒頭でルーチェとユリウスが銀橋を渡って行きましたが、今回は逆方向に二人で銀橋を渡ります。そのあとの壁際での二人の様子は、もう笑って泣いて…。何があるのかは、どうぞ舞台をご覧になってくださいね!


ではこの後は、私の体験を踏まえて、観劇する前に押さえておくと良さげな点をご紹介します。前の設定を知らなくても話は分かるようにはなっていますが、一つ一つのセリフに「そっか!なるほど!」と思うところがあるので、その中から厳選して…。

*1st/2ndは「オルゴン伯爵家(ルーチェの実家)の」花婿選びの話。今回は「王宮の」花婿選びの話です。

*迷子の双子ちゃん(カストル:稀惺さん、ポルックス:詩さん)は、2ndの最後に「生まれましたー」と報告があった、ドラント(紅さん)とリゼット(白華さん)の子供です。2ndはそもそも、「生まれてくる赤ん坊が男か女かで、もめる話」です。(礼さん談)

*双子の父親がドラント(紅さん)だから、天寿さんが「父親に似て落ち着きがない」と言う時に、客席に笑いが起こるのです。

*初めて観た時に、ローウェル侯爵家について理解が追い付かなかったのですが、1st/2ndで、お兄さんの代りに男装してやって来たレオニード(音波さん)のつながりです。その兄妹のおじさんであり、王の甥でもあるのが、ローウェル侯爵(輝咲さん)です。

*マダム・グラファイス(万里さん)は、ラルゴ伯爵夫人そのものです。リュシドール(夢乃)さんと晴れてご結婚されて、グラファイスを名乗っています。最後に「エスプリがありませんわ」というセリフがありますが、前回の公演で何度も出てきた言葉です。

*エメロード(美穂さん)は、大女優として話に出てきただけの人で、今回初登場。素晴らしい美声で、納得な「歌姫」です。

*「真実は一つ!」琴ちゃんはコナン好きです。

*2ndの最後で、ルーチェはアンジェリークから「謝ってくれたら、許してあげてもいいんだからね!」と手紙をもらいます。その同じセリフを、今回はレオニード(はるこさん)が最後に手紙で受け取ります。

*座長さんが言う「コスモ王国の立派なご領主さまになられたエルモクラート先生」とは、宙組の真風さんです。

*その次の「なぜかアジス様のお付きだったケテル殿もご一緒らしいし…」というセリフは、「美弥るりかさんの従者だった芹香斗亜さんが、なぜか今は、宙組の真風さんのところにいる。」という意味です。

*カーテン前で、アチョーと言って兵士を巻くシーンがありますが、おそらく同じ小柳先生の星組公演「食聖」を意識しているのだろうな…と思います。

こんなところでしょうか。またお伝えしたいことが出てきたら、追記したいと思います。

Meguriai_shoniti2

(初日のショーと、休演期間中の花のみちの様子)

レビュー・エスパーニャ 『Gran Cantante(グラン カンタンテ)!!』

星担に大好評のグラカン。ただ私が初日に観た時の感想は、「熱かった~!すごかった~!……でも、良かったと思う場面がどこだったのか、プログラム確認してもわからない…。」でした。

例えばRayだったら「ギリシャの場面の髪型が素敵」とか、モアダンなら「シマシマ衣装の指パッチンがエロい」とか言えると思うのですが、全編通してスペインのお祭りがテーマなので、あの青のお衣装はどのシーンだったの?という感じ。

そのため今日は、自分の記憶を思い出しながら、歌劇の座談会と照らし合わせて内容をまとめたいと思います♪ (サムネイルはそれぞれ、公式サイトへリンクしています)

S1:太鼓祭り(1月)

3人の道化(美稀さん、大輝さん、華雪さん)が銀橋を行進。このパターンは宝塚で王道ですね♪

S2,3,4:カーニバル(2月)

Gran_cantante1礼さん(カーニバルの王RAY)が階段上に。手に持っているのは、大きなマントなのだそうです。引き抜きでのトップさん登場は、本当にわくわくしますね。

マントをさばく男役→娘役→着替えた礼さんを含めて総踊り。この舞空さんが娘役を率いて階段を下りてくるところが、何ともカッコいいです。

S5:サンホセの祭り(3月:バレンシア)

Gran_cantante2
綺城さん、天華さんと、花輪を持った娘役さんが、幕前で歌います。

 

S6,7:セビーリャの春祭り(4月)

Gran_cantante3瀬央さん率いる馬軍団がニンジン娘(田原俊彦)を歌い、人参娘軍団が後から現れる、と歌劇で藤井先生が説明されています。人参?と思ったら、キラールージュの妖精さんのお衣装かな?と思いました。私はこの歌の世代ではありますが、存じ上げてなくて今回初めて聞いたのですが、とても楽しい曲です♪

S8,9:パティオ祭り(5月:コルドバ)

