2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー「武蔵野☆徒然日記」の1044件の記事

2017年4月10日 (月)

桜 2017

最近は、個人情報を含む投稿はFBへ。そして、自分だけが覚えておきたい個人的な日記は、プライバシー設定をしてあるブログ別館へ書き溜めているため、こちらにはあまり投稿しなくなってしまいました。

ここに書くのは、公演の感想や、旅の情報など、皆に読んでもらうことを前提とした記事だけなのですが、生存表明として桜の写真でも貼っておこうと思います(^_-)-☆ 昔、ペクと散歩していた川沿いの若い桜も、だいぶ育ってきました(*^▽^*)

sakura_2017

2017年4月 1日 (土)

ルマン・公演デザート・殿堂

もう2週間前になりますが、遠征の記録を少しアップしておきたいと思います。

今回の遠征は、新幹線の割引を使うために、かなり早朝に出発しました。残業後、22時くらいに帰ってきてから荷造りし、洗濯とか息子のご飯の作り置きなどをしていたら、寝たのがもう夜中の1時を過ぎててしまって…。そして早朝4時半に家を出たため、ほぼ徹夜状態だったんですよね。

でも、帰国直後のタイムラグの関係か、木・金とも寝不足のはずなのにハイな状態で、日中眠くなることはなかったんです。この日も、新幹線で1時間くらい寝ただけで、元気に観劇することができました。

そんなわけで、かなり早く宝塚に到着できたので、このルマンのテイクアウトに並んでみました。20分くらいかかったけれど、ミックスサンド、最高でした。この、ちょっと珍しい卵サンドやフルーツサンドは、本当に美味しい♡ ジェンヌさんへの差し入れにも使われているようです。

Lemans_2017Mar18

次は、公演デザート。大劇場のデザートは、変なダジャレではありません(笑)。西の大劇場が通常のネーミングで、東京宝塚劇場がいつもちょっと残念なダジャレ名なのが、不思議ですね(笑)。これは「トリコロール」。そのまんま。

もう一つ、紅ハコベのムースもあるのですが、私の選択はやはりこちら。敵役側(フランス)しかないでしょう(#^^#)

ということで、トリコロールはおやつとして頂きました。午後公演を観る方と、ちょこっとだけでしたが、お会いすることができて良かったです♪

dessert_tricolore

そして、お友達が殿堂のタダ券を下さったので、前回の星組公演資料が展示されている殿堂にも行ってきました。

ScarletPinpernel_2017Mar_4

今回は、ちょっとした夕飯イベントがあったので、午後公演は観ずに娘の家に行きました。その時の写真はないのですが、娘が作ってくれた朝食がとてもおいしかったので、記念に貼っておきます。

kyoto_morning_2017Mar

2017年3月18日 (土)

シアトル旅行 2017Mar

先週の金曜日から、4泊6日でシアトルに行ってきました。去年の初秋から旦那が赴任していたのですが、秋から1月まで、仕事も着付けの昇級試験も詰まっていて、とても観光で1週間取れる状況ではなかったのです。

息子が4月から社会人となる予定で、これから親と旅行することもないかと思い、息子の春休みと自分の仕事の区切りの合うこの機会に行ってみることにしました^_^

息子は、出張で一時帰国していた旦那と月曜日に出国し、そのまま単身ニューヨークへ。毎日オペラ座の怪人などのブロードウェイを観たり、美術館を回ったりしていたらしいです。いいことも慌てたことも、いろいろ経験した単身旅行だったようです。

私は金曜日に出国し、シアトルで息子と旦那と合流して、借り上げ社宅へ。私は2年前、二回ほどアメリカ出張しているのですが、その時は滞在型ホテルの狭い台所で、アメリカスーパーの食材を使って料理していたんです。それに比べれば、今回は本当に何もかも揃っていて、気温も3月の日本と変わらず快適でした。2年前は、マイナス18度でしたからね(^^;

ランチで美味しいレストランにも行きましたが、基本はおさんどんしてたかな。息子用に分厚いステーキを焼いたり、旦那用に炊き込みご飯や味噌汁を作ったり。雨季なので、目一杯観光したわけではなく、目ぼしい所を回って、後は家で過ごしました。

