2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー「武蔵野☆徒然日記」の1000件の記事

2019年4月30日 (火)

平成最後の投稿

毎日忙しくバタバタしているうちに、平成もあと4時間あまりとなってしまいました。何も投稿せずに終わってしまうのも…と思ったので、ちょっとした感傷だけアップしておきます(笑)

平成に変わった昭和64年は、私の社会人一年目。つまり私の勤続30年は、ほぼイコール平成時代です。そして平成初期に生まれた娘は、もうすぐ令和生まれの子供を出産予定…。

それを思うと、「30年」とは、皇位が一世代切り替わると同時に、人それぞれ、一世代分の歴史が刻まれているんだな…と思います。

平和な時代だったとひとくくりで言うと、大きな自然災害があったというご意見もあると思うのですが、人が故意に起こした戦争はなかった、という意味で平和な時代だったんだな…と改めて思います。

次の世代が、また平和な時代を過ごすことができますように…と思いますが、それは偶然ではなく、一人ひとりの意識がものを言う時代。間違った情報が、正しいものと信じられてあっという間に拡散される今、それを見分ける力を身に付けたいな…。

次の時代が終わる時に、「良かった」と思える時代になることを願っています。

2019年2月11日 (月)

水上マーケット&アユタヤ:2日目

バンコク二日目は、市内からバスで1時間半ほど郊外へ。午前中は西の運河で水上マーケット。午後2時以降に、北部アユタヤの遺跡を見てきました。朝7時の集合なのに、汗が流れ落ちるのが分かる蒸し暑さでした。


最初に寄ったのはココナッツファーム。ここでは、ココナッツシュガーを作っているところを実演していました。私は知らなかったのですが、最近注目されているお砂糖なんだそうですね。これは、ココナッツの実ではなく、黄色い花のつぼみから取れる花蜜(樹液)を煮詰め、乾燥させてできる糖、とのことです。

bangkok_13

そして、水上マーケットへ。こちらのお店は全て観光客用なので、地元の人が買う市場ではありません。そのため、値段を言われるがままに買うと、通常の2倍近い値段を取られたりしますので、ご注意を。経験と思って、私もいくつか買いましたが、最初は3/4、次が3/5、最後が半額、と、だんだん交渉できるようになりました(;^_^A

bangkok_16

手漕ぎボートに乗り換えて、ゆっくり両脇のお店で品定めをして、価格交渉がまとまらなければ次へ進んでいきます。店巡りだけでなく、ココナッツウォーターとか、ココナッツアイスも売っています。最後は大渋滞で、スキーのリフト待ち列のようでした(;^_^A


お昼はバンコクまで戻り、一時間のフリータイム。何と宿泊ホテルの駐車場に止まって休憩だったので、その間にフロントまで行って、夜のレストランの予約までできました。

時間はなかったけれど、タイスキを食べてバスに戻り、午後はアユタヤへ。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

1357年建立の仏教寺院遺跡で、珍しく登ることができる遺跡。

bangkok_19

ワット・プラ・スィ・サンペット

象乗りは今回は入っていなかったんですけれど、1000円ほどで体験できるとのことで申し込み、背中を触ったり日本ではできない体験ができた…と思っていました。でも、それよりも楽しかったのは、写真撮影!130円ほど出すと、こんなお写真が撮れるのです。置き物ではない証拠に、2ポーズ載せておきます。お仕事している…という感じでしたが、ありがとう~と思いました。

bangkok_23

そしていよいよ、最大の寺院へ。本当に壮大で素晴らしい光景でした。

bangkok_24

ワット・プラ・マハタート

14世紀を代表する寺院遺跡ですが、信仰の中心だったこともあり、侵攻された際に破壊されてしまっています。仏像も皆頭がないのですが、その中の一つの仏像の頭が、自然と菩提樹に取り込まれてしまっているそうです。写真を撮る場合、仏像より頭が高くなってはいけないとのことで、ガイドさんが撮影してくれました。

bangkok_25


バンコク市内へ戻ってきたのがもう20時でしたが、そのあと最終日ということで昼に予約しておいたレストランへ。

リーズナブルで美味しくて素敵なレストランだったのですが、最後に一つ残念だったことが。

それは日本人。居酒屋と間違えていない!?と思うくらいの大声で騒ぎ、最後はハッピーバースデーを大音量で合唱。いい歳したオジサン軍団が恥ずかしい。私たちが入ったのが少し遅い時間だったので、その人たちが出て行ったあと、やっと落ち着いてお食事を楽しむことができました。ほんと、お店の人たちにごめんなさい、って感じだったわ。

bangkok_28

最終日は日本に帰国するだけだったので、本当に短い二日でしたが、これだけの体験ができて有意義な時間でした!最後に歩いた歩数を記録しておきます。

hosu-2019JanFeb

2019年2月10日 (日)