Gran_cantante4 このショーの中での一押しの場面です!モアダンディズムの時に見せた礼さんの色気が、ここで降臨♡。後を向いた状態で4小節の中で衣装替え(開襟)するのですが、舞空さんが「ベストポジションからいつも見ています!」と言うほど、娘役さんから見ても素敵な一瞬のようです♡(by 突撃レポート)。後半は、舞空さんの素敵な美脚が見られます(公式販売の2204014-068をどうぞ)。歌はBonita(田原俊彦)。ボニータは舞空さんの役名です。

S10~15:サンファンの火祭り(6月)

Gran_cantante8

中詰めは、宝塚の往年のスペインの名曲が続きます。(楽曲の視聴ができる曲は、題名がそのページにリンクしています。)

青春を駆ける」(情熱のバルセロナ)極美さんと若手男役で。

「スペインの想い出(誰がために鐘は鳴る)美穂さん→礼さん→娘役さん

「炎の妖精(さりゆきし君がために)礼さん。謎の5人の美女は、男役さんです。

「別れのフラメンコ(さりゆきし君がために)天寿さん

情熱の嵐」(バレンシアの熱い花)舞空さん、輝咲さん、紫さん

バレンシアの熱い花」天華さん、有沙さん、小桜さん→綺城さん、音波さん

コルドバの光と影」(哀しみのコルドバ)瀬央さん。

最後は銀橋で主題歌。

S16,17:フェリア・デ・マラガ(8月)

Gran_cantante9 闘牛祭り。天寿さんが親方マエストロで緊張感を
歌い、音波さんが恋人で無事を願って歌う。そうだったのか!

瀬央さんが牛で、闘牛士の礼さんを…なんですが、初見の時から「牛の瀬央さんが妖しく誘い、闘牛士の礼さんを油断させ最後は…」という流れがしっかり伝わってくる場面でした。

ピンクタイツのふくらはぎ、しっかり確認してないので次回にオペラで確認しよう笑。

S18,19:ピラール祭り(10月)

Gran_cantante10 このあたりから記憶があいまいなのですが、この黒のお衣装で美穂さんのアルハンブラの想い出を歌います。これが圧巻で涙・涙…。追悼の歌ということもあり、心に響きます。

そのあと、礼さんが大階段でオンブラ・マイ・フ。白のお衣装でスポットライトが当たり、ヘンデル作曲のオペラの冒頭で歌われるイタリア語のアリアを歌われるのですが、これがまた素晴らしいです。その後、ゴスペル調で盛り上って最後銀橋へ。初日は、この場面が一番心に残りました。

おそらくこの暗転のあと、瀬央さんに手を引かれてはける礼さんが見られるのじゃないかな…?今度確認してみます♪

S20,21:サフラン祭り(10月)

極美さんたちが先導したのち、108期生の初舞台ロケット。

S22:バイラ!!(ダンスという意味)

Gran_cantante11 「美穂さんがラ・マラゲーニャを歌い、礼さんが娘役24人引き連れて登場」という歌劇の説明がよくわからなかったのですが、この場面のことなんですね!初日に初めて観た時、おおおお!エストレージャスだ!と思った場面です。大劇場の後、全国ツアーも追いかけしたので、この青いお衣装は懐かしかったです。

そしてフィナーレとなります。

最後に

もうあと一週間で千秋楽ですが、まだまだ観られてない方が多いと思います。ネタバレはできるだけしないような形で感想を書きましたが、観劇の参考になれば幸いです。ショーも復習を兼ねてしっかり調べたので、千秋楽の週末にもう一度しっかり確認したいと思います。

一言でまとめると、「気軽に楽しめるお芝居と、クオリティの高い、熱い星組らしいショーの、2本立て」でしょうか。単純に楽しかった♪と思える作品ではないかな、と思います!

2022年5月16日 (月)

公演中断とスカステ聖地巡礼

現在、星組公演『めぐり会いは再び』『Gran Cantante!!』が公演中止中です。この中断、私が大劇場近くのホテルで支度が終わり、携帯を手に取った時に中止が発表されました。29日の夜に宝塚入りして、4月30日から7泊8公演を観る予定だったんですけれどね…。

資格試験を終えて気分的にも解放されて、今日から1週間の「夢の休暇」!と思っていたところだったので、突然のことにどうしよう…と呆然としてしまって…。でも、友人たちや娘からいろいろ声かけてもらい、充実した関西一人旅をしてから帰宅することができました。本当にありがたかったです。

ただ昨日まで、再開が見通せないと何もやる気が起こらず、星組の初日映像すら辛くて見られない状態でした。やっと20日から再開と決定したので、この遠征記を書く気力が出たところです。忘れないうちに書き留めておこうと思います。

30日:アフタヌーンティ

中止の決定がLINEやメールで流れたのは公演の直前でしたので、遠征組だけでなく、すでに大劇場まで来てしまっている関西組もいる状態でした。今後どうするかも決めなければならない状態でしたが、まだ休演期間も発表されていなかったので、とりあえずお茶でも…と友人と待ち合わせ、その日は新宝塚ホテルのラウンジでアフタヌーンティを楽しむことにしました。