1番の目玉は、ボーイング社の工場見学だったかな。自分が製造業の技術職なので、スケールは違えど似ていることも多くて、とても面白かったです。

Img_2866

そして、スタバ一号店や、タワーに登ったシアトル観光。

Img_2872

ガラスの美術館や実演も素敵でした。でも、いかにもアメリカな色彩でした^_^

最後は、ワシントン大学。息子が修学旅行で宿泊していた寮があり、「毎日サラダバイキング食べてた。」と聞いた学食にも行ってみたのですが、これがなかなか美味しかったです。確認してはいませんが、おそらく娘も甥っ子もココだったのではないかな。

Img_2858

そして最後のエアポート。搭乗口がジムだったので、息子とポケモン置いてみました(笑)

Img_2860

帰国後、着付けのピークになっていたり、1週間休んだ会社で急ぎの仕事があったりと、少しバタバタしましたが、この週末は、大劇場と娘のところに行ってきます。チケットを2枚取り次いでもらえたのでね^_^ では、行ってきます。


2017年3月 5日 (日)

流鏑馬@小田原城

去年、高校の寮の同級生や先生と30年ぶりに再会したのですが、その時に、友人がスポーツ流鏑馬に出るという話を聞きました。たまたまなのですが、開催したところが主人の転職先に近く、見に行ったこともなかったので、一時帰国していた主人と行ってみることにしました。

近くで見ていると、馬の走る地響きがして、迫力満点!映像で見ていると簡単そうに見えますが、馬の機嫌で一回も矢を放てない人もいて、本当に難しいのだな…と思いました。友人もきちんと的に当てていて、すごいな~~~と思いましたw(゚o゚)w

yabusame_2017_1

地元の人でいっぱいのお店で海鮮丼を食べ、イベントピカチュウもゲットして、帰ってきたら花嫁の着付け試験の合格通知も届いていました。12月に実技を受け、その後筆記試験の答案用紙を送ってあったのです。大丈夫とは思ってましたが、ホッとしました(^_-)

yabusame_2017_2

2017年2月28日 (火)

持ち寄りパーティ

日曜の午後は、友人宅でゆっくりおしゃべりをして楽しみました。持ち寄り品の内容については、「ごはん日記」としてクックに書いてありますので、リンクしておきます(^_-)-☆

https://yukiho.cookpad-blog.jp/articles/215297

yuuri_2017Feb

yuuri_2017Feb_cake

2017年2月19日 (日)

ボタニカルアート

ボタニカル、って何かご存じですか?私は全く聞いたこともなかったため、ボルタニカ?ボタルニカ?ん?ボタニカルか…と、全く今でもどれが正解か、確認しないと分からない状態です(笑)

端的に言えば、植物図鑑の絵、です。学術的なものらしいので、実物大で背景も描いてはいけないのだそう。

なぜこの話になったかと言うと、4年ほど前から母が市民講座で習っていて、サークル代表で市民美術展に展示されることになったというので、見に行ってきたのです。

botanical

他のところで展示されていた先生の絵も見たのですが、精巧で本物らしく、写真のようだけれど温かみのある質感。本当に素晴らしい作品でしたが、習っている生徒さんの絵も、すごいな~と思うものがたくさんありました(^^)

両親と府中の森を散策しつつ、ゆったりした時間を過ごせました(*^^)v

2017年2月16日 (木)

スタバ桜カード

昨日は、スタバの桜シリーズの発売日でした。去年、桜タンブラーを買ったと日記に書きましたが、もう一年経ったということですね。

今年のラインナップはこちら。

プレスリリース

3月1日からのシリーズの方が好みだな~と思っていたのですが、たまたま子供が朝早く家を出る日だったので、6時過ぎに送りだしてからオンラインショップへアクセスしてみました。

あら~今年はまだ残っているじゃない!と思って、一つカートに入れてみたのですが、どうやっても決済まで行かない。オンラインショップはセット販売で高額だったこともあって、その時はさっと切り上げて、会社に行く前に店舗に寄ってみました。そうしたら、特に並んでいるわけでもなく、売り切れでもなく、普通に買えました(^^; 開店後30分だったので、ちょうどよかったのかもです。

sutaba_sakura_2017

去年は外出用のタンブラーだったので、今回は会社で使う普段用のマグ。明るい色合いなので、気持ちが和んで、いい感じです♡

2017年2月12日 (日)