バンコク2泊4日旅:1日目

現在、2回目のリフレッシュ休暇中です。というのも、前回、台湾に行った時に勤続30周年のリフレッシュを取得しようとしたのですが、仕事の佳境と重なってしまって2週間休むことができなかったんですよね。本来なら分割は不可なのですが、業務上の都合ということで、今、残りの休暇分を取得している…という状況です。

そんなわけで、星組大劇場の千秋楽遠征の後は、ファントム観たりしながらゆっくり過ごす予定だったのですが、何と2泊4日というスケジュールで学生時代の友人とタイへ行くことになりました。

私は大劇場千秋楽を観劇した後、新幹線で真夜中0時過ぎに自宅へ戻り、荷物を入れ替えて22時にはまた羽田へ…。友人は都心部に住んでいるので、通常勤務をした後、自宅へ一旦戻って羽田で集合。

タイは、シムよりもWifiが確実とのことだったので、ポケットWifiを3日間、補償パックもつけて1600円で借りて、深夜0時半に離陸しました。


朝の5時半(日本時間7時半)に到着するまで、4時間ほど機内で熟睡したので、かなり元気な状態でバンコクのスワンナプーム国際空港に到着。台湾の時は、SIMを入れ替えた後、構成プロファイルを削除してネットにつながるまで、多少時間がかかってしまったんですけど、今回は電源を入れるだけで済みました。

そして、エアポートレールリンク、という電車に乗ってバンコク市内へ。バンコクは本当に車が多く、ホテルの前の道路は夜中12時でも渋滞しているくらいでしたので、市内の移動はタクシーより電車が確実だな~と思いました。

ホテルには8時頃着いたんですけれど、20分待てば部屋を用意しますよ、とのことで、即お願いすることにしました。追加料金もなく、朝から入れていただき、身支度できたので本当に助かりました。待つ間、新聞を持ってきてくれたり、いろいろ気を使ってくれて良いホテルでした。

bangkok_1

身支度して軽装になって、いざ、市内観光へ。1日目は、ツアーではなく、個人で王宮や寺院を見てきました。BTSというスカイトレイン(モノレールみたいな高架の電車)で川に出て、水上バスで向かいました。

極寒の日本から、いきなり30度以上の真夏の地に来たので、まずは腹ごしらえと水分補給…ということでレストランに入りました。

麺は、ナッツベースのスープに、野菜やひき肉が沢山入っていて、その中に平打ち麺が混ざっている…という雰囲気だったので、とっても好みで美味しかったです。トムヤンクン風な担々麵、と言えば伝わるかな。

それだけでなく、友人が、カオニャ・オマムアンという『甘いココナッツミルクソースをかけた餅米とマンゴーの盛り合わせ』を発見。これは、タイでは有名なデザートなんだそうですね。すご~~~く美味しくて好みだったので、帰りがけに空港で、家で4分でできるというインスタントのセットもお土産で買いましたし、その場でマンゴーをむいて詰めているお弁当も購入したくらいでした(^-^;

bangkok_2

そして、王宮周辺へ。左はチャックリー宮殿でイタリアの建築技師が設計したそうです。屋根はタイらしいのに、2階のアーチはまるでヨーロッパだったので、なるほどと思いました。真ん中のワット・プラケオは、王宮の守護寺院だそうで、金色部分が仏舎利を収めてある仏塔。右が涅槃寺と言われているワット・ポーの寝釈迦仏。ガイドブックにはお顔しか出ていないので、後ろからの頭や手の写真も撮ってみました。

bangkok_3

王宮周辺を見た後は、冷房のきいたカフェでマンゴースムージーを飲んで休憩し、対岸のワット・アルンも行ってみました。渡し舟は4バーツなので、12円?

このワット・アルンは、よくガイドブックに夜景が出ている寺院です。高さが67mもあるらしく、夜景が素敵なところのようですが、この日は日中だけで帰りました。

近くまで行くと、柱にお花が描かれていたり、台湾で見た寺院とはまた違う建築様式でした。

bangkok_4

ワットアルンから、また特急の水上バスに乗ってBTS駅まで戻り、ホテルまでどうにかたどり着きました。でも、何とホテル近くでポケモンのコータスを見つけてしまい、一度外に出て捕獲。それで気が済んで、あとはシャワーで汗を流し、やっとゆっくりしました(笑) 友人はその間、お目当ての陶器のお買い物とマッサージを堪能したようです。

夜はホテルの春節を祝う中華ビュッフェに行ってみました。写真は、もう溶けてしまっているけれど、氷で作られた龍です。お菓子のコンテストに並んでいるようなディスプレイがあったり、食材を選んで作ってくれるコーナーがあったり、気合を感じるバイキングでした♪

長くなってしまったので、二日目は別記事にしたいと思います!