Blog_2022_apr30_20220515213501

ルネサンスのストロベリーアフタヌーンティーセット(3300円) イタリアやフランス、ニュージーランドなどをイメージしたスイーツだそうです。11時公演と15時半公演、どちらもなくなってしまったので、友人とゆっくり話をすることができました。

1日:娘宅

この時点で公演中止は5月5日までと発表されていました。東京に戻ることも考えたのですが、4日に関西で予定があり、6日の公演再開に望みをかけてそのままとどまることに決定。東京に戻る方が、お金が余計にかかる状態だったのでね…。

そんな母の(私の)状況を知って哀れんでくれた娘が「うちに来ていいよ」と言ってくれたので、この日の夕方少しだけ行ってきました。昔は「既読になるのが唯一の生存確認方法」だった娘ですが、ありがたいことです。この時に報告した孫と遊べて、よい時間を過ごすことができました。

2日:あいあいパーク・山本新池公園・薔薇園

まず一番行ってみたかったのが、プレシャススターで、礼さんと柚香さんが訪れた場所でした。ここでロケされたんだなぁ~♡と思えて、楽しかったです。

Img_0776

そのあと、この山本新池公園から歩ける、荒牧バラ公園も行ってみました。GW始めでしたのでまだ蕾も多かったですが、それでも素敵な公園でした。

Aramaki_rose_park_2022may

3日:六道珍皇寺・阿弖流為の碑と塚

翌日。スカイステージ聖地巡礼の第二弾として、瀬央さん・天華さんが行った六道珍皇寺に行ってみました。この、Another Worldのプレ・ステージという番組の中で紹介されたお寺です。GWの京都なので駅から歩ける所…として選んだのですが、冥土通いの井戸ものぞけました。
Rokudo_2022may
そして目的地の清水寺へ。混まないうちに、朝一番で茶団子を食べて、ここの阿弖流為の碑で記念撮影。その後、枚方の阿弖流為の塚にも行ってきました。どちらも2回目です。

Img_0782

 ここまで歩いて、もうかなり疲労困憊になったので、神戸の宝塚衣装展まではいけない…と思い、宝塚へ帰ることにしました。ところが、その途中で、あ…創設者の小林一三先生のお参りもしてみたいな…と思いつき、急遽池田で下車。そこからまた山上りすることになってしまったのですが、遠くから星組の再開をお願いし、小林一三記念館でその業績について学び、気づいたら2万歩になってました(笑) よく歩いた二日間でした。

Kobayashi_2022may_20220515234901

4日:七五三

東京に帰るに帰れず…だったのは、孫の七五三を関西で予定していたからです。娘家族と両家のジジババ、そしてプロの写真家さんが、私の予定のなかった「星組休演日」に合わせてくれていたのです…。とても良い気候で、いい記念になりました。

このように、8公演観られなくなり、一緒に観劇予定だった方たちにも会えなかった…という状況にはなりましたが、皆様が気にかけてくださり、充実した時間を過ごせたと思います。一度行ってみたいと思っていたところに行けたので、急な関西一人旅もよい機会になりました。

20日からの再開、本当に良かったです。私はしばらく行けませんが、完走できますよう祈ってます。

2022年2月27日 (日)

王家に捧ぐ歌 千秋楽

御園座星組公演、王家に捧ぐ歌の千秋楽を観てまいりました。短くなった期間中、精魂を込めて演じている姿を目の当たりにして、その気迫に客席も圧倒された公演だったと思います。感想はこちらに追記しました。

2022星組 王家に捧ぐ歌 感想

千秋楽ご挨拶

(ニュースで放送されたので、清書しました)

「2年前のステイホームの時に、ふとこの王家に捧ぐ歌の主題歌である『世界に求む』を耳にしました。その曲と歌詞を聞いた時に、いつかタカラジェンヌ皆で、この歌をお客様に届けられたらいいな…と、何も知らない礼真琴は、その時…思っていました。それが、ご縁あってこの作品に挑戦することができ、この作品に生きるものとして歌をお届けできたことは運命だと…。そして使命だと思いました。今、私たちの魂の叫びがお客様に届いていたら、幸せでございます。」

専科のまりんさんとハグ、そして名古屋出身者の紹介。

「10日間という短い期間ではありましたが、ちゃっかり名古屋飯をテイクアウトで堪能させていただきました。また次、もし名古屋に来させていただく機会があれば、その時はお店で、みんなで、おいしいものを食べられる状況になっていることを願っております。その時まで、皆様も元気にお過ごしください!」

星組パッションの後、拍手が鳴りやまずもう一度幕があくと、「パッションしたのに開いてしまった…何を話そう…」と言いつつも、2年前に御園座で公演をしていた月組さんのことに触れ、あの時中断してしまった公演の千秋楽も、今、一緒に終わらせることができたように思いますと心を寄せていました。翌日から再開の宙組さん、東京リニューアル後の月組さん、それぞれにエールを送った琴さん。さすがでした。

 

 

2022年2月19日 (土)