早咲きの桜

今日は呉服展示会に行ってました。自宅最寄り駅から皇居横の会場まで、無料高速バスで送迎してくれるため、最高級の品を(押し売りされることなく交通費もなく)見学できるので勉強になります。帰りのバスまで時間があったので、北の丸公園をあてどもなく(ポケGOしつつ)散歩していたら、満開に近い桜に出会いました♡ 河津桜(カワツザクラ)と言うのですね。

kawatsu_sakura_2017

obijime_blog展示会では、一品のみ半額で買えるので、次回公演で使えそうな帯締めを買ってきました。厳密にはフランスではなく、ロシアとかセルビアとかの色の並びなのですが、そこまで凝らなくてもいいかな~と思ってね。

スカピンでこの着物着てたら、誰のファンか一目瞭然かな~と、そんなことを期待しつつ。でも、大劇場のお茶会へは行かないので、初夏までお預けです。

2017年1月29日 (日)

叔母としての結婚式と留袖

秋から冬にかけて多忙を極めておりましたが、この週末の結婚式の出席で、ひと段落となりました。本当は、花婿の母である義妹の留袖の着付けを頼まれたので、事前に一回でも練習したかったんですけれどね…。成人式の日以来2~3週間、他装をしていなかったので…。

でも先週一週間は仕事の山場と重なり、夜に手土産を買いに行くヒマすら取れず、前日の夜は、一旦20時頃に家に帰って夕飯の支度をしてから、21時ごろにイオンモールまで出かけ、22時頃から荷造り…という状態でした。でも今日は一日家から一歩も出ずに、ゆるゆるとお片付けしています(^_-)-☆


さて本題。この週末は、16年ぶりに披露宴に出席しました。何と初の「叔母」として!(^^) 娘と同い年の甥っ子が結婚することになり、主人はアメリカから、娘も京都から駆けつけたので、約半年ぶりで家族が揃いました。義妹家族や義父母も一緒なのは、5年前に「15年ぶり」で会った以来ですので、本当に珍しいことだったのです。

最初にこのおめでたい話を聞いた時、おぉ初めて留袖で結婚式か!?練習して5分で着られるようになった留袖を、とうとうお式で着られるのね!と思いましたが、ここは「バランス」が大事だろうと思い、妹に聞いてみることに。

結果としては、名古屋は「式」を重んじる地域ということもあり、両家のお母さまが留袖を着るということでしたので、私も留袖で大丈夫かな、ということになりました。

ところが…。

私が周りの人に、甥っ子の結婚式に行くのよ~初めて留袖で結婚式よ~と言ったら、何で叔母で黒留袖なの!?両親と間違われるよ、信じられない、と言われたのです。

まぁ最近の風潮で、カジュアルな結婚式も増えているので、その方が出た結婚式では、留袖は似つかわしくないのだろうとは思いましたが、着物のこと知らないの?常識外れね、的な言い方だったので、そんな時代になったんだろうか…と思ったんですよね…。

私の感覚だと

* 洋装は、カジュアルパーティと高級ホテルの宴会場では、相応な服が違うので、難しい。

* 留袖なら、相手の家の方に対しても、とりあえず「失礼」にはならない、これさえ着ておけば間違いではない無難な服。

だったのです(^^;


そして当日朝。自分はホテルでちゃちゃっと留袖を着て式場へ行き、更衣室で妹を着付けることになったのですが、何と本当に狭い部屋で、ヘアセットも他の着付けもしている…。つまり、専属の着付け師さんが隣で他の人に留袖や振袖を着せている!(式場の着付け師さんは、レベル高い方ばかりです)

初めての場所で、レンタルの留袖を広げて準備をし、それを専属の着付け師さんから見えるところで、「花婿の母」を着付けなければならなかったのです。先生に見られているよりも緊張したのか、補正のタオルを忘れ、はおった長じゅばんをもう一度脱がせたり、狭い場所でワタワタして、いつもより時間がかかってしまった上、少し離れて遠くからバランスを確認することもできず、すみません…という感じでしたm(_ _"m)ペコリ

でも、やりにくかったのは向こうの着付け師さんも同じだったようで、衿のピンチを外し忘れたまま送りだしてしまってました(^^;


そのあと、私はその部屋に残ってヘアをセットしてもらったので、その間、いろんな話をしたのですが、ブライダル業界もいろいろ大変なようです。名古屋はまだまだ、従来型の式を挙げるのが主流だそうですが、東京では式すら挙げないことも多くなってきたとか。会費制は北海道の風習かと思っていたら、都心部ではそれが多くなっているのだそうです。