水上マーケット&アユタヤ:2日目

2019年1月23日 (水)

正月の帰省

お正月の1日に、「賀正2019」という日記を書いた時は、早めの大掃除と娘夫婦の帰省が終わり、入れ替わりで息子が帰省してきていて、既に長い正月休みが終了したような気分だったんですけれど、4日から旅に出ていました。

だんなが車で四国へ行っていたので、私は4日の早朝便で松山入り。新年のあいさつをしてから、鳴門で宿泊。翌日は宝塚大劇場で星組を観てから、娘夫婦と京都泊。翌日一日かけて東京へ…。

ryotei

ハードスケジュールかと思っていたのですが、天候も良く、渋滞が全くなかったので、とても順調な旅でした。既にこの週末も2回目の大阪旅行をしているので、このままだとすっかり忘れてしまいそうなので、写真だけ貼っておきます。

setonaikai-2019Jan4

内陸に住んでいる私にとっては、なかなか見られない景色です。

matsuyama-ana

松山のANAで、懐石ランチを食べました。新年のあいさつをしてから、鳴門へ。

naruto-xiv-2019Jan4

労組が法人契約しているので利用できる、会員制ホテル。定年が見えてきたので、使わないとね。

naruto-xiv-2019Jan5

翌朝は、山の上だけ霧雨でした。11時までゆっくりして、神戸を通り抜けて宝塚へ。

star_tuple_2019Jan5

初日は正月で行けなかったため、やっと観られた!と思った公演でした。K-popの場面最高♪

kyoto-xiv-2019Jan5

終演後は、出待ちはせず京都へ。娘夫婦と食事をしました。

kyoto-xiv-2019Jan5-2

四国から車で帰るというのは、相当な強行軍かと思っていましたが、途中2泊して、新東名もできて渋滞もなかったので、思った以上に楽だったかな。短かったけれど、充実した正月旅行でした。

2019年1月 1日 (火)

賀正2019 : MISIAさん&琴さん

明けましておめでとうございます。少し寒いけれども、穏やかに晴れた年明けとなりました。

今年は年末に沢山料理したので、おせちは最低限にしましたが、母が年末に、お赤飯を炊いてきたときに載せていた葉っぱを下にしいたら、それなりな雰囲気になりました。何の葉かしら(^-^;南天かなぁ。

osechi2019

昨晩の紅白歌合戦は、流し見程度だったのですが、MISIAさんの歌に釘付けになりました…素晴らしい歌唱でしたね!

You Tubeの動画も見ましたが、紅白の録画の方が断然心に響く…。私はやはり、Music Videoのような作られた動画よりも、心情が直に伝わってくる歌が好きなのかもしれません。思わず、琴ちゃんが歌ってくれたら最高なのに…と思ってしまいました。

そう思いつつ何故か、MISIAさん、というフレーズを琴ちゃんが話していたような気がして、何でかしら??・と頭の中が?マークでいっぱいに…(^-^;

どうしてかしらと思ったら、こちらの記事の記憶だったようです。カラオケで良く歌っていらっしゃるようですので、いつかDSなどで歌っているところを本当に聞けるかもしれませんね♪

礼真琴 自分らしくのびのびと(産経WESTへのリンク)

それでは、このブログにお立ちよりくださいました皆様が、今年一年、ご無事息災でありますように…。

本年もよろしくお願いいたします。

2018年12月31日 (月)

2018大晦日

今年もあと僅かになりましたね。28日から大晦日まで、娘夫婦が帰省していたので、私としては本日で正月休み終了という感覚でいっぱいです(^-^;

yumi_kinton_2018Dec28写真は娘が作ってきてくれたきんとんの、最後の残りです。もうほとんど食べてしまいました(;'∀')

角煮+大根・卵、牡蠣のオイル漬けサラダ、中華あんかけ丼、すき焼き、バーニャカウダソースを手作りして野菜、水菜でチヂミ、みぞれ鍋+カニ爪、ローストビーフ、タンドリーチキン+サフランライス、味噌味肉団子の白菜スープ、大葉とタコのポテト、オクラの梅海苔和え…。細かいものは忘れました(^-^; 並行して、黒豆と鶏ロールなどのおせちも少々。