【星】王家に捧ぐ歌 2022 感想

御園座 星組公演『王家に捧ぐ歌』。17日にずれ込んだ初日を観劇してまいりました!星組パワー全開のコーラスと、半数になったことを感じさせない立ち回りと、メインキャストの素晴らしい歌唱に全編ウルウル状態でした…。

実は…。初演の2003年版王家に捧ぐ歌は私の2回目の観劇で、それまで私はどちらかというとアンチに近い立ち位置でした。宝塚のビデオは見ていたれど、「その道」に秀でたプロを集めた演劇とは違うよね…と思っていたのです。でも王家に捧ぐ歌は違った。私のドライな見方を覆してくれたのがアイーダだった。こんなに素晴らしい実力を持った人がいるのだと思いましたし、組全体のパワーも相まって即刻CSを契約して今に至ります。

王家に捧ぐ歌は、そんな私にとって転機の公演。それを、長年応援してきた礼真琴さんが主演される。それもこの状況下、幕が上がらないかもしれない…という不安を乗り越えて迎えた、待ちに待った初日です。もうね…前奏が始まるだけで泣けてきましたし、その期待を上回る歌唱と気迫を見せる星組のパワーに、圧倒されっぱなしでした。メインキャストの実力にくらいつこうと、組全体の技量が底上げされているような…。そんな印象を受けました。

一幕の前半は、「私、初日を観ている…!」と感じるだけで過ぎてしまったのですが、開演後の緊張の解けてきたジェンヌさんたちの進化は、3時間の中だけでも驚異的だったと思います。1幕ラストの大コーラス。「世界に求む」は、見る人の心を揺さぶり、鳥肌の立つ圧巻の歌唱。2幕の「三度の銅鑼」も、その後の展開も、そして地下牢の二人も、どのシーンをとっても、観る人の心にぐいぐい迫ってくる素晴らしいお芝居でした。

全編歌でつづっているこの公演は、今回舞台装置と衣装がシンプルになったことで、セリフを歌に乗せる技術がさらに求められているように思います。琴さんは最初からフルパワーで演じられていますが、2日後の19日に見た時は、周りのパワーが追い付いてきたように感じました。視界が遮られない素晴らしいお席で観た、ということもあるのでしょうが、歌がセリフとしてすーっと頭に入ってきて、組全体の迫力が素晴らしかったと思います。

そして今回は特に、今までと比較してアムネリスの威厳が際立っているように思いました。浮かれ騒ぐ臣民を静める威圧感は「ファラオの娘である自覚」を感じ、アイーダとアムネリスが拮抗しているからこそ、ラダメスをめぐる二人の女性の葛藤の物語なんだな…とより強く感じたのです。

アイーダは王女であることを捨てて愛に身を捧げ、アムネリスは女としての感情に揺さぶられつつも、最後はファラオになることを選んだ。そして、ラダメスの平和への願いは、アムネリスという権力者に引き継がれていった。この物語は、死の間際に束の間の幸せな時を過ごせた恋人たちの姿と、その二人が求めていた平和な未来へつながる希望があるからこそ、人の心に訴えかけてくるのだろうな…とあらためて感じた公演でした。

17fda8d4bdec4170a0e67c8ee9b05665

ここから先は、各出演者に一言ずつ(2022 Feb26: 追記しました)

アモナスロ(輝崎)
歌唱も素晴らしいですが、偽の狂人と、その皮を脱いだ王としての本性を出すところ、本当に狂った時の違いまで素晴らしいお芝居!と思いました。「アフリカの手だ~」の歌も、三度の銅鑼も圧巻。王の威厳を感じる素晴らしい歌唱です!前回の殿もすごいと思いましたが、今回はカッコよさもあって素敵。

ファラオ(悠真)
低音の響きに王の威厳を感じました。木村先生としては「ファラオがエンペラーでアモナスロが王」というイメージだそうですが、2幕は”父と娘の在り方”の対比に重きがおかれていることもあり、ファラオは父親としての顔が優しかったな…。

ウバルド(極美)
七本槍で培った美しい狂気が、今回荒々しく発散されているように思いました。初日からどんどん進化していますね。

ケペル(天華)
センターに立つ姿が美しい…と思いました。最後のラダメスに「なぜだ!」と叫ぶところは、友としての場面があるから見ていて苦しいですね…。

女官
華雪さんの横顔とかつらが、エジプト壁画そのもの…。瑠璃花夏さんのご当地ネタは、毎回笑いを取っていました。

アムネリス(有沙)
MVPをあげたいくらい、威厳も、女の弱さも、歌唱も素晴らしいです。初演はアイーダに感嘆し共感しましたが、この星組版はアムネリスの気持ちが伝わってくるように思います。わがままな面が残る一幕でさえ自制心があり、「エジプトを守るために勇者に嫁ぐ」ことを信念としている。最後もラダメスの訴えに自分の考えを変え、国の未来のために自分を律して立ち上がる…。本当に強いのは誰か…と思った今回の公演でした。

アイーダ(舞空)