確かに、そのような1.5次会というべき会費制披露宴だと、親族というよりはパーティ参加者の一人になりますから、留袖は不相応だという人がいるのも分かります。やはりTPOにあった選択が必要ですね。


そして、人前式のお式のあと、披露宴が開宴。結局、親族で留袖を着ているのは私以外にも3~4人いたかな…。従来型と言っても、本当にオリジナリティのある、盛りだくさんで楽しい結婚式でした。

  • 花嫁のブーケではなく、ブロッコリートス、知っていますか?今回は、教え子の8~9歳の男の子がキャッチしましたw(゚o゚)w
  • 菓子撒きは、招待された子供たちも熱狂!(駄菓子を、豆まきのようにまくのです)名古屋の風習だそうです。
  • 招待客も巻き込んだ風船割りゲーム。前に、Just Marriedと書かれた風船をお茶会で見たことがあるのですけれど、最近は風船が披露宴で使われるのですね(*^▽^*)

何より、新郎新婦の楽しく幸せそうな笑顔が印象的な、披露宴でした。

nagoya_2017Jan28

2017年1月11日 (水)

ブランド皮製品に穴をあけてみた♪

年末に、運転免許証の入った定期入れがないことに気づき、いろいろ探したのですが見つかりませんでした。日曜日にイオンモールで使ったことは覚えているのですが、その後、月・火と、自宅と会社を車で往復したくらいで、あとは会社近くのスーパーに寄っただけ…。歩いた場所は限定されているのに、どうしても見つからないので、28日は「定期入れ探しの旅」に出ることになりました。

会社の席の周り、警備室、スーパー、イオンモールを巡ったのですが、どこにも届いていない…。仕方なく、イオンモールの目の前の交番で遺失物届けを出したところ、形状も詳しく書かなくてはならず、困ってしまいました。

「ブランドものですか?メーカー名は何ですか?」

と聞かれたのですが、ブランド品に全く興味のない私にとって、自分の財布や定期入れを、どこの会社が作ったかなんて、全然覚えていない!

「すみません、渋い赤で、真ん中に、自動車のマークみたいのがついていました…。」

と答えるのが精いっぱい(笑)。しょうがないので、スマホで”ブランド 財布”と検索して、似たようなものを探し出し、やっとカルティエと判明(^^;

そして、年末年始に車を動かせないと死活問題なので、

「仮免とか出せないのですか?」

と聞いたら、

「今日の16時までなら試験場で再発行できます!試験場に確認します!」

と、電話で確認まで取ってくれて…。お巡りさんと婦警さんに盛大に送り出されて、その日のうちに、免許証だけは再発行してもらうことができました(^^;

この定期入れには、免許のほかに、交通関係のものを入れていたので、クレジットカード機能付きSUICA、ガソリン割引のついたカード、そして健康保険証も入っていたんです。それで、クレジットカードだけは停止して、年始を迎えることになりました。まぁ、カード類は再発行できるから良いのですが、子供が小さいころに作ってくれた折り紙などがなくなってしまって、それが一番辛かったな…。


新年明けて4日の朝のこと。

隣の市の警察署から、定期入れが見つかったと連絡が入り、受け取ってきたのがこちらです!

teiki_2017

折り紙を切って貼り合わせたくまちゃん、折り紙で自作したペク、息子が作ったハンコやお手紙も、無事おうちに帰ることができました♪

チラと調書のような紙をのぞいたところ、発見されたのはスーパーだったようです。28日に寄っているのに、何で後から出てきたのかは不明…。でもさすが日本。ちゃんと戻ってきて嬉しかったです。

実は、この定期をなくしたのは2回目なんですよね…。携帯も財布も落としたことはない私ですが、一回、東京宝塚劇場の座席でこの定期入れを落とした経験があります。この時は、終演後すぐに気づいたので、係員のお姉さんが席まで行って取ってきてくれました。

それでもう、2回あることは3度あると思い、この定期入れはお蔵入りにして、簡易パスケースに変えようかな…と思ったのですが、しまい込むくらいなら穴をあけて落ちないようにしようかと思い立ち、ダイソーでハトメセットを買ってきました。

そして開けた結果がこちら。結構それっぽく仕上がったかな、と思っています(*^▽^*)

teiki_2017_1

より以前の記事一覧