ここ数年、週に数回しか食事らしいものを作っていなかったので、急に台所に立つと疲れはしましたが、今回は目的があっての帰省だったので、無事終わってホッとしています。1/3だけは丸1日休めそうなので、ゆっくりしたいと思います。

あ、そうそう。Junibun_Bakeryジュウニブン食パンも買いに行きました!写真は撮っていませんが、友人からもらって、あまりの美味しさに驚いた食パンです。京王新宿駅からすぐなので、機会あったら試してくださいね。

それでは皆様、良いお年を。来年は災ではなく、おめでたい漢字が選ばれる年になりますように。

2018年11月12日 (月)

台湾星組遠征⑥ 観光・帰国

一つ前の日記は、観劇記録の続きとして千秋楽の様子を書き留めましたが、千秋楽は19時半からでしたので、昼間は高雄市内を少々観光してみました。

takao_trip_2018Nov_6_2

ここは、蓮池潭の龍虎塔です。

龍虎塔 

十二支の中で、龍が一番よく、虎が悪いと信じられているため、龍の口から入ると良いのだそうです。塔からの眺めも素敵でした。

takao_trip_2018Nov_6_3

暑い中、帰りのローカル線の駅にやっとたどり着いたら、何と改装中…。さらに歩かなければならない…と分かって2人で途方に暮れていたら、それを見抜いたタクシーが止まってね(笑) MRT(地下鉄駅)までタクシーで戻ることができました。やれやれ…。

タピオカミルクティを入手してホテルへ帰り、着替えてから、夜はガイドブックに載っていたちょっと高級なお店へ行ってみました。日本の飲み代くらいだったので、異常なお値段ではありませんが、それまでの夕飯は、着物の2人で庶民的なお店に入ったり、カップ麺で過ごしたりしていたので、一桁違ったかもです(;^_^A まぁ最後の晩くらいは…ということで。

そしてその足で千秋楽観劇となりました。

takao_trip_2018Nov_6_4

そして翌日。千秋楽の余韻も残る朝ご飯は、ゆっくりとホテルのバイキングに行きました。種類も豊富で美味しかったです。オムレツは、野菜を折り込んでその場で作ってくれました。

takao_trip_2018Nov_6_1

高雄リーズホテル

友人は台北から帰国するため、この朝食でさようならとなりましたが、本当に良い思い出ができました。


そしてその後は台南観光へ。別のホテルに泊まっていた同窓の友人と一緒に、古都台南へ行きました。

takao_trip_2018Nov_6_5

こちらも、パワースポット巡りとなりました。

赤崁樓

こちらは、オランダ人によってつくられた建物で、様々な歴史があるようです。日本統治時代の台南市長の像もあり、この建物の修復に携わっていたのだそうです。

takao_trip_2018Nov_6_6

展示物を読んでいても、歴史を感じました。

そして台南最古の孔子廟。

台南孔子廟

儒教って何だっけ?と友人に聞いたりしながら(;^_^A、ゆっくり散策しました。

takao_trip_2018Nov_6_7

最後に寄ったのが、臨水夫人媽廟。長い間、熱心にお参りしている女性がいました。

takao_trip_2018Nov_6_8

そしておまけ。三越地下で売ってたたこ焼きです。こちらのたこ焼きは丸くなくて、この図解でもしっかり土台部分がありました!

takao_trip_2018Nov_6_9

帰りは夜市にも少しだけよって、雰囲気を味わい、一日の観光が無事終了♪

takao_trip_2018Nov_6_10


翌朝は朝5時に空港へ到着。ラッキーを空港のジムに置いて、私は搭乗( ´艸`)。 (もちろん、後から無事手元へ戻ってきました)

このコップの熊は、高雄熊と言って、くまもんとは違うんですよね。3種類の熊マスコットをラッピングした飛行機も、高雄―熊本間を飛んでいたとのことです。

takao_trip_2018Nov_6_11

ということで、1週間の1人旅は終了!


今回のリフレッシュ休暇は1人旅でしたが、現地で友人と落ち合って一緒に楽しむことができましたし、現地の方からも、いろいろと声をかけてもらいました。

「写真撮らせてください」と頼まれたことは10回近くあったかな…。「母が着物が好きなので母も一緒に入っていいですか?」と聞かれたりもしました。

切符の買い方など基本的なことも教えてもらいましたし、セブンで私がサラダを買おうとしたら、「これはフリーのドレッシングがついているんだよ。」と、わざわざレジまで追いかけて持ってきてくれたり…。

自分が日本で困っている外国人を見かけた時、自分から積極的に話しかけにいくか?と問われたら、できないような気がしますので(聞かれたらもちろん答えますが…)、本当に助けていただいたなぁ、また機会あったら行きたいな~と思いました。