エチオピア王女として揺れ動くお芝居が、心に響きました。特に「アイーダの信念」はウルウルでした…。毎公演、目を見張る変化を見せてくれる舞空さんですが、今回は地声の発声がどんどん進化しているなぁ~と思います。「月の満ちる頃」は、ラダメスもアイーダも祖国を捨てて二人で生きる決心をする場面。一連の心の動きが見る側に伝わってきましたし、琴ラダメスの圧巻の歌に包まれるアイーダは美しかった。

でもやはり、舞空さんの真骨頂は、ショーで娘役さんを率いて踊るシーンだと思いました。ラインダンスのバックダンサーとして階段で踊っているところも、「アフリカは素敵♪」とうたいながら踊るところも、娘役としての完成形と思うくらいに素敵♡

ラダメス(礼)
圧巻の歌唱。得意の身体能力を出す場面があまりないのに、この存在感。ファンとして、この姿を間近で見て、あの名曲が聴けて、直接拍手を送れた…。それだけで感動なのに、その期待を超えてくるパフォーマンス…。ありがたいことに後半も複数回観劇することができたため、まるでパブロフの犬のように、曲調が変わって前奏が始まるだけでウルウルしたり高揚感を感じたりしていました。

一番感動するのは、やはり1幕ラストの”世界に求む”でしょうか。「この世に平和を。戦いに終わりを。」という歌詞は、”今”だからこそ、演者の信念と共に心に突き刺さってくるように思います。カーテンコールで、「~年後に、この時は…と笑ってこのBDを観られるといいですね」と暗に含みをいれたご挨拶も素晴らしいと思いましたが、心からそうあってほしいと思いました。

そして今回初めて、前回アシナヨ席と呼ばれていた2階センター席に座ることができたのですが、「こ…こ…これがうわさの、”私を見つめてくださっている~♡”と勘違いできるお席か…!」と思いました。本当なんですね(笑) オペラ越しの視線が固定されると、拍手するのさえ忘れるほど圧倒的な目力(めぢから)でした♡ 三度の銅鑼で斜め上を見るところは、美しくて見惚れます。

今回の公演、宝塚は初めてという学友が見てくれました。「迫力あった~!すごかった~!スタイルよくて、歌もお芝居もダンスもするなんて、多才なんだねぇ…」と感嘆しきり。でも一番印象的だった感想は、一幕終わった時点で「礼さんってアスリートだね」という言葉でした。この歌でつづる演目で、その感想?と思ったのですが、戦闘の立ち回りや所作でにじみ出ているのかもしれませんね。その立ち回り、力強さがどんどん増して、見ごたえある場面になっています!


あと一日!無事千秋楽まで、完走できることを願っています。

2021年12月26日 (日)

柳生忍法帖・モアダンディズム 東京公演・Xmasアドリブ・千秋楽

大劇場初日は、今までの宝塚歌劇になじみのない「時代劇のお芝居」と、「古さと新しさの入り混じったショー」と思ったこの公演。気づいたら十兵衛先生の粗野な優しさに魂をゆさぶられ、「女だから自由を奪われた」人たちの、それぞれの生い立ちに思いを馳せ、このお芝居の虜になっていました。何度観たのか自分でも数えられないほど観劇し、一言では言い表せないほど、たくさん、たくさん、幸せな気持ちをもらった公演となりました。

ショーも、初日は新場面(ミッション・アシナヨ)に大感動しましたが、回を追うごとに、初演ダンディズムの場面(キャリオカ・ハードボイルド)が一番楽しみとなり、一緒に心で歌いながら毎回テンションMAXで観劇していたと思います。進化もすばらしく、今日の千秋楽は、最高の観劇納めとなりました。

今までの記事はこちらです。

柳生忍法帖 初日感想 (お芝居)
モア―ダンディズム (ショー:礼真琴ファンモードで)

この後は、書き留めておきたいテーマごとに感想を書いてみたいと思います。

Xmas1_20211227005001

柳生忍法帖:女たち

東京へ来て一番私のとらえ方が変わったのが、柳生忍法帖に登場する女人についてです。東京に来てから私は、

「星組の柳生忍法帖は、女が男世界の道具となり、自分の心を殺して生きた時代に、一矢報いた話」

だと思うようになりました。

*堀一族は、夫や父が惨殺

*ゆらは、父と恋人から道具として嫁がされた人

*千姫は、夫が世のためにと殺された人

*天秀尼は、子孫を残せないように、子供の頃に尼にされた人

*おとねは、恋人と思った人に誘拐され、妾にさせられた人。

*会津の女は殿の快楽のためにさらわれ、生きて戻れなかった。

そんな女たちを助ける十兵衛の話、なんですよね。 原作を読んだ時に感じた凄惨な情景は取り除き、そんなエッセンスだけを残した、星組の柳生忍法帖。十兵衛先生の魅力と共に、心に刻んでおきたい素敵な公演となりました。

モアダンディズム:色気

星組と言えば「熱さ・パッション」と言われるほど、トップコンビの実力をベースにしたダンス力が売りだったと思います。先週ブルーレイが発売されたので家で鑑賞したのですが、大劇場の最初に収録されているので、花組の初演を星組らしく踊っているように見えました。それだけ今が、「抜け感のある、色気満載のダンディズムに昇華した」という証拠ですよね。

初日に感動した新場面はミッションとアシナヨだったんですけれど、千秋楽が近づくにつれて、”ハードボイルドの、色気ある視線とイケボを全身で浴びたい!”という、危険ゾーンの足を踏み入れてしまいました(笑) あぁ…今思い出しても、下手前方で最後のキメポーズの視線をキャッチした時の感動が忘れられません♡ 

アドリブ祭りだったXmasショー

前楽はクリスマス。退団者が多くてしんみりモードかと思ったら、大アドリブ祭りでした♡

*プロローグ、いつも通りオペラで琴ちゃんが下がってくるのを待ってたら、ん?何が違う。えええ?と思ったらサンタの帽子!最初はポンポンを横にくっつけていたのに、琴ちゃんのダンスのキレで最後は取れてしまっていましたね。

*なこちゃんもサンタ帽、愛さんと瀬央さんは、トナカイカチューシャでした。謎な3人のキメポーズは、赤サンタが両脇にトナカイを引き連れている…という、何ともシュールな図でした(笑)

*キャリオカの三角陣形は、ジングルベル。

*ハードボイルドは、クリスマスツリーが2個ついた赤い眼鏡を帽子に付けていました! そのままカッコつけて歌っているので、客席ザワザワ…クスクス…。ハットは、眼鏡を付けたまま空を切り裂いて飛んで行って、拍手大喝采でした!そして現れる、サラサラの前髪♡

*ハードボイルド最後は、「受け取って…」とイケボの直後に、バチン!とウインク!客席から思わず押し殺した悲鳴が…(私も…)

*テンプテーション:琴「聖なる夜を」、愛「あなたと」

*ラパッション「ジングルベル!ジングルベル!鈴が鳴る~今日は楽しいXmas!」(間奏の間に急いで歌いきる!指揮者の先生のツイートによると、事前打ち合わせは一切なかったそうです)

千秋楽サヨナラショー・退団挨拶

千秋楽は湿っぽくならず、最後まで愛月さんの温かさが感じられる千秋楽だったと思います。ゴールデンデイズの清々しい表情で歌い切った愛月プリンスに感動し、アシナヨで泣き、サヨナラショーで琴さんとガシッと抱き合ったところで号泣でした…。そして漣さんの退団のご挨拶にも泣きました。エストレージャスの「今夜はエンジェル」で一人で踊られたシーンは、今でも鮮明に思い出せるほど素晴らしかった!

礼真琴さん

そしてなんと言っても礼真琴さんの進化には、頭が下がります。お芝居は野性味のあるだみ声で通し、これを年末までやり通せるのか…と思いましたが、115公演乗り切りましたね。歌いながらの殺陣も、ショーでの様々な歌唱も、CDレベル以上の完璧さで完走して…。すごい方と尊敬していましたが、思っている以上に素晴らしい能力の持ち主なんだ…と思いました。

そしてその証拠に、クリスマスイブに文化庁芸術祭の新人賞の知らせが!ファンだからあえて、すごい!素晴らしい!と連呼することを控えていたのですが、この受賞はファンとして、とてもとても嬉しかった…。

今まで礼真琴さんは、正確な歌唱と熱くキレのあるダンスが持ち味でしたが、新人賞として世に認められたお芝居力と、ダンディズムで引き算の色気を身につけ、押しも押されもせぬ宝塚の顔になったのだな…と思います。でもご挨拶は心の優しさを感じることができ、改めて素敵なトップさんになられたな…と感じた千秋楽でした♡

おまけ

*キャリオカで一番好きなところ。実は、テケテケテケ…という感じのステップが異常に好き♪ 中央に戻ってきた直後の「胸躍るリズム~♪」の冒頭のところの…。なぜだか笑顔になります!

*ゆらの告白シーンで、ええ?と変顔っぽくなるのが大好き。

*逆に、「ゆらは人だ」の場面で、憎しみに変わるところは心が痛みます。

*殿の草履の場面。千秋楽は「えぇ…115回目だょぉ…」と恨みごとを言って、会場沸きましたね!殿の芸がなかったら、この公演は成り立たなかったと思います。本当にお疲れ様でした。

*ミッション、現在(回想)→過去の戦い→現在、となっているのを一回では分からない人がいたのですが、ライトを見ると分かります。最初のなこちゃんは自然色で、琴ちゃんは青みがかった色。戦いの場面になると赤みが増し、過去の生きている時代だと分かるようになっていました。

*ラ・パッション、瀬央さんに釣っていただきました(毎回毎回、手拍子が楽しかった~♪)

*キャリオカ最高!全ての音楽にワクワクが止まらなかった。転調するだけでテンションアップしていました♪

*テンプテーション、琴さんの声を脳内に記憶するため、全神経を集中させて聞きました。

*モアダンプロローグ、銀橋の下手で、琴さんに釣っていただきました(終演後、立ち上がれませんでした…)