ともかく無事帰ってきて、最初の日記に

「終わって残念というよりは、旅やチケットの手配を無事クリアできた安堵感、大千秋楽の最後の盛り上がりを体感できた感動、そして応援し切った…という幸せな満足感の方が大きいです。」

という感想を書くことができ、本当に良かったと思います♪

2018年11月 3日 (土)

無事終了

今日は、旅の山場の日でした。

ポケモンイベント会場に到着できるのか。
フレンド以上のジーランスが取れるのか。
必要な分を捕獲してからホテルに帰って、着物に着替える時間が取れるのか。
中国語のサイトで購入したチケットは、受け取れるのか。
宝塚として初めての地での公演は、どうなるのか。
1列目でうちわを持って観劇して、大丈夫なのか。
などなど…。

結果的には、無事終了なのですが、これが終わるまでには、台湾の方々の親切な協力がありました。

切符を買う時も、ホームや車両を間違えた時も優しく対応してもらえたし、事前にチケットを受け取れないかと聞きに行った時も、分かる範囲内でいろいろ探してくれたしね。昨日の鍋のお店は、日本語が分かる友達に電話して、オーダーの通訳してもらったり。

本当に台湾の皆さまに感謝です、、、、

睡眠不足と筋肉痛で疲れたので、今日はこのくらいで。少しホッとしたので寝られるかな。詳しくはまた報告します^_^

2018年11月 2日 (金)

高雄到着

あの時の挫折は何だったのか…?と思うくらいに、何ごともなく、スムーズに高雄に到着しました。

前回はツアーだったため、旅行会社の資料を信じた自分が失敗の原因だったんですよね…。要は旅行会社のチェックミスだったのですが、返送されてきた申し込み書のVISA欄に、「VISA不要」と取り消し線が書かれていたため、頭からVISAは要らないのだと思い込んでしまいました。

でも実は、パスポートの残り期間が3カ月に足りないとVISAが必要なのだそうで、台風で12時間足止めされた後、やっと搭乗…という時点でそのことが判明し、私だけチェックインできなかったのです。

ツアー会社から「今日のところは帰宅して下さい、後でお詫びしますから」と言われ、数週間後に、当日キャンセルしたのだから半額しか返金しないと電話があり…。

ツアーに参加できなかったことは縁がなかったのだと思いましたが、交渉して全額返金とお詫びをもらうまでに4ヶ月もかかったのが本当に大変でした。

そのような経緯があったので、今回は個人旅行にして万全の準備でのぞみ、前回成田で12時間足止めとなった経験から、一日余裕ある計画にしてありました。

飛行機もホテルも事前に確認しましたし、もしネットに繋がらない場合でも、MRTでホテルに到着するための情報をプリントしておいたので、万全の準備はしてありましたが、何か想定外のことがあるのではないかと思ってしまってね。本当に拍子抜けするくらいに、無事に到着しました。

シム購入後、ネット開通までにはiPhoneの設定を変更する必要があったけれど、それも10分くらいで解決。夕飯は、地元の女性が多い鍋食堂を見つけて、お腹いっぱい食べて1500円でした。



明日は、台南まで行ってきます!あとは、電車に乗るだけなので捕獲できるはずψ(`∇´)ψ

2018年10月31日 (水)

明日よりリフレッシュ休暇第一弾

こちらへの投稿は、一カ月ぶりとなりました。大学卒業30周年の大同窓会などイベントはありましたが、リフレッシュ休暇を取得するために少々仕事が忙しくて…。本当は月曜から2週間の予定でしたが、明日木曜から1週間と短くなりました。

そのため、2週間の休暇を分割し、明日から一週間が第一弾、2月に第2弾を取得したいと思っています。

台風もどうにか停滞していてくれて、台湾を回り込むように移動しているので、飛行機は飛ぶかな…と期待。明日より一週間、最高の季節となった日本を離れ(;'∀')、暑い高雄へ行ってまいります。高雄では、全公演観劇予定です!

(ただし、飛行機に乗れれば…。そして、中国語の公式チケットサイトで取得したチケットを、無事受け取れれば…です)

手作りうちわも準備し、万端…と言いたいところですが、明日からなのに今日の夜から荷造り…。無事到着できますように。

より以前の記事一覧

足あと代わりに押してね♪

  •  
    匿名のまま、読んだことを知らせることができます(ボタンが押された回数のみカウントされます)。誰かは分からなくても、読んでくださったんだ~!と、とっても励みになるので、是非ぽちっと押して下さると嬉しいです。よろしくお願いします♪

    結果のグラフ例はこちら

トンボ玉販売

無料ブログはココログ