鶴ヶ城

左:風ちゃんが桜華に舞えの番組で訪れた会津の鶴ヶ城。
右:その番組を見て、自分が観光した時の写真。

殿とゆらが立っている階段は、これですよね。とツイートしたら、鶴ヶ城の公式さんからイイねをいただきました♪

Aizu_1

最後に

楽しい観劇で忘れがちになりますが、ロミジュリでいきなり休演が決まったのは、たった半年前のこと。退団の皆様が無事完走でき、満席の千秋楽で送り出せたことを、心からお祝いしたいと思います。ご卒業、おめでとうございました。

2021年9月22日 (水)

【星組】モアー・ダンディズム

星組大劇場公演、柳生忍法帖・モアー・ダンディズムの初日に行ってまいりました。モアーダンディズムは、最高に素敵なショーに仕上がっていますので、報告したいと思います。この日記は、この柳生忍法帖の続きです。2幕開演時の「大変長らくお待たせいたしました。」のアナウンスが、その十兵衛を引きずっている感じでイケボです♡ (投稿時は最後に力尽きた感があったので😅、後半追記しました。東京千秋楽の感想はこちら

プロローグ

花組ダンディズムと同じ、4色のお衣装での板付きです。隊形移動だけで、あれだ〜!とワクワク感で一杯になります♪ そして「天空」から真紅の礼真琴さん登場!もう、この声を聞きたかったの💕と思う瞬間です。

私は星組のネオダンディズムからしか観劇していないので、花組は録画でしか拝見していないのですが、ああ…真矢みきさんだ!と思いました。でも4日で既に、礼さんのダンディズムにしか見えなくなったのが不思議です。

ミッション

プロローグの後、しっとりとした愛月さんの間奏曲を挟んで、新場面となります。これがもう素晴らしくて!

最初に登場するのが舞空さん。センス良い色合いのお衣装がよく似合い、着こなし踊るなこちゃんの可愛いこと!

そして琴さんの歌は慈しみに満ち、柔らかく包み込む歌声が本当に素敵。恋人への想いが伝わってきます。

そして曲調が一転し、戦いの場へ。この時の音楽が、壮大なメロディで大好きです。その先頭で踊る、琴さんの体幹が見えるようなシャープなダンス。それについていく星組メンバーの格好良いこと!全体的にスタイリッシュで、ロマンスの友情の場面に近い構成なので、星組らしい場面だなと思いました。

キャリオカ

間奏曲として、ロマンチックレビューそのもののような、大きな帽子の娘役さんの歌が入るのですが、皆さん美しい❣️

そしてあのU字形の階段の1番上に、燕尾服の琴さんが登場します。ダンディズムと言えば…のキャリオカの場面です。もうここは毎回メロディを心の中で歌いながら、単純に王道のレビューを楽しんでいます。

娘役だけの場面も壮観ですし、男役と娘役が一列に並ぶ中、その間をトップコンビが走ってくるところは、いよっ!待ってました〜❣️と思います。真センター席の時は、スタンバイのところから、こちらに向かって走ってくるため、うわぁ💕💕💕と興奮しました(笑)

ゴールデン・デイズ

中堅の男役さんがまず登場して、士官の学生歌を歌います。どなたかしら?と1人1人見る時間があるので、若手さんとしてはアピールの場面ですね。

そして白い軍服のプリンス、愛月さんの登場。うたかたのような、サヨナラショーのような雰囲気。私は礼真琴さんファンですが、このシーンは毎回ウルウルします。(追記:10日間の遠征を終えて帰宅したら、Now On Stageで「うたかたをイメージした」というお話がありました。やった!読み取れてた!とガッツポーズ)

娘役さんのドレスも素敵で、1人1人の色合いやデザインを見るのも楽しいです。個人的には、ほのかちゃんのドレスが好き。

ハードボイルド

花組ダンディズムのストライプのお衣装の場面です。あのシマシマだー!指パッチンだー!と変なテンションで盛り上がっていたら、情熱の嵐の時のような、色気満載の琴ちゃんの歌声にノックアウト。今回は場面が長いので、じっくりとイケボを堪能できます。

先日友の会席で、端っこですが前方席が当たり「琴ちゃんの歌がエロい」とメモしていたら、最後のキメポーズで下手に視線が飛んできて、あああ、参りました、と思いました(笑)

ロケット

ロケットは鳳真さんに目が行きますね。ヴェルダッドチームには鮮烈な印象を残しましたものね。

テンプテーション

真紅のお衣装でターバンのテンプテーション。初日は、ミッションのダンスやアシナヨの歌が一番のお気に入りでしたが、日を追うにつれて、このテンプテーションやハードボイルドの「男役の色気」を見たい!という気持ちが大きくなりました。琴ちゃんの低音ボイスがさく裂し、その周りでそれぞれの魅力をアピールしている男役さんたちの素敵なダンスが観られます。

アシナヨ

間奏曲のラパッションは、瀬央さんの銀橋渡り。格好つけ過ぎず楽しそうに歌っているので、客席も盛り上がります。

そしてフィナーレのアシナヨ。私の一押し場面です。星空の背景の中、大階段で歌う琴さんの歌声の素晴らしいこと…。客席のファンは皆、私に語りかけてくださっていると感じる歌だと思います。特に、2階席のセンターからオペラを見ると最高ですよ!まさに「私」に歌い、手を差し伸べてくれているように見えますので、機会ありましたら是非堪能してくださいね♡ お衣装も、キラキラ感は控えめでシンプルなのに、モダンで色合いも美しい。

そしてアシナヨの後半、歌い継いだ愛月さんの声も素敵で、その中で踊るトップコンビの美しい上質なダンスは、今の歌劇の宝と思います。静かだけれど体幹を感じる流れるようなダンスは、素晴らしいの一言。毎回号泣モードに突入します…。

パレード

そして最後になってやっと、”モアダンディズム”という歌詞を聞くことができます。トップスターが最後に登場し、「忘れないで♪僕の心を~♪」と歌うところは、「はいっ!絶対忘れません!」という気持ちになるのですが、これは私だけじゃないですよね…?(笑)

まとめ

花組ダンディズムを踏襲しつつ、新場面がスタイリッシュで素晴らしい。そんな、伝統と新しさが上手く噛み合ったショーを、確かな技術を持ったトップコンビが魅せてくれます。是非沢山の方に観ていただきたいな…と思いました。

【星組】柳生忍法帖 初日感想

9月18日に初日を迎えた星組公演、柳生忍法帖を四日間観てまいりました。今日は休演日ですのでホテルにこもって感想を書いています。これから観るかたが大半と思いますので、ネタバレしない程度に、観劇前に知っておいた方が良い情報と、私個人の印象をまとめてみたいと思います。まだ原作は読んでいない状態の感想です。  

65bc78f631804022b92fc6553d7bde9d

お芝居の第一印象

お芝居は大野先生の和物ということで阿弖流爲を想像する方もいると思うのですが、根本的に全く違います!最近の和物の公演は、桜華に舞えや桜嵐記など、武士の誇りを大切に生き、信念を貫いて散っていく人のお話が多いと思うのですが、これは典型的な『時代劇』ですね。善と悪がはっきり分かれ、主人公が弱き者を助け、最後は身分の高い者が悪徳領主を成敗してめでたし、めでたし、という、あの王道の流れです。  

初日はその流れをどう捉えたら良いのか戸惑いがあったのですが、そういう話なんだ!と理解してもう一度見たら、何とも痛快!路線の男役さんたちが美貌の剣士として登場しますが、悪役として仇討ちの対象になりますので、特定のファンの方だと物足りない気になるかもしれません。でも組全体として見た時に、前回公演が主要メンバー以外にセリフも目立った出番もない一本ものでしたから、今回の、娘役さんや下級生にまでセリフのあるお芝居は、毎回新鮮な発見があって楽しいです。

柳生十兵衛役の礼真琴さん

阿弖流爲とも八木永輝とも違う「快男子」を見事に演じられています。粗野だけれど人間味に溢れ、大名の息子なのに我が道を歩む、漢気ある剣豪、でしょうか。浅黒いメークは野性味を感じ、キレのある殺陣で痺れさせてくれます♡ 初日からもどんどん変化しているので、千葉さんをなぞるのではない、礼さんの十兵衛になっていくのかな…と、それも期待しています。

プロローグまでのあらすじ

この公演、プロローグの群舞までが長いです。自分の頭の整理も兼ねて簡単に説明をしたいと思います。この先は公式の人物相関図を参照してくだされば…と思います。  

★江戸初期の話。豊臣秀頼の妻千姫と、義娘の天秀尼が存命の頃。  

★会津藩主の加藤家二代目は、悪政のために家老の堀主水(ほりもんど)に見限られる。  

★鎌倉時代から会津の支配者だった芦名一族と、その精鋭剣士7人は、会津藩主に仕える「悪」の側。  

★家老だった堀一族の男性陣は処刑される。そのため、堀一族の女と、女人救済の尼寺を守る豊臣繋がりの母娘、そして指南役としての十兵衛が「善」の側として立ち上がる。

ここまでが冒頭です。そして十兵衛登場でプロローグが始まるのですが、もうこれが壮観!本当に素敵な群舞です。  この後は、顔芸だけでエ○親父感を出している輝崎さんと、107歳とは思えないラスボス感を出している愛月さん、そして美しくカッコ良い剣士たちが、女人たちにやられていくお話をお楽しみに。  

舞空さんのことを書いてませんが、登場から最後までどう変化していくか。それを是非見守ってくださいね。なこちゃん、素晴らしいです。

長くなったので、ショーは別記事で。こちらは、礼真琴ファン目線で書いてみたいと思います💕

モアー・ダンディズムの記事へ

東京千秋楽の記事へ

より以前の記事一